ナルコレプシー 福岡

テーマ:

日本では人口の0.16~0.59%、欧米では0.02~0.04%が「ナルコレプシー」にかかっています。10歳代で発症することが多く、家族内発症も4.3~7.5%にみられることから、遺伝的な素因も発症に関係しますが、後天的な要素も大きいと考えられています。

「ナルコレプシー」の患者さんには、次に挙げる 4大症状 と呼ばれる症状が見られます。もちろん、健康な人でもこれらの症状のうち、いくつかは見られることがあります。逆に、ナルコレプシーの方でも、常に全ての症状が揃うわけではありません。



■ 昼間の耐え難い眠気(睡眠発作)
危険な作業や大事な会議、デートの最中など、積極的な参加や緊張感を要する状況でも、本人の意志に関係なく突然眠り込んでしまいます。睡眠発作は、30分ほどで自然に目覚め、起きれば気分はスッキリします。起きた後しばらくは眠気がなくなっていますが、数時間たつと再び激しい眠気が襲ってきます。
病気についての理解がない周囲からは、怠けているとか、気合が足りないと見られることもあます。そのため、社会生活に大きな差しさわりとなることがあります。

■ 情動性脱力発作(カタプレキシー)

笑う、喜ぶ、怒る、驚く、興奮するなど、強い感情の動きが引き金になって、全身の筋力が抜けてしまう発作です。
発作中、意識はしっかり保たれています。数秒~数分たつと元に戻って、自然に力が入るようになります。
発作の程度はいろいろあり、ろれつが回りにくい、首が前にガクッと垂れ下がる、手足に力が入りにくくなるものから、その場に倒れこんでしまう重度のものまであります。
また、情動性脱力発作を起こさないタイプのナルコレプシーもあるので、注意が必要です。


■ 睡眠麻痺(sleep attack)

いわゆる金縛りと呼ばれているものが、寝入りばなや目覚めた直後に起こります。睡眠麻痺は、数分以内に、自然になくなります。
健常な人では、寝ついてから90~120分してから現れるレム睡眠が、ナルコレプシーの人では寝ついてすぐ現れます。レム睡眠は、全身の筋肉が動かない状態の浅い眠りです。この睡眠のときに、何かの原因で意識が残っていると、体が動かせずに焦ってしまいます。


■ 入眠時幻覚
睡眠麻痺(sleep attack)と同時に起こることが多いものに、入眠時の幻覚があります。この2つと情動性脱力発作をまとめて、レム睡眠関連症状 とも言います。
幻覚は、怪しい人影や化け物が危害を加えにくるなど、かなり現実感があり鮮明で、恐ろしいものが多いようです。これも睡眠麻痺と同様に、数分以内になくなります。

4大症状は、ナルコレプシーの患者さんによく見られるものですが、4つ全てが現れるのは、患者さんのうち20~25%の人だけです。



当院では、「ナルコレプシー」の治療を行なっております。主に、「ベタナミン 」という名前の中枢神経刺激薬の内服で治療を行ないます。



福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)

AD

調剤医療費の伸び

テーマ:

日本病院会の堺常雄会長は12月17日の定例会見で、医療財源が逼迫するなかで高い伸び率を示す調剤医療費について「びっくりするほど伸びており、看過できない」と問題視。その上で医薬分業の質自体に対して「本当に患者の利益になっているのか」と疑問を投げかけた。


堺会長は会見で、12月15日の常任理事会において調剤医療費と医薬分業のあり方を巡り、「医療費36兆円のうち、約6兆円が調剤薬局に出ており、このままいけばもっと増える」との意見があったことを報告。その上で「我々はなけなしの知恵を絞って約30兆円(診療報酬)の配分を考えている。それを踏まえると看過できない」と指摘した。


本当に、そう思います。今の調剤薬局は、診療報酬が高すぎます。医師が処方した薬を、袋詰めするだけなのに、とんでもない高い診療報酬が設定されています。そこで、患者さんに、真実をお知らせしておきます。お薬は院内処方してもらったほうが、医療費は、はるかにやすくつきます。



福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)

AD

2013年4月1日(月)から、お薬は原則、院内処方にしています。調剤薬局に行く必要は原則としてありません。当院で、お薬を受け取って帰れます。


院内処方だと、お薬代が、はるかに安くなる患者さんが100%です。


医療費=診察代+お薬代


です。


当院のように、院内処方だと、診察代は変わりませんが、お薬代が、調剤薬局より、はるかに安くなります。


調剤薬局で高い薬代を払うことが当たり前になっている現状は、正しいとは思えません。賢い患者さんは、院内処方の医療機関を選択しています。


福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)

AD

2013年4月1日(月)から、当院では原則として、お薬は院内処方とします。


例外的に、院外処方となる場合もありますが、原則として院内処方とします。


院内処方の良い所は、①院内でお薬が受け取れること、②(こちらの方がより重要ですが)トータルでの医療費が安くなる場合がほぼ100%という点です。


医療費削減の一助になれば幸いです。


福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)




プロペシア(フィンペシア) 福岡

テーマ:

AGAの治療薬として、「プロペシア」の後発品である、「フィンペシア 」の処方を開始しました。「プロペシア」も「フィンペシア」も効果や使用法は、基本的に変わりません。1日1錠を内服するだけの簡便な治療です。


変わるのは、治療費用です。「プロペシア」は当院の場合、一か月分(28錠)が8,400円(税込・診察費込み)です。「フィンペシア 」は当院の場合、三か月分余(100錠)が10,500円です(税込・診察費込み)。


つまり、「フィンペシア 」だと一か月分の治療費は、3,500円弱ですが、「プロペシア」だと一ヶ月分の治療費は、8,400円だということです。


この違いを、どうとらえられるかは、患者さんの自己判断になります。


ただ、わたし自身が自分のAGAの治療につかうとすれば、迷わず「フィンペシア 」を選びますね。


福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)

今まで、当院では AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、「プロペシア 」「アボルブ 」の内服治療を行なってきました。


この度、これらに加えて、リアップ×5と同等品である「ミノキシジル5% 」外用の処方を開始しました。


ミノキシジル5% は、1日2回、1回1mlを頭皮に塗布します。


ミノキシジル5% の価格は、60ml(一か月分)が5,000円(税込・診察費込み)です。


リアップ×5の60mlの価格は、60ml(一か月分)が7,400円ですので、ミノキシジル5% のほうが、お得です。


福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)

万能薬 「グルタチオン」 福岡

テーマ:

当院では、万能薬 「グルタチオン」を自費で、処方しています。「グルタチオン」 100錠が2,000円です(税込・診察料込)。「グルタチオン」は、1日3錠内服するお薬ですので、100錠は約1ヵ月分のお薬の量に相当します。



「グルタチオン」は、一種の解毒剤です。体の代謝機能にかかわる酵素を活性化させ、毒物の代謝を促進します。そして、中毒症状をやわらげ、体の回復を助けます。解毒作用のほか、肝機能改善作用や抗脂肪肝作用、抗アレルギー作用なども、期待できます。

そのような作用から、薬物中毒や金属中毒、つわりや妊娠中毒、自家中毒などに適応します。さらに、皮膚科領域で湿疹やシミの治療に応用されることがあるかもしれません。強い作用がないかわり、副作用はほとんどありません。



福岡市中央区の心療内科・精神科 メンタルクリニック桜坂(日曜も診療)