当店から自転車で5分ほどの距離にあるウェルピアかつしかで行われた「第28回ボランティアまつり、第12回ウェルピアまつり」にボードゲーム体験会として出展しました。

 

今回の出店は知的・精神障がい者支援団体が多く出店している模擬店コーナーのテント内。

ゲームで遊ぶのも出店者側の障がいを持った方を対象にということでした。

 

持ち込むゲームはルールがシンプルなものは前提として、大きな数字を扱わない計算が必要ないものを選び、かつ屋外のため風に飛ばされるようなカードを使わないもの。

・スティッキー

・誰の耳?

・アミーゴバンデット

・スピードカップス

・虹色の蛇

・メイカー

・ワニにのる?

・ぱかぱかお馬

と、いつもより少なく小規模に。

 

野菜や雑貨販売のテントの奥でひっそりと^^

 

駐輪場側のスペースでテーブル1台での体験会です。

 

基本的に誘っていただいた、障がい者支援をされている「たすかーる」さんで支援を受けている子や、そのお仲間の子たちを呼んできてもらって遊びます。

 

とにかく鉄板なのはスティッキー。

さいころを振って崩した人が負けのルールの他、全員で協力して残り三本を目指す遊び方もウケがいいです。

成功した時の一体感がいい感じです^^

これは珍しい青・赤・黄で達成したシーン。

太くて危険な青が3本残ることが多いんですが、みんな頑張りました^^

 

協力ゲーム「アミーゴバンデット」

「道が繋がるように置く」ということが難しかったんですが、こちらが代わりに置いてあげることはせずに頑張ってもらいました。

上手く置けたら「いいね!」と大げさに、ドラゴンが出たときは大げさにはやし立てたりして(笑)

ドラゴンをめくった時のリアクションが段々感じられるようになってきて、「タイルをめくる」という行為が楽しいようでした^^

 

担当の動物の耳を集める「誰の耳?」

どの色が自分のか分かりにくいかなぁと思ったけどそれほど問題じゃなかった。

それより「袋の中を見て取っちゃダメ」が最初できなくてゲームにならない予感。

でもその都度袋に戻して「見ちゃだめだよ」「だめだめっ」「見ちゃダメだって~」とやっていたら、そう言われるのが楽しくなってきたようす(笑)

「見てないよぉ~」と言いながら気付くとちゃんとゲームが成り立っていました。

 

今回は写真担当がいたので使いたい写真が多い^^

ってことで後半につづく。

AD