昨年労基の監査が入ってから、社員のサビ残や
休日出勤に対するチェックが非常に厳しくなった。
タイムカードや出勤状況の報告があるらしく、仕事があってもさっさと帰らされる社員たち。
その穴埋めが、自分達非正規なパートに回ってきています。
長時間労働の改善は、仕事が目の前にあろうが、帰ればいいだけなのだから、そりゃ簡単にいくでしょう。
でも今まで社員が抱えてた仕事は誰がやる?
残った仕事は誰がやる?
現実はパートらに丸投げであります。
割に合わないと判断したパートやアルバイトは、時間給のいい働き先を求め、さっさと辞めていく。
危機的な人手不足なのに、本部がそれを認識していない事が、一番の危機なのです。

そんな中で、プレミアムフライデー。
儲けのチャンスとばかり、計画や準備に時間を要する企画を、机仕事の人達は簡単に考えつき、下ろしてくる。
その面倒臭い企画、誰がやるんねん?
人も居ないのに。  
苦労の先に明るい未来。見えてこない今の流れ。



ペットロスに陥る暇を、自分に与えられなかったここ1ヶ月。
まあ、自分にとっては忙しくって良かったのかな。



AD