サリーの「おいしい」を科学する料理塾

科学する料理研究家/ライター サリーのブログ
科学をわかりやすく、楽しく、身近に。
食にまつわる科学の豆知識や簡単レシピ、活動のお知らせなど

もっと安心して、もっと楽しくおいしく食べられるような、そんな科学をわかりやすく解説します。


テーマ:

今日は1月7日。

人日の節句ということで七草粥を炊いて食べました。

 

七草粥でも、風邪をひいたときの梅がゆや卵がゆでも、

お水で炊いたおかゆというのは、

水っぽくて味気なく感じて、私はどうにも苦手。

だから、自分で炊くときは、お出汁で炊くのが定番になっています。

 

FullSizeRender.jpg

 

2人分なら、お米 1/2合(60g)に出汁 600ml。

七草は、市販の小さめのパックを1つ。角餅を1つ。

味付けは、塩、醤油、叩いた梅などお好みで。

 

1.おかゆを炊く

土鍋や厚手の鍋に、洗ったお米と出汁を入れて中火にかけ、

沸騰したらごく弱火にして、一度ざっくり混ぜてから蓋をします。

吹きこぼれないように、蓋は少しずらしてのせるようにします。

このまま30分ことことと炊きます。

 

2.七草の準備

スズナ(カブ)とスズシロ(大根)はそれぞれ、皮ごと薄切りにしておきます。

鍋にお湯をわかして1%程度の塩を加え、スズナとスズシロを加えます。

火が通ってきたら、他の葉も加えてさっとゆで、すぐに冷水にとって冷まします。

葉の部分は、冷めたら水気をしぼって、細かく刻みます。

※七草の下ごしらえは、慣習では前日(1月6日)の夜にするのだそうですが、

 手間としては、おかゆを炊いている間でも十分間に合います。

 

3.お餅を焼く

トースターやグリルなどで、餅を焼きます。軽く焼き目がつく程度に。

おかゆが炊き上がる10分ほど前に焼き始めるとちょうど良いです。

IMG_8152.JPG

 

4.仕上げ

おかゆが炊き上がる直前に七草を加えてざっくりと混ぜ、火を止めます。

茶碗におかゆを入れて、焼き餅をのせ、

お好みで塩や醤油、叩いた梅で味をつけていただきます。

 

FullSizeRender.jpg

 

出汁のうま味、七草のほろ苦い味と香り、焼けたお餅の香ばしいにおいで、

風味豊かな七草粥のできあがりです。

 

味と香りがしっかりあるので、塩気はほとんど加えなくてもおいしくいただけます。

1杯目は何も加えないかお塩をちょっと、

2杯目は梅やお醤油を加えて食べるのがおすすめです。

 

 

 

おかゆを炊くときは、途中であまりガシガシと混ぜると、

お米の表面に傷がついて、そこからでんぷんが溶け出し、

おかゆなのかでんぷん糊なのかわからなくなってしまいます。

蓋をする前に一混ぜしたら、あとはとろ火でそっとしておきましょう。

 

鋳物の鍋や土鍋は、熱しにくく冷めにくいため、温めるのに時間がかかりますが、

いったん温度が上がると、そう簡単には下がりません。

そのため、ごくごく弱い火加減にしても、

鍋の上から下まで、おかゆを炊くのに十分な高温を保つことができ、

焦がさずじっくりと炊くことができます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

平松 サリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります