与論島から我が家にやってきた、初めて目にする度派手なフルーツ!


実は最初は何だか分からなかったのよ。(^_^;)



ピンクの皮に角まで生えて、おぬしはいったい何者だあ?!



doragon1


実家が与論島の方が、わざわざそこから取り寄せて下さり、我が家に送ってきてくれました。

サーターアンダギー、天然のモズク、ヨロンのきびざらというお砂糖に

そしてパッションフルーツ。

        ↓


passyon

これは皮がシワシワになるまで、少し待ったほうがいいそうです。

だから数日間おあずけです。


名前が出てこなかったピンクの物体を、ネットで調べてみると

「与論島のフルーツ」で即ヒットしましたよ。

写真が出ていたので、すぐに判明しました。




へえ~~これがドラゴンフルーツと言う物なんですね~~


しかし何度見てもすごい形です。



doragon2


皮ごと縦に切ると書いてあったので、冷蔵庫で冷してから切ってみました。


思いのほか柔らかいんです。すんなり包丁が入りましたよ。



ドラゴンフルーツには、果肉が赤と白の2種類があるんだそうです。


もちろんこれは何色かは、切るまで分かりません。





音譜何が出るかな?何が出るかな?音譜




うおお~~~~!!!





皮のピンク色が、薄い色に思えますよ~~


すごい濃いです。


鮮やかです。蛍光ペンのようです。


これは間違いなく、のドラゴンフルーツですふふ



dpragon3


まさに ショッキングピーンク!!




しかし切ったはいいものの、初めて口に入れるにはかなり勇気がいる色です。

味が想像つきません。

キウイフルーツのような種が少し不気味です。

香りはほとんどしないです。

だから余計にどんな味がするのか・・・・不安です。

甘いのか・・・・・酸っぱいのか・・・・・苦いのか・・・・・???




こういう時は、お毒見させちゃおっと。

夫に「食べてみれば」と最初に差し出しましたよ。(^▽^;)

もちろん夫だってこの果物は、見るのも食べるのも初めてです。



夫「んん??・・・・・・・美味いよ、これ!」


私「え??そ、そうなの~~??」


その一言で、急に安心。ブゥ



doragon4





あらびっくり びっくり  こりゃ、ひと口で大ファンですよ!


ドラゴンフルーツって、かなりいけてますぅ~~



ラ・フランスみたいな口ざわりだけど、あのザラツキ感は無いんですよ。

桃のように、とろける果肉です。

そして糖度はあるけれど、甘すぎない。

メロンの様な瓜系の青臭さは無いし、喉をするりと抜けていきます。

トロピカル、南の島のフルーツはかなり深い。情熱の味です!

これなら自分でお金を出して、与論島から取り寄せてもいいとさえ思いましたよ。


何でこんなに美味しい物が、近くに出回って無いのでしょう。

きっとあまり多くは採れない、貴重なフルーツなのね。

それとも美味しすぎるから出し惜しみかなあ。


与論島のドラゴンフルーツ最高でした!又食べたいなあ(^-^)/



AD

毒だしスープ、とりあえず続けてるんですよ~

朝は味噌仕立て、夜はトマトベースで、カレー味やブイヨン仕立てです。

やっぱり飽きてきたんで、味に一工夫し始めてます。


基本の具材は、玉ねぎ。必ず大量に入れます。

キャベツ、トマトも毎回入れ、食物繊維とビタミンC、リコピンもたっぷりとります。


ビタミンC不足は、老いが4倍加速するそうですよ。



昨晩は春キャベツ&新玉ねぎを使って、ロールキャベツを作りましたナイフとフォーク


ロールキャベツ下ごしらえ


ロールキャベツ煮込み中

ホールトマト缶とブイヨンでじっくり煮込みます。

手元にある食材を適当にあわせて、とにかく野菜、野菜!




ところで、味噌汁の具何かないかなあ?と調べていたら

こんなとんでもない物を見つけてしまいましたビックリマーク


      

こ、これって 毒毒汁でっか?!


         ↓

ありえない味噌汁の具 汗 すごすぎます。

AD

ジャスミン


三泡台


上のはちょっとキモイかな?  でも毛並みが良さそうでしょ?

下のは、ひっからびた梅干や海草みたいな物と、怪しい白い結晶が混ざっています。




お湯をさすと・・・・・



          じゃ~ん!
ジャスミン茶1

イソギンチャクが生まれます。(うそうそ)




実はこれ、どちらも中国茶なんです。


え?、知ってた?

なーんだ、つまんない(笑



ほ~ら、花が開いたよ!

ジャスミン茶2

丸いのは、ジャスミン茶でした~

別名、「香茶」と呼ばれます。

これぞ、本物のジャスミンティーなんですねー。

いい香りがしています。


ただし、もう一つのは只者ではありません。

これは、三泡台と言って、薬草茶みたいなものでしょうか。

八宝茶と書かれていました。




悪いけど、お茶には見えません。

しかも、何だか汗臭い匂いがして来ます。


頂き物ですが、あんまり飲む意欲は沸いてこない・・・・


八宝茶

ねっ、どう見ても、怪しいですよね、このお茶!

AD
051118

待ってました~~☆


今年の夏の気候は、ぶどうの成熟にとって、とても素晴らしかったって。

でも、これって毎年同じ事言ってるんですよね。



何はともあれ、1年に1度の楽しみなんだ。


早く、コルクが抜きたい!



0511181


フルーティーなワインを、今年も頂きまーす。


(アルベール・ビショー社の

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2005)