10年後の自分をイメージする

テーマ:

5年後の自分、10年後の自分。

その未来にいる自分が、どうなっていたいのか。

そしてどうあるべきなのか。

想像した事ありますか。


先々の自分の事をちゃんと考えてイメージし、目標を定めて進んでいこうとする人。

ただ何となく時の流れに身を任せて、何も意識せずに日々を暮らしていく人。

同じ10年間を過ごすのは、そこを意識しながら生きるのと、受身でいるのとでは

やっぱり終着点で何かが違うと思う。



自分は明らかに後者の方。ずっとそう。

はっきりとした将来の夢も無く、目標を持つでも無く、やってくる明日を

毎日ただただこなして生きているだけ。

まさに受身の人生やってるのよね(;´Д`)ノ



思うに目標なんてのは、そんなに大げさに考えなくてもいいものかも。

ささやかでちっちゃな希望であってもいいはずよね。


例えば健康に自信のある自分を目標に決めたなら、10年計画で身体に

いい事を続ければいいし、人とのつながりを大事にしようと決めたなら

10年後に多くの友人に囲まれている自分を想像しながら努力すればいい。

今と同じ生活を持続する。今やっている仕事や商売が、今以上に好きになっている。

趣味を極める。勉強をする。資格を取る。

10年後の自分に向かう為に、その人なりの身の丈の目標は必ず作れるはず。



これって夢と言うよりは、心がけという感じなのかな。

そう言うちょっとした心がけを持つか持たないかでは、10年先の未来の自分は

その目標を持って暮らして行った方が、実り方も輝きの点でも、より良い人間に

なっているに違いない。


だけどね。


それが分かっちゃいるけど、実行出来てないってのが現実よ。

行動が伴っていない理想論でしかない( ̄_ ̄ i)




年を取る度に、時の経ち方が加速している事に気付いちゃう。

1年があっという間に過ぎ、自分が1年間して来た事に意味があるのか

価値はあったのか、自分の為や誰かを助ける為になっていたのか

反省と得体の知れないもやもや感に襲われ、達成感の無さに愕然としてしまう。


こんなんで自分の人生終わっちゃう?

嫌だ嫌だと思っている割には、何の目標も浮かばないし掲げられない。





10年後の自分。

今年中にはイメージ固めよう。 

と言うのがとりあえず今年最終の自分の目標かな。


10年後、ただ年だけ食っただけの錆びたおばはんにはなりたくない。

わんぱくでもいい。たくましく育ちたい。

いくつになってもその気持ちだけはあるもんな。



どうですか?

ちょっとだけイメージして見て下さい。10年後の自分。

いいイメージ沸きましたか(^_^)v



AD

コメント(14)