2017年07月01日(土) 18時28分55秒

【裁判闘争記】「慰安婦=性奴隷」説の上告人に最高裁で勝訴確定!!!

テーマ:【主張】政治

昨日(6月30日)、何の前触れもなく最高裁判所第一小法廷から簡易書留で自宅に「決定」が届いていました。開封すると、主文として「本件上告を棄却する。本件を上告審として受理しない。上告費用及び申立費用は上告人兼申立人の負担とする。」との記載がありました。

この瞬間、2013年6月14日に内容証明郵便が届いて以来、4年余りにわたり司法の場を舞台とした「慰安婦=性奴隷」説をその著書の中心的命題とする上告人(原告・控訴人)吉見義明中央大学教授との闘いにおいて、「これは捏造」と発言した私の勝訴が確定したのです。

弁護団の皆様をはじめ、日本、そして日本人の名誉と尊厳を守るために共に闘っていただいた全ての皆様に心より感謝申し上げます。

この裁判が提起されたのとほぼ同じ時期(2013年7月)に米国カリフォルニア州グレンデール市に慰安婦像が設置されました。その碑文には“In memory of more than 200,000 Asian and Dutch women who were removed from their homes in Korea, China, Taiwan, Japan, the Philippines, Thailand, Vietnam, Malaysia, East Timor and Indonesia, to be forced into sexual slavery by the Imperial Armed Forces of Japan between 1932 and 1945.”「日本軍に強制的に性奴隷にされた20万人以上の(主にアジア各国の)女性」と刻まれていますが、設置を決める市議会の公聴会での意見陳述の場で推進派は吉見義明中央大学教授の名前を挙げており(2014年、山崎澄夫、「すべては朝日新聞から始まった『慰安婦問題』」p.55)、その影響力の強さが伺えます。

確かに、彼の英訳本「Comfort Women: Sexual Slavery in the Japanese Military During World War II」(p.29)には、”First, the military comfort women system was a system of military sexual slavery.”「第一に、軍用慰安婦制度は、軍用性奴隷制度だった。」という無限定かつ断定的な記述の他、慰安婦の数について“It is estimated that the total was between fifty thousand and two hundred thousand women.”「全部で5万人から20万人の間と推計される。」との記述もあります。彼の英訳本が慰安婦像の碑文の根拠とされた可能性は否定できません。

それだけではありません。提訴後(2014年8月5日)、朝日新聞が自ら誤りを認めた1992年1月11日朝刊の記事「慰安所 軍関与示す資料」「防衛庁図書館に旧日本軍の通達・日誌」等の資料を朝日新聞に提供したことを訴状にも記載しています。すなわち、『日本軍「慰安婦」問題に関しては、1992年1月11日、防衛庁(当時)防衛研究所図書館において、「慰安婦」の募集、慰安所の設置・管理等に日本軍が深く関与していた資料を、原告が初めて発見して発表したことで、「慰安婦」問題に関する日本政府の責任が明らかになり、このことが今日にいたる日本軍「慰安婦」問題の浮上のきっかけとなった。』と自らが慰安婦問題の火付け役であることを自慢しているのです。

このように、彼はこれまで20年以上にわたって、朝日新聞への資料提供や英訳本の出版等を通じて、「20万人の性奴隷」という嘘と捏造を日本国内のみならず世界中に撒き散らすことによって、日本人の名誉と尊厳を著しく貶めてきました。それだけでは飽きたらず、彼は、更に、今回の裁判を通じて、日本の裁判所に慰安婦が「20万人の性奴隷」であったと認めさせようとしたのです。しかし、昨日の最高裁での私の勝訴確定によって、その策謀は挫折しました。

そもそも慰安婦は「性奴隷」ではありません。国際法上、奴隷は禁止されており、その犯罪構成要件は明確です。要するに、奴隷とは所有権の客体であって、当然、民法上の権利能力がありません。従って、もし慰安婦が性奴隷であったならば、売春契約を締結することすらできなかったはずなのです。だからこそ私は「慰安婦=性奴隷」説について「これは捏造」という真実の発言をしたまでです。どれだけ彼が「慰安婦=性奴隷」説を半生を懸けた中心的命題としようが、「慰安婦=性奴隷」説が捏造であることは明らかです。

4年余りという長きにわたる裁判の感想ですが、昨年9月の東京高裁での最後の意見陳述の一部を再掲してこれに代えます。「訴状及び準備書面において、控訴人は『研究者の名誉』という言葉を何度も繰り返してきた。実は、被控訴人も、分野は違えど博士号を有する研究者である。しかし、訴状及び準備書面を見る限り、控訴人は研究者として最低限の基礎的素養を意味する博士号を取得しているようには見受けられない。控訴人は、偉そうに『史料批判』という研究者らしい言葉を繰り返したが、その実、自らの仮説に都合の良い史料のみをつまみ食いしただけではないか。ましてや、本日、事実審の最後の最後の意見陳述においても嘘と捏造を繰り返すような者は、断じて『研究者』の名に値しない。仮りにも『研究者』と称するならば、法廷で嘘と捏造を繰り返し、その歪んだ政治的イデオロギーを訴えるよりも、文献で自らの学説を主張すべきだったのではないか」と。

彼らは、このような反論のブログをも更に訴えてくる可能性があります。控訴審でも、一審判決に関する私のコメントで更に名誉が毀損されたと主張しているほどです。そもそも彼らが訴えてこなければ反論の必要もないのに、一体、何を言いたいのでしょうか。

今回の最高裁判所での勝訴確定を受けて、できるだけ早い時期にこの裁判の発端となった外国人記者クラブで記者会見を開いて裁判の結果を報告したいと考えています。「慰安婦=性奴隷」説について「これは捏造」という同じ場所での発言について、「慰安婦=性奴隷」説を中心的命題とする著者が名誉毀損として損害賠償請求訴訟を提起してきたが、返り討ちにした旨の会見になろうかと思います。ぜひご期待ください。

最後になりますが、裁判は確定したものの、彼らは慰安婦問題に関する組織的な活動を止めようとはしません。日本人の名誉と尊厳を守るため、政治家として、これからも微力を尽くして参る所存です。今後ともどうか宜しくご指導の程お願い申し上げます。

 

2017年7月5日追記

彼らは「慰安婦=性奴隷」説に関する数百ページに及ぶ準備書面、千ページを遥かに超える膨大な書証を提出し、いたずらに裁判を遅延させました。にもかかわらず、一審、控訴審と敗訴して「慰安婦=性奴隷」説が捏造であることを否定できなくなってくると、何と最高裁への上告受理申立理由書(p.18)では「本件は『慰安婦問題ではない』」と、それまでとは全く矛盾する主張をするに至り、逃げに入りました。要は、この裁判で負けたとしても、「慰安婦=性奴隷」説が最高裁で否定された訳ではないという言い訳づくりに過ぎません。裁判なので、倫理的なことを言っても仕方ありませんが、人としてあまりに卑怯な態度だと感じました。

「YOSHIMI裁判いっしょにアクション」声明
弁護団声明

桜内 文城さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■無題

本日、初めて読ませていただきました。
私も勿論、慰安婦は単なる売春婦だと思っています。

ただ、世界への発信としては、日韓合意の外務省英語版を読む限りでは、「軍の関与があった」と理解されてしまいます。
国内向けと海外向けで言うことを意図的に変えているのか、英語力の無さなのかは分かりません。
英語でモノを考える人たちにとっては、「日本は国として認めてる」「韓国の言っていることが正しい」となるのだろうな、と噴飯やるかたない思いです。

7 ■おめでとうございます。

長い長い裁判、とても辛かったと思いますが勝てて本当に良かったとおもいます。
いつか国政にぜひ戻って頂きたい!これからも頑張ってください。

6 ■頑張ってください!

此のような活動をされている事をはじめて知りました。
心強いで限りです‼ 有難うございます❗
ご活躍をお祈りしています。

5 ■こうでなくちゃ

7割方が事なかれのサラリーマン議員という現状、
くじけても何度でも起き上がり、がんばってほしいです。

4 ■おめでとうございます。

記者クラブでの発表期待しております。

3 ■心より感謝申し上げます。

初めまして。
ブログを読まさせていただき、心より感謝申し上げます。
永きに渡り、闘ってくださり、ご勝利されたこと本当に嬉しいです。
我が国日本のために、尊い命を投げ出してくださった英霊の皆様を汚すことは許されません。
これからは、この素晴らしい判決を根拠に捏造発言を粉砕し続けなければなりません。
微力ながら、拡散させていただきます。
ご理解の程、宜しくお願い致します。
本当に嬉しいです。

2 ■無題

日本のため、ありがとうございました!

1 ■当然の結果とはいえ、、

今回の判決の意義は大きいです。
所謂ブーメランとなり、吉見義明氏の発信力、影響力は更に減速します。
グレンデール市の慰安婦像設置の公聴会で推進派が吉見義明氏の名前を挙げたのは致命的なミスとなりました。
今回の判決を資料としてまとめ、反対派の武器として有意義に利用すべきです。
グレンデール市のみならず、今後設置予定になっている案件に関しても、事あるごとに今回の判決を持ち出して訴えるべきです。
マスコミが取り上げ、ニュースで報道されると更にいいのですが...
4年余りの長い間、いつも頭の片隅に裁判の事がモヤモヤとこびり付いている状態だったと思いますので、心身ともに想像以上のエネルギーを使われたと思います。
本当にご苦労様でした。
桜内さんのご苦労のお蔭で、日本人にとっては朗報です。
是非、この判決を有効に活用して頂きたいです。
ご自身の選挙演説などにも積極的に取り上げてもいいかも知れません。
裁判の事を知らない方も多いと思いますので。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース