台風

テーマ:
突然の激しい雨。台風が来てた。

via マニラ日記
Your own website,
Ameba Ownd
AD

懐かしのインターコン

テーマ:

懐かしのインターコンが改修工事中。

昔この前の現場事務所で働いてて、トイレをよく借りに行ってた。

そこに綺麗なお姉さんがどこからともなく湧いていたのを思い出す。


via マニラ日記
Your own website,
Ameba Ownd
AD

前回にも書いた通りこの3年日本の地方都市の企業で働いていた。
そこで大都市の大企業と地方の中小企業の格差を自分の体験を基に書いたが、ITリテラシーもこの地方格差に比例するんではないかと思う。

これも私の経験談のみなので一概には言えないことをご容赦いただきたいが、とてつもない格差を感じた。

 

例えばスカイプ。
こんなの当たり前のツールなんだけど、私が来て初めてインストールしたとか日本側本社がまったく使ってなくて結局海外から電話かけてるとか。活用されていないケールが多かった。

 

セキュリティっていう問題もあるけど、今の時代ちょっとしたIT会社に依頼すれば、そのあたりの設定はかけてくれるはずだけど、担当者はそういうアイデアまで届かないみたい。

 

仕事の仕方もいまでは電子メールでやりとりすることが一般的だと思うが、電子メールはスルーされてたり見逃してたりするケースも多かった。
電子メールでの交信は記録に残るし、理解するために読み直してから考えて返信を返すことができる。

 

前職みたいにアメリカでまだ何もないプロジェクトの立ち上げにパソコン一つ持って乗り込んでいって作業する場合にITの活用って命綱だと思うんだけどなかなか思う通りにいかない。これってガラケーのガラパゴス状態の名残なのか。

 

その点アメリカはほとんどがオンライン上で解決できる様になっていた。
会社登録はオンラインだし、銀行取引も口座開設できてしまえばほとんどオンラインで取引できる。銀行は日本もほぼ同じかな。行政関連の提出物もPDFコピーで申請書類とみなしてくれる。

 

アメリカはほんの一部の都市と大部分のど田舎の集まりなので、距離的な問題もあってこのオンライン化が発達したと思う。日本は距離的な問題は本当の僻地を除けばほとんどないのでアメリカほどのスピードでオンライン化が進まなかったのかもしれない。

 

地方格差とIT格差が比例するのかと言われると一概には言えないが、地方企業で働いてる人の年齢層が高いのかもしれない。特に小さな地方企業に就職する若者も少ないから新しいアイデアを取り込む機会も少ないのだろう。

 

格差ってあって当たり前だけどチャンスがあるのに活かせないっていうことは避けないといけないと思う。

 

やっぱ、日本やばいよな。