ラプラスの魔女の公開まで
あと1ヶ月を切って。


そろそろ来そうなUNTITLEDコンのDVD予約にも
期待がかかる頃で。

UNTITLEDコンは あまり席が良くなくて
だからその分
DVDで全容を観られるのが楽しみで
久しぶりに明るいブログが書けそうだなぁ
って嬉しく思っていました。




そんな中
嵐担のわたしとしては
これも楽しみにしてた
ニノのドラマと映画。


その矢先。





またポスト?セブン?砲。




なぜ?
なぜポストとセブンばかり?
同じ会社だよね?
かつては“御用達”なんて言われてた
いまはもうそうじゃないことは
あの人のせいで明らかだけど



だいすきなひとたちが
こんなふうに
晒されたり 批判されたり
復讐のネタにされたり
いつまでこんなこと続けるつもりなんだろう。



どんなことしたって
ジャニーズは潰れないのにね。
すごく嫌な気持ちになる…



本来なら
これまでの19年
嵐は わたしにとって
いつのときもそばにいてくれる
ヘコんでも
受験や就活に疲れても
一緒に大人になってきた感のある
呼べばすぐに答えてくれるような
そんな近しさを思わせてくれる存在でした。




でも
いつからかなぁ…


国民的某って言われるほど人気が出て

正直 最近は楽しいことも多いけど
悲しいことも多いよ…

あまり仕事がなかったときは
こんな注目さえされなかったのに
メディアなんてそんなものだよね
芸能界なんてそんなもの
なんだって利用される

もう昔のようにはいかないよね…

ねぇ 翔くん
わたしたち大人になったってことなのかな。
これが大人になったんだ、ってことなら
わたしの中には 共にあの頃抱えてたのと同じような
反発心が起こるよ…?




だけど。
それでも
アイドルは、夢を売る。
その自覚、いい大人になってるんなら
きちんと持ってますか?


わたしたちは
あなたたちから夢を買ってる。
それがあなた方の糧となり
その生活を支えてる。
そして
わたしたちは
その買った夢のおかげで
前に進めたり 日々の痛みを和らげてもらったり。


そんな力関係
そんな現実。



翔くんも
ラプラスがもうすぐ封切られるから
何事もなく無事に過ごしてくれることを


そして わたしたち嵐ファンが
心穏やかに過ごせるときが早く来ることを
こころから祈ります



外部から
ジャニーズを 嵐を潰そうという動きがある今日にあって
自担じゃないメンバーの悪口を
ファン同士が罵り合って
もめてる時じゃないと思うのです。


今回も担降りは一部では おそらくあるでしょう。
だからこそ
いまこそ
ファンは まとまらなければ。



本当に 明るいブログが書きたいです。



それから。


個人的には、だけど

結婚するなら
アイドルを辞めてからしてね、って思う。
アイドルとただのタレントは違うから。
妻子持ちのアイドルなんて
普通に みっともないからね。