さくらの里山科公式ブログ ご入居者様とワンちゃん、猫ちゃん

全国初!全国唯一!ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホーム
ホームで暮らすワンちゃん、猫ちゃんの日々を綴ってます
ホームのイベント、お食事、ご入居者様の生活や介護もご紹介します
住所 横須賀市太田和5-86-1
電話 046-857-6333


テーマ:

先ほど、夕方にワンコユニットのリーダーのアーミーさんと、ニャンコユニットのリーダーのニャンママさん、そして施設長が埼玉県の大宮から帰ってきました

 

 

老人福祉施設協議会が主催した第52回関東ブロック老人福祉施設研究総会で、アーミーさんとニャンママさんが研究発表をしてきたんです。

 

 

アーミーさん、ニャンママさん、立派に発表してきました。

 

 

発表のテーマは伴侶動物福祉への挑戦です。

 

まあ、その内容は、本ブログでご紹介しているような、ワンちゃん、猫ちゃんとのご入居者様の日々の紹介です。

 

会場はパレスホテル大宮です。

 

本会場は、大宮ソニックシティホールなんですが、研究発表はいくつかの分科会に別れていて、さくらの里山科が発表した第7分科会は、ソニックシティに隣接したパレスホテルだったんです。

 

 

ここで、関東代表に選ばれると、1月に長崎で開かれる全国老人福祉施設研究総会で発表することになるのですが、残念!!代表には選ばれませんでした。

 

いえ、選ばれたら長崎に行くのは大変だなという思いもあったので気分は複雑なんですが…

 

正直なところ、6つあった発表の中で、私達の発表が一番画期的であり、参加者の関心も最も高かったという自信はあります。

 

審査員の講評でも、「新しい取り組み」「(殺処分減少について)東京オリンピックまでに国も目指していることで、評価されるだろう」と言われましたので、内容が優れていたのは間違いないと思います。

 

しかし、他の社会福祉法人の参考になり、誰もが目指すことのできる取り組み、という評価項目で、私達の発表は選にもれたのだと思います。

 

これは当然のことですね。

 

私達の取り組みはあまりにも珍しい物で、今のところは誰も目指すことができないものですから。

 

全国大会出場=関東代表の選にはもれましたが、今回そもそも神奈川県社会福祉協議会から関東ブロック大会にご推薦頂いたこと、すなわち神奈川県社会福祉協議会は私達の取り組みを県の代表として認めて下さったことと、この大会で大勢の福祉関係者に私達の取り組みをお話しできたことは、とても嬉しいことです。

 

このようなことを重ねる内に、他の老人ホームもワンちゃん、猫ちゃんと一緒に暮らす試みを始めてくれればいいのですが。

 

全国の老人ホームにこの試みが広がり、愛犬、愛猫を連れて老人ホームに入ることが当たり前の社会になることを祈っています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

sakuranosato-yamashinaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります