つれづれDiary

What's up??

時間はあっという間にすぎていくけど・・・

日々思ったことをつれづれなるままに綴っていこうかな♪


テーマ:

エピソードⅢの上映時に販売していたR2D2の卓上カレンダーです♪

とってもキュートなので買っちゃいました!!この間の先先行上映で!!


r

 

更に・・・

実はこんなものまで注文しちゃいました~!!

あー衝動買い・・・・



                       r

マイクロドロイドR2D2

R2-D2の手のひらサイズのラジコンで、コントローラーはライトセイバー型!!

超かわいいと思う・・・きっと☆

s            s     2

ース・ベイダー仕様の自動ジャンプ傘。

グリップ部分はライトセーバー型なんです♪

表面はダース・ベイダーのシルエットとロゴ。

裏面にはスター・フィールドが広がって、デス・スターが浮かび上がるというもの。
 別タイプとして、表面にライトセーバーを振りかざすダース・ベイダーのエンブレムがプリントされたA

タイプもありますが、私はこっちがいいかなって。

楽しみだなあ・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

s s s  

エピソードⅢ、土曜日の先先行上映の初回に行ってきました!!!

実は前売り券を買っていて、これも使えることになっていましたが、

先先行チケットを早く買って席も取っておいた方がいいかなって思い、

そのチケットをゲット。

なので、もう一度観に行かなきゃ~!!


やっぱり映像はすごいです!!

ストーリーはもう・・・言うまでもありませんが・・・

普通の映画と違って、結末がわかっていながら、観るのは不思議な感じがしましたね。

だって、アナキンはダースベーダーになってしまうんだし・・・

エピソードⅠを観たときは、えー??これがダースベーダー??うっそー??

って思うくらいかわいかったし、そんな面影もなかったけど・・・

今回は・・・ダークな面が見えてきますよ~!!


どうしてダークサイドに落ちていったのかというのは映画を観てのお楽しみとして・・・


全編を通して、胸が苦しかったです・・・

結末がわかっているだけに、ダークサイドに行かないでほしいのに・・・

どんどんどんどんそっちにいってしまうんです・・・

パドメとの幸せな結婚も・・・オビ・ワンとの師弟関係もどんどん崩れていく・・・

悲しく、切なく、辛く、くやしい・・・そんな思いがいっぱいのストーリー。

うるうるしてしまうこと間違いなし!!


今回は戦闘シーンも40%ということもあり、迫力満点!!

オビ=ワンとアナキンの戦いはもう・・・言葉にできません・・・


そしてストーリーは見事にエピソードⅣへと繋がっていくのです・・・


またエピソードⅣから一気観たくなること間違いなし!!

私はすっかりダースベーダーファンになっちゃいました☆


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

mi


やっと観てきました・・・ミリオンダラー・ベイビー☆

水曜日に観たのですが、忙しくてブログが更新する時間がなくって・・・(^_^;)

友達に重いけど、いいよー、後半泣けるよー。とかいろいろ小耳に挟んでいたので、

ハンカチを用意した私・・・こんなことってないんだけど。用意周到・・・


さて、本年度アカデミー賞の作品賞、主演女優賞、助演男優賞、

監督賞の主要4部門を制覇した作品

クリント・イーストウッドが監督、主演を勤め、

ボーイズ・ドント・クライと今回2度目のオスカー受賞のヒラリー・スワンク

助演男優賞受賞のモーガン・フリーマンといった豪華な顔ぶれ。


ストーリー:

LAの小さなボクシングジムを経営するトレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)は、

有望な選手を育てていた。

ある日、その優秀なボクサーが彼の元を突然離れてしまう・・・ 

そんなとき、マギー(ヒラリー・スワング)がフランキーにトレーナーになって欲しいとジムに現れる。

女性には教えない主義だと言って断っても通い詰めるマギー。

そんな彼女にこっそり手をさしのべるスクラップ(モーガン・フリーマン)。

いつしかフランキーもマギーの熱意にうたれ、

フランキーの指導の元、彼女はめきめきと実力をつけていくが・・・


私、勝手に想像していたんです・・・ストーリー展開を・・・

最初はクリント・イーストウッドの渋い演技にどんどん惹かれていきました。

モーガン・フリーマンのナレーションが入るのもとっても聞きやすくて、

ストーリーにどんどん引き込まれていきました。

私はクリント・イーストウッドの演技に脱帽!!!

アカデミー賞を受賞したときのあのはにかんだ笑顔を思い出しながら、観ていました。

ここまで熟達した演技はほかの俳優ではなかなか無理なんじゃないかなって思います。

そして、モーガン・フリーマン・・・

彼がいるからこそ、この映画の良さがひきたつのでしょうね!

哀愁が漂っています。

ヒラリー・スワングはオスカー受賞納得の演技!!

ボクシングシーンは迫力満点!

あの一途にキラキラした目で夢を追いかける彼女の姿が目に焼き付いています・・・

人生はどれだけ自分が夢を持って、それに向かって精一杯努力できるか!

それしかないですよね!!

当たり前のことなんだけど、忘れかけていた何かを思い出させてくれる映画だったと

思います。


ただ、私、勝手にボクシングストーリーを想像してしまっていたんですね~。

後半から話ががらっと変わって、でも私の想像はどんどん膨らむ一方で・・・

結末は・・・・内緒ですが、ラスト・・・映画を観る前に想像していたものとは

違うものでした。こんなストーリーは全く予期できません。


泣いてしまったのは・・・

フランキーがマギーにゲール語(アイルランド語)の「モ・クシュラ」の意味を明かす場面・・・

そう、彼女のボクサーガウンに刺繍されていた文字・・・

彼女への声援は皆「モ・クシュラ」

アイルランド人の結束のようなものをしみじみ感じました。


家族には恵まれなかったフランキーとマギーがボクシングを通じて親子愛のような絆を

深めていく・・・様々な心の慟哭がちりばめられた作品です。


これを観て、クリント・イーストウッドがとても好きになりました。

彼の映画を観て、本当によかった・・・


完全燃焼・・・!!!この一言ですね!!


土曜日はスターウォーズ・エピソードⅢ観に行きます♪











AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

金曜日は飲み会でした(*^_^*)

友人と新しくできたJapanese-French創作料理のお店へ。

日本料理とフレンチのシェフがそれぞれいて、

どちらも食べられるんです。ちょっと変わってる感じ。

店構えは和風、お香の香りなどただよってました~。

生中を頼んだけど、こういうお店はどうしても器が陶器で小さいの。

おしゃれだけど、足りないね・・・って言いながら。

ビールを2杯飲み、お店を変えて、軽い居酒屋さんへ。

そこでは冷酒一合(久保田百寿)、キールを飲み・・・


その後ショットバーへ。

チャームでマンゴーがでてきておいしかった♪

ムーランルージュを初めて飲みました!

おいしかったです。

私が飲んだのは、スロージンとベルモットのカクテルですが、

同じ名前でブランデーベースのカクテルもあるみたい。

そして大好きなアレキサンダーを頼みました。

ブランデー、クレームドカカオ、生クリームをシェイクしたショートカクテル☆

ここのバーはシナモンをかけてくれていて、

その香りがとってもいいのですヘ(⌒▼⌒)ノ

とってもしあわせーな気分になれました。


今回抑え気味に飲んだつもりだったのですが、

日本酒のせいかちょっと記憶喪失になってました・・・

同じ話を何度も繰り返して話してたらしく、

でも覚えてないんです・・・(>_<)


飲み過ぎ注意!!!ですね・・・・反省<(_ _)>


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

f


昨日、フラワーアレンジに行ってきました(*^_^*)

初夏のアレンジでラベンダーやひまわり、スターチスなど。

3個植木鉢を使ってのアレンジだったので、

いろんな花材があって楽しかったです☆


なごみ系~かな☆

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

h

ディズニーランドの人気アトラクション、

ホーンテッド・マンションをベースにした映画。

エディー・マーフィーがいいパパぶりを熱演しています。

子供向けなんだろうなと思いつつ観ましたが、

なんだかおもちゃ箱をひっくり返したような

映画でした~(*^_^*)。

とっても仕掛けとかおもしろいし、

アトラクションみたいに、

水晶玉の中に浮かぶマダム・リオッタや

勝手にヒッチハイクしてくる幽霊とか

ディズニーランドと同じで楽しめます。

ゾンビとか出てきてもいわゆるホラー映画とは全く違うので、

なんだか安心して観てられました。


ストーリー: 不動産業者のジム(エディー・マーフィー)は仕事人間。

妻と二人の子供を連れての家族旅行に出かけたが、

屋敷の売却を希望する大豪邸の主エドワード・グレーシーのもとに

立ち寄ることに。

しかしこの南北戦争以前に建てられた屋敷には

秘密が・・・。

実はここは999人のゴーストが住む幽霊屋敷

そしてジム一家は幽霊たちの恐ろしい計略にどんどん

巻き込まれていく・・・

《監督&製作総指揮》 ロブ・ミンコフ
《脚本》 デイヴィッド・バレンバウム
《原案》 ウォルト・ディズニー ホーンテッドマンション
《出演》 エディ・マーフィ テレンス・スタンプ ナサニエル・パーカー マーシャ・トマソン 


ディズニー原案とあって、ポップな映画に仕上がってます

アトラクション好きな方にお勧め(⌒∇⌒)ノ″


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

i

過去を失った国連通訳〈インタープリター〉

妻を失ったシークレット・サービス

「哀しみは、これで終わりにしたかった」


ストーリー

国連通訳のシルヴィア(ニコール・キットマン)が、アフリカのマトボ共和の大統領

ズワーニの暗殺計画を偶然聞いてしまう・・・

それを通報してから、彼女は殺し屋のターゲットとなってしまう。

そんな彼女を保護するシークレット・サービスの捜査官ケラー(ショーン・ペン)は、

彼女自身が陰謀に関わっているのではないかとの疑いを抱く…。

彼女は被害者なのか?容疑者なのか?


二週間前に妻を亡くしたばかりのケラーは、

かつてマトボ共和国出身のシルヴィアがそこで体験した

悲惨な過去を知る。

彼女の悲しみと自分の悲しみが交差する中、

次第に任務だけではない、彼女を護りたいという気持ちが強くなり・・・


そんな二人の行く末にはどんな結末が待ち受けているのか??


これ、インタープリターという設定に惹かれたのと、

ニコール・キットマンとショーン・ペンのコンビに期待して観たのです。

でも思った程は国連が出てこなかったし、通訳という設定ももう少し活かせたらもっと

おもしろかったんじゃないかなあ・・・

クールなサスペンスものとあって、なかなか最後までストーリーが読めませんでした。

途中でストーリーが読めるという人もいたけど、

私は全然・・・鈍いんです~!

アフリカのマトボ共和国の政情などが絡んでくるし、黒人の俳優がたくさん出てくるので、

顔がなかなか覚えられなくて・・・(^^;)

背景がとても複雑なので、それを把握するのに少し時間がかかるかも。

次から次へと事件が起こるので、ドキドキ感はあります。


主人公の設定にやや無理感があった気がしますが、

ニコールの演技、特に銃を構えるシーンは緊迫してましたー!

それにショーン・ペンの渋い演技、味があります。

悲しみに絶えながら微笑むあの笑顔・・・心に染みます。


ニコールは国連通訳の設定で国連が舞台になっていましたが、

NYに初めて行ったときに訪問したのを覚えています。

おー、ここが国連なのかぁ・・・ここはアメリカじゃないんだって。

国連の前にはねじれた銃の像があって、平和を象徴していますが、

その前で友人と写真を撮ったりしました。

映画にも映っていましたね~。

職員の方達もフレンドリーで、片言の日本語で笑顔で挨拶してくれたのが印象的でした。


いつになれば、銃のいらない、紛争のない平和な世界ってくるのでしょうか?

そんなことを考えさせられた映画でもありました。




たまには真面目なサスペンスが観たい方におすすめ♪



 


 


 


 


 


 


 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

フラワーアレンジに行ってきました☆

ハーブのアレンジですが、なかなか難しかった・・・・

ベルガモット、チャイブ、ミント、レモンバーム、

ブルーベリー、コショウの実など使って、さわやかに。

でもなんか踏み荒らされた庭みたいになっちゃったー!!!

ちょこっと先生が直してくれたけど、難しかったな。


    flow


ハーブはプランターとかに植えてます。

ワイルドストロベリーやラベンダー、タイム、カモミールなど♪

香り系が好きなので、時々クンクンしてます(*^_^*)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

sa


やっとShall we dance?観てきました~ヾ(@>▽<@)ノ

近くのシネコンはもう今週で終わっちゃうので急いでぎりぎりでした!


日本版の方は先月テレビで観たのですが、

脚本はいいと思いましたが、なんかちょっとトーンが暗いし、

今イチの印象だったから、ハリウッド版はどうだろうって思ってたけど・・・

やっぱり予告編でリチャード・ギアがタキシード姿でバラ一輪を持ってエスカレーターで

上がって来る姿があまりにかっこいいし、

ジェニファー・ロペスのダンスも観たくて行ったのでした。


ストーリー:シカゴの弁護士、ジョン・クラーク(リチャード・ギア)は仕事も順調、

家庭にはキャリアウーマンの良き妻と子供達がいる。

満たされた生活を送っているはずのジョン。

」しかし単調な生活の中、ふと心の中に何かむなしさを感じていた・・・


ある日ジョンは通勤電車の窓から、

ダンス教室の窓辺にたたずむ美しい女性ポリーナ(ジェニファー・ロペス)の姿を見つける。

そして電車から見える彼女の姿が次第に気になり始める。

ついに電車を途中下車し、ダンス教室へと足を踏み入れる。

彼女に惹かれていたジョンだが、いつしか彼女ではなく、

ダンスの世界にのめり込んでいく・・・

人生を幸せにするスパイス・・・ダンスはジョンにはかけがえのないものになる。

そしてジョンは競技会へと出場するが・・・


日本版を観た方も多いと思いますが、

ハリウッド版は日本版の脚本に大変忠実に作られています。

でも主役のリチャード・ギア、ジェニロペのコンビはやはり日本版よりも

数段華やかですね!

私はハリウッド版の方が100倍おもしろかったという印象です。

キャラクターも個性的で竹中直人さんが演じたちょっとエキセントリックな役も

ハリウッド版でまさにぴったりの個性的な人を探してきたのにはびっくり。

他にも日本版そのままーっていうキャラがたくさんでした。

ストーリーは日本版よりもより夫婦愛や夫婦の絆が色濃くでていた作品です。

奥さん役はアカデミー賞受賞女優のスーザン・サランドン

日本版ではパート勤務の主婦の設定でしたが、こちらでは高級デパート勤務の

バリバリのキャリアウーマン。

彼女の演技も光っていました。

そして彼女へリチャード・ギアが決めぜりふを言うんです・・・

もうじーんと感動してしまいました・・・

周りの奥さん風の人たちは泣いてましたね~。

こんな風に言われてみたい!!って女性なら誰もが思うでしょう!!

でもきっと日本人は口が裂けてもいわないだろうなっていう感じのセリフです(^^;)


ダンスシーンもとっても迫力があってきれいでした!!

リチャード・ギアは猛特訓したそうです。

撮影期間中8時間くらい!

ジェニロペも社交ダンスはラテンダンスとは違うので、やはりこちらも

練習が大変だったとか。

彼女の清楚でいて、情熱的な演技はとっても光ってました☆


リチャード・ギアファン必見です!!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。