つれづれDiary

What's up??

時間はあっという間にすぎていくけど・・・

日々思ったことをつれづれなるままに綴っていこうかな♪


テーマ:
Wowwowで放送されていたフレンズ
とうとう最終回迎えてしまいました~。

10年の長寿番組で、
ニューヨーク・マンハッタンで暮らす男女6人の友情と恋愛を描くシチュエーション・コメディー(シットコム)。
ご存じブラピの奥さんの ジェニファー・アニンストン出演しています。
このフレンズをブラピが観て、ジェニファー演じるレイチェルのファンになったのがつきあうきっかけというのは有名な話ですよね。
しかし今やそのカップルも別居状態かあ・・・
ビッグカップルだけに残念。

でもフレンズは本当におもしろいですよ!
出演者全員が濃いキャラでギャグ連発!
こんな生活できたら毎日退屈しないだろうなってそんな感じ。

6人のギャラはもう破格ですよね。
一話あたり一人75万ドル(約8000万円)なんですよー!
一人でも同じギャラでなかったら全員番組を降りるといって交渉した結果みたいです。
シリーズ始まった当初は一人4万ドル(約420万円)。
凄い出世ですよね!うらやましい限り。

フレンズは途中から見始めたけど再放送もよくやってます。
ずっと私の英会話の先生でした。
たくさんの表現をこの番組から学びました~。
英会話上達したいって思っている人にはイチオシ!!
あー、DVD全部そろえたーい!!

次回作は「ジョーイ」
フレンズの主役の一人ジョーイ(マット・ルブランク)が主人公。
もっとビッグな俳優を目指してNYからLAへ!
ジョーイ役のマットは「チャーリーズ・エンジェル」
ルーシー・リューの恋人役として出演しています。
ルーシー・リューもこのジョーイにシリーズ途中で出演する予定。
フレンズで一番おまぬけのジョーイの番組ができるなんてビックリですが、
楽しみー。
フレンズとひと味違ったドタバタコメディーを演じてくれそう♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジョニー・ディップ主演のホラー映画。(1999年米)

ホラーは苦手といいつつ、なぜか観てしまいました・・・

ワシントン・アーヴィングの古典「スリーピー・ホローの伝説」(新潮文庫スケッチブック収録)原作。監督は「マーズ・アタック!」のティム・バートン。共演はクリスティーナ・リッチ。

時代は1799年。ジョニー扮するNYの捜査官イガボットは
スリーピーホロウという村でおこった猟奇殺人事件の調査に派遣される。
その事件とは 首無しのドイツ人騎士が出没し、
村人の首を刎ねるというものであった・・・

ちょっとノスタルジックな映像で、いかにもあやしげ雰囲気を醸し出しています。
捜査官のイガボットは幽霊の存在を信じず、オカルト嫌い、科学オタクで、
自分で開発した最新機器で調査に乗り出しますが、
捜査官のくせに気が弱く、気絶したりとなんかおかしい。

ジョニーがホントいい味だしていますよ~(⌒∇⌒)ノ″

共演のクリスティーナもとってもかわいい。
アダムスファミリーの女の子なんですね~。
とってもかわいいです。すっかり成長したなあって感じ。

首なし騎士の役はなんと「スターウォーズ エピソード1」のダースモール役のレイ・パークなんですね~!!
スターウォーズもいよいよ今年の夏公開ですが、
観に行かなきゃ!

さてさて首切り騎士が、村民の首を刎ねるというシーンですが、
確かにその部分はバッサバッサと切られて、
うわーっとなってしまいますが、
きっとホラー好きの人から見ればなんてことないシーンでしょう・・・

ストーリーも謎解きもあり、なかなかよかったですね。

古典的なホラーが好きな人におすすめ♪

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
アビエイター観に行って来ました!

主演 レオナルド・ディカプリオ
監督 マーティン・スコセッシ
アカデミー賞4部門受賞
・助演女優賞・撮影賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞

3時間の超大作。
ハリウッド黄金時代に夢を追いかけた伝説の男ハワード・ヒューズの物語。

両親から受け継いだ莫大な遺産を自分の夢である映画と飛行機に費やし、
実現のために惜しみなくお金も時間もかけて突き進んでいくハワード。

華やかな世界の中で繰り広げられるハリウッド女優達との恋愛、挑戦、挫折。
そしてハワードは次第にエキセントリックな世界から抜け出せなくなっていく・・

ディカプリオの演技はやっぱりすばらしい!
アカデミー賞を逃したのが本当に残念です。
タイタニックのイメージでアイドル化されてしまい、
出演しなければよかったとさえ言っていたディカプリオ。

確かに日本でもレオ様~!と今のヨン様のようにすごかったですよね。
私もタイタニックでディカプリオのファンになった一人♪

タイタニックよりも何年も前に
ディカプリオファンだった知り合いが、
ファンレターを書いたら生写真にサインつきで返事が来た!
って喜んで見せてくれたけど、
当時はよく知らなくて
ふ~んって感じだったけど、
今思えばもうそれはお宝ですよね!!!
あーうらやまし~☆

ちょっと脱線してしまいました~(^^;)

映画の感想:
物語は若き日のハワード・ヒューズということで20年間を描いています。
ここまで夢に全力をかけて、結果も顧みずに突き進めるパワーというのは
すごいなって思いました。
パワフルな性格と裏腹に、極端な潔癖症で、
その辺の演技もディカプリオならでは。
さすがです。

ディカプリオがハワード・ヒューズの伝記を読んで、
それに惚れ込んで映画化の話を進めたということですが、
今までにない演技を披露してくれます。

これを観たらもうディカプリオのことをただのアイドルとは言わないでしょう。

ストーリー的にはもう少し先まで話があればよかったかなあって
思いました。
あとハリウッド女優達との恋愛にはいまいち感情移入できませんでした。
もう少し、ハワードの気持ちとか描かれていればわかりやすかったんですが。
そこが残念。

ディカプリオの映画ならキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの方が個人的には好きですね。
娯楽映画が好きな方はそちらがおすすめ。

でもアビエイターも見応え十分の映画です。

夢を追いかけたい人、夢を追いかけている人にお勧め♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハイテンションアメリカンのC先生の英会話レッスン。

でもハイテンションは英語では緊張感とか怒ってるような意味になるので注意!!
英語だったらenthusiasticかな。
なんか超がつくほどのりのりなんです~ヾ(@>▽<@)ノ

でも内容は新聞記事からのディスカッションでなかなか堅いの。
堅い話題を楽しくレッスンしてくれるので、
笑いながら難しい単語も覚えることができます♪

決まり文句は
Are you ready~?
生徒はYes, I'm ready, C!!
とガッツポーズで言わなきゃいけません・・・
ちょっと恥ずかし~(*^_^*)

では昨日のレッスン内容♪

Birdbrain doesn't equal stupid, scientists argue

Bird-brainって英語ではstupidの意味になるんです。
つまりバカとか能なしとか間抜けとか・・・
形容詞にするとbird-brained

要旨:

鳥はバカではなく、脳も未発達ではないので、
そろそろ科学界は彼らを高く評価する時期であると専門家が語った。

鳥の脳は人間の脳に大変似ている。鳥は道具を使ったり、
歌を歌ったり、コミュニケーションをとるために、
人間の言葉を真似することができ、数を数えることができ、
うそをつくことができるのである。

鳥を学習と発達、移住性と社会行動に関するモデルとして利用することに
神経科学界では強い関心を寄せている。
人間の脳の働きをより深く理解することができるはずである。

WORDS:
nomenclature 学名、術語、用語
avian 鳥類の
give someone full credit を高く評価する
basal ganglia 大脳茎底核
neuroscience 神経科学
cognitive 認知

ちょっと難しい単語も登場しましたね~。
日本語でもわかりにくかったりします。
学術用語等は。

Expressions

Apparaently (birds) aren't so (stupid) after all!
You know・・・the (current system) dates back (100 years).
What does (basal ganglia) mean?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オールイン途中からですが、観ています。
BSの再放送です。
カジノが舞台ってなかなかおもしろいなって思って。
韓国語で聞けたらもっとよかったけど、吹き替えじゃないと無理ですね~。

ちょうど観たのがラスベガスの場面の場面で、
私が5年前、出張でラスベガスで泊まったホテルが舞台になってました!なつかし~!

ベネチアンというホテルで、
文字通りイタリア・ベニスがテーマ。
なんとホテルの中に川も流れててゴンドラにまで乗れるんです!
全室スイート仕様でそこを一人で泊まれてラッキーでした。
お風呂も独立していて、バスルームだけでも
日本のビジネスホテルのシングルルームくらいありそうな広さ。
昼間は仕事、夜はもちろんカジノに繰り出し・・・
スロットばかりでしたが、私は結局負けちゃいましたけど(^^;)

一週間滞在して、いろんなホテルのカジノやショーに出かけました。
ベネチアンのカジノは豪華!
生バンドもあったり、客層も違います。
それにしても部屋に入るのに必ずカジノを通らなければいけないんです。
さすがですね。

他にはベラージオのカジノもよかったです!
宮殿のような内装で、カジノっぽくないんですけどね。
ベラージオではドラマにも出てきた噴水ショーが行われます。
これがすごい!音楽と水のエンターテイメントです♪

ラスベガスもテーマパークのようにホテルがアラビア風だったり、
NY風に自由の女神があったり、エジプト風でピラミッドがあったりと
カジノ以外にもとっても楽しめます。
またビジネスも盛んで、西海岸の中でもコンベンションが数多く開催されている
場所でもあるんです。

なんてドラマもそこそこにラスベガスの思い出にひたってしまいました~。
あー、また行きたーーーーい!!!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月観てきました!

前作から4年も経ってたんですね~!
Time flies!
ストーリーは前作の2ヵ月後のお話です。

ブリジットはやっと弁護士の理想的な彼ができて、ハッピーエンドで終わった前作。

ラブラブムード満載♪って思いきや、
ライバル出現??
会いたくない元彼がテレビに??
そしてブリジットが大変なことに・・・!!!


とにかく笑いあり、涙あり、ハラハラドキドキで
あっという間の2時間でしたo(●^▽^●)o

やっぱりレニー・ゼルウィガーはすごいですね!
またまた体重を増やして、
すっかりぽっちゃりさんに!

アメリカ人の彼女が話すきれいなイギリス英語も
好きですね~。
あんな風に英語話してみたい(話す内容は別として)
って思ってしまいました。
また高い声だから余計チャーミング♪

彼氏役のコリン・ファースと元彼役のヒュー・グラント
実は同じ年って知ってましたか?
なんと今年45歳ですよ!!
見えませんね~ホント若いですよ。
私的には顔はヒュー・グラントが好みかなあ。
でも役はちょっと無愛想だけど
コリン・ファースがかっこよくみえるかも。

純粋に楽しめる恋愛映画\(@^o^)
恋をしている女性、恋をしたい女性におすすめ♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご存じオペラ座の怪人のジェラルド・バトラー主演ホラームービー

もちろん彼が出るから観たんです(⌒∇⌒)ノ″
結論からいうとホラー苦手の私でも大丈夫な映画でした。

監督は「エルム街の悪夢」「スクリーム」シリーズを手がけた
ウェス・クレイヴンって後から知りました(^^;)

全く予備知識無く観たのですが、今まで知っているドラキュラとはイメージが違います。

ジェリーはやっぱり渋い!!ミステリアスな感じがいいなあ・・・♪
所々がなんかファントムと重なってみたり・・・

内容はちょっとB級っぽいホラーかもしれないですね。
ホラー好きの人は物足りないかも??
でも私は十分ドキドキしました!

ドラキュラ映画といっても、新解釈でドラキュラが銀の玉や十字架になぜ弱いのかという謎を描いています。

ホラーは苦手・・でも怖いもの見たさで観てみたい・・・と思う人にお勧め♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いわずと知れたハリーポッターシリーズ最新作
やっと読み終わったという感じです。

元々は英語版から読み始めたのですが、
どうも難しい・・・

なんか霧がかかったように、
はっきりしないのです。

それで日本語版を読んでみるとアラ不思議!
なんかすっきりって感じで!(当たり前か)
その後で英語を読むとだいぶ読みやすいですよ!

ただ今回日本語版はかなり分厚いので、
これを英語で読むには忍耐が必要かも・・・(^^;)

感想としてはやっぱり先の読めない展開にドキドキして、
ついつい夜更かししてしまうのは今までと同じ♪

でも今回は最後の最後になってやっとそういうことだったのか!
とわかるまでがちょっと長すぎたような感がありますね。

ハリーも成長して反抗期?に入ったようで、
周囲の仲間達も段々成長していっているのが、
またいいですね。

でもハリーってこんなにひねくれ者だったのかな??とちょっと
思ってしまいました。

確かに大きなものを背負っているから大変なのはわかるけど、
もう少し大人になったハリーが見てみたいですね。

次回作に期待大♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ミスター・ビーン」のローワン・アトキンソン主演のスパイコメディ、ジョニー・イングリッシュ

監督には『スライディング・ドア』のピーター・ハウイット。
脚本は007シリーズ『ワールド・イズ・ノット・イナフ』『ダイ・アナザー・デイ』のニール・パーヴィスとロバート・ウェイド。
これだけでもおもしろそう!!って思うでしょう?

本当に楽しめる映画で、とにかく笑いたい人にお勧め!

ローワン・アトキンソン扮する間抜けなスパイは本当にはまり役!!

なんでここまでドジるの??って感じですが、
ストーリーもなかなかおもしろいです!
カーチェイスシーンもあったり、見応えもありますよ。

随所に007のパロディーがちりばめられているので、
ボンドファンの方もおもわずにんまりしてしまうのでは?

爆笑間違いなしの映画です♪
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
図書館でかりていた王国を読みました。

その1 アンドロメダ・ハイツ
その2 痛み、失われたものの影、そして魔法


久しぶりによしもとばななの小説を読みましたが、透明感あふれる不思議な世界が広がっています。

「今が今しかないことを感じさせてくれるのが恋愛なんだ」

この心のせりふがとっても気にいりました。

だけどこのお話はただの恋愛話ではなくとってもスピリチュアルなのです。

いつもよしもとばななの小説を読むと 心が透明になる気がします。

彼女の繊細な表現力は他の作家にはない不思議な力がありますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。