先日、
Refcy With Dogのドッグトレーナー亜子さんの
「ビビリの子と心を通わせるために」を受講しました。



飼い主が犬を正しく理解し、正しい接し方を学ぶ為、犬抜きでの座学でのお勉強です。(通常は座学プラス実技らしいですが、今回私は座学の受講のみさせていただきました)




きっかけは小雪ちゃん。野犬で人間を知らずに育ち、保健所を脱出した後2年ほど人との生活を経験しましたがお散歩がとても苦手。さらにうちに迎えた時、新しい環境でほとんど前に進めない状態で、お家の方向に引っ張り続け座り込んでいました。いきなり長崎の田舎からこっちに来たんだもん、無理もないよね。


☝️ずっとこれの繰り返しみたいな感じで…


このままではいかんと思い、私の自己流を捨てて、専門の知識を元にしっかりと理解して小雪に楽しくお散歩できるようになってほしい。そう思い思い切って亜子さんにご相談ししたところ、お忙しい中すぐに時間を作ってくださり、みっちり「飼い主のトレーニング」をして下さいました!

{4B06FCAB-B3F5-4844-B90F-B5DFE31B68AA}


自分がまず変わる!  


小雪が後ろに引っ張ったり、変なところにビヨォーンって激走したりすると私の頭の中はいつも「もう、いい加減にして!」とか、「なんでよ!」とか、小雪を責める気持ちが大半を占めていました。ソラは前に進んでいくし、私は早く前に進みたかったんです
他の人にはリードを伝って感情が犬に伝わるらしいですよ〜とか、飼い主さんの感情が伝染するらしいですよ〜とかよく言ってましたが、自分のことは全く見えておらず。この、「言葉、行動、習慣はゆっくりと」という言葉が胸にグサッと刺さりました。

座学を受けていく中では、ここには書ききれないくらいの学びがあり、道具の正しい使い方、犬の出すサインのみかた、その犬がどういった性質を持ってるかを分析する事など。私が今まで犬との接触を通してなんとなく思っていた事、モヤっと霧がかって理解していた事が、この座学を通してはっきりクリアになり、自分の行動で改めるべきことが一個一個フラッシュバックのようにして見えて来ました。

亜子さんのトレーニングは、力ずくではありませんでした。あくまでも、リードを通して、声を通して、人間がしてほしいと思うことをちゃんと犬に伝える。犬に指示する。それがちゃんと正しく伝わるように人間が勉強する。優しいけど、犬に負けない、そんなトレーニングでした。






そしてそして…うちのこっちゃん


亜子さんから教えてもらった事をその日のうちに実践し始め1週間後はここまで上手にお散歩出来るようになりました!(まだひとが大勢のところは多少苦手です)





注)整体師さん曰く、私のガニ股は骨格の問題らしく… 中学からの悩みは三十路を迎えてもまだ続いています  泣けるぜ。

今までだったら、後ろにいるソラと主人から離れたくなくて座り込んでやだ〜とか、ここは初めての場所だったので、動きたくないよ〜とか歩くのボイコットしてたと思うのですが、ちゃんと言う事聞いてくれてます。




ここで本当にすごいのは、小雪は何もレッスン受けてないって事なんですよね。座学で学んだように、「飼い主が変わる!」トレーナーさんの手は全く触れてない小雪なのに、私が座学で亜子さんから教えてもらった事を実践し、私のいけなかった事を意識しただけで、こっちゃんがそれを感じ取り私について来てくれました。感動




そして先日日曜日、亜子さんのお散歩会に参加させて頂きました。
1時間半かけて家族全員で車でお出かけ
総勢17頭、こんな大勢での、しかも初対面のワンちゃん達とのパックウォークを小雪もソラも初体験
ビビリな子、ワンコに吠えちゃう子、野犬出身、野良出身、様々な環境の子達が集まって、喧嘩1つせず最終的には仲良く肩を寄せ合って歩く姿は、また1つ、犬のもつ能力のすごさを思い知らされた経験でした。
写真はその日のワンちゃん達を撮ってくださっていた中嶋ハルコさんから了承を得てお借りしました。(http://nakajimaharuko.com/

{D8ABE2C0-3319-4073-9DFA-A190B69C8C17}

こゆちゃん、尻尾の毛の長い子のグループに憧れて、私でなくその子達について行きたがってました ビビって歩かないんじゃないかと心配してましたが、最後には尻尾もまるっと丸めて笑顔で歩き、仲良しのおじ様も見つけてお腹マッサージを公園のど真ん中でしてもらうほどの余裕!
{8D9EE1A2-06D0-4074-AF22-FB4EE75A02B5}

ヨシヨシされてたらいきなりひっくり返ってうっとりしだして…



亜子さんからは、ビビリ犬卒業!とのお言葉を頂けました


{92FDAFDE-E0BA-4F3E-AB0C-1211A716F16F}

ソラは終始こんな感じ。
「ソラもパックの一員だぁ〜」って喜んでました。


{65C732F8-4CB4-4F8A-98DB-2FF82FD44820}

こんな笑顔も撮っていただいてたみたいです


一緒に歩いてた子達もみんな色んな個性の持ち主で、素敵だったなぁ〜〜


パックウォークの楽しさを初めて体験できました!





これから保護犬を迎えるという事が当たり前の社会になって行くであろう中で、人を見た事もない犬や、大変な過去を背負ってビビリまくりな犬達が一般家庭に受け入れられる事も多くなると思います。亜子さんは保護犬、ビビリ犬を専門にみてくださるトレーナーさん。ご自身も預かりボランティアをされており、ビビリな子の分析、対処法、愛情の与え方に関して納得できるようによく教えてくださいます。オススメです
亜子さんのブログ




気を抜いいたらまた頑固ビビリ屋こっちゃんにすぐ負けてしまいそうになる私ですが、日々少しずつこっちゃんとソラとできる事が増えるように練習し続けたいと思います
{5409139D-A171-442C-BE18-15E2697C5A3F}

ドッグランにて。

ながーくなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました




AD