そこまで言うなら

テーマ:

一月前に職場に入ってきた、新人君の出勤状態が落ち着かない。

子供の家庭内での事故やら、自分の体調などを理由に、入って来てから休みがちなのだ。


数日前から、やっと出勤出来る体制になったかと思いきや、今度は身内で不幸があったらしい。


葬式が終わったので出てくるかと思ったら、今度は親が葬式疲れで倒れ

自分が後の処理を任されたので、又連休を取っている。

その人の穴埋めの為に駆り出されて、ここひと月何となく忙しい自分だ。



でも自分の場合は、代わりに出てくれと言われれば、喜んで引き受けたい方だ。

大したお金にならなくても、拘束される時間が多くなったとしても、仕事とはそういうものであり

自分が当てにされる事を、日頃の成果として捉えたい。

よし、今日も頑張らなくちゃという活力も湧いてくる。


しかし職場には、そんな気持ちの出鼻をくじく人間が、必ず近くにいるものだ。

朝一発目から、職場での不満を側でうだうだ言い始める。

やる気で出勤してきている人間の足を、引っ張ろうとするのだ。



すでに作業に入っているこちらとしては、その愚痴を聞いてあげる心境では無い。

(ああ、また始まった・・・)


時給が安い、休みが取れない、暇だと早く帰されて稼げない、雇用条件によって

待遇が違う・・・・

近くの会社で募集してたから面接に行こうかしら?その時間帯がどうとかこうとか

今の職場と比較して、思いっきり不満をぶちまけてくる。



「そうだよね・・・」

そういう話は朝から聞きたくないと察知して欲しい私は、思いっきりの苦笑いの

表情を作って相手にアピールするが、そういう人は鈍感だから届いてはくれない。


右の耳から左の耳へ。そうするしかない。聞いてる振りして聞き流す。


(早く口をつぐんでおろそかになっているその手を動かせ)と

心の中で念じるばかりだ。




そこまで言うなら


「さっさと辞めれば!」


嫌なら他に行けばそれで済むんじゃないだろうか。

本気でそうする気が無いくせに、うだうだ言っても仕方ないでしょうに。


相手は先輩なので、それが叫べない自分が何とももどかしい。



でも、こういう場面に遭う時こそ、もっと出来る人間になって遠慮せずにそれが

言える立場を目指そうと心に誓う。

カッコウつけている訳では無く、文句ばかりで動かない人にはなりたくないからだ。



「どうせ頑張ってやったって損だから」とサボる人って、あなたのお給料が

誰の手によって稼がれて、自分の手元に入ってくるのか、全然分かってないのよね。

ヾ(。`Д´。)ノ




喋ってないで、早くその手を動かせい~~!!



悪いけど、ブログで叫ばせてあせる

AD

コメント(20)