・受賞は二つあります。

フォルクスワーゲン「THE FUN THEORY」 スウェーデン(DDB STOCKHOLM)

VWの「Blue Motion Technology」という、
新しい環境技術を理解させるためのキャンペーン。
走る喜びを減らすことなしに、環境への負荷を減らす技術です。

仮説として、人間の行動を変える最も簡単な方法は、
それを楽しい行動に変換してやることが最善なのではないか。
それが「The Fun Theory」というアイデア。

(その1)
課題「エレベーターを使うことなく階段を使わせたい。」
解決法「だったら階段を上ることを楽しくすればいいじゃないか!」
アイデア「階段が鍵盤になってて踏むと音が鳴る」

「Piano stairs - TheFunTheory.com - Rolighetsteorin.se」



(その2)
課題「瓶リサイクルの意識を高めたい」
解決法「リサイクルBOXに入れる行為を楽しくすればいいじゃないか!」
アイデア「瓶リサイクルBOXをアーケードゲームにした」

「Bottle Bank Arcade - TheFunTheory.com - Rolighetsteorin.se 」



(その3)
課題「街に散らかるゴミをどうにかしたい」
解決法「ゴミを捨てる行為を楽しくすればいいじゃないか」
アイデア「世界一深いゴミ箱をつくり、ゴミを見つけてまで捨てに来る」

「The world's deepest bin - Thefuntheory.com - Rolighetsteorin.se」



そういえば階段と深いゴミ箱は「世界一受けたい授業」でも
紹介されていましたね。これに類似するものは結構あったりしますが
やはりコンセプトが素晴らしいゆえのグランプリでしょう。
なぜサイバー?しかし、サイバーなしにはできないのも確か。


(その他)
「The Fun Theory AWARD」というのを作り、
みんなで世の中をどうしたら楽しく変えられるかというのを募集。
その入賞作を発表。ただの送り一方で終わらせないことが素晴らしい。

(入賞作)
課題「店に入る時、靴裏の汚れを落とさないので店内が誇りだらけん」
解決法「靴裏の汚れを落とす行為を楽しくすればいいじゃないか」
アイデア「汚れを落とすドアマットをDJのスクラッチにしてみたら?」

「Scratch Mat」



(入賞作)
課題「車のスピードを落とさせたい」
解決法「制限速度を守る行為を楽しくしたらいいじゃないか」
アイデア「速度を「守る人」を写真に撮ってlottoクジの抽選して、
当たったら郵送させる。しかも賞金は速度超過の罰金から出す。」

「The Fun Theory award winner - The Speed Camera Lottery」



その他の入賞作はこちらに。
http://www.thefuntheory.com/

子どもがシートベルトをしたら、ゲームができるようになるなど、
大体みんなスロットやゲーム系に走ってますね。

投稿ビデオを見る中で見たコピーがなかなか良かったので紹介を。
”Fun can change behaviour for the better.”
考えてみると生活の中には課題がいっぱいで、
それを改善するためには楽しくさせると言う発想は
本当に大切なものだと思います。

そう考えると、以前カンヌで受賞した「メロディーロード」は、
走りと言うことですね。日本やるじゃん!










AD