とうもろこしの健康効果

テーマ:
♪夏がくーれば思い出す~♪

morokoshi


もう、とうもろこし食べましたか?

昨日この夏初めて食べたんですけど、甘くて美味しかったー。


とうもろこしには目がなくて、しゃぶりついたら、集中力はすごいですよ。

一気で食べつくします。

しゃくれ顔で、下の前歯を巧みに使い、しゃぶしゃぶ豪快に食べます。


とうもろこしって、栄養的にはかなりバランス取れていて、身体にとっての

健康効果は素晴らしいんですよね。


その素晴らしさ、まとめてみました。

<とうもろこし豆知識>


とうもろこしの栄養素は、・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウム・食物繊維


とうもろこしの健康効果

主な成分は炭水化物です。でも胚芽の部分には脂質、ビタミン、ミネラルが

含まれていて、栄養豊かな野菜の仲間です。


リノール酸をたっぷり含んでいます。

このリノール酸にはコレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化の予防に役立ちます。


ビタミン群は、もっとすごいです。

とうもろこしに含まれるビタミンB1、B2,ビタミンE

B2は、発育に効果あり。

ビタミンEは、皆さんご存知のとおり、「若返りのビタミン」。このビタミンEはビタミンの中で

最も強い抗酸化作用を持ち、血行を良くし、冷え性、肩凝り、更年期障害の緩和

にも役立つ。


とうもろこしは、食物繊維も豊富ですよ。
含まれる食物繊維の量は、フキやセロリよりもずっと多く、便秘の改善や

大腸がんの予防、美容に役立つ。


子供の成長にはいいは、若さも取り戻してくれ、生活習慣病も予防してくれ

そして1番いいのは、美味しい事!

いくら健康効果があるものでも、不味くちゃ話になりませんからねえ。


この夏、積極的にとうもろこし食べましょね








AD

コメント(12)