さくらの里山科公式ブログ ご入居者様とワンちゃん、猫ちゃん

全国初!全国唯一!ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホーム
ホームで暮らすワンちゃん、猫ちゃんの日々を綴ってます
ホームのイベント、お食事、ご入居者様の生活や介護もご紹介します
住所 横須賀市太田和5-86-1
電話 046-857-6333


テーマ:

一昨日、11月26日土曜日に開催された、第17回高齢者福祉シンポジウムで、2-1ユニットのリーダーのアーミーさんと、2-3ユニットのリーダーのニャンママさんが発表してきました!

 

 

9月に埼玉で開催された関東ブロック大会に続いて、今年2回目の発表です。

 

暗い講堂の中で、舞台から遠い観客席から撮った写真なのでブレブレです。申し訳ありません。

 

 

残念ながら観客は少なかったのですが、アーミーさんとニャンママさん、立派な発表でしたよ。

 

お二人が発表したテーマは次の通りです。

 

  伴侶動物福祉の取り組み

  ~犬/猫と一緒に暮せるユニットの創設~

 

素晴らしい発表でした(自画自賛で申し訳ありません)

 

 

こちらは直前のリハーサルの時の写真です。

 

シンポジウムは13時開始なのですが、発表するスタッフの集合は10時30分。

 

そこから会場でリハーサルでした。

 

アーミーさん、ニャンママさん、ご苦労様でした。

 

ちなみに、このシンポジウムは、実質的な主催者は、横須賀市内の特別養護老人ホームの施設長会です。

 

だから、うちの施設長と、そのお手伝いのショート長も、10時30分集合だったんです。

 

施設長とショート長は、他施設の施設長や管理職達と一緒に、テーブルを出したり、パンフを並べたりしていました。

 

 

こちらが会場となった漢川県立保健福祉大学です。

 

ちなみに、今回のシンポジウムのテーマは、『地域連携を考えよう』 ~どうしてる?ご近助つきあい~ でした。

 

アーミーさんとニャンママさんの発表は、関東ブロック大会で発表したものをもとにしていますが、ちゃんと今回用に作り直したんですよ。

 

関東ブロック大会で与えられたテーマは「社会貢献活動」だったのに対し、今回のシンポジウムは「地域連携」だったので、それに合わせてアレンジしましたし、発表時間も異なっていましたから。

 

そのために、アーミーさんとニャンママさん、けっこう時間をかけて頑張ったのですよ。

 

その甲斐あって素晴らしい発表でした。

 

アーミーさん、ニャンママさん、ご苦労様でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sakuranosato-yamashinaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります