一昨日はちはなちゃんは痙攣が起きませんでした。


大急ぎで帰宅して、ちはなの元に。

よかった!まだ頑張ってくれていた。

お出迎えに来る体力はないけれど、頭を持ち上げて

見つめてくれている。

よかった。がんばってくれててありがとうね。

ちはなちゃん。


少し豚肉を油抜きしたものと、ササミと茹でキャベツ

それとお豆腐を細かくちぎったものも4回に分けて

食べてくれて、嘔吐もなく排尿も4回。

でも便が出ないのでやや心配・・。

おなかのマッサージをしたけど、蠕動が弱い。

まさかイレウス起こしてないよね・・?

しつこくマッサージしてたらガスだけ出ました。

もっと繊維質食べてくれたらなぁ・・。


昨日は朝鼻の穴が鼻クチョで固まっていたので

薄めたオイルガーゼで鼻を拭いて塊を取り、

鼻頭を少しつまんだらくしゃみと共に青っパナが

取れて、少し呼吸が楽そうに。

まだ粘性なので、保湿と水分補給を工夫しよう。

(ネブライザーできればなぁ・・。)

ガーゼでは目が粗いので、りんと布を湿らせて、

鼻と舌を潤す。

「イヤ~ン><」という顔をするが少し呼吸は楽そう。

今日は鳥モモとレバーの油抜きとミンチにしたホーレン草

少量摂取。やはり排便はなし。。

綿棒に油付けて肛門を刺激してみようか、ストレスで

トラウマになるかなぁ・・。

・・・・と、油断したら1度痙攣が起きた。

犬の診断はわからないけど、バビンスキー反応に似てる

気がする。

やはり脳疾患なのかなぁ・・。

でも少し食べれたせいか、歩き方は昨日よりしっかりしている。

この子は元々ベジタリアンの上、ミネラルウォーターより麦茶

やらお番茶の冷ましたものを好むのだが、お煎茶は嫌みたい。

お煎茶を飲んでくれれば、気管支拡張や利尿効果もあるんだ

けどな・・。


ポカリは少し薄めるとなめる程度飲んでくれる。

あの少しすっぱい味が嫌なのか。主食がお肉に偏っているので

電解質を補正したいところなんだけど、犬が好む経口のものって

後何があるだろう・・?

とりあえず、今日も頑張ってくれてありがとうね。

お鼻をちんして鼻水取れる様にしようね。


と、ほとんど付っきり状態なので朝からニュースを見てしまった。


散歩中のペットが痙攣死!?薬物の疑いあり!?

既に被害9件???

他県では猫や小動物ばかりか、母親にまで劇物投与して

逮捕??16歳の女の子!!??嘘でしょ~~!!


なんちゅ~~~~~ことするんじゃぁぁぁ!!!

(怒怒怒怒怒怒!!!

我が家はちはなのチッコ1つに一喜一憂しとるのに、

何で罪もない小動物を殺したり虐待するのよ!!

と、かな~り不愉快な気持ちで1日中報道されるニュースを

見てました・・。


やりきれない気持ちで一杯です・・。

そんなに薬物が好きなら自分に投与すれば

いいでしょ!!

そして病院には来ないで頂戴!!

自分で解毒薬でも作って自己治療でもすれば?

悪いけど、そういうことしてる人には全くこれっぽっちも

共感できません。

教えられた詳細を ここ  で見て、またも暗鬱な気持ちに・・。

みんなも怒ってるのね・・。

この少女にどんな過去があったかは知らないけれど、

だからと言って一生懸命生きてる命を奪う権利なんてない。

薬物マニアだかオタクだか知らないけれど、そんな人間に

今後一切凶器を与えないで。

いくら未成年でも許されるべき蛮行ではないと思う。


クレゾールの原液をバケツでかけてやりたい気持ちです。

いや、湯船に原液入れてつけてやりたい。。

そんなに薬が好きなら満足でしょう。

あなたの寿命をうちの子達に分けて頂戴。

と、怒り心頭しながらマッサージしていたら、ちはなも

他の子も心配そうな顔で見つめていて、自分の中にある

残虐さを責められているようで、恥ずかしくなりました。。

こんな無垢な瞳の子達に危害を加えるなんて、どんな気持ち

なんだろう。


理解できないし、したくもないです。


生きてるんだよ?

動物は必要以上の殺戮も危害も与えないんだよ?


おなかを痛めて産んでくれた母親を実験材料にして

入院してからも観察記録を書く神経が信じられない。

ナチのアウシュビッツ時代からタイムワープでも

してきたのだろうか。


そんな事をしでかすのは、自分が愛された記憶が

ないからなのでしょうか。

よほどひどいトラウマでも抱えていたのでしょうか。

そう思うと哀れではありますが、やはり同情はできないし、

未成年でももう社会に出てきて欲しくない。

更正できるとは思えません。

ねーさんは怒ってます。怒りを隠せません。


今後も便乗した事が起こらない事を祈ります。

AD

この記事 について、考えさせられるコメントを頂いたので、

せっかく時間があるのだから今まで経験したことや資料

から考えてみたいと思います。


子供の教育問題は深刻になってますね。。
いや、前からあったものが表面化しただけなのか?
親からの虐待の連鎖が、今になって出てきているのか、

子供を自分とは違う考える人間として扱うという意識がないの

か、虐待や極端な過保護を見ていると思います。

ただひとつ言える事は、子供自体が悪いのではない、

という事です。(最初からって意味ですが)


理想とした子育てを望んだのに、何かが違う、

そう悩む方も多く聞きます。

愛し方が親である自分を基準にしてないでしょうか。

愛され方を知らない、うまく表現できない子供たちに

愛され方を教えてあげることは親子一緒に学んで

行くものではないでしょうか。

自分も虐待を受けて育った。だから愛し方がわからない、

そう悩む親御さんも増えています。


それは独学で克服する必要はあるのかなぁ。


子供は生まれたときには親を無償で愛し、信じて身を

委ねます。

お子さんこそが、立派な先生ではないでしょうか?

子供を産む事で、親御さんは子供に生まれた瞬間から

愛をもらっているし、求められます。

親子という関係は、一方的に注ぐものでしょうか。

一緒に育み、成長するものではないかと思います。

ただ、育児の大変さにそれを忘れてる方はいないでしょうか。

子供は大人たちを見ながら言葉や習慣を覚えます。
叱れないとわかっている教師に暴力を振るったり等も

問題になっていますが、それは子供の元の性質が悪いの

でしょうか。


私は違う気がします。


子供は親を筆頭に、自分の周りの大人を見て育ちます。

ご近所付き合いも減っている今、井戸端会議で他人の

ゴシップを話したり、公園デビューでも派閥争いがあったり。


核家族化が進み、老人との接触も減り、人生の先輩である

はずのお年寄りを「臭い」「汚い」と言ってしまう子供たちの

背景には、自宅療養で看護に疲れたご両親の姿を極端に

理解しているとは思えないでしょうか。

そんな親御さんを見て育つお子さんは、善悪の区別もないまま

イジメや差別を普通として受け止めているとは思えないでしょうか。

(ちょっと極端な例えですが(大汗)

親がそれを助長させる「お手本」を示しているという事は

全くないといえるでしょうか。


生まれたばかりの子供は、真っ白なキャンパスだと

思います。
そのキャンパスに色の塗り方を教えるのは親や大人たち。

そしてクレヨンの握り方を覚えて、人生というキャンパスに

描いていくのが子供たちだと思うんです。

明るくきれいな色を選んで、伸び伸び描いて欲しいと、

親御さんも本当は望んでいないでしょうか。


描き方をああしろ、そこはその色に、細かく指図されていたら

もうその絵はその子の絵ではなくなります。
確かに苦労して産んだ子供のはずですが、子供は自分の

クローンでも所有物でもないのです。

子供の個性を歪めたり強制するのは親の愛と言えるの

でしょうか。


脱線しますが、クローンを題材にしたアニメでも、

クローンはオリジナルとはやはり感性も違い、それに

悩み迷っていました。全く同じ人間など、やはりいないと

そのアニメではいいたかったのだと解釈してます。


親は、子供を産みますが子供の「神」ではないですよね。

神様だって、子供を隷属させるために作るわけではないと

思います。(無宗教だから、宗教はよくわかりませんが(汗)


子供に教えられる事も多いし、親になったら

2人3脚で走れるのは、子供が一人で歩けるようになるまで。

そこから先は運動会の応援席で声援してあげる事が

大事なんだと思います。

応援席のテープから飛び出して、代わりに走っちゃ

意味ないですよね。

たとえ自分の子供がビリでゴールしても、それはその子が

今持つ力で勝ち取った立派な勲章だと思います。

最後まで走れたら、競技をこなしたら、褒めてあげたいと

思うでしょう。


突き放すのではなく、見守る愛も愛。

悩んだり間違っていたら、一緒に治せばいい。


間違っているのはきっと子供だけではないはずだから。

と出産経験もないのに考えます(汗)


いきなり変な始まり方で何を言いたいのか

ぼけてしまいましたが、親とは。子供とは。

次世代を育む環境をよくしていくには どうしたらいいか、

何とはなしに考えてしまいました。

AD

あちこちの病院を派遣などで回っていると、

その施設独自のやり方があります。

同じ病院でも、階が違うだけでやり方が違ったり

する事もよくある事です。


基本的手技は同じでも、順番が違ったり使用薬品が

物品が違ったり、効果を求めて行う処置なのか、

時間内に終わらせればいいや、くらいのルーチンワーク

なのか、疑問に思う事もよくあります。


やり方は違えど、目的は同じわけですから、それを否定

するつもりはないし、独自のやり方が浸透してしてるのを、

ずっとそこにいるわけでもないのに変えようとする気は

ありません。


ただ、思うのはそのやり方が常識で、違うやり方は

邪道と決め付ける考え方。

そこの病院で進学して資格を取り常勤になった人や、

長く勤務しすぎて外界のやり方を知らない人に陥りやすい

事です。


全ての処置には基本があって、清潔操作と安全性が

きちんと理解されていれば、多少やり方は違っても

医療ミスではありません。


先日とある場所であまりの無礼さに進退を賭けて上告する

羽目になりました。

早い話がものすごく不愉快になり、怒りが爆発しちゃった

自爆のお話です。


事の起こりは初めての部署に4日ほど派遣で行ったのですが、

そこもまた常勤者や看護師資格を持った勤務者は半数以下。

残りは派遣とパートです。 


病床数40名近くの救命救急病棟と名乗る部署で、常勤者は

その呼称に誇りを持っているようでした。

よそを見てきた私に言わせていただけば、人工呼吸器や

気管切開患者は10名近くいますが、某大学でこれ以上の

回復は見込めない、いわば状態観察のみ必要な患者を

診る、体のいいターミナル病棟です。

緊急オペもなければ、新たに気管切開や外科的処置も

しない、言っちゃ悪いけどどこが救急救命病棟?だったの

ですが、なんでも最近一気にスタッフが辞職したそうで、

夜勤はほとんど派遣とパート。日勤さえその状態です。


救命救急、と張り切ってきた人は「騙された」と思うでしょうし、

人工呼吸器を扱った事がない人は驚くでしょうが、機能は

ほとんどどの機種も同じです。

何より感じたのは、チームナーシングもどきでリーダーを

している人の個性の強さでした。(←皮肉)


普通初めての部署では、ルーチンワークは何時にやる、

注射当番やフリー業務は何を何時までにする、といった

簡単なタイムスケジュール表を渡されます。


丁度数人少し前に入ったらしきスタッフには、それが渡されて

いましたが、私にはそれは渡されませんでした。

口頭でこの時間にはオムツ交換、この時間には口腔ケアと

その時になっていうのです。

しかも初日から入院時記録(アナムネーゼ)取れるでしょ?

取って来て。とこうです。

そりゃ取れますよ。でも記載方法や書類が違うでしょ~が。

それについては「ここに入院時一式セットがあるから、

照らし合わせてやって。」随分アバウトだなと思いつつ、

まぁ、仕事だし「はい、わかりました。」とまずサマリーと

照らし合わせて取るべき情報をあらかじめチェック。

(同じ事を何度も聞かれるのは、患者さんも面倒ですから)

必要そうな事をメモしていると、リーダーさん背後から、

「きちんと責任持って最後までやってくださいね。」


・・・・・・・・ほぼ初対面の人間にいうセリフか・・?

カチンと来ましたが「はい、終わりましたら確認お願いします」

と返しました。


次にPEG(胃痩)増設と気管カニューレ挿入患者の

ガーゼ交換をやって来いと、手書きのダンボールを渡されました。

部屋番号と名前の下にやるべき処置内容が記載されている、

A4でかさばるものです。20枚くらいで結構重い。

「できますよね?よろしく。」とドサッ。

ちょっと待て。処置はできるが初日の人間に部屋割りやどこに

どの患者がいるかなんぞわかるか?

わたしゃ、透視能力者か!?


ま、まぁ部屋のネームプレートでさがしてやればいいや。

2度目のカチンでしたが、回診車を転がして処置をしていきます。

*号室の**さんだな・・・っていないじゃん!!

転ベットしたまま部屋番号治してないのか・・・私は初日だぞ?

それでも仕事は仕事だ。探しながらするしかない。


一部屋づつ名前を探しながら回っていると、レスピレーター

(人工呼吸器)のアラームが鳴っていたり、呼吸器を繋ぐ

蛇バラと呼ばれる管に水がたまってます・・・・。

部屋持ちは来る様子なし。見ない振りをするわけにもいくまい。

吸引や水抜きをしながら、患者を探して処置をします。

当然、効率は落ちまくり。ちょっとイライラしながら患者を

探し続けていると、いきなり文句を言われました。

「まだ終わってないんですか?次の仕事もあるんだから、

もっと効率を考えて動いてください!」


・・・・ちょっと待て。

アンタらが正確に部屋番号ときちんと機械管理してれば、

私は余計な手間をかけずにもっとスムーズに動けるんだが。

しかも次の仕事ってなんだよ!?あるなら先に言って置けよ!

心の中ではマグマが噴火しそうでしたが、

「すいませんが、初日で患者さんがどこにおられるか

わからないし、お部屋番号が変っているようなんですけど。」

とりあえず感情を殺してこちらの言い分を伝えました。

すると、こうです。

「あらそう。他の人はいつもならもう終わらせてるわよ。

残りは後でいいからオムツ交換に入って。」


他の人って連日来てて患者覚えてるスタッフだろが!!

ちょっと仕事に慣れてくると、こういう天狗な人は多いので、

爆発するのも大人げない。

しかし卑屈に謝罪するほど私も人間はできてません。

「そうですか。わかりました。」

にこりともせず答えて作業に行きます。


移動中、休憩室から口をぬぐって出てくるその人と

目が合いました。

初日の人間にオリエンテーションする暇はないけど、

一服する時間はあるわけね。

こりゃ、人手が足りないのがわかるわ・・。

再び処置に戻って、やっと昼休憩。


師長の元に行き、「すみませんが、タイムシートを

頂いておきたいのですが。」というと、

「ああ、後で用意しておきます。」

今日の仕事に必要なんだよ!!!!


正直、あちこちの病院を回りましたが 初日からここまで

不快にさせられた場所ははじめてでした。

色んな病院があるもんだ・・。


そして午後勤務。

勿論タイムシートがないので、午後何をすべきかわかりません。

「午後は何をすればいいでしょう?」

かのリーダー。

「午後は*をして*が*時にあるからそれして・・」これまた

口頭で矢継ぎ早にいます。

覚え切れそうにないので急いでメモを取るしかありません。

集中してメモしていたら、いきなりの怒声。

「人の話し聞いてるんですか!?返事は?」


聞いてるからメモ取ってるんだろがよ

見りゃわかるだろが!

マジ泣かしてやろうか・・?(怒)

「聞いてますよ。だからメモしてるので、言い終わったら確認させて

ください。」大体、離れた場所から見もしないで返事を求めるのは

人としての礼儀に反するとは思わんのか!?


かなーり むかつきました。


次に憂鬱な気分だけど前回よりは早く仕事はできるだろ~と

2度目に行くと、なんとその日は処置じゃなく注射当番。


普通同じ仕事覚えてから次だろ~が!!

またもボトルにかかれた部屋番号に患者がいないし。

初めての業務任せるなら、部屋移動した患者の部屋くらい

治して書いてくれよ・・。

またも浮遊民のように患者を探して彷徨う羽目に。

しかもうっかり入ればまたアラーム鳴ってるし(怒)

ヘルパーさんが水用便が止まらないとHELPしてるので、

「じゃ、マッサージと摘便で掻き出しておきましょうか。」

ああああああ・・。また余計な仕事で効率が・・。

またも

「まだ終わらないんですか!!」

終わるかい!!

「すみませんが、また部屋番号と患者さんの居場所が違うので

探してるのですが。それに他患の対応もしてるので。」というと、

「言い訳はいいから、やるべき事はやってください!」

言い訳ときたか!!

全く説明なしで、勤務2回目の人間にそう言うか!

そんなに怒らせたいなら買っちゃろか!?

この人とは会話するだけ無駄だと判断。

「・・・・・・すみません。(怒気はらんでたかも)」


そして午後。

いきなり呼ばれると

「**先生が腹水穿刺するので介助に入ってください。」

普通それは部屋もち業務じゃないのか・・?

実はこのドクターも旧知の方だったのですが、数年前の話。

気難しくて、介助につくのを嫌がられていた記憶だけあり。

「すいませんが、この先生の使用物品を教えてください。」

「ああ、もう全部用意してあるから。」

そっか。じゃ、なんとかなるだろ。と部屋に向かうと、

ドクター来室。

「お久しぶりです。介助つかせていただきますが、昔なので

ご指導お願いしますね、先生。」と挨拶。

ドクターご機嫌で、「ああ、よろしくね。」だったのが、

回診車見たとたん 急に不機嫌になりNsCall。

部屋持ちが走ってくると、いきなり怒声。

「はじめてつく人に何の用意も教えてやってないじゃないか!

ものが全くない!急いで用意して来いよ!」

当人青ざめ走り去った後しばらくして誰かに聞いたらしく、

やっと必要物品をそろえて戻ってきました。


よーするに、これがあるから介助を私に押し付けてたんですね。

怖いドクターの介助は他人に押し付ければいいや根性。

「全く、教えた事をほかの人に伝えない奴ばかりで困るよ。」

とブツブツ文句をいうドクター。

ホントだね。と大きく心の中でうなずく私。

物さえ揃っていれば、処置介助は問題ナッシング。

先生のご機嫌も治り、「今日は3L引く予定だから1L単位で

呼んでね。」「わかりました。」

かなりの腹水貯留で、5分しないうちに200mlくらい流出します。


しかもこの方肝性脳症もあって、午前にエラスター自己抜針と

放尿してる人。

目を離して腹水穿刺針を抜かれたり、暴れて腹膜に傷がついたら

危険。5分おきに訪室し、ルートチェックとバイタルを見てました。

その間にできるのは翌日の点滴確認くらいで遠出は無理。


するとまたまた出ました。かのリーダー。

「手が空いてるならほかの人の仕事手伝ってください!」

「すみませんが、こういう状態の患者さんの経過観察中ですので」

どういう患者の処置してるかは、リーダーのアンタの方が

把握してるだろが。


結局、頻回にチェックしていたので、安定してるからと、その日は

4Lの腹水を抜いて、腹囲もすっきり。

「次は来週でよさそうだね。」とドクターも笑顔復活。

回診車をかたしていると、またまたやってきた彼女。

「ついた処置をきちんと記録してください。」

時間で容態はメモしてあるので問題はない。

だが、この言い草にもカチンと来た。

大体、処置の時全部用意してあると言いながら洩れまくりで

ドクターを不機嫌にさせた謝罪を聞いてないのだが。


挙句、帰り際に師長になにかちくったらしい。

「もう少し効率を考えて動いてください。」


ぷち。(←堪忍袋の緒が切れた)

見てもいないで言ってくれるじゃないの。


「確かに時間はかかりましたが、理由は言いました。

どうも話しにくい違いがあるようですので、総師長を交えて

今後の進退を含めたお話をしたいので、お時間をとって

くださるようお願いします。都合のよろしい日時を携帯にください」


いうだけ言うとさっさと帰宅しました。


そして数日後、初日からの事を全て総師長と師長を交えて

話しましたよ。


総師長が師長に今の話しはどうなんですか?と聞くと、

「マンパワーが足りないので、指導に手が回らない部分は

あったかもしれません。」

・・・・はぁ?かも?部分?違うだろ!!


「お言葉ですが、マンパワーの不足というのは、人を育て

継続して勤務できるように、マン・クオリティを向上させる事が

第一条件だと思います。

僭越ですが私自身教育担当経験もあります。

自分の経験と比べて見た限りではかなり劣悪な環境でした。

不愉快な思いをしながら続く人間はいるでしょうか。

患者さんにはどうか見ていませんが、スタッフに対する

人としての礼儀がまずリーダーの資質としても欠けています。

人が足りないから傲慢な物言いや

振る舞いをしていい理由になるのでしょうか?

サボって仕事が遅いといわれればそれは私の落ち度です。

しかしその事実は全くありません。患者さんや助手さんに

確認なさって結構です。このままの状態で改善がないままは、

かえって悪循環だと思いますし、少なくとも私はあの条件で

看護師としての責務を追うリスクは背負いたくありません。」


総師長「それはその通りです。お怒りは当然ですね。」


師長「でもスタッフは、呼んでも返事をしない、所在不明だと

訴えていましたが。」


私「それははじめて聞きましたが。

何故その時言わないのでしょう?

少なくとも聞こえていたら返事をしない事はありませんし、

棟内からは出ていません。

火急の用事で呼び出す場合、棟内放送を使うべきでは

ありませんか?」


師長「でも、何度か叫んでも返事がなかったと聞きましたよ」


私「言った、聞いてないは結局、水掛け論にしかなりません。

話ではなく、事実を確認していただきたいですね。

呼んだ方がどのくらいの声で叫んだか知りませんが、私には

聞こえませんでした。必要ならば手段はあるのに、憶測で

所在不明と言われては、私としてはかなり不本意なのですが。

重要な用件なら、全館放送等の手段もあったはずですが

いかがでしょうか。」


師長「(無言でムッとした顔になる)」


私「ともかく、私の言い分は言わせていただきましたし、

それを判断なさるのはお任せします。

こちらとしても今後も同じ思いをしながら残ろうとも思いませんし

私にとって不愉快な方も同じお考えだと思いますので。

お時間を頂くときに、進退を含めてお話をしたいと目的も

ご説明させていただきましたので、後はご判断をお願いします。」

よーするに、もう来ないつもりで既に荷物はまとめてたんですが。


総師長は「わかりました。話し合った後ご連絡させていただきます。

不愉快な思いについては申し訳なく思っています。

まさに今うちが抱えている問題点だと思います。」

と言って、その場はお開きになりました。


実はもう次の仕事先も内定してたんだけど。


帰宅して1時間も経たないうちに連絡があり、

「先日までの部署はまだ言えばすぐ治る問題じゃなくて

申し訳ないのですが、こちらも努力するので、しばらく

違う部署に来てくれませんか。」


(内心)( ´゚д゚`)えーーーヤダ。

しかし、そこまで折れてるのを拒否するのも大人気ないし・・。

「わかりました。もうしばらく様子を見ながら使っていただきます」


という事になりました。


あのリーダーやってた人に人としての礼儀を叩き込むのは

無理だと思うけどね・・。

過去、何人も同じ思いで去っていったんだろうなぁ。

でも、2人とも驚いてたって事は何も言えずに悔しいまま

去ったんだろう。。

納得いかなきゃ覚悟を決めて、言いたい事は言ったほうがいい。

その職場だけしかないわけでもないんだし、言わなきゃ

今も他の人が私と同じ不愉快な気分で勤務時間を過ごして

いくだろう。治る見込みはないだろうけど、監視の目はつくはず。


ちょっと仕事に慣れたくらいで、人をなめるといい事はないぞ?

人に教えて理解してもらえる事で、はじめてその仕事が身に

ついたと言えるのだ。

看護にスタンドプレーは必要ない。

時代遅れの天狗ナースは、もっと外界の修行を積んでほしい。


AD

ネット喫茶でバイトもしてますが、看護師の資格を

取得した後、私は看護婦派遣にも登録して、色々な科の

スキルや病院見学をしてたりします。

看護師の仕事って一言で言うとドクターの指示を受けつつ

患者さんの治療の介助とコミュニケーションなのですが、

医師の専門化に比べると日本の看護師の専門化は、

医療先進国に比べれば まだネアンデルタール人くらいの

進歩で、多種多様な科に対応する事が必要です。


例えば、日本ではまだ数少ないですが褥創(床ずれ)や

ストマ・ケア(人工肛門)ナースなどはできてきていますが、

それを生かせる職場は製薬会社や医師がその論文を扱う

施設くらいです。


でも、正直資格としては欲しいと思うけど、看護の専門化は

地域医療には必要なのか?と私は思います。

化学薬品の混じった食材、ストレスのかかる社会、高齢化。

単一の病気のみで入院や来院する方はよほど若い方以外

稀なのが現実です。

色んなスキルや知識があって、かつ専門性を高める事が

できればそれはそれで楽しい。

でも、多種多様な合併症を持つ患者さんに対応するのに、

看護師までが専門化したら、患者さんが病院でも

役所みたいにたらい回しにならないだろうか。

(いや、今も検査だ、院外薬局だとたらい回しの現状ですが(汗)


役所と違って病院には、体がしんどくて、わざわざ時間を作って

来るのです。

3時間待って3分診療、その後検査や会計や薬をもらうなど

歩きまわされるのってどうなんだろう・・?

それが面倒で、若干高くてもすぐ見てもらえて薬も出る

夜間診療にわざわざ狙ってくる方もいます。

救急外来だと運が悪ければ救急車が数珠繋ぎで来るので、

その分は待たされる(緊急性の考慮)ですが、それでも昼間より

まし、という方もいます。


確かに病院は福祉施設ではないので、利益を追求する企業では

あります。目玉となる医療機器は導入しますが、細かいケア用品や

電気代などのランニング・コストがかかるものは不要として省かれる

傾向です。(医療点数が見直されてから、それは以前より厳しくなり、

エアーマットなどの使用も廃止など、個人負担が増えてるのに、

物品の使用サービスは減っています。)

介護用品への経費を削減すれば、マンパワーで補う事になります。


先日もコメントで述べましたが、ただでさえマンパワーは不足し、

派遣やパートで頭数を揃えている現状です。

主力の常勤ナースは実質半分。残りは派遣されてくる

腰掛けナース(私もその中の一人に含まれますが(汗)と

パートさん。

派遣やパートさん全てが向上心を持っているとは、残念ながら

断言できません。決められた時間を無難に過ごしてお小遣いが

欲しいだけの方も資格さえあれば雇われているのが現状です。

本来の職場にもたまに派遣さんが来ますが、ひどい人になると

トイレに篭ってタバコを吸ってた、と掃除の方から苦情が来た事も

あるし、夜間交代の仮眠でいくら起こしても起きない人とかも

います。(疲れてるのはわかるけどさ・・。もっとプロ意識持って;;)

自分もそうじゃないの?と言われると、場所によってはやる気を

なくす所は確かにあります・・・。これは後で書きます。

でもそれで一番辛い思いをするのは患者さんなんですよね・・。


各病院では、同じ器具を用いても使用方法が違ってきます。

同じ病院内でも医師によってはやり方が違うので、

それにあわせます。

基本は教科書どおりでも、やり方が違ってくるわけです。


各科の疾患や薬品を理解し、医師のやり方に合わせた処置介助。

確かに専門化したほうが楽ですが、患者さんに「私は専門外だから」

と、断る事は される方として考えるとどうでしょう。

「また たらい回しか」と不満を抱かないでしょうか。

そして派遣やパートでぽっと来た看護師に、そこのやり方が瞬時に

理解できるか、よほどしっかりしたマニュアルや伝達方法が

確保されていれば別ですが、元々人手の足りない場所に 

そんな制度が作れるでしょうか。そんな暇があれば自分たちだけで

仕事は可能で、派遣やパートは必要としません。

(時間外で自宅でマニュアル作成とかもありますけどね・・。

そこまで自分の時間を削る人がどれだけいるでしょう?)


人間の脳みそはPCほど記憶装置は正確ではありません。

結局わからなくなって確認作業等で時間が削られます。

(自己判断でやってしまう看護師はいません。)

果たしてそれがサービスの向上・患者さんに具合の悪い時は

あの病院がいい、と思っていただけるでしょうか。


経営不振で潰れる病院も年々増えています。

確かに働く以上は私たちも給金で生活しているわけですし、

経営方針で必要なら、仕方ないとあきらめるしかありません。


私は別に組合員でも何でもありませんが、国が決めた医療点数から

利益を上げるために、現場の声を参考にしない医療経営陣って

どうなんだろうと思います。

それ以前に現場の声を聞かずに医療点数を決める政治についても

おかしいと思います。


確かに、従来医療の世界は「医者にとっての治外法権」です。

でも、実際に患者さんに触れ、声を聞いているのは看護師や

ワーカーさん、ヘルパーさん(看護助手さんと総括して呼ぶところも

あります)なのです。


1日1回、「どうですか?」と回診する医師に状況を報告しているのも

回診につくナースです。

(中には、聞いてるのか!?と思う程無気力なドクターもいます。)

果たして、本当に現場の声は政治の世界に届いているのでしょうか。

医療の世界だけではなく、たまにニュースを見ていると、

「なんでさ~!」と一人つぶやく自分がいます。


毎年同じ場所で行われている道路工事などに費やされる税金は

なんなの??そんなに毎年治すほどもろい手抜き工事なわけ?

着手したまま放置している道路やモノレールで立ち退きやら移動が

不便になっている実態については?

埋め立てられて生活の場を失った魚介やムツゴロウたちと、相乗して

漁業が不良になっている事実は?

せっかく実ったのに、余剰だから減反しろと言われる農家の方々の

無念はどこにいくの?

正直毎年新型のウィルスが来てるのに、効果が公開されてない

インフルエンザワクチンって必要なの?(私は毎年拒否してますが

滅多に風邪はひきません。←バカだから?)

な~んかおかしい、医療や政治。

どうにも納得いかないのですが。


必要性の優先順位をもっと考えて可決してほしいものです。


だったらもっときちんと考えて投票すればいいじゃん。と、

いう方もいるでしょうが、個人的に好人物と思える政治家に

投票しても、その人の派閥がにごった水のように動かない

政党だったら変らないわけです。


選挙カーうるさい!と思いながら聞いてますが、個人の

政治理念は叫んでも、「私どもの所属する政党では・・」

という声明を聞いた事はありますか?


投票するにも不明瞭で、なんだかわかりにくく

ごまかされている気がします。


国民はきちんと考えて、貴重な1票を投票しましょうと

いいながら、情報が不明瞭。

PCなどで調べる事などないお年寄りや普通の方に、

独学しろというのでしょうか。


ちょっとおかしいんじゃない?

どこが民主的なの?


弱者は淘汰されて当然なんでしょうか?

朝っぱらからですが、なんか納得いかない話題です。



(サブタイトル)

柄にもないメルヒェン!?の裏話


やっと今回の連続勤務、いったん終了です。

コメント書いてたら爆睡してた・・(汗)


結構前に柄にもなくかいたメルヘンもどきを

覚えているでしょうか?

結構前なので知らない方も多いと思います。


あれは実はわかる方にはわかる実話を元にした

お話でした。

そして結末がいくつかプロットになっていたのですが、

未完のまま終わる事にしました。

強いて書くと、アンハッピーエンドになるし、

今もこの件が後を引き、苦しんでいる方がいますので、

結末までは書けないのです。


これはあまり気分のいい記事ではないので、

嫌になったらすぐ読むのをやめてくださる事を

お勧めします。


うちのBlogではほとんど詳細を述べていなかった

のですが夏休み前にある事件がありまして、

様々な機関にアクションを起こし、ほぼ確定された

結果が出ました。


事の起こりは、ここで知り合った読者さん同士の

ネット上での諍いでしたが、一方は暴走した挙句、

過去にもいざこざを起こしていたためか荒らしに

襲来され、Blogを閉鎖しました。


もう片方の方は、その方の閉鎖後しばらく立ち直ろうと

努力しましたが、結局は立ち直れず閉鎖しました。


閉鎖した方は、まず私に荒し訪問後、同じメルアドから

兄と名乗って妹は家のベランダから飛び降りた、中立だった

お前にも責任はあるから、諍いをしていた相手を私に

引っ張り出して来い、謝らせろ。

と、ほとんど意味不明なメールを送信してきました。

妹に完全な擁護をせず、もう片方を庇ったという罪だそうです。


詳細なメールの内容は載せませんが、自分は法律家なので

覚悟しろといったまるきりの脅迫文でした。

勿論きっぱりこちらの理由と状況を述べて断りました。

ヤクザや法律家にびびって、ナースなんかやってられません。

兄と名乗る方からも本人からもその後一切連絡は途切れました。


すると今度は、故人の友人と名乗って同じIPから、他の

共通の読者の方たちに、

諍いをした彼女と私の中傷メールを送ったり、

故人の友人として約1ヶ月に渡りその方のIP・メルアドから

掲示板に書き込むなどの行為を行ってた事が判明しました。

(友人?はPCを持っていないので、葬式現場から

書き込んでいたそうです。話しに無理がありすぎ・・・。

せめてネット喫茶とかでも使うべきでしたね。ここからだけでも

外出恐怖症だった本人と推測できました。)


その友人の言い分とやらは、故人?のリンクを消さないで欲しい、

彼女はBlogを閉鎖し自殺したのに、残された方は楽しげに

Blogを続けているのが許せない、という内容でした。

要するに、自分を忘れずにいろ、残った彼女を中傷してくれ です。


元々共通の友人であり、癒し系のBlogや掲示板を運営していた

方々はお心を痛め、体調まで崩しました。

私が知るのが遅れたのは、皆さん怖くて、仲裁に入っていた私に

確認が取れなかったようです。

なんだか皆さん様子がおかしいなと確認して見て判明しました。


そこで、その方の生死の確認を立証すべく、行動に移りました。

結論としては、その方は今も存命です。

兄や友人は自作自演であり、個別に送られて心を痛められた

方々も「生きていてくれた」事に安心しましたが、その後も

送られて来るメールに悩まされていました。


何も知らない、お二人を心から心配する方々にそのような

メールや書きこみ・共通の友人の中傷を送り続ける事は

ネットマナー上 いかがなものでしょう?

私はネット上でも自分が友人と認識する人に危害を加える方は

不快に思います。


今では、もうそれ(死)を信じる方はいませんが、兄・友人を

名乗った彼女は、ネット上ではもう、あれは嘘だった

とも言えず、まさに自らネット上でのHNを葬り去ったのです。

ネット上では、確かに彼女の存在は自殺したことになります。

あくまで仮想空間の事ですが。


問題は、リアルでの生死の確認でしたが、それも警察機関を

たらい回しに通いまして、(警察だけで6箇所・・)先日しっかり

訃報の事実はない事の確認連絡は取れました。

(家族が死亡届を隠蔽していれば別ですがそれまた犯罪です。

病院にかかった時点で隠蔽は不可能ですが。病院には

通報の義務がありますので。また、飛び降りの場合、

ご近所に全く知られない事も不可能です。一般常識ですね。

そういう意味では彼女も家族の中でネグレストにあっていた

被害者だったのかもしれません。ネットだけ与えて後は放置。

成人でも立派な養育放棄です。)


そんな事をせずに、正直に打ち明けてくれていれば、確執も

いつかは溶け、友人として友人同士の諍い以外では全面的に

受け入れる事ができたでしょう。


しかし、共通の友人、しかもネット上で数ヶ月未満しか皆さんも

私も彼女たちを知りません。どちらの味方かと強要されても、

答えられるはずもありませんでした。

そして、自分の味方をしないという理由で先に閉鎖した方は

共通の友人を呪い、「死」という言葉で苦渋を与える結果と

なったのです。

彼女はそれで満足だったのでしょうか。

皆が彼女を心配していないと本当に思っていたのでしょうか。


そして残された方も、しばらくは浮上しようと努力しましたが、

それらの行為で皆さんに迷惑をかけたことに思い悩み、

結局2人ともBlog閉鎖となりました。

自分の無力感を痛感すると共に、今後2度と

同じ事が起こらない事を願います。


たかがネット。されどネット。

体の傷は治療で目に見えて治癒しますが、心に受ける傷は

目に見えた治癒はできません。


Blogとは自分の吐き出したい気持ちを吐き出す場所であり、

それに賛同してくれる方々が交流できる憩いの場所です。

土足で踏み荒らし、先日まで友人だった人を閉鎖にまで

追い詰めるべき戦場ではありません。


時に諍いは起こり得る事ですが、それを無関係な訪問者迄

巻き込むべきではありません。


できれば考えて欲しいと、メルヘン仕立てにして見ましたが、

結局は徒労に終わったようです。


そこで、ここで真実を明かし ネットでできる事とできても

やってはいけない事、ネットマナーについて 皆さんにも

考えていただければと思います。


大まかな事はAYAさんの所 にも書かれているので、

そこに書いたコメントに少し追加補充します。


此度の一件では、ご心痛から体調を崩された方、
立ち直れずBlogを閉鎖した方等、多数の余波を受けた方が

多くいました。
自分だけへの攻撃ならそのまま封印したでしょうが、
彼女は私にとって大事な人たちを傷つけました。


何故、そこまで憤りがあるなら私にぶつけて来ないで、

罪のない心優しい方々を巻き込んだのでしょうか。

私はそれだけは許す事はできません。


よって、限りある時間を工面して行動に移させて

いただきました。

弁護士や警察には貴方とのメールのやり取りや、

あなたのBlogの過去ログ保存文書は提出してあります。

ミラーサイトすら作れますよ。

金銭を投じれば、更に詳しいソースも出てきますが、
そこまでする価値のある事にも思えませんし、
弱いものいじめをする趣味はありません。


ただし今後 私の大事な友人に少しでも

迷惑を及ぼす事があれば
とことんやらせていただく所存です。
肝に銘じて置いてください。

安易に自傷行為に逃げる事もお辞めください。

虚言で人を惑わす事もお辞めください。

生きて、きちんと過去の償いを求めます。

どんなに辛くとも、他者を今後傷つけないよう

心配り、誠実に生きる事が貴方にできる償いです。

きちんと治療も受けてください。

私は職を失う事も辞しません。


(居住地域と契約住所から、多大な経費をかけずに

探偵事務所からも追尾可能との事ですので。)

↑既に判明しています。

駆使できる機関や人脈全てを動員して、貴方が暴走

した場合、相応の措置を行わせていただきます。


携帯会社にも警察にも貴方の情報は保管してもらって

あります。

解約しても もう遅いのでそのままお使いください。

貴方が何もしなければ、こちらからご連絡する事は

ありません。


彼女の誤算は、自分は同情を得て高みで笑えるはずが、
リアルで真実を追究する行動力を相手が持っている事を

計算に入れていなかったことでしょう。

相手が皆ご自分と同じ思考と思う事は大変危険です。

文章で言い負かせても、実際リアルではどうでしょうか。


幸か不幸か、健康体であり社会での洗礼を受けている

人間には、対応策を取る手段や行動力が社会でもまれる事で

身につくものです。
そしてそれを実行に移す人間がいる事が、彼女には想定外の

出来事だったのでしょう。

自分の過去の知能指数を過信するあまり、相手が行動を起こす
危険性についての示唆を全く考えていないとしか思えなかった、
彼女の愚考には善良な方々が苦しめられました。
それによって怒りを覚える人間もいるという事は、

今回少しは学習したでしょう。繰り返さない事を願います。

人間の行動力を甘く見ない方がいいと学習してくれれば幸いです。


ネットは座っていながら色々な情報を(たとえ虚偽でも)

発信できます。


しかしそれを「ばれない」と過信するには、彼女は多くの足跡を

残しすぎました。いかにご自分が狭い世界で生きてきたか、

認識してください。
痕跡をたどる事は時間はかかりましたが不可能では

ありませんでした。

相手に牙を向けば、自分にも返って来る事は
今回悔しさと共に実感しているでしょう。

今日もどこかでネットに張り付いているでしょうが、
もう少し学習なさる事をお勧めします。
人は皆、菩薩の顔ばかりを持っているわけではないのですよ。

多分今も見ているでしょうから、この場をお借りして

警告させていただきます。

私が大事な人たちと認識する方々をを傷つけさえしなければ、

いつかは友人に戻れたかもしれないと思うと残念です。


たとえネットといえど、人に苦しみや憎しみ・絶望感を

与える事は可能です。

だからと言って、それを行使していいはずはありません。

今も貴方の行った事で、傷つき苦しんでいる方もいます。


謝罪に現れろとはいいません。

これ以上の暴走はやめ、憎しみはお捨てください。

Blog閉鎖はあなた自身が招いた行いの結果で、直接

最後に諍いしていた彼女のせいではありません。


いいですか。人を呪わば穴二つなのですよ?


先日、記事に書いたご近所の奥さんの事です。

色々話したりしましたが、偶然の事件で急展開を

しそうな雰囲気ですので、報告します。

賛否両論かもしれませんが・・。


結局、奥さんは息子さんを叱る事にはまだ

ためらいがあったそうですが、一昨日、ある事件が

あったそうです。


いつの間にか新学期が始まってたんですね。

息子さんを仮にT君と呼びます。


新学期そうそうイジメにあったようで荒れて帰宅した

そうです。


そして、夕食の時久しぶりに父親が一緒の食卓で

T君があまり好きじゃない献立を出してしまったのが

きっかけでした。


「こんなもん食えるか!ババァ!」

と、向かいに座った奥さんにお皿を投げつけたそうです。

奥さんはびっくりして 椅子から落ちたまま固まったそうですが、

次の瞬間、旦那さんがついにT君をぐーで殴ったんです。


成長したとはいえ、まだT君は成長段階。まだ非力です。

しかもグーで殴られたのはほとんどはじめてたっだようで

T君もびっくりしてたそうです。

そしてその時旦那さんがT君に怒鳴ったそうです。


「痛いか!?お前は母さんにずっとこの痛みを与えてたんだ!

母さんは、お前の母親だが俺の女房だ!

ちゃんと痛いと感じる人間だ!女中じゃない!

俺の女房に手を出すなら、俺はお前を殴っても止める。」


T君もびっくりしてましたが、奥さんもびっくりしたそうです。

「母親だけど、俺の女房・・・。」

ちゃんと私を妻として見ていてくれたんだ・・・。

そりゃ、結婚式も籍も入れてたけど

一応恋愛結婚だったけど、今でも自分を妻として見てくれてる。

そんな当たり前のことになぜか感動してしまったと笑っていました。


「お前は母さんに暴力を振るってた。力だけじゃない、言葉もだ。

お前はそれをされて楽しいと思うか?じっと我慢してた母さんを

弱虫だと思うか?お前が結婚した時、自分の妻が子供に

同じ事をされたら黙ってられるのか?抵抗しない相手にしか

えばれない馬鹿なのか!?」


T君はまだついこの前まで小学生です。難しい話かもしれません

でしたが、じっと考え込んだようです。

黙ったまま涙をこぼしてましたが、奥さんも涙が出たそうです。

息子さんをいつもなら庇うのに、庇わなかったそうです。


ただ、一言だけいったそうです。

「Tちゃん、ごめんね。母さんがTちゃんにいけないって教えなきゃ

いけなかった。」

いつものT君なら、「てめーの教育が悪いから俺がこうなったんだ」

というそうでしたが、今回は言わなかったそうです。


父親がいたから言えなかったのかもしれません。


でも何かが変る気がするのは私だけでしょうか。


奥さんは旦那さんが自分の事を大事に思ってくれてることに

気がついた。そして守ってくれたことにも。

それが嬉しかったそうです。

「もう何年も夫婦してるのに、今更なんですけどね・・。

あんなふうに言ってくれるなんて、なんだか照れましたよ。。」

虐待を受けて育った奥さんには、今は守ってくれる人がいる。

そして守らなくてはいけない子供がいる。


守る事は甘やかす事とは違うとわかりながら、できなかった

奥さんの中で、これをきっかけに何かが変るかもしれません。


その後、父親の指示で 奥さんに投げて割れた皿は

T君に掃除をさせたそうです。

T君は謝りはしませんでしたが、ちゃんと掃除をしたそうです。


そして、その夜旦那さんは奥さんに息子を殴ったことに

謝ったそうです。(息子にはまだ照れて話せなかったそうで


「もうすぐ俺もあいつに力じゃかなわなくなるからなぁ。

やるなら今しかないと思ったんだよ。

あいつは俺の子供でもあるしな。俺だって可愛いさ。

お前一人が一生あいつを庇えるわけじゃないだろう。

俺もお前も先に死ぬんだし。息子を殴るのってのは

嫌なもんだな。お前が庇ってたのも分かるよ。ごめんな。」


そしてこれから息子さんとも、少しずつ話をしていくそうです。


息子をグーで殴る事を推奨してるわけではありません。

いけない事をして、咄嗟に殴ってしまったけれど、これは

虐待でしょうか?躾でしょうか?

私はしつけかなと思います。


この家族にとっては大事件だったことでしょう。


T君にはいじめっ子と同じように父親が見えたでしょうか。

それはこれからの、この親子のの接し方次第でしょう。


少なくとも奥さんは、息子をまず全てから庇う事を今回

しませんでした。(できなかったのが正解なんですが)

そして、旦那さんが奥さんをどう思っているのか知る事が

できました。

T君を守り育てるのは自分だけじゃないと気がつけました。

奥さんは既に守ってくれる伴侶を見つけていたことを

気がつかなかったんですね。(忘れていた?

もう、1人でおびえていた頃の子供ではなかったんです。

「なんだか、長年つかえてたものが少し軽くなったみたいな

変な感じなんですよ。」と小声で話していました。


急な環境の変化は無理でしょう。

でも、これからこの家族は変れるかもしれません。

私はこの話しを聞いてそう思いました。


私も子供の頃、悪さをしたら鉄拳が飛んできたしなぁ・・。

今回はグーは極端かもしれませんが、怒るタイミングは

ゲストだったように思えます。


皆さんはどう思いますか?

いきなり殴られた子供がかわいそう?

それとも、結果的にはよかった?


それは、今後のこの家族がどうなるのかにもよりますが

家族の幸せってなんだろう・・?

家庭によって違うでしょうが、私は今回の旦那さんを

偉いと思いました。


周りがどう騒いでも、結局は当人達が解決していくしかない。

アドバイスはできても解決はできない。

当人の意志の力と、家族のあり方はそれぞれです。

他人にできるのは口を挟むことだけで、正論ではありません。


今後奥さんが明るくなってくれるなら、今回の事はよい結果

だったといえるでしょう。

カルネアデスの板って、聞いた事があると思います。


この話は、古代ギリシアの学者カルネアデスが

提唱したもので、非常事態において、

自分自身の命を救うためにやむを得ず

第三者の命を犯してもよいか、が問われている。

日本の法律では、緊急非難といって、緊急時、

自分または他人の命を救うために、やむを得ず

他人の生命を犯しても、いかなる罪にも問われない、

としている。

要するに、自分が助かるために相手を突き落としても、

その逆に相手に突き落とされても、

お互いに罪にはならない、ということだ。


対比としていいものか、芥川龍之介は「蜘蛛の糸」

を書いている。


芥川 龍之介
蜘蛛の糸・杜子春

突飛な比喩だが、極限状態に陥った人間の

心理行動について考えてみた。

あなたならどちらを選びますか?


今は自分に余裕があるからか、私は「蜘蛛の糸」

を支持したいと思う。(利己主義は自爆するってことね。反面教師)

でも極限になったら、知らなかった私を発見するかもしれない。

いや、本当は知っているのに目をそむけているだけなのかも。


「信念」は貫くべきものだと思う。


でも、人はそんなに強くない。ナルシズムともいえるかも

知れないが、根底にはやはり自己愛があるんじゃないだろうか。

偽善と自己満足。それを隠すための無意識の欺瞞。

人それぞれが抱える問題だと思う。

でもそれを否定する事は、人との関わりを拒絶する事にも

なるんじゃないだろうか。

自己満足でも偽善でも、自分にできることなら何かしたい。


ただ、理想論ではなく、実際にできる事を見つめなおして

いきたいと考える。

一人の手は小さくて非力で、結局役にはたたないのかも

しれないけれど。

諦めてしまったらそこで終わりなのだ。


話題が飛びすぎて、わかりにくくてすいません^^;;


たまたま「カルネアデスの板」を検索していたら

下記リンクにたどり着きました。


ライフサポート


ライフボート友の会ホームページ   入り口

猫の里親、犬の里親募集中! 殺される犬猫達を救おう!

です。


できれば、今の私は見たくないページだ。

だって私には既に愛しい子達が5匹いるんだもの。


でも、将来的にはお世話になるかもしれない。

ボランティアにも参加したい。

だけど今は、我が家の子達を最優先したいのだ。

もう、年取った子達に環境の変化は避けたい。


だけど、こういうページを見ると何か突き上げたい衝動が

沸いてくる。


今の自分にできること。

今はともかく我が家の子達が健やかに過ごして欲しい。


そしていつかはこの経験を糧に、何かお手伝いができれば

と思った。


手につかんでるものは何?

藁では助からないよ。

差し出された手に気づいてください。

なんの力もないけれど、藁よりは頼りにしてください。

あなたを見ている人はきっといるはず。

振り払わないで。

手を伸ばしてみてください。きっと何かが変わるはず。


お待ちかね新刊が出ました!!

こしの りょう
Ns’あおい 6 (6)

○今回のキャッチコピー


病院はビジネスなんだ。

を持ってない患者はいらない。

「どうしょうもないクズ患者ばかりでしょ

不良債権はさっさと始末するに限る」

「オメーは本当に責任もって

オレを助けてくれんのか?」

ナースってなんぎな仕事やろ」


今回もヘビーですね・・。


ここまで読んで下さった方、よければぽちぽちっと

お願いします<m(__)m>


人気ブログランキングバナー      らんきゅーバナー

これまたTBで、お寄せいただいた提案がありました。


成長年齢によって、一定期間の短期寮生活義務化、

というものでしたが、現実的には可能であるか、

そしてそれはよい結果をもたらす事ができるか、

考えてみました。(否定してるわけじゃありません)


まず、そのような施設を作る資金の捻出、これが問題

ですね。

医療費は値上がりしつつけるし、義務化ではないけれど、

乳児院や養護施設は既に存在します。

里親制度なども、ボランティアを含め、存在します。

しかしそこでも職員の虐待など、色々な報道もあり、

安心して任せられるか、というと一概に信じきる事もなんだか

怖い気がします。

有効に利用されているか、職員はきちんと愛情を親に代わって

注いでくれるか、確証は入所してみないとわからないのです。


そして、義務とはいえ受け入れるかという問題。

義務教育さえ登校拒否する子供がいる中、受け入れられる

ものかなぁ・・?という疑問があります。


全寮制の学校などもありますが、そこですべてに置いて

健全な肉体に健全な精神が宿るかと言うと、やはりそうでは

ありません。集団生活の中では、やはり派閥やいじめ問題が

表面化します。


前記事でも書きましたが、骨折したお子さん(5歳)は、虐待を

受けています。でも、お母さんを慕って泣くんですよね。

血は水より濃い(当たり前)

どんなに虐げられても、やはり親に愛されたい、自分は

生まれてきてよかったと実感したい、それが子供たちの

求める事だと思います。


このようなサイトがありました。


児童擁護の現場から


社会保障審議会児童部会
「児童虐待の防止等に関する専門委員会」報告書


これらについては、またまたコミックスですが、

数年前までの現状などが書かれています。

ささや ななえ, 椎名 篤子
新凍りついた瞳(め)―子ども虐待ドキュメンタリー
椎名 篤子
新 凍りついた瞳(め)   
こちらは原作のドキュメンタリーです。

新・・はハードカバーで、前作より成長した子供を題材にしています。

ここに里親システムや、短期(だけじゃないけど)寮生活に

近い施設についても書かれていました。


このように、色々な施設や工夫はされているようですが、

嫌ないい方をすれば机上の論理で、これらが実戦されているなら

何故、虐待はなくならないのだろう?という疑問に当たります。

老人ホームと同じく、需要に対して圧倒的に供給が足りないの

でしょうか。

今後民間サービスとしての企業はできるかもしれません。

しかし、コストや質は問われる事になる気がします。


また、論旨はずれますが 高齢者への虐待も、

増加をたどっています。


このようなサイトがありました。


日本は今戦争はないけれど、やはり社会的弱者は

虐げられているのが現状なのかと、

なんだか悲しくなりますね。。


明日は深夜勤なのですが、先日記事に書いた奥さんが

来るそうです。

まだ頭の中ではうまく整理ができていませんが、

少しお話をしてみようと思います。

できたら息子さんも呼んで、別室で友達になれるか

話してみようかな、と考えます。


昼間のうちに寝ておかねば・・・。(汗)



っと、 またまたお手数ですが、

よければクリックお願いします><


人気ブログランキングバナー      らんきゅーバナー

あるサイトのリンクを見て、かなり衝撃を受けたのですが、

なんと、それは書籍にまでなってたんです。


アマゾンにもあったので、書いちゃってもいいでしょう。

知ってる方もいるかもしれません。

(いつもながら情報の遅い私><)


白石 宏一
ありさの「虐待日記」

レビュー

内容(「BOOK」データベースより)
「傷口に塩をすりこんだらパニックのように暴れ出した」

衝撃の『虐待日記』がインターネット上に公開されたのは

1999年10月のことだった。

このHPを見たひとが神戸市児童相談所に通報、

大騒ぎとなる。

結局、日記の真偽は判明しないまま、反響の大きさだけが

残った。

虐待防止に努めているソーシャルワーカー、臨床心理士、

小児科医、弁護士、国会議員、厚生省児童福祉専門官、

セラピストは何を思い、語ったか。

なぜ、幼児虐待が起こるのか?『ありさの虐待日記』を巡る

児童福祉関係者のさまざまな反応を探りながら、

孤立無援の母親たちの心に迫る。


残念ながら絶版です。読んでみたかった_| ̄|○  

古本屋にないかなぁ・・。490円だそうです。


住宅ローン組むときに、クレジットカード全部解約したん

ですよね。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)


ところが!

このサイトは元々ジオシテイにあったのが ミラーサイト  が

あちこちに作られ、その後談までありました。


その後談は  ここです。


★ミラーサイトは心臓の弱い方、情緒不安定な方は

読まないほうがいいです。


原文のサイトは既に閉鎖され、憤りを感じた方が警告として

このサイトを残したものと思われます。

その後談は、どこまでが真実かわかりませんが、

仮に現実に行ってなくとも、その方の頭の中では

やってみたい行為であった事は確かでしょう。


はじめて読んだ時は身震いしましたよ。


検索すると、この題名でかなりの数がヒットします。


やってなくもウケ狙いでも、こんなものをUPする心境は

どうなのでしょう。

サディズムに支配されてるとしか思えませんでした。


身近にいたら、スリッパどころか木製のゲタで殴りたい

気持ちでした。。

デマだというサイトを見てほっとしました。


下手なホラーより怖いお話です。


世の中やはりどこかネジが狂ってるんですね・・。


古い情報ですが、問題提起としてあげてみました。


見方がよくわかってないんですが、(おぃ

できたらクリックお願いします。


人気ブログランキングバナー       らんきゅーバナー






すいません、前記事を引きずっています。

私には出産・育児経験がないので、ペットと一緒にしないでよ!と

怒られてしまうかもしれませんが・・。


どうも無関係だとは思えないので、偏見かもしれませんが

書いてしまいます。

私は出産子育て経験はないのですが、ペット依存症なので、

これまた勝手に怒っています。こういう人たちが親御さんに

なる・なっているのかと思うと、やりきれない気持ちになるのです。


ここ数年、ペットブームで(今はやや下火?)犬・猫・鳥だけでなく

変った爬虫類や色々な動物を飼う事がブームになっています。


そして、そのせいもあるのかもしれませんが、ファッションのように

ペットを飼い捨て・飼い替えする人もいます。

町を歩いてる親子連れをみて、なんだか似たようなものを感じます。

(子供を捨ててる訳じゃなく、子供にブランド着せてファミレスで

暴れる子供を放置してる親とか、見かけませんか?それです。)


我が家の近くの土手には、昨年からマムシなどが出るので、

散歩注意!という看板が立つようになりました。

日本の東京の土手に、最初からマムシが生息するわけは

ありません。

誰かが飼って飽きたか何かの事情で捨てたのでしょう。


同じく空を見上げると、何故かインコなども飛んでいます。

たまにカラスとかにやられたのか、無残な死体も発見します。

TVなどでも捨てられたイヌヤネコを集めて里親を募集していたり、

どう見ても血統書付の犬が薬物実験所や保健所にいます。

私はその番組を見たくありません。

我が家には5匹の愛犬がいるし、見ても何もできず、

ただ悔しく 悲しくなるからです。これも逃避だとは思います。


あんなに可愛いのに何で捨てるの?捨てるならなぜ飼うの?・・。

ペットは絶対飼い主を裏切りません。

病で倒れても看病こそできないけれど、いつも無償で信じて

愛を注いでくれます。


これまたご近所に自称イヌマニアの方が住んでいます。

何で自称と形容するのか?その後家庭では私が見ただけで

絶対寿命を全うしたとは思えないのに、連れている犬種が

変るからです。

知ってるだけの数年で、ペキニーズ・マルチーズ・ヨーキー

ミニチュア・ダックスと変りました。

けして安い犬種ではありません。散歩しているときは

可愛がっています。

でも、挨拶するときに前の子はどうしたんですかと聞くのは

タブーです。聞くのも怖い気もします。

自分の金でファッションでペットを飼って何が悪い?

悪くないとはいえないかもしれません。

でも、ペットは置物でもおもちゃでもない生き物なんです。

命をそんなに簡単に扱っていいものなんでしょうか?


私が5匹のチワワを背負ってひぃひぃ散歩してるときに、

「かわいいわねぇ。子供ができたら譲って~。」と言われた

事がありました。


冗談じゃないよ!!いくらつまれたってあげるもんか!!


と、顔で笑って心で叫びましたよ。


命をなんだと思ってるんだろう?この人たちは宇宙人?

心の中で思いつくままに罵倒を浴びせます。


背負ったワンコたちは「ご機嫌悪いの?」と言いたげな

目で私を見ます。

「ごめんね。あなた達には何の罪もないよ。お散歩して

冷たいお水を飲んでこようね。」と、道端で犬に話しかける

変なやつです。


おなかを痛めていないペットでもこんなに愛しいのに、

自ら1年近くおなかで育て、苦労して産んだ子供を虐待したり

育児放棄する親御さん。

ペットと子供は違うとわかっていても、慈しむ対象が違うだけで

お子さんは人間で、傷ついたら痛いと感じて表現できるんです。


ペットブームでペットを取り替える飼い主と、虐待や養育放棄

する方のどこに違いがあるのか、私にはわかりません。


寂しい時・暇な時だけ可愛がったり着飾ったりさせるのは、

ペットもお子さんも同じように不幸だと感じるのは私だけでしょうか。


大型犬などは、一番可愛い時期に訓練所で躾けてもらう方もいます。

それは絶対間違いだとはいえないでしょう。

でも、できあいのお惣菜を買うのと同じように感じるのは、

これまた私だけでしょうか?

子供の頃から自分で育てて躾けることを学ぶのもペットを飼うなら

義務じゃないかと思うんですよね・・。(これまた私の理屈ですが


私はまだ人生経験が浅いので、偏った考え方なのでしょう。

どれが正解なんて、まだ私にはわからないんですから。


こう書くと、昨日の記事の親御さんを責めている書き方に

なってしまうので、自分でも矛盾してると思います。


昨日書いた記事の家族は、子供や妻を捨ててるわけでは

ありません。迷いながら苦しんでるんだと思います。そして、

聞いた私自身も、考えの迷路にはまっているのだと思います。


虐待の過去を持ち、子供や夫とうまくいかなくなってしまった

奥さんを責める事は間違いじゃないかと漠然と思います。

解決の糸口を探していて、私が迷路にはまってしまったわけです。


そもそも よそ様のご家庭に、口を挟もうとするのが

傲慢なのでしょう。私たちは仕事では看護師だけど万能でも

神でも裁判官でもないんですから。


でも、近くで苦しんでる人がいたら自分には何かできないか

つい考えてしまうのは私の性分みたいです。(遺伝かも?

TVのペット放棄みたいに、見なかったことにして、

逃避しちゃえばいいんだろうけど。

それは なんかやだ。(← 駄々っ子


奥さんがカウンセラーに相談して、心にゆとりをもてたら

変われるのかな?いや、既に家庭内問題になっているんだから

奥さん一人に押し付けてしまうのはもう遅いと思う。

では一家全員でカウンセリングを受ける?

それもまた、各自が確執を残しそう。


幸いうちにはネトゲーとかできる環境もあるし、ご一家を

お招きして家族で揃って楽しめるようにできればいいのかな?

(これなら息子さんも遊びにきそう・・。)

んで、私が悪さして見せて母にどつかれてみせる?

・・痛そうやね;; ってか、成人女性がどつかれる姿もなぁ・・。


ペットの報道に対しては明確に怒りがこみ上げますが、

このご家庭の問題については、どこから介入できるのか?


*あ、一度息子さんがバットで暴れたとき、福祉は介入して

るのですが、その時は奥さん一人が親失格と責められる結果

だったそうです。・・・・なんだかなぁ・・。

追い詰めてどうするんだ?って憤りがあるんですが。

だからお役所の仕事は・・ブツブツ・・。(← 独語?


看護の現場で感じますが、福祉や保護は、駆け込み寺では

ありません。

大岡裁きみたいに、皆が納得できてアフターケアも万全じゃ

ないんです。

書面を見て判断し、判決を下す(保護や援助を決める)

そこにはあまり心情やらは介入しません。

それが仕事でもあるんだろうけど・・・。


人間同士の付き合いや親身になる事迄求めても、

ないものねだりみたいになるんです。

事件が起こらなければ、マニュアルどおりの説得だけ。


早期発見・予防は仕事じゃないんですよね。

お役所が悪いんだ!と人のせいにするのも、

また間違いなんだとわかるのですが。。。


う~ん・・。書けば書くほどぼやけるなぁ・・。

これは今、私の中のしこりです。


考える事は私の自分勝手な思い込みなんですよね。


少し発想をかえて、また違う記事も書いていきます。

できたら引き続き、ご意見ご感想をお願いします。



今更ですが こっちもよければぽちっとお願いします。


人気ブログランキングバナー らんきゅーバナー