ニューヨークからのエアメール        ~ever since~

滞米歴約30年。アメリカ国籍。外国人として日本で長期滞在ビザ取得。父の介護を経て、日本に家族で住み始めた現状で、かなりのカルチャーショックに陥ってます。



日本のとある地方で生まれ育ち、スーツケース1つで渡米、
フロリダ→ニューヨークと移り住む→学生→ウォール街のOL
→結婚→出産→離婚→シングルマザー→会社経営→
再婚→会社閉鎖して日本に引き上げる準備→最後の一時帰国で
父が末期がんとアルツハイマー認知症の診断をうけてしまい
そのまま私は日本に滞在、父を看てました→父死去→NYに戻って
家族と猫1匹で日本に引き上げる準備→日本に現在住んでます。


ブログランキング参加中クリックで応援してね音符 ジモモ ニューヨーク
NEW !
テーマ:

本日11時~16時、神戸市長田区にてわんちゃんたちの譲渡会行われています。
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の新しい記事がわんちゃんホンポで昨夜公開されました。

今回は、耳が聞こえない障がい犬のお話です。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この子たちは繁殖業者がさんざん子を産ませて、金儲けしたあげく、放棄した子たちです↓
 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて里親募集中です。どなたか、この子らを幸せに幸せ届けられる方、いらっしゃいませんか?

この子たちを救出した女性の叫びです↓

この女性は救出した子たちの医療費、飼育費などをすべて負担し続けています。

どうか、お願いです。ペットショップで子犬や子猫たちを買うのをもうやめてください。

命を買うのではなく、助ける選択をみんなですれば、このような犠牲は出さなくてすむようになるのです。

需要があるから供給があります。お金儲けできるから、繁殖業者がどんどん子犬や子猫たちを産ませ、産めなくなった繁殖用の親犬達は、餌も与えられず放置されたり捨てられたリ殺されたりしています。

繁殖できる親犬達も、最低限のケアすら受けさせてもらえず、ただ、産めよ増やせよの状態で最悪な環境で狭い檻の中に閉じ込められています。

そんな犬達が産んだ子たちがペットショップのガラスケースの中に入れられて売られています。

これらの現実を知ってもまだ、お金出して子犬(子猫)をあなたは買えますか?


繁殖業者放棄犬たちの現実を知ってください。

 

毎年発表される行政での殺処分の数には、繁殖業者のせいで死んだ(殺された)犬たちの死亡数は入っていません。その数の方が行政で発表されている殺処分数よりずっとずっと多いのです。

「かわいい!」とお金を出してペットショップやブリーダーから買ってきたあなたのその犬の親たちは、一度も外の世界を知ることもなく、一度も愛情を受けることもなく、糞尿まみれでお腹を空かせたまま苦しみながら死んでいるのです。

そんなことはない、ちゃんとしたブリーダーの方が多いのだと言う人もいるかもしれません。

でも、結局みんな同じです。命でお金儲けをすることで、ペット業界の闇を生み出しているのですから。

助けを必要としている命がたくさんいるのに、どんどん産ませて売って平気なんですから。動物好きな人がやっているとはとても思えません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来週月曜日に、米国の銀行口座に残っている全金額を日本でおろすために、チェックにその金額を書いて自分名義で日本の銀行で手続きしてもらいます。

自分で自分にチェックを切るのです。そして日本の自分の銀行口座に入れてもらうための手続きをします。(外国為替を取り扱っている日本の銀行口座開設してから2か月経っていればこの手続きが可能)

約10日くらいで米国の銀行から、そのチェックの金額が引き落とされます。

米国の銀行は、ミニマムバランス(最低残高)が設定されているため、月末の時点でそのミニマムバランスを下回ってしまうと、手数料が発生します。

なので、バランスゼロにするのが、月末を過ぎてからになるように、このタイミング(25~26日ごろ)で手続きを開始します。

米国の口座から全額引き落とされてバランスゼロになって、日本の口座に振り込まれるまで約3週間かかります。

私の過去の体験から計算すると6月26日にチェックを日本の銀行に入れて手続き開始してもらうと、米国の口座からその金額が引き落とされるのが7月初旬になり、日本の口座に全額入金されるのが7月の中旬ごろの予定。その後、米国の口座を閉鎖する手続きをすぐにすれば、7月末までには完了するという計算です。

そうすれば、6月末の時点でミニマムバランスを保ったままでいられ、更に7月末には米国の口座閉鎖完了しているので、米国国座のミニマムバランスによる手数料をとられることなく閉鎖ができるという計算です。


私の場合、チェスバンクです。ミニマムバランスは5千ドル。(かなり高い設定ですよね!)だから、それ以上の金額をわざと残しておいたのです。

でないと、毎月ミニマムバランスきると$25くらいの手数料をとられてしまうので。。。チェスはとんでもなく厳しい設定だったんだということを、今頃身に沁みてわかりましたよ。あそこはお金持ち対象銀行だったのかもしれませんね~~。

チェスだと日本の郵便局のATMでお金をおろせるので、便利かなとあそこにしてたんですが、結果、一度もATMでおろすことはありませんでした。

ATMでおろせる金額の限度額というものがあるので、それを何度も繰り返していたら、手数料半端なくとられてしまいますので、やめました。

チェックで自分宛に日本の銀行口座に入金してもらうのが一番安いと思います。日本の銀行手数料はチェックの額がいくらに関わらず1回が2,500円くらいですからね。

チェスバンクにしておいてよかったなと思うこともあります。

それは、海外からでも24時間コレクトコールでカスタマーサービスに電話をかけれるということ。これはとても便利で、何度か使ったことがあります。

更に、海外からでも、口座閉鎖が可能だということ。これは、私が米国を離れた時には不可能だったのですが、その後、そうなったということでした。なので、米国の銀行口座を閉鎖するためにもう一度米国を訪れなければならないということがなくなりました。それが判ったので今年初めにNYに行こうとしたことを中止しました。

閉鎖するための手続きは、銀行によって異なると思いますが、チェスの場合は、米国政府から発行された有効なIDのコピーが2つ必要となります。


私の場合は、NYの運転免許証と米国のパスポートになります。どちらも有効期限がありますので、その期限が残っているうちにやっておこうと思いました。

パスポートは米国領事館で更新できますが(しなければならない)、運転免許証は米国に行かねばならず、更に米国に(公共料金の請求書などで証明できる)住所がなければならないので、私の場合、もう更新できませんから。

米国の銀行口座が閉鎖できれば、日本国籍に帰化手続きが開始できます。帰化後は米国籍の放棄手続きをしなければなりません。まだ私にはやらなければならないこんなに大切な手続きが残っています。


それらの手続きもタイムリーにここに記録して行こうと思っています。そういったことを、公に記録したものが大変少ないので、このブログ、かなり米国から日本に戻る人の為のバイブルになっていますよね^^

私の辿ってきた道が、そうやって誰かのお役に立てるのであれば、そんな嬉しいことはないじゃありませんかぁ~
(*^.^*)


※今回は犬に関してではないので、ここに犬と入れておきます。犬ブログに登録しているので。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、私の記事がわんちゃんホンポで公開されました。

今回は、ロスに住むカメラマンのジョンさんについて書きました。

彼は、殺処分ありのアニマルシェルターに収容された犬猫達の写真を撮り続け、フェイスブックに投稿しています。

多くの人達に写真を観てもらうことで、アニマルシェルターの犬猫達の存在を知ってもらいたいというのが、彼が選択した動物保護活動でした。

彼の写真はネットニュースなどで、誰でも一度は目にしたことがあると思います。

私も何度も彼の撮影した写真について記事を書いてきました。

私も彼と同じように、記事にすることで、動物保護活動のお手伝いをすることを選択をした人間です。

写真撮ったり、記事にしたりすることでは、実際に命が救出できるわけではないのですが、そういう活動も不可欠なものだと信じております。

メディアを利用することで、犬猫達の命に対する人々の意識が少しでも変われば。。そう心から願っています。


 

 







 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

保護犬でも、こんなに優雅で可愛い子たちがたくさんいます。

彼ら(彼女ら)は、繁殖業者放棄犬、多頭飼育放棄犬などの保護犬たちです。
今まで、なんの自由もなく、生きて来た子たちばかりです。
彼らにも幸せになる権利があります。

 

残された彼らの余生、今まで味わえなかった自由としあわせを愛情に包まれて過ごせることを心から望んでいます。どなたか名乗りをあげられませんか?

命を買うより救うということを真剣に考えてあげてください。お願いします!

★一部”ぼくらはみんないきている”のchinatsuさんの言葉を参考にさせていただきました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の夕方、愛犬の散歩から戻って来て、夕食の支度をしている時、包丁を持っていた右手の人差し指に痛みを感じた。

切ったという自覚はなかった。


水をあてても、しみなかったし。。。

でも、触ると痛い。。人差し指の第二関節の辺りがとっても痛い。。

それを夕食中に夫に話した。

すると夫が一言、「トゲが刺さっているんじゃない?」

それでよく見て見ると、なるほど。。。本当に細くて判らなかったけど、黒い1本の線が皮膚に入っていた。

でも、トゲの先端が皮膚から顔を出しておらず、毛抜きでとろうにもとれなくて。。

どうしたらいいのかわからなくて。。。でも、痛みはどんどん激しくなって、腫れてきたし。。

そうだ!ネットで検索してみよう!

ということで、『トゲを抜く方法』と検索。

はちみつをぬって10分以上おくと良いとあったので、その通りやってみた。

でも。。。効果はなかった。

次は、バナナの皮を指に貼るととげが押し出されてくるとあったので、其れも試してみた。




しばらくこのままでいたんだけど、バナナの皮が黒くなってきたので、はずしてみたけど、トゲの先は出ていなかった。

そして最後に梅干しを指に貼り付けると良いとのことで、それを駄目元で。。



三度目の正直で、このおかげなのかどうかは定かではないが、この後、毛抜きを強く指にあててトゲを抜くことができました。


昨夜はそんな夜でした。。。




P.S.いつどこでどうやって、トゲが刺さったのかは不明。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わんちゃんホンポで私の新しい記事が公開されました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なぜここにいるの?    Why am I here?


 

なんのために生きているの? Why am I here for?

 



わからない、わからない  I don't know i don't know....

 

なぜここにいるの?  Why am I here?

 



なんのためにこの世界で生きているの?  
Why am I here in this world?





わからない、わからない 
   I don't know I don't know.....





こんなに真っ暗で   
This room is so dark




1人っきりで   
And Here I'm all alone




誰も助けにきてくれないみたいだ  
Feel like no one helps me out

 



心がこんなに冷たくて    My heart is so cold



抱きしめ合う人もいない    I have no one to hold





誰か助けて    
Please someone helps me out

 




なぜ僕は生きているの? 
 Why am I living in this world?

 


 

でも突然誰かがやってきて   But suddenly Someone comes

 




世界を照らした     
Shine on my world

 





少しずつ心は暖まって   And slowly my heart gets warm

 



今 僕らは生きる理由を知った  
Now I Know why I'm in this world

 



君が僕の人生をこんなに明るくしてくれたから  Because You make My life so bright

 




嫌な気持ちも全て消えてもう泣くこともない 


All the bad feelings inside
Now they're gone no more cry cry

 

 


こんなに世界が輝いているなんて知らなかった   I didn't know my life's so shine

 




もう死なないように戦う日々もない   
No more days to fight not to die





今は笑い方だって知ってる  
Now I know how to smile smile



 

これが本当の人生だ      Oh this is real life
 

 

 

 

作詞作曲 Song&writing by Tomoya Oku (C SQUARED)
動画の挿入歌はこの動画作成者のchinatsuさんの息子さんが作られました。


この動画に出てくる犬猫達は”ぼくらはみんないきている”のchinatsuさん達が助け出した飼い主放棄や、繁殖業者放棄犬、多頭崩壊のとても辛い過去を持った子達です。





以前、この動画及びchinatsuさんについてわんちゃんホンポで記事を書いていますダウン

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は吸血する蚊とノミ・ダニ以外は、殺さない主義です。家の中に入ってきたそれ以外の虫たちは、なるべく生きたまま捕獲し、外に出しています。(ゴキブリもできれば外に出してやりたいのですが、見つけると夫が瞬間冷凍剤を振りかけて袋に密封してゴミ箱に捨てます。それ、外に出したらみんなが迷惑するからと。)

そんな私は、外でもよく虫を助けます。


道路や建物などで人や車に踏まれそうなところを歩いている虫たちは、ティッシュなどで捕獲して草むらに移動させたりはしょっちゅうですが。。。

先日の2つの葬儀会場でも、虫と遭遇。今回は、そんなお話です
(^~^)

伯父の葬儀では、私は葬儀会場に宿泊しました。夜、トイレに行った時、ダンゴムシ(まる虫)が歩いているのを発見しました。このままここにいると、誰かに踏まれてしまいます。それで、ティッシュで捕獲。

外に出してやろうとしたら、夜中だったため、葬儀会場の自動ドアには鍵がかかっていて開きませんでした。仕方ないのでティッシュにくるんだまま、壁際において寝ました。

朝、起きてまず、ダンゴムシを外に出してやろうとティッシュを見ると、空っぽでした。ダンゴムシは夜のうちに脱走してしまったのです。

その話を伯母にしていました。

すると1時間くらいたった時、伯母が「まいちゃん、これじゃない?ここ、歩いてるよ!」とダンゴムシを発見して報せてくれたのです。

それは私たちが宿泊した和室の部屋ではなく、その隣の葬儀会場の床の上でした。一晩でダンゴムシは数メートルも歩いて移動していたのです。

そのダンゴムシを再びティッシュでくるんで、今度は無事、外の茂みの中に移動させることができました。

その次に出会ったのはアゲハチョウ。伯父のこの世で最期の場となった火葬場の入り口辺りで蝶がバタバタとあえいでいました。

夫が「最期の力を振り絞ってなんとか飛ぼうとしてるんだ。。」

でも、そこは火葬場の建物の入り口付近です。そのままそこでバタバタしていたら、誰かに踏みつぶされてしまいます。もう死を目前にしているかもしれないアゲハチョウでしたが、生きたまま踏みつぶされては可哀想です。

なんとか捕獲しようとしたのですが、バタバタしすぎてて羽を痛めてもいやなんで、ハンドタオルであおいで、蝶を茂みに誘導することに成功しました。


そして最後は、ご近所の葬儀会場の入り口で、カナブンが仰向けになって足をばたつかせているところを発見。起き上がれないようでした。

私は葬儀会場でいただいた使い捨てのウェットナプキンでそっとつかんで、茂みに連れていってやりました。カナブンを白いウェットナプキンでつかんだ時、一瞬、カナブンについていた極小の無数の虫たちがワット広がって焦りましたが。。。まぁ、君たちもここにいたら踏まれるからとそれらも含めてナプキンでくるんで移動させました。

異常ですか?私??

でも、見つけると放っておけないんですよね。けして爬虫類が好きなわけではありませんが、彼らも命ですから。

しかし、今回は2つの葬儀会場と火葬場、私が行くところ、必ず助けが必要な虫ありで。。びっくりでした。

魂の化身だったのかしら??


犬猫だけでなく、虫もね命ですから、助けちゃいます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。