死体花

テーマ:

これ、世界で一番大きい花なんだそうです。


名前はタイタンアルム(titan arum)



titanarum



更に「世界一臭い花」と言われているそうです。

死臭の臭いがするので、日本では「死体花」と呼ばれていると!((>д<))



この花、虫を食べるそうです。食虫花なんですね。

臭いのは虫を誘い込む為。異臭を放っておいでおいでしてるんですね~


花のエイリアン?

花ビラから出ている突起物が、強大な舌に見えてきましたよあせる




シドニーの植物園で、このほどこれと同じ花が咲いたというニュースで

存在を知ったのですが、花だけで1メートルあるそうです。

しかし、強烈な異臭を放っていると。


植物園を見学する人は「怖い物見たさ」と言うより、「臭い物嗅ぎたさ」

そう言った方が良さそうですね(^_^;)

記事LINK




臭いと言うと、臭い果物王のドリアンを思い出してしまいました。

あれもかなりすごい異臭です。

我が家に夫が丸ごともらってきた時は、玄関を入ったそばから恐ろしい

臭いが漂って来ました。


真夏に炎天下で腐らせた生ゴミの臭い。いや、それ以上かも ヽ(*'0'*)ツ


この花の隣に置いて対決させたら、どっちが先にへばるのかな?

とにかくどちらも日本に無くて、良かった良かった(・∀・)

AD

ネットニュースを見ていて、こんな海外ニュースがありました。

イスラム教「侮辱」発言、法王自ら謝罪

ローマ法王ベネディクト16世がイスラム教に侮辱的とされる発言をして

イスラム諸国の猛反発を招いている問題で、法王は17日、離宮がある

ローマ郊外のカステルガンドルフォで、「私の発言がイスラム教徒への

攻撃と受け止められ、(イスラム諸国で)様々な反応を引き起こしたことを

遺憾に思う」と謝罪した

という内容の記事でした。

今回書きたいのは、法王の発言内容には関係ない事です。

いつも気になることがあるのです。

このニュースでは、「遺憾に思う謝罪した。」となっていますよね。

問題を起こした企業や、期待を外した政治家が誤る時によく使うこの「遺憾に思う」という言葉。


遺憾に思うとは、イコール「残念に思う」という意味なんです。

辞書にもそう書かれてあります。

自分のやったことや発言した事を誤ろうとしている人が、人事の様に

この「残念に思う」って言葉を使いますかね。

変じゃないですか?その編集。

謝罪したという発言だったなら、遺憾に思うではなく、普通に「申し訳ない事をしたと思う

と訳せばいいんじゃないでしょうか。

これって、発言の内容を訳す人がいて、それを記事にして仕上げる人がいるんだろうけど

何でもかんでもこの「遺憾」という言葉を使うのはどうなんだろうって疑問に思います。

法王は、残念を意味する「遺憾」という言葉を本当に使ったのかなあ?


そう訳された法王も「それはちがうでしょ!ちゃんと訳してくださいよ」って思う気がするんですが。



私の解釈、おかしい?考えすぎ?こじつけすぎるかな?(^o^;)

AD

人魚の話

テーマ:

デンマークのシンボルともなり、岩の上から首都コペンハーゲンの港を見渡している

有名な「人魚の像」に「」が誕生したそうです。



ane

これはお姉ちゃん。天使と評判のお顔立ち。

でもこのお姉ちゃん、気の毒な事に造られてから40年の間に、首を2回も

ちょん切られたり、右腕を落とされた事があるそうです。

ペンキを塗りたくられ、身体に下着の絵まで書かれた災難に見舞われていると!




お姉ちゃんの様な目には遭わせられないと、今度造られた妹さんは

そんな悪者の手の届かないところへ置かれたそうですよ。



やれるもんならやってみろ~って場所でしょうか?


imouto

今回造られた妹さん。顔はお姉ちゃんには似てないそう。




ところで私は、人魚の話が子供の頃から大好きでした。


人魚と人間の青年の、何とも切ない恋のお話に、わくわく胸をときめかせたものです。

人魚姫の願いや恋心、人間への憧れ、でも故郷の海を恋しく思い帰りたくなって涙する姿に

一緒になって悲しんだりしたっけな。

その心の葛藤がよかったのでしょうか。

子供心に何か訴えかけるものがありました。






mako

魔法のマコちゃん

テレビ漫画では、夢中になって見てました。


どこからきた~の?マコ~♪


って、知りませんよね、みんなσ(^_^;)


あ~懐かしいです。



そしてこれまた古い映画ですが、「スプラッシュ」という人魚の映画が

あったんですが、あれはむちゃくちゃ好きでしたね。


美しい人魚が、海老をむしゃむしゃ食べたり、リアルで少しグロテスクな大きな

ヒレを伸ばしながら入浴するシーンなどは、すこしコミカルタッチでしたが

恋のお相手役のトムハンクスと最後に手を取り合って泳ぐシーンは

とても感動的な映画でした。




今度生まれ変わったら、人魚になりたいな~(^O^)

AD

美少女殺害事件

テーマ:

ジョンベネちゃん事件って、あれから10年も経つんですね。

生きていればきれいなアメリカ女性になっている頃です。


海外でも日本でもマスコミは大騒ぎして、この事件を報道していました。

犯人は、少女のファンや性犯罪者や変質者、親兄弟まで疑われていました。


タイで捕まったのは、見るからにおとなしそうな教師。

真犯人って、こんな人だったのか?とちょっとびっくりしました。


犯人の男は「彼女を愛していた」なんてマイクに向けて言ってましたが

ただのロリコンの犯罪だったって事でしょうか。



しかも母親は、すでに病死しちゃってるんですよね。

疑いを晴らすことも出来ず、娘を殺した犯人の顔を見ることも無く

本当にお気の毒なことです。




でも酷な事を言えば、大事な娘をただでさえ性犯罪の多いアメリカで

セックスアピールの対象やコンテストの為に出していたのも親ですからね。

少なからず責任は重かったですよね。



しかし何とも複雑な事件でした。というよりマスコミが複雑にした?

それも容疑者が捕まったから言えるようなものかもしれないけれどね。



犯人が捕まってほっとする一方で、これからいろんな反響や

疑われた人たちの反撃が始まるんでしょうね。

1番の被害者である少女の事はそっちのけで。


日本では、妊娠を期に市町村から母子手帳が交付されますが

その日本の母子手帳を基にして、「アラビア語版」の手帳の試作品が

国際協力機構などの支援で作成され、パレスチナのお母さん方の健康と

出産のケアとして活躍し、ゆくゆくはパレスチナ全土へと広がりそうです。

そしてその手帳は、パレスチナのお母さん方に、説明会で披露され

新鮮な驚きを与えているそうです。

記事LINK



夫が敵地に拘束されている状態で、出産を向かえなければならない方も

いらっしゃると言います。


定期的に検診も受け、身内に守られ、設備も医師も整った病院で

いかなる場合でもすぐに処置してもらえ、手厚い看護の中で出産出来る

日本の環境とは天と地の差です。


でもどんな状況下でも、母になる気持ちは同じもの。

毎日、毎月この母子手帳に記入される母体とお腹の中の

我が子の成長の記録を眺めながら、幸せと責任感を

かみ締めていくものです。


日本の母子手帳が、少しでもパレスチナのお母さん方の

出産に役立って、安心してお産をして頂きたいものです。




そんな中、日本では女性一人当たりの出産率が、過去最低の数字を

記録したと言う報道がされていました。


よその国では、紛争地域という過酷な状態で、多産やケア不足に

悩んでいるという現実を考えると、複雑な心境になりますね。



日本の少子化は、息子たちの未来を思えば、どうしてもこれ以上進んで

欲しくない状況です。

直接影響を受けるのは、今現在の若者たちなのですから。



一人でも多くの女性が、生める環境を早く整えてもらい、不妊治療においても

あらゆるバックアップの体勢を取って、皆で支援する社会になって欲しいものです。



そして多くの女性が、この母子手帳を心から大切に思い

胸にしたためるその日が来る事を、願いたいです!(^O^)




boshitetyou

へたくそ血管注射

テーマ:

何度刺しても静脈の的を外す。

あれは器用不器用があるんでしょうか。

結構いらっしゃいます、へたくそ看護士。

タダでさえ痛くて怖い血管注射。出来れば一発で決めて欲しい所です。



そんな静脈外しの注射の話題でとんでもないニュースがありました。



米オハイオ州の刑務所での話です。


ある受刑者が死刑を執行されました。

麻薬を買う金欲しさに強盗や殺人、傷害などを繰り返してきた男でした。


薬物注射による死刑執行。

しかし何度針を刺しても、死刑囚の腕の静脈を探せない。


約1時間半もかかって、やっと薬物を体内に注入出来たかと思いきや

その死刑囚はむくっと体を起こし、執行人にこう言ったそうです。




「これ入ってないよ。入ってないよ・・・」



入ったと思われた注射針は、しっかり静脈を外してました~~ 汗


結局何度もやり直しを受けて、その後死刑は執行されて

しまったそうです。


覚悟を決めていたとは言え、これはなかなか言えるもんじゃないです。

本気で罪を償いたい、その証をこの一言で表しているような気がしますね。


「今日、私の人生は、薬物によって閉じる。剣に生きた者は

剣によって滅びるということだ」

この死刑囚は、そう辞世の句を残したそうです。