セルフスタンドの問題点

テーマ:

ガソリン値上がりで、少しでも安い燃料を求めて、セルフスタンドの利用者が

増えているそうです。

自分は昔から決めているスタンドがあるのと、やっぱりセルフという未体験ゾーンに足を

踏み込むのがちょっと怖い理由で、まだそういう類のスタンドで給油した事はありません。


セルフスタンドと言っても、全く無人という訳ではなく、ちゃんと使い方を教えてくれる店員も

そばにいるし、給油する機械の操作の仕方も、誰でも分かりやすくなっているとは聞きます。



でもヒーターに灯油を入れるのだって、注意しててもこぼしちまったり、キャップがちゃんと

閉まってるかどうか、毎回頭に不安がよぎる心配性の私が、ガソリンなどの危険物を

扱える自信が無いので、やっぱり多少は高くとも、慣れたサービスマンに給油してもらい

その安心安全料を支払う方を選んでしまいます。


実際ここに来てセルフスタンドに変更した人が増えた為、トラブルもあちこちで起こっているそうです。

以前記事に書きましたが、給油キャップをし忘れて、フタ無しで帰ってしまうというケースや

自分の車に入れるガソリンの種類を、誤って入れてしまうトラブルが目立っているそうです。


軽乗用車だからと「軽油」を選んで入れてしまう人。軽油はバスやトラックなどの

ディーゼル車専用なので、もちろん車の調子は悪くなり、走行中に煙をはいたり

最悪の場合は車が動かなくなってしまう場合もあるそうです。


そしてハイオクタンガソリン仕様でない車に、ちょっと走りがよくなりそうだからと

むやみに「プレミアム」などと謳ったハイオクを入れる人。

ハイオク仕様になっている外車や特殊なスポーツカー以外は、ハイオクガソリンは

実は入れても意味がないそうです。


逆にハイオク仕様の車に、レギュラーガソリンを入れるのは禁物。これは間違いなく

車の調子を悪くしてしまうそうです。

ハイオクとレギュラーガソリンを、ただの値段の違いと思っていて、用途の違いが

あるという事を勘違いしている人もいるので、セルフスタンドの給油機の前で

その選択を誤ってしまい、いらぬ車の修理費を支払う羽目に陥るトラブルも

起こっているそうです。


1番怖いのは、火災などの事故です。

まさかくわえタバコで給油する人はいないでしょうが、世の中不注意なドライバーは

必ずどこにでもいます。

ど素人のやる事は信用ならないですし、ミスが無いとは言い切れません。

そして給油するドライバー自身でなくても、同乗者の無知が元で何かが起こる事も考えられます。


ガソリンによる引火事故が恐ろしい事を思えば、その危険性の勉強も認識も無しで

誰でも彼でも扱えるセルフスタンドに、問題点や落とし穴は無いのでしょうか。

給油中に服の袖口にこぼしたガソリンに、帰りの車中で吸ったタバコや

静電気が原因で引火して火だるまになるなんて、考えたくも無い事故です。

そして100パーセントそんな事故が無いとも限りません。


セルフという形態から、責任の所在は店よりも客側に比重が移っている点も

使用する人は覚えておかないといけません。


こういう事をあれこれ考えると、やっぱりセルフスタンドはまだまだ不安。

考えすぎかもしれないけれど、今まで通り誰かに入れてもらった方がいいやと

そう思ってしまう私でした。(^o^;)


AD

コメント(8)