気分一掃

テーマ:

こればかりは、「ボロは着てても心は錦」という訳にはいきません。

気になってから約半年は経っています。



明日こそは、明日こそは思いながらも、こういう物は「よし、やろう!」という

決心が無ければなかなか腰があがりません。(^▽^;)




スス汚れた黄ばんだ色。

枠の角には、楊枝でほじくりたくなるような埃。

見ていて1番心がすさむのは、誰が開けたのか分からない数箇所の穴。

破れかぶれです。



何故か昨日急に「その気」になりました。


心の余裕。思い立った時が吉日です。(^_^)v






shouzi1


霧吹きで水を桟にかけて数分待つ。

一発で綺麗に剥がせた時の何ともいえない快感。

ボロ紙を剥がす時は、お古よサラバと、これまた楽しい瞬間です。



やっぱり昔ながらの、糊で貼る方法が1番失敗がありません。

最近はガード付きの障子貼り専用糊が、100円くらいで売っているので便利です。



着物の反物を広げる時のように、障子紙をそっと広げる時は

大和撫子になったような静寂な気分を味わえます。合格





shoyzi2

完成してしばし眺めて、なかなか上手く貼れたと自己満足に浸ります。

ちょっと暗めに写してしまいましたが、本当はもっとまっ白なんですよ。汗




小汚い障子を綺麗に張り替えて、気持ちも晴れ晴れ何だかとてもいい気分になりました。

そしてひとつ綺麗になると、回りのものも整理整頓して綺麗にしたくなるものですね。


「ボロを見ていると、心も貧乏臭くなる」


もっと早くやれば良かったな。




AD

コメント(8)