「サラリーマンがパチンコ・スロットで

勝つためには。」

 

2017年5月現在の収支

-13万0000円 → -3万1500円。

 

皆さんはじめまして。サラリーマン777です。

 

世の中の9割近くの方がパチンコ・スロットで負けているのは、皆さんご存知でしょうか?

 

残りの1割がプロ専業者・セミプロなどですが年々勝つのが難しくなって来ています。

その理由は遊戯人口が減ってパチンコ・スロット店の売り上げが下がっているから

お客に還元出来ないからです。

 

9割の人が負ける理由は、勝つ為の理論をきちんと知らない事や、

知っていてもその通りに行動出来ていないからです。

 

特に一般的なサラリーマンは、朝から打つ事が出来ませんし、

(基本試行回数が増えるほど儲かる仕組みなので。)

会社帰りもパチンコ・スロット専業者などに良台を朝から抑えられていていたり、

終日打てる土日祝日はパチンコ・スロット店もほぼ回収に入ります。

 

そんな厳しい状況の中で、サラリーマンがパチンコ・スロットで副業として、

いかに稼いで行くかが、このブログのテーマです。

 

※仕事中心なので更新は遅めです。

 

それでは早速その方法をざっくりですが基本から少しづつ見て行きましょう。

 

①まずはパチンコは釘とネカセによって調整されており、

勝てる可能性の高そうな日や、特定日と呼ばれる日など、

機種ごとの最低まわる回数よりよりまわる台(ボーダーライン以上の台。)を

釘の読めない人は、4万円程度量るとどれだけ回る台か解るので、

超えていたらその台を特定の条件まで打ち続ける事になります。

但し昨今は、釘も均一調整が多いので、ボーダー以上の台を

探すのは凄く簡単という訳ではありません。


元店長からパチプロになった男!  さんの説明が解り易いです。

(http://matutakesamurai.blog.fc2.com/blog-entry-16.html)

 

スロットも同様で、高設定で、100%以上の還元率のある台を

探して打ち続ける事になります。またハイエナや宵越しやリセットと呼ばれる

ある一定の回転数以上の台などを特定な条件で打つ事になります。

 

パチスロ期待値見える化 『スロット天井・ゾーン・設定判別』  さんの説明が解り易いです。

(http://slotjin.com/)

 

但しパチンコ同様に100%以上の還元率のある高設定台を

探すのは凄く簡単という訳ではありません。

 

※総論としては簡単に言うと機械ごとの仕組みを細かく理解して打つ。

数学の世界なのです。

これを理解出来ないと絶対に負けます。

 

ここらへんの詳細は、解説の解り易いリンクなどで少しつづご紹介します。

 

パチンコ店長のホール攻略 さんの説明が解り易いです。

(http://rx7038.com/)

 

元医学生しばの真っ当なスロット勝ち方ブログ さんの説明が解り易いです。

(http://shiva-slot.com/)

 

 

②理論が解ったら最も重要なのが勝てる店を探す事です。

 

ボーダーライン以上の台を置かない店や100%以上の還元率のある高設定を

置いていない店では、プロでもトータルで絶対勝てません。

 

(例:リニューアル時などを除きますが、ガイア、パラッツォなど。)

 

会社帰りに無理なく寄れる店や多少の遠出でも休みの日に

打てるお店を最低でも20店舗以上程探します。

 

基本ですがパチンコ店は、月頭に1ヶ月にどの程度の利益を得るかと、

客にどの程度還元するかの予算が与えられます。

基本は、月曜日と木曜日か金曜日に釘の開け閉めをしたり、

設定の打ち変えをする傾向があります。(本部や店長の考え方などによりますが。)

また特定日と言って赤字をうってでもお客に還元する日があり、

その日も含めて勝率の上がる日と店を探さないとなりません。

 

探し方ですが、まずは、店舗やネットでデータを公開している

パチンコ店が無いかを探します。

 

有料ですが、

パチンコ・パチスロ情報満載のデータロボ サイトセブン

(https://www.d-deltanet.com/)

などに登録するのも良いでしょう。

 

そして実際の店舗含めて、

まずは、ジャグラーの設定状況をリサーチします。

ビックボーナス・レギュラーボーナス・ビックボーナスと

レギュラーボーナスの合算確率・総回転数・差枚数(投資を差し引いた分の出球数。)

これでジャグラーの機種にもよりますが、葡萄と呼ばれる子役の確率が解るので、

大体の大雑把な設定になりますが、全六で調べられます。

 

全六

(http://zen6.jp/)

 

合算確率や全六の判別結果で、何番台がいつ高設定ぽいかを

エクセルに入力して、最低1ヶ月位のデータを取ります。

 

そうすると、連休前の金曜日は高設定が入り易いですとか、

土日祝日でも土曜日は1台は高設定を入れるなど色々と傾向が解ってきますので、

その勝てる可能性の高そうな日や、特定日を調べて打てば良いのです。

 

一例ですが、5の付く日が勝てる可能性の高そうな日や、特定日のホールがあるとして、

 

10月の営業計画について。

 

※5の付く日(水曜日)→還元。

連休は前日か初日。→還元。

10日(月)→大回収。

※15日(土)→還元。

※25日(火)→還元。

26日(水)~29日(土)→回収。

日曜日→回収。

最終日曜日→大回収。

 

など色々と見えて来ます。

 

逆に26日(日)などでも稼動が少ない店のテコ入れに、

ライター系やオフ会系(http://offme.jp/)を打ったりする事もありますが、

それが回収なのか還元なのか見極めないとなりません。

 

次にお店のLINEやメールやp-world(http://www.p-world.co.jp/)や

DMMぱちタウン(http://p-town.dmm.com/)に登録したり、

新聞の折込、ポスティング、駅のポスターや店内の電光掲示板やポスターなど

店内告知を良く読んだり、店員さんがハッピ着てたり、

店内の装飾が特定の台だけ椅子にカバーがかかってたり、

データカウンターに違いがあったり、特定の音楽がかかったり、

ヒントがある場合がありますので、どの日が勝てる可能性の高そうな日や、

特定日かを調べます。(勿論ガセもあります。)

 

同時によく出している台番号と機種の位置をお店に行って調べます。

例えば大安の日は、末尾1とか、月末は角台とか、

ゾロ目の日は、222番台とか、

そのお店が推している数字を調べます。

入り口に近い通路側の機種の列は高設定ぽいなぁなどデータなども調べます。

 

それと打っている人物の年齢層やレベルやスーツなのか

ガテン系なのか高齢者など客層なども調べます。

 

あとはプロ軍団がいるかもチェックします。

プロが多い店は当然勝てる店です。

 

例えばジャグラーの島にカチカチ君を持って

きちんとカウントして打っていたりします。

(台数の少ない店や、穴場などはあえてカウントしていないプロもいます。)

 

またプロは基本的に働くのが嫌な人や事情があって働けない人がなるものなので、

やたらとお洒落な派手な格好しているか、

メガネをかけてかなりルーズな服装だったりする事が多いです。

 

スーツでもカバンを持っていない人は、プロだったりします。

 

打ち子を雇って打っているプロの特徴は、

やたらとスマートフォンを弄ってたり、

やたらとゲームなどをやってたり、

ホームレスぽい人や外国人や目押しが出来る高齢者なのに

わざと押してあげたりするフリをしたり、

ゆっくり打っていたり、

やたらと複数人で仲が良いか、

店内では一切しゃべらないのに店外では話したり

色々と特徴があります。

 

また勝てる可能性の高そうな日や、特定日まとめサイトなどの

チェックも良いと思います。

(http://patislotblog.blog.jp/archives/7052546.html)

(http://bubtt.com/archives/4831)

 

 

スロットに関しては、サラリーマンの場合朝から基本打てませんので、

設定を特定日に変える店なのか、変えない店なのか、

ランダムで変えて来る店なのかを調べる必要があります。

ですので、前日の履歴がデータカウンターで

解る店かどうかが最も重要になって来ます。

 

こうする事で設定狙いが出来るようになります。

 

パチンコは、釘が読めない方はプロぽい人が辞めた

ヘソが開いてる台を閉店間際に数台試し打ちして、

その翌日に打ちます。持ち球遊戯になった場合は、

玉数を数えて打ちます。

 

パチンコ・スロット共に基本は新台は入れ替え費用を早く回収したいので、

基本勝てる調整になっていないので、新装開店時は、設置台数の多い機種や

お店が大切に長く使っていきたい機種に良台を入れる傾向にあるので、

まったくの新台は数日過ぎてから打つほうが良いです。

ただ時期によっては新台に設定を入れて来る時も少ないですがあります。

(これも新台導入から何日程度で高設定を入れたり釘を開けたりするかは、

調べる必要性があります。)

 

そして会員カードを作りますが、個人情報を知られたくない人には

作る事はオススメしません。

 

新規オープンやリニューアルオープン入場や

(https://johojima.com/category/pachinko_open/)

(http://jenepi.jp/)

 

日々の優先入場や貯玉などのメリットもありますが、

この辺はLINEやメール登録同様自己責任でお願いします。

 

裏技として引越ししたばかりの人は前の住所の保険証などあればそれで作ります。

(※ウソの情報でカードをだまし取る詐欺、登録先に対する業務妨害の

可能性はありますが、パチンコ屋の会員カードの範疇で、

これで捕まった人がいるのは聞いたことがありませんので、

問題ないと思います。最悪住所変わったで済みますし。

但しDM発送は無しにして下さい。)

 

実は実話なのですが以前勝ちすぎて自宅に来られた事があったり、

裏モノのデータを取っていたら付回されたりしたので、

 

私はパチンコ・スロット店は全く信用してません。

 

ダークな業界だと基本的に思っています。

 

また常駐しているプロ軍団に睨まれたり、サクラ(店や店員の仕込んだ人間。)に睨まれたり、しのぎとして打ってる暴力団に睨まれたり、

 

トラブルに巻き込まれないように複数の店をローテーションでまわる事や、

 

勝てる可能性の高そうな日や、特定日だからといって狙い台が取れなかったり、

他の狙い台が埋まっていたりした時は、

無理して打たずに帰る勇気が最も大切で、

 

これが出来ない人も9割の負け側に入ってしまいます。

 

ただ抽選が悪いからといって、混んでいるからと言って、

狙い台が空かないとは限らないので様子見も大切です。

 

またお金が絡む世界なので、多々ある事なのですが、

多少の嫌がらせは完全無視で大丈夫です。

私は、耳栓をして聞こえないふりや、サングラスをして見えないフリや

頭のおかしい人のフリなどを良くします。

 

あまりに酷い場合は、110番しますよ。で大丈夫です。

 

しかし大切な事は、パチンコ・スロット店は沢山あり、いつでも打てる訳で、

トータルで勝てればそれで良いという考え方です。

 

一番良くないのは、その日に取り返そうとする事です。

冷静さに欠けると理論的に打てなくなり、

ただただお金をドブに捨てるだけになります。

 

最後になりますが、欠損と言って、きちんと高設定やボーダーライン以上の台を

打っていても短期的に負ける時があります。

 

また必ずしもきちんと高設定やボーダーライン以上の台を打ててない事もあります。

 

私も現在勝ったり負けたりして、トータルで大きくマイナスですが、

全く気にしていません。

 

 

 

※今月の私の収支も参考にして下さい。

 

 

 

きちんとした理論に基づいて行動して打てていれば必ずプラスになるからです。

 

サラリーマンで副業で打つので生活費は基本計算に入れませんが、

スロットでは30万円、パチンコでは100万円程度の資金があればベストだと思います。

これ位あれば心の余裕も生まれます。

 

これも初めから全額用意する必要は全く無く、

パチンコ・スロット店の新規オープンやリニューアルオープンなどのお店など調べて、

ここで勝ったお金や、FXの口座開設や、クレジットカードを作るなどの

ポイント・現金還元や、せどりなどで作った資金や

アフリエイトなどの収入や土日祝日の単発のアルバイトの収入を

あてれば良いと思います。

 

大体ですが、会社帰りに4時間を週5日と土日どちらか終日打って、

年間120万円程度になれば御の字だと思います。

 

最後になりますが、あくまで仕事がサラリーマンの一番のメインとなりますので、

そちらを絶対中心と考えて、

 

私の場合は、9:30-18:00勤務で、会社が少し遠い為平日打つのは少ないので、

お小遣い程度で十分と思っています。

 

とりあえずは、ゴールデンウィーク前のグランドオープン店の情報収集や、

店舗開拓や調査を中心にしています。

 

そして5月5日(金)は、店によりますが、

ジャグラーを打つのは必須です。

 

 

という事で次回の更新は、ジャグラーに関しての詳細です。

 

AD