名古屋の出版社「桜山社」のブログ

ほっこりとしたエピソードやお知らせなど


テーマ:

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トランスビューの共同DMで新刊『アナウンサーは足で喋る』封入します。よろしくお願いいたします。

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全国の書店さんから注文が入り始めています。

トランスビューで今月末も共同DMを入れますので、よろしくお願いいたします!4月28日発売です。

著者の吉村功さん渾身の作です。「吉村節」に酔いしれてください!?「こんな本は今まで見たことない!」

 

Amazon、楽天ブックスなどでも予約が始まっています。

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

4月28日発売で進めている『アナウンサーは足で喋る』(吉村功著)。制作もいよいよ大詰めです。

 

■内容

中日対巨人の伝説の「10・8決戦」。長嶋茂雄巨人監督に「国民的行事」と言わしめ、視聴率は48・8%を記録、プロ野球界にその歴史を刻みました。著者の吉村功氏は、長年東海テレビ放送の第一線でスポーツ実況を担当。「郭はもう泣いています!」(1988中日ドラゴンズ優勝放送)「こんな試合は今まで見たことない!」(1989落合博満逆転サヨナラ3ラン)「時計よ止まれ!」(1998名古屋国際女子マラソン)など数々の名言は、今も語り継がれています。本書では氏が実況した優勝決定試合を中心に、ボクシング、マラソン、体操、ゴルフ、競馬など実況の歴史的名場面や秘話を厳選収録。臨場感たっぷりに書き下ろしました。
 

 

■目次より
序章 保険会社内定からアナウンサーへ

第1章 「吉村節」全開の歴史的名場面
1、「郭はもう泣いています!」中日ドラゴンズ優勝放送
2、「こんな試合は今まで見たことない!」落合博満逆転サヨナラ3ラン
3、「10・8決戦」プロローグ
4、「10・8決戦」運命の始まり
5、「10・8決戦」試合開始
6、「10・8決戦」ドラゴンズ反撃 まさに死闘
7、「10・8決戦」死闘 そして思い出の人
8、「10・8決戦」エピローグ 落合博満 長嶋茂雄
9、私のドラゴンズ最後の放送 ノーヒットノーラン

第2章 少年時代の夢
1、子供の頃 大下弘の鼻紙
2、子供の頃 同級生の省八君
3、子供の頃 ガチャン! 人生が決まった

第3章 原点は野球実況
1、三島由紀夫に批評された初スポーツ放送のボクシング
2、野球放送はすべての原点
3、初めての野球中継 それは土屋正孝
4、ゴールドコースト・キャンプ 峰竜太さんとともに
5、江藤慎一の“おなら”
6、落合博満選手の「オレ流」キャンプ
7、星野仙一監督のキャンプの食事会と散歩
8、江川卓オールスター8連続三振と対野武士軍団
9、解説者との思い出
10、夢に見るスーパー軍団

第4章 スポーツアナひとすじで
1、1988 幻の名古屋オリンピック
2、マラソン中継 不思議なトライアングル
3、初めてのフルマラソン中継はフジテレビの東京国際マラソン
4、高橋尚子 日本記録「時計よ止まれ!」
5、高橋尚子 シドニーへの道
6、思い出の足裏の詩人たち
7、パリ国際駅伝 フジテレビ史上最大の放送事故
8、駅伝中継 馬俊仁と馬軍団
9、体操 塚原の月面 チャスラフスカの尻餅
10、ゴルフ中継 フェアウエーの妖精ローラ・ボー
11、競馬中継 ハイセイコーとオグリキャップ

おわりに そして今……

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月28日発売で進めている『アナウンサーは足で喋る』(吉村功著)。書影です。

 

■内容

中日対巨人の伝説の「10・8決戦」。長嶋茂雄巨人監督に「国民的行事」と言わしめ、視聴率は48・8%を記録、プロ野球界にその歴史を刻みました。著者の吉村功氏は、長年東海テレビ放送の第一線でスポーツ実況を担当。「郭はもう泣いています!」(1988中日ドラゴンズ優勝放送)「こんな試合は今まで見たことない!」(1989落合博満逆転サヨナラ3ラン)「時計よ止まれ!」(1998名古屋国際女子マラソン)など数々の名言は、今も語り継がれています。本書では氏が実況した優勝決定試合を中心に、ボクシング、マラソン、体操、ゴルフ、競馬など実況の歴史的名場面や秘話を厳選収録。臨場感たっぷりに書き下ろしました。
 

 

■目次より
序章 保険会社内定からアナウンサーへ

第1章 「吉村節」全開の歴史的名場面
1、「郭はもう泣いています!」中日ドラゴンズ優勝放送
2、「こんな試合は今まで見たことない!」落合博満逆転サヨナラ3ラン
3、「10・8決戦」プロローグ
4、「10・8決戦」運命の始まり
5、「10・8決戦」試合開始
6、「10・8決戦」ドラゴンズ反撃 まさに死闘
7、「10・8決戦」死闘 そして思い出の人
8、「10・8決戦」エピローグ 落合博満 長嶋茂雄
9、私のドラゴンズ最後の放送 ノーヒットノーラン

第2章 少年時代の夢
1、子供の頃 大下弘の鼻紙
2、子供の頃 同級生の省八君
3、子供の頃 ガチャン! 人生が決まった

第3章 原点は野球実況
1、三島由紀夫に批評された初スポーツ放送のボクシング
2、野球放送はすべての原点
3、初めての野球中継 それは土屋正孝
4、ゴールドコースト・キャンプ 峰竜太さんとともに
5、江藤慎一の“おなら”
6、落合博満選手の「オレ流」キャンプ
7、星野仙一監督のキャンプの食事会と散歩
8、江川卓オールスター8連続三振と対野武士軍団
9、解説者との思い出
10、夢に見るスーパー軍団

第4章 スポーツアナひとすじで
1、1988 幻の名古屋オリンピック
2、マラソン中継 不思議なトライアングル
3、初めてのフルマラソン中継はフジテレビの東京国際マラソン
4、高橋尚子 日本記録「時計よ止まれ!」
5、高橋尚子 シドニーへの道
6、思い出の足裏の詩人たち
7、パリ国際駅伝 フジテレビ史上最大の放送事故
8、駅伝中継 馬俊仁と馬軍団
9、体操 塚原の月面 チャスラフスカの尻餅
10、ゴルフ中継 フェアウエーの妖精ローラ・ボー
11、競馬中継 ハイセイコーとオグリキャップ

おわりに そして今……
 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一人でもろもろやっており、長期出張などで事務所にほとんどいない時も多く、あまり書くことでもありませんが、お願いを書いておきます。

 

●著者(候補)の方へ・・・原稿が書けなかったり、締め切りに遅れてしまう場合は一言、「書けません」「遅れます」と正直に話してくださるとありがたいです。たとえば、私から、「締め切りが過ぎておりますが、原稿の進み具合はいかがでしょう?」との連絡に、「販促はお任せ下さい」・・・ちょっと戸惑います。販促は大変ありがたいことですが、その前に原稿が欲しいところです。まず、原稿をください!(笑)正直に「できないことはできない」と言ってくださると私も安心できます。

 

 

●持ち込みの方へ・・・「企画はこうしてありますが、原稿は書けますか?」と私が聞いたときに、もし書けないならば正直に「原稿は書けません」と言って欲しいです。以前このようなことがありました。ある著者候補の方は、「原稿書いています」とずっとおっしゃいます。「途中でA4の1枚でも、300文字でも送ってください」と言っているのに、結局は、1年後に実は書けませんでしたというケースもありました。執筆依頼は、私にとっては(多くの出版社にとっても)命みたいなものです。年間で依頼する方は数えるほどで、一度執筆依頼したら、他の方には依頼ができません。数年単位で計画を立てていますので。

 

 

●持ち込みの方へ・・・弊社のことを全然知らないのに、「御社から本を出したいのです」というのも正直わかりません。だったらなんで「名古屋市瑞穂区の一人出版業の桜山社」で出したいのかと一言でもあると良いと思いました。持ち込みいただく企画は原則として弊社では受け付けておりませんが、企画を見て私なりにアドバイスすることはできます。いつ連絡をいただいても良いのですが、深夜の電話は控えていただくなど、最低限のことだけは、守っていただきたいなと思います。メールはOKです!

 

●FBなどのSNSで知り合いの方も、企画をお送りいただくことがありますが、私は一人でやっているので、毎月のように湯水のごとく本は出せません。小学館でも集英社でもなく、桜山社です(笑)。これだけは、本当にご理解ください。本を出して終わりではなくて、流通面を整え、ていねいに本を届けることを心がけています。どれだけ流通面が大事で大変か、ここは著者(候補)の方には関係がないことかもしれませんが、私は企画と同じぐらい大事にしたいのです。それは、実際に自分が体験したからで、改善ができるのだったらしたいなとずっと思っていたからでもあります。あとは、企画は時間がある限り目は通しますが、一応は私の近況や、今は動けないこと、対応ができないことを知った上で連絡をいただけるとありがたいです。企画に目を通す時間を作りますので。メッセンジャーでただ動画を添付してくるのも何をどうしたら良いのかわかりません(笑)。

 

一人であれもこれもやっていれば、分かってもらえるかと思いますが、実はなかなか理解してもらえないのです……。よろしくお願いいたします。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月28日刊行(予定)の新刊『アナウンサーは足で喋る』(吉村功著)は、急ピッチで制作を進めているところです。一日一秒と待ったなし状態……。

 

そんな中、著者の吉村氏と打合せ中に元ドラゴンズ監督の星野仙一さんからメールが届きました。

 

公益財団法人野球殿堂博物館は2017年1月16日、中日、阪神、楽天の3球団で優勝監督となった星野仙一(楽天副会長)さんが野球殿堂入りを果たしたと発表しましたーー。

 

発表の当日に吉村さんが、お祝いのメールを送ったところすぐさま返信が。そのコメントも本に入れています。

 

星野さんは、吉村さんの地上波最後の放送で解説に駆けつけてくれたのです。

 

本では、星野さんの選手時代から監督時代のエピソードも数多く出てきますが、私がドラゴンズファンになったきっかけは、星野さんの監督時代の姿を見てから。なので、ドラゴンズの監督を退任された時は、ナゴヤドームで泣きましたよ。熱い時代でしたね。

 

その熱い時代の放送を、熱く「吉村節」で”絶叫”したのが、著者の吉村功さんでもありました。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月28日刊行予定で進めている『アナウンサーは足で喋る』(吉村功著)。

 

Amazonなどのネット書店では予約が始まっています。

内容などの詳細はチラシを参照ください。

 

本は、現在鋭意制作中です。ブックデザイン(書影)は、今月末に第一弾が上がってきます。私のイメージを伝えて、どんな感じになるのかなぁ。

とにかく、ものすごいギリギリのスケジュールです。

 

多くの本はライターによって書かれていますが、私は、時間がかかってでもいいので、「自分の言葉」で書いていただいた本を出版したいと思っています(内容によってはライターにお願いした方がいいものもあります)。

文章が多少こなれていなくても、その方が伝わると信じているからですが……。

 

吉村節全開!で私はどうしても書いて欲しかった。『アナウンサーは足で喋る』は吉村さんご本人の書き下ろし。どうか必要としている人に、届いてほしいなと思っています。

 

今日東京から、トランスビューの注文出荷制版元の共同DMを約1400店の書店に発送します。地元・東海地方からの発信や、地元の書き手の思い、地元の書店さんを大事にしたいというのが小社の思いでもあります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月と5月に刊行する本の制作でとにかく精一杯です。

それに伴う周辺の仕事もあって……花粉と戦いながら、何とか頑張らなければ。頑張りたい!

 

そんな中、2月28日に今池ガスホールで行われたシンガーソングライターMILLEAさんのワンマンライブで買った『麻布ハレー』と「AZABU HALLEY」。

実はまだ読めていませんが、ひと段落したら真っ先に読もうと思って楽しみにしています。

 

ライブには、『幸せを声にのせて』の著者、小堀勝啓さんもゲスト出演。私も客席から二人のトークを聞いて胸が熱くなりました。

 

MILLEAさんは、毎週日曜日、午後7時〜正午まで放送されるCBC「小堀勝啓の新栄トークジャンボリー」の9時台の放送で生の声を聞くことができます。

とにかく、前を向いて頑張っている方を陰ながら、応援していきたいですね!

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神戸市の出版社の大先輩にはすでにお伝えして、「協力お願いします……」とお声をかけさせていただいておりますが、6月から8月くらいまで?兵庫県神戸市を拠点に、写真アルバム『神戸市の150年』制作のため、名古屋から移住して写真取材を行います。

4月、5月は各一週間ほどリサーチにいく予定でおります。

 

もし、「神戸の昔の写真があるよー」という方や、「この地方に友だち、親戚や知り合いがいるよー」「おじいちゃん、おばあちゃんがこっちに住んでるよー」という方は、ぜひご紹介をいただけませんか?一枚でもいいです。写真はその場で接写させていただきます。明治大正時代のものは、絵はがきでもOK!

 

一人でも多くの方のお宅に眠っているお写真、絵はがきを使わせていただき、神戸市の歴史アルバムを作っていきたいと思っています。

たとえば、港の様子、風景、町並み、学校、出来事、産業、風俗、モータリゼーションetc…

(※神戸は同様の既刊本が多いので、「未掲載」の写真を載せていくことになります)
 

カラー写真、ポジ、ネガでも紙焼き、絵はがきなんでもOKです。
今年12月の刊行をめざします。掲載写真採用の方はなんと!完成本を贈呈します。


昨年末から三田、篠山、丹波市を回らせていただきましたが、あまり知り合いもいないので、ぜひご紹介をお願いできたら嬉しいです。

 

現地取材は、あと何回できるか分かりませんが、体が動くうちはやりたいと思います笑。

何卒よろしくお願いいたします。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。