普段使用するさまざまな化粧品にも、その多くは明記されていませんが使用期限が存在しています。特に開封後は、指先についた雑菌が混入したりすることでそれが繁殖し、品質も少しずつ劣化していくんですね。

 

あまりに古くなった化粧品を使うと、それが肌荒れや痒みなどの原因になることもあり、アイメイクなどは目の粘膜にも影響することもあるので注意が必要です。

 

 

 

そのような化粧品自体の品質の劣化を抑え、長期間の使用を可能にするために配合されているのが防腐剤です。言葉の響きから肌に悪いようなイメージもありますが、化粧品の品質を確保するためには欠かせない成分なんですね。

 

 

 

さまざまな化粧品に使われる防腐剤の中で、代表的なものにパラベンがあります。このパラベンは、アレルギー反応を示す可能性があることから表示指定成分にもなっています。

 

また、近年は、肌にできるだけ刺激の少ないオーガニックや無添加の化粧品が人気になってきたこともあり、商品に無添加という記載をしてイメージアップするために使われるようになったのがフェノキシエタノールです。

 

 

このフェノキシエタノールは、パラベンよりも比較的刺激は少ないとされていますが、防腐剤としての機能は劣ってしまうため、多量に混入されているケースも多いようです。

 

パラベンは刺激性が強いと思われがちですが、一般の歯磨き粉などにも広く使用されている成分で、さまざまところで触れる機会のあるものなんですね。

 

 

 

肌への余計な刺激を抑えるためには、上記のような防腐剤は使用されていない方が良いようにも思われますが、これらの防腐剤が使用されていない防腐剤フリーと記載された化粧品は、その分品質の劣化が早くなることにも注意しなければいけません。

 

不衛生になるため、開封した後は冷蔵保存することが必要になる商品もありますね。

 

 

 

さらには、広く知られている上記のパラベンなどは使用していないものの、別のあまり聞きなれない防腐剤を多量に使用している安価な化粧品も存在します。

 

パラベンフリー・防腐剤フリーという言葉の響きは、肌に優しいイメージがありますが、他の同様の成分が使われていたり品質の劣化が早いことなどもありますので、しっかり自分の目で成分表示などを確認して使用するようにしたいですね。

 

 

AD

 

 

通常よりも皮脂の分泌量が多く、ベタつき感だけでなくニキビや吹き出物といったトラブルも引き起こしやすいオイリー肌。どうししてもベタベタとした皮脂が不快で、過剰に拭き取ったりゴシゴシと洗い落としてしまいがちなんです。

 

 

 

皮脂の分泌量は、体内の男性ホルモンの活動に影響されると言われており、皮脂をしっかり洗い落としたとしても、今度は肌が皮脂が足りなくなってきたと判断して、その不足分を補おうとより多くの皮脂を分泌してしまうんですね。

 

 

特にべたつきがひどい場合には、あぶら取り紙で拭き取りたくもなりますが、必要以上の皮脂が取られてしまったり、紙で皮膚を擦ることで毛穴の中に皮脂が入り込んで別のトラブルを誘発してしまうことにも繋がります。

 

ベタつきやテカリが目立つときは、ティッシュ等で軽く抑える程度にしておくのがベターです。

 

 

また、オイリー肌は生来の肌質によるものもありますが、日々の生活習慣や食生活によっても影響されることが多いため、外側からのケアに加えて身体の内側からのケアも重要になってくるんです。

 

 

 

オイリー肌の方は、過剰な皮脂を何とかすっきりさせたいと思って、何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔剤などを使用してしまいがちです。

 

1日に何度もゴシゴシとすっきり洗い落としたくなりますが、洗顔剤の利用は1日に1回にとどめて、他はぬるま湯などでサッと優しく洗ってあげるのがベターです。上述のように、あまりに洗い過ぎて必要以上の皮脂を落としてしまうと、より皮脂分泌を促すことになってしまうからです。

 

 

また、スクラブ入りの洗顔剤なども肌表面を傷つけやすいため、できれば石鹸タイプのものでしっかりホイップをつくり、その泡の弾力で吸い付かせるように優しく洗ってあげるのが良いですね。

 

 

 

オイリー肌のお手入れのポイントとなるのは、皮脂は落とし過ぎず、洗顔はできるだけ刺激を与えずに優しく行うことになります。また、その後の丁寧な保湿ケアも大切です。

 

ベタつきが不快で落としたくなる皮脂ですが、適量の皮脂は肌内の水分の蒸発を防ぐだけでなく、さまざまな外部刺激から肌を守るためになくてはならない成分です。

 

 

余分な皮脂だけ適度に落とし、肌の保湿状態をしっかり保つという基本が、オイリー肌にとっても重要になるんですね。

 

 

AD

 

 

Tゾーンは皮脂でテカリやすいのに、他はカサカサと乾燥しやすいといった、部位によって肌質が異なっている状態を混合肌と呼んでいます。

 

部位によって肌状態が違っていると、普段使用する基礎化粧品選びやお手入れの方法も、どうしたら良いのか迷ってしまうんですね。

 

 

 

混合肌になってしまう原因はさまざまですが、生まれつきの肌質ということではなく、日々の生活習慣や食生活などによって誘発されてしまうことも多いんです。

 

タバコやお酒の飲み過ぎによる影響や、日々の精神的ストレスの蓄積によって体内のホルモンバランスが乱れることで、肌環境を悪化させてしまっていることもあります。

 

 

そうした身体の内側からの要因以外にも、エアコンによる急激な温度差や紫外線などの外部刺激によって引き起こされる場合もありますね。特に今のような、気温も上がり始めた季節の変わり目には、混合肌の方は吹き出物などのトラブルが目立ち易くなる時期でもあるので、注意が必要です。

 

今は普通肌であっても、これらの要因がさまざまに重なり合って、ある日を境に混合肌になり始めるということもあるんです。

 

 

 

混合肌になると、カサついているのかベタついているのか判断しにくくなりますが、根本的な要因は乾燥であるという認識が大切になります。

 

 

小鼻や額のあたりの脂浮きが目立って、ベタつく皮脂にばかり意識が向いてしまいがちですが、肌が皮脂を分泌するというのは乾燥から自分を守るためなんですね。

 

 

皮脂は肌表面に膜を形成して、肌内の水分が蒸発してしまうことを防いだり、さまざまな外部刺激から肌細胞を守る役割を果たしています。しかしながら、ベタつきが気になるからといって、その必要な皮脂までふき取ったり洗い流してしまうと、肌細胞は逆にどんどん皮脂を分泌するようになってしまうんです。

 

 

カサついて乾燥し始めると、肌は皮脂を分泌しようとし、その分泌量のコントールがうまくいかないとベタつきにも繋がるため、根本的にはしっかりとした保湿ケアが基本になるんです。

 

 

 

基本的なことになりますが、混合肌であっても日々のお手入れは、化粧水でしっかりと潤いを角質に届け、乳液やクリームなどの油分で表面を覆って、その水分を逃がさないようにするという保湿ケアが大切になるんです。

 

 

乾燥しやすい部位には、乳液やクリームを重ねづけするというのも良いと思いますし、べたつが気になる部位は、過剰な皮脂が酸化しないように軽くふき取るというのも良いと思いますね。

 

 

AD

 

 

化粧品の中には、肌に悪影響を与えてしまう細菌やウィルスを死滅させるために、殺菌剤が配合されているものがあります。殺菌剤という言葉の響きは、肌にとっては負担になるイメージがありますが、トラブルを引き起こす細菌から肌を守り品質を保持するためにも、大切な役割を担ってくれているんですね。

 

 

殺菌剤と一言で言っても、その種類はさまざまで、デオドラント製品には臭いの原因となる細菌を死滅させるための殺菌剤、ニキビケア化粧品にはアクネ菌に対抗するための殺菌剤が使用されていたりします。

 

 

この殺菌剤と間違えやすい成分として防腐剤がありますが、これは化粧品内に入り込んだ細菌の繁殖を抑えることが主目的で、品質を保つために使われます。肌表面の細菌を死滅させるために使われる殺菌剤とは、その目的が違うんですね。

 

 

代表的な殺菌剤としては、広範囲の細菌の死滅に有効に働くグルコン酸クロルヘキシジンや、洗顔料やシャンプーにもよく使われる塩化ベンゼトニウムなどがあります。

 

 

 

化粧品の中には、このような殺菌剤や防腐剤の他、界面活性剤や香料などが配合されています。

 

近年では肌に優しいスキンケアが好まれるようになり、無添加化粧品と呼ばれるものが広く提供されるようになっています。しかしながら、この無添加というのは上記のような化学成分が何も使われていないという意味ではありません。

 

2001年の薬事法改定以前に指定されていた、102種類の表示指定成分は含んでいないというのが、無添加の意味になるんです。

 

 

そのため、その後に使われるようになった新しい化学成分など、安全性が不確かなものが存在するのが現状です。無添加化粧品という言葉の響きだけで安心するのではなく、しっかりと自分の目で使われている成分を確認して、自分の肌との相性を確かめることが大切になりますね。

 

 

 

 

これから露出の機会も増えてくるひざ周りですが、ふと見てみるとくすんでいたり、カサカサと乾燥してしまっている方も多いと思います。

 

意外と人目にもつきやすい部分で、くすみや乾燥は放っていても改善することは難しく、意識的なケアが必要になってくるんですね。特に余分な古い角質が蓄積した状態では、せっかくのお洒落も台無しになってしまいます。

 

 

 

ひざ周りは、他の部分と比較して皮脂腺が非常に少ない部位で、皮脂や汗が出にくいんですね。そのため肌は乾燥しやすく、酷くなるとカサカサと粉をふいてしまうことも多いんです。

 

合わせてひざは、普段の生活から床にひざをついたりと外部から刺激を受けやすい部位でもあり、そうした外部の影響に対抗するために角質が厚くなっていきます。くすんで見えてしまうのも、古い角質が蓄積していることがひとつの要因なんです。

 

 

角質自体は、なくてはならないものであり、外部刺激から肌細胞を守ると同時に、肌内の水分を保持する役割も担ってくれています。しかしながら、古く余分な角質が溜まっている状態は見た目も悪く、放っておくとひびが入ったように目立ってきます。

 

 

 

ひざがカサカサ乾燥してくると、クリームなどで保湿したくなりますが、余分な角質が表面に蓄積した状態では、いくら塗り込んでも肌内へ浸透することはありません。まずは、いらない角質をケアすることが大切になるんですね。

 

 

 

ゆっくりと湯船につかることで角質が柔らかくなり、その状態でスクラブなどが配合されたソープで優しくマッサージしてあげるだけで十分です。ゴシゴシと強すぎる刺激を与えてしまうと、肌細胞を不用意に傷つけてしまうことに繋がり、逆に表面が硬くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

ピーリングなどを定期的に行うのも、良いかもしれませんね。

 

 

こうした角質のケアを行ったあとに、保湿クリームなどでしっかりと水分を与えてあげます。表面の硬さが気になる際には、保湿クリームをたっぷり塗ってからラップなどでふたをしてあげるのも効果的です。

 

 

ひざがキレイに見えるだけで、薄着が多くなるこれからの季節も、一気に印象が良くなります。定期的な角質ケアと保湿ケアが大切になってきますから、普段から意識的にお手入れしてあげるようにしたいですね。