ご無沙汰してます。

テーマ:

ご無沙汰しております。

メールやコメントを放置しておりましてすみません。


あれから約1ヶ月、何度かもう駄目かと思いつつ

ちはなの病状は変化していましたが、現在小康?を

保っています。


とは言っても、頻回にわたる痙攣と喘鳴・脳圧更新の

為か、左眼球は突出気味となり、ちはなは名前にも

反応しなくなりました。

数歩歩いてはふらつき倒れ、トイレも食事も支えないと

自力で出来ない状態になりました。

人間で表現するなら、「認知症」Bed上安静と言ったところ

です。

それでも前のように苦しそうな発作は置きなくなりました。


ほとんど歩けない状態・多分目も鼻もほとんどきかない

状態でしょうが、ふらふらしながら、他の子に突き飛ばされ

ながら、そばに来て寝そべる姿に愛しさもひとしおです。


仕事から戻って寝ている姿を見ると、まず呼吸しているか

確認し、安心するという日々を過ごしています。

ご心配くださる方、お心を痛めてくださる方、

報告が遅れまして失礼しました。


ただ呼吸をして、介助されながら食事と排泄をしている状態を

回復したと言えるのかはわかりませんが・・。

少なくとも生きていてくれています。

私の声ももうわからないだろうに、寝るときはこちらに来ようと

している姿には、犬とはいえ深い情を感じます。

いつまでこの状態が続くかわかりませんが、まだ今は最優先で

ちはなのそばにいたいと思っています。


生きていてくれるだけで嬉しい。

痛い思いや辛い思いを少しでもしないでほしい。

そしてちはなが人肌を求めるなら応えたいと思います。

リアル事情でこちらを放置してしまい、失礼しておりますが、

もうしばらくの間、ご容赦くださいませ。


とりあえず近況報告でした。

AD

灯火をけなげに燃やす命

テーマ:

久しぶりです。

あれからしばらくの間、チワワのちはなは

少し食欲も出てきて、トイレくらいの散歩ができるように

なっていました。

もしかしたら回復してくれるかも・・。

そう願っていた昨夜、急に無作為に回りだし、

喘明もひどくなりました。

脳圧が更新しているのか、眼球も突き出し

まるでどこかに逃げようとするように回りながら

歩こうとします。


昨夜は母と交代で痰を取ったりマッサージをし、

今日は呼吸は落ち着いていますが、水分も

食事も一切取れません。

時たま大きな瞳から涙がこぼれます。

歩行も不自由そうになってしまいました。

昨日の朝はご飯も食べれたのに。。


苦しいね。

辛いね。


人間ならもっときちんと治療ができただろうに。

天才的な獣医がいて、助けてくれれば・・、と

何度も思います。

何故、日本の獣医療はこうも後進的なのか。

(すいません、八つ当たりです)


でも、一生懸命生きてくれています。

それがこの子にいい事なのかわからないけれど。


今やっと少し落ち着き、横になっています。

飼い主のわがままだけど、頑張って。ちはな。


バイトも仕事もほおり出したいけれど

それもできなくてごめんね。

私がいない時にいなくならないで欲しい。

かってな願いだけど、最後まで頑張っているこの子を

最後まで見届けたい。

今はそう思います。


コメントにも返事すらせず申し訳ありません。

今はちはなを最優先させてください。

たとえ犬でも大事な家族なんです。


ちゃんと見ているからね。

替わってあげれないのが悔しいけど、

少しでも辛くないように。

寂しくないように。

今はちはなの傍にいたいと思います。

私も逃げないで一緒に頑張るから。

ちはな、頑張って。


AD

綱渡りみたいなここしばらく。

はい、またも愛犬ちはなのお話です。


今まで、頭では受容していたつもりでも、

やはり愛犬の生死の狭間を突きつけられる

事は、どこか非現実的で、それこそ

「うちの子に限って」という気持ちはあるんですね。


ちはながはじめて痙攣を起こして、だんだんと

体力も落ちてきて、みっともないほど慌てふためく

自分がいました。


悲しみは突然に前ぶれなくやってくる。

前兆に気がつかなかったのかもしれないけれど、

愛するものを喪失するかもしれない、という焦燥や

受け入れたくない気持ち、頻回に痙攣発作を起こした時、

母は「よく頑張ったよ。もう苦しむのはやめな。」と

言いました。

父が癌で苦しんできた姿を見てきた母には、受容の

下地ができていたのかも。

母は私よりやはり人生経験を経ていて強い。

自分もいっぱしに自立したと思っていたけど、

とんでもない思い上がりだと気づきました。


それでも苦しむちはなを交代でマッサージしました。

私は「ち~ちゃん、しっかり!頑張って。帰っておいで」

としか言えないし思えなかった。これはやはりエゴかも。


毎日ドキドキしながら帰宅のドアを開ける日々。

怖くて病状を電話確認できなかった弱さ。

「さっき死んだよ。」という言葉を聞いて、仕事を続けられる

自信がなかったんです・・。

「お願い、まだいてね。」と祈りながら帰宅。

生きていてくれることへの喜びと感謝。


不安と焦燥の中のささやかな喜び。

これがいつしか昇華して、受容できるようになるのだろうか。

父の時は突然すぎて、祖母たちの時は事後報告で、

リアルタイムで受容の過程を実体験した事がなかった。

仕事では数え切れないほど体験してるのに、何故こうも

狼狽してしまうのか。


そして生存を確認できた時の安心感と喜び。

今だけかもしれない、ご飯を食べてくれるちはな。

おしっこをしてくれるちはな。

そしてやっと今日ウンチが出たちはな。

ここ2日は痙攣が起きてないちはな。

鼻水も今日はやや薄かった。

よかった。嬉しい。ありがとうね。


嬉しい。褒めてあげたい。

こんなに小さくて軽いのに、一生懸命頑張ってくれる命。

愛しくてたまりません。

それと共に、生物の自己治癒能力の素晴らしさも

痛感してます。

まだまだ予断は許さないけれど、数日前に比べて

少し元気を取り戻してくれた。

最後の灯火かもしれない。

だったらそれに応えてあげたい。


一緒に頑張ろう?ちはな。

今日はこのささやかな喜びに浸りたいと思います。

私ももっと強くならなくては。


来週小指のワイヤー抜針なんですが、今はもう

それどころじゃない・・ってかどうでもいいから

ちはなの傍にいたい気分。(←全然成長してない

さっさと終わらせて帰宅できるといいなと思います。


他の子達も元気で長生きしてね。


悲しみは突然に訪れる。

でもそれに引きずられない強さが欲しい。

ちはなは今、命を賭けて私に教えてくれています。

強くありたい。

私はまだまだ弱いです。

AD

そろそろ覚悟をしないといけないかもしれない。

な~すな日々などと書いてきたが、自分がいかに

無力か、今痛いほどに味わっています。

何もできないって辛い。

何かできる事はないだろうか。

愚痴愚痴モードです・・。


ちはなが痙攣を起こすようになって、どのくらい経つだろう。

鼻つまりなのか鼻腔ポリープができているのか。

起きているときにもいびき様呼吸が継続している。

咳や喘鳴とは違う。

人間のようにサクションをしてあげれたらいいのに。

一番細いカテーテルでもチワワの鼻腔には大きすぎる。

小児用の去痰剤を薄めて注入するくらいしかできない。


一昨日から痙攣の頻度が増した。

一過性ではあるが、急に「キャ~ン!」と鳴いて全身が

硬直する。

どこが辛いのかわからないのがもどかしい。

血中カリウムが上昇しているのだろうか・・。

誤飲の心配が大きいので、無理な投薬はできない。

カリメート注腸でもできればいいのだが犬には

効果があるのだろうか・・。

人間なら今までの経験をフル動員してアセスメント

できるのに、どこがつらいといえない子からは、

観察と触診しかできない。

もどかしい。いきなり起こる痙攣にも、マッサージ

しかできないのだ。

急いで全身マッサージをするが、家族3人3交代制で

観察していないと不安になる。

このまま呼吸が止まったら・・という恐怖が襲う。


ほとんど食事も取れなくなり、一時期はふっくらしていた

体がごつごつと細く小さくなった。

それでもよろよろとトイレに行こうとする。

尿が出ると、腎機能はまだ動いていると安心するが、

座った姿勢を保持できず、倒れそうになっているのが

痛々しい。


まだ尿は出るし、水分もやや誤飲しながらも飲める。

あんなに好きだった霜降り牛肉のミンチも食べなくなった。

刺身を薄くズケにして湯で煮て香りのみつけるとほんの少し

食べてはくれる。

しかし痙攣はやはり体力を削るのだろう。

何とか少しでもカロリーを取らせたい。


水溶性のカロリーメイトはあまり飲んでくれない。

獣医では血管が細すぎて点滴は難しいようだ。

野菜を煮てもあまり食べてくれない。


しかし、これはちはなにとってクオリティライフなのだろうか。

他の子が元気に走り回っているのに、起き上がっている事も

できない上、頻回の痙攣発作。

呼吸も辛そうだが、購入したスポーツ用小型酸素ボンベも

まだ意識があるので嫌がる。

嫌がる事をして、それをストレスにしたくない。

今は他の子と一緒では安静が保てないので別室にいる。


動けない・食べれない・鼻づまりと痙攣。

今、この子にしてあげられる事はないのだろうか。

(入院は絶対させたくない。檻になど入れたくない)

獣医師はほとんどさじを投げている。


でもまだ食べれるのだ。

水を飲めるのだ。

よろつきながらもトイレに行こうとするのだ。

必死に生を燃やすこの子。

仕事に行く時は不安でたまらないが、ペットの具合が悪いから

休ませてくれる程、社会は甘くない。

私にとっては我が子同様に大事なのに・・。


でも、今私のしている事は正しいのだろうか。

いたずらに苦しむこの子の延命を望むのはエゴなのだろうか。


私にはわからない。


でも、生きているのだ。

辛くても苦しくても一生懸命生きているのだ。

エゴかもしれないが、少しでも生きていて欲しい。


私たちより寿命が短いとわかっていたのに、何故自分は

遊びほうけて、もっとこの子たちの傍にいてあげなかったのだろう。

テニスだ、スキーだと浮かれていた自分が悔やまれる。

いつだってこの子たちは傍にいるだけで喜んでくれたのに。

もっともっと傍にいてあげればよかった。

いつも後悔は後から来るものだ。


少なくとも今は傍にいよう。

少しでも苦痛を取り除けるように。

寂しくないように。


トイレに行きたくなったり、水が飲みたい時の動作はわかるように

なった。

他の子たちも可哀想だが、今はちはなを安静に保ってあげたい。

何がいつ食べれるのか。

少しでも理解して何でも食べさせてあげたい。


もう命の灯火は消えそうに揺らめいている。

この子が頑張っている間は私もしっかりしなくては。

この子は幸せだっただろうか。

約10年の間、私はこの子を置いて遊んだり恋愛したり

勝手をしていた。

それでも帰宅すればいつでも嬉しそうに迎えてくれた。

私はいい飼い主ではなかった。


でも今この子は生きている。

この子が頑張っている間は、私も精一杯の事をしたいと思う。

ごめんね。

ごめんね。

勝手な飼い主で。

苦しんでいるのに、それでも生きていて欲しい。


何をして欲しい?

言葉が通じればいいのに。

もっと観察していればわかったのだろうか。


今はただ、少しでも苦しくないように生きて欲しい。

ちはなちゃん、辛いね。ごめんね。

でもまだ行かないで。

できればもう一度、原っぱをお散歩しよう?