灯火をけなげに燃やす命

テーマ:

久しぶりです。

あれからしばらくの間、チワワのちはなは

少し食欲も出てきて、トイレくらいの散歩ができるように

なっていました。

もしかしたら回復してくれるかも・・。

そう願っていた昨夜、急に無作為に回りだし、

喘明もひどくなりました。

脳圧が更新しているのか、眼球も突き出し

まるでどこかに逃げようとするように回りながら

歩こうとします。


昨夜は母と交代で痰を取ったりマッサージをし、

今日は呼吸は落ち着いていますが、水分も

食事も一切取れません。

時たま大きな瞳から涙がこぼれます。

歩行も不自由そうになってしまいました。

昨日の朝はご飯も食べれたのに。。


苦しいね。

辛いね。


人間ならもっときちんと治療ができただろうに。

天才的な獣医がいて、助けてくれれば・・、と

何度も思います。

何故、日本の獣医療はこうも後進的なのか。

(すいません、八つ当たりです)


でも、一生懸命生きてくれています。

それがこの子にいい事なのかわからないけれど。


今やっと少し落ち着き、横になっています。

飼い主のわがままだけど、頑張って。ちはな。


バイトも仕事もほおり出したいけれど

それもできなくてごめんね。

私がいない時にいなくならないで欲しい。

かってな願いだけど、最後まで頑張っているこの子を

最後まで見届けたい。

今はそう思います。


コメントにも返事すらせず申し訳ありません。

今はちはなを最優先させてください。

たとえ犬でも大事な家族なんです。


ちゃんと見ているからね。

替わってあげれないのが悔しいけど、

少しでも辛くないように。

寂しくないように。

今はちはなの傍にいたいと思います。

私も逃げないで一緒に頑張るから。

ちはな、頑張って。


AD

綱渡りみたいなここしばらく。

はい、またも愛犬ちはなのお話です。


今まで、頭では受容していたつもりでも、

やはり愛犬の生死の狭間を突きつけられる

事は、どこか非現実的で、それこそ

「うちの子に限って」という気持ちはあるんですね。


ちはながはじめて痙攣を起こして、だんだんと

体力も落ちてきて、みっともないほど慌てふためく

自分がいました。


悲しみは突然に前ぶれなくやってくる。

前兆に気がつかなかったのかもしれないけれど、

愛するものを喪失するかもしれない、という焦燥や

受け入れたくない気持ち、頻回に痙攣発作を起こした時、

母は「よく頑張ったよ。もう苦しむのはやめな。」と

言いました。

父が癌で苦しんできた姿を見てきた母には、受容の

下地ができていたのかも。

母は私よりやはり人生経験を経ていて強い。

自分もいっぱしに自立したと思っていたけど、

とんでもない思い上がりだと気づきました。


それでも苦しむちはなを交代でマッサージしました。

私は「ち~ちゃん、しっかり!頑張って。帰っておいで」

としか言えないし思えなかった。これはやはりエゴかも。


毎日ドキドキしながら帰宅のドアを開ける日々。

怖くて病状を電話確認できなかった弱さ。

「さっき死んだよ。」という言葉を聞いて、仕事を続けられる

自信がなかったんです・・。

「お願い、まだいてね。」と祈りながら帰宅。

生きていてくれることへの喜びと感謝。


不安と焦燥の中のささやかな喜び。

これがいつしか昇華して、受容できるようになるのだろうか。

父の時は突然すぎて、祖母たちの時は事後報告で、

リアルタイムで受容の過程を実体験した事がなかった。

仕事では数え切れないほど体験してるのに、何故こうも

狼狽してしまうのか。


そして生存を確認できた時の安心感と喜び。

今だけかもしれない、ご飯を食べてくれるちはな。

おしっこをしてくれるちはな。

そしてやっと今日ウンチが出たちはな。

ここ2日は痙攣が起きてないちはな。

鼻水も今日はやや薄かった。

よかった。嬉しい。ありがとうね。


嬉しい。褒めてあげたい。

こんなに小さくて軽いのに、一生懸命頑張ってくれる命。

愛しくてたまりません。

それと共に、生物の自己治癒能力の素晴らしさも

痛感してます。

まだまだ予断は許さないけれど、数日前に比べて

少し元気を取り戻してくれた。

最後の灯火かもしれない。

だったらそれに応えてあげたい。


一緒に頑張ろう?ちはな。

今日はこのささやかな喜びに浸りたいと思います。

私ももっと強くならなくては。


来週小指のワイヤー抜針なんですが、今はもう

それどころじゃない・・ってかどうでもいいから

ちはなの傍にいたい気分。(←全然成長してない

さっさと終わらせて帰宅できるといいなと思います。


他の子達も元気で長生きしてね。


悲しみは突然に訪れる。

でもそれに引きずられない強さが欲しい。

ちはなは今、命を賭けて私に教えてくれています。

強くありたい。

私はまだまだ弱いです。

AD

一昨日はちはなちゃんは痙攣が起きませんでした。


大急ぎで帰宅して、ちはなの元に。

よかった!まだ頑張ってくれていた。

お出迎えに来る体力はないけれど、頭を持ち上げて

見つめてくれている。

よかった。がんばってくれててありがとうね。

ちはなちゃん。


少し豚肉を油抜きしたものと、ササミと茹でキャベツ

それとお豆腐を細かくちぎったものも4回に分けて

食べてくれて、嘔吐もなく排尿も4回。

でも便が出ないのでやや心配・・。

おなかのマッサージをしたけど、蠕動が弱い。

まさかイレウス起こしてないよね・・?

しつこくマッサージしてたらガスだけ出ました。

もっと繊維質食べてくれたらなぁ・・。


昨日は朝鼻の穴が鼻クチョで固まっていたので

薄めたオイルガーゼで鼻を拭いて塊を取り、

鼻頭を少しつまんだらくしゃみと共に青っパナが

取れて、少し呼吸が楽そうに。

まだ粘性なので、保湿と水分補給を工夫しよう。

(ネブライザーできればなぁ・・。)

ガーゼでは目が粗いので、りんと布を湿らせて、

鼻と舌を潤す。

「イヤ~ン><」という顔をするが少し呼吸は楽そう。

今日は鳥モモとレバーの油抜きとミンチにしたホーレン草

少量摂取。やはり排便はなし。。

綿棒に油付けて肛門を刺激してみようか、ストレスで

トラウマになるかなぁ・・。

・・・・と、油断したら1度痙攣が起きた。

犬の診断はわからないけど、バビンスキー反応に似てる

気がする。

やはり脳疾患なのかなぁ・・。

でも少し食べれたせいか、歩き方は昨日よりしっかりしている。

この子は元々ベジタリアンの上、ミネラルウォーターより麦茶

やらお番茶の冷ましたものを好むのだが、お煎茶は嫌みたい。

お煎茶を飲んでくれれば、気管支拡張や利尿効果もあるんだ

けどな・・。


ポカリは少し薄めるとなめる程度飲んでくれる。

あの少しすっぱい味が嫌なのか。主食がお肉に偏っているので

電解質を補正したいところなんだけど、犬が好む経口のものって

後何があるだろう・・?

とりあえず、今日も頑張ってくれてありがとうね。

お鼻をちんして鼻水取れる様にしようね。


と、ほとんど付っきり状態なので朝からニュースを見てしまった。


散歩中のペットが痙攣死!?薬物の疑いあり!?

既に被害9件???

他県では猫や小動物ばかりか、母親にまで劇物投与して

逮捕??16歳の女の子!!??嘘でしょ~~!!


なんちゅ~~~~~ことするんじゃぁぁぁ!!!

(怒怒怒怒怒怒!!!

我が家はちはなのチッコ1つに一喜一憂しとるのに、

何で罪もない小動物を殺したり虐待するのよ!!

と、かな~り不愉快な気持ちで1日中報道されるニュースを

見てました・・。


やりきれない気持ちで一杯です・・。

そんなに薬物が好きなら自分に投与すれば

いいでしょ!!

そして病院には来ないで頂戴!!

自分で解毒薬でも作って自己治療でもすれば?

悪いけど、そういうことしてる人には全くこれっぽっちも

共感できません。

教えられた詳細を ここ  で見て、またも暗鬱な気持ちに・・。

みんなも怒ってるのね・・。

この少女にどんな過去があったかは知らないけれど、

だからと言って一生懸命生きてる命を奪う権利なんてない。

薬物マニアだかオタクだか知らないけれど、そんな人間に

今後一切凶器を与えないで。

いくら未成年でも許されるべき蛮行ではないと思う。


クレゾールの原液をバケツでかけてやりたい気持ちです。

いや、湯船に原液入れてつけてやりたい。。

そんなに薬が好きなら満足でしょう。

あなたの寿命をうちの子達に分けて頂戴。

と、怒り心頭しながらマッサージしていたら、ちはなも

他の子も心配そうな顔で見つめていて、自分の中にある

残虐さを責められているようで、恥ずかしくなりました。。

こんな無垢な瞳の子達に危害を加えるなんて、どんな気持ち

なんだろう。


理解できないし、したくもないです。


生きてるんだよ?

動物は必要以上の殺戮も危害も与えないんだよ?


おなかを痛めて産んでくれた母親を実験材料にして

入院してからも観察記録を書く神経が信じられない。

ナチのアウシュビッツ時代からタイムワープでも

してきたのだろうか。


そんな事をしでかすのは、自分が愛された記憶が

ないからなのでしょうか。

よほどひどいトラウマでも抱えていたのでしょうか。

そう思うと哀れではありますが、やはり同情はできないし、

未成年でももう社会に出てきて欲しくない。

更正できるとは思えません。

ねーさんは怒ってます。怒りを隠せません。


今後も便乗した事が起こらない事を祈ります。

AD