CM:コマーシャル 宣伝 
このトラックバック投稿みたいなものかな?

見てみて、面白かったらどんなものかな~と興味を引くもの。
だけどCM自体がひとつの作品になってて、CMは印象に残るけど
あれ?なんのCMだったっけ?ってのも結構ある。

CM作る人のセンスの良さ・エスプリ。
ただの閑話休題じゃなくてCMそのものがひとつの
エンターティメントだな~と思うものも多いと思います。

すっごく気に入ってたのは アイフルのチワワ編。
確かシリーズ2段までできたと記憶してる。
あれはうちにチワワがいるせいもあって、かなりはまった。
おと~さんが悩むシーン・・うんうん;;わかるよぉ~!!
と思ったもんですo(*^▽^*)oエヘヘ!

でもあれってキャッシングの宣伝なんだよね・・。
CMは秀逸だったけどちょっと怖くて利用しようとは思えなかったなぁ。

仕事柄、あんまりリアルタイムで連ドラ見れない私には
CMが結構楽しみだったりする♪

CM侮りがたし!
AD
ちょっとひねくれた見解から。
子育てしている親御さん先にご無礼お詫びします。

高齢化社会と出産率の低下は関係あるような気がすします。
高齢化社会といっても、平均寿命は延びてるけどお年寄りに
暮らしやすい社会かっていうとそうではありません。

実際医療の現場で働いていると入院患者さんの割合はお年寄りが
70%はしめてるんです。
高齢化社会に伴い発展した企業が介護派遣サービスやデイケア施設。
老人ホームはいつでも空室待ち状態です。
病院は無理に入院も必要のないお年寄りを、家族の頼みで
引き受けてたりしてるのが実情なんですね。
まだ未婚の私の親が倒れたら同じ事しちゃうかもしれないけど・・。

嫌な言い方をすれば、これって姥捨て山みたいなもの。

そりゃ入院費用やら、着替えや差し入れやらは大変だけど
預けっぱなしで面会にも来ない家族さんもかなり多いです。
そのくせお亡くなりになると、年金やら遺産やらの相続で霊前なのに
親族でもめたりとかね・・。(見てるこっちが情けなくなりますよ;;

そういう親たちを見て育った子供は、自分も親になりたいって
思うかな?
そういう家族ばかりではありませんよ!一例です!

核家族化が増えて、親の老後を見る余裕(心も経済も)がない。
余裕がないから子供も育てるのがしんどくなってるって
ことはないのかな。
女性の社会進出といっても、純粋に仕事がしたいからってだけでは
ないと思う。
浴衣1枚しかない患者さんの面会に毛皮や宝石に身を包み、
着替えじゃなくて花だけ持ってくるご家族の方って、
信じられないでしょうが結構多いんです。いや、ほんとに・・・。
マイホームプランやら、生活水準の向上が目的ってのは
正直あるような気がします。

それにね。子供はどんどん減ってるけどペット産業が増加してる
のはなぁぜ?
意思を持って言葉を話し成長すれば学資金のかかる子供より
しゃべれないで可愛いペットのほうが扱いやすいってことはない?
すいません。かなり場違いでひねくれた意見です><

子供服が大人のブランド品より高かったり、幼稚園からお受験とか
公園デビューで派閥になかなか入れないとか。
それって子供が仕組んでるんじゃなくて親たちのエゴでしょう?
お子さんをペットと勘違いしてませんか?

政治も確かに悪いけど、それについて何かするわけでもないし
何をしていいかもわからない。
社会が悪いから子供を生んでも育てる余裕がない。

確かにそれはかなりあると思います。
でも、もし世帯家族で親御さんのご両親がお孫さんの面倒を
みたら?
お年寄りにも目的があれば活力は維持できるし、なにより育児の
大先輩です。
経済的負担も育児の時間もかなり軽減して子供を育てやすく
なるんじゃないかな、と思うのですが・・。
今、病院で何をするでもなく抜け殻のようになってる患者さんに
昔の話を伺うと、目を輝かせて貴重なお話が聞けてますよ。

育児補助や老人社会福祉と分けないで、合併させた政策が出たら
いいんじゃないかな~と思う今日この頃です。

少子化に伴い、育児のできない親御さんも増えてますね。
「幼児虐待」って言葉は、メディアではよく聞く言葉ではないでしょうか。
前にそれで運ばれてきたお子さんの看護をしたとき見つけて呼んだ書籍です。




著者: トリイ ヘイデン, Torey Hayden, 入江 真佐子
タイトル: タイガーと呼ばれた子―愛に飢えたある少女の物語

日本でも、ささやななえさんというコミック作家が「凍えた瞳」
(ちょっと題名あやふやですいません)が出ています。

トリイ・ヘイデンの小説は外国が舞台ですが、日本でも同じケースは
確かに存在してるんです。

子供を生むのも大変なことですが、健やかに育てていくことの
難しさはもっと大変なことです。

少子化問題について考える前に、親としての意識を
明確に持てる人になれるよう、
論議したほうがいいような気がしました。

ここまで読んで不愉快に感じられた親御さんごめんなさい

出産経験もないのに、無責任なことをいってるとは
自分でも思います。
でも、車中に置き去りでなくなったお子さんや 
タバコを食べて運ばれてくるお子さん、
そして寂しく病室の天井を見ているお年寄りの患者さんを
見てきて、僭越ですが発言させていただきました。

AD
トラックバック先で見かけて、コメント書こうかな~と
思ったんだけど、これも「友達」て?のお題目に合ってるようなので
日記にしちゃいました。
私はあると思うよ!!

だって、今一緒に遊んだりするのって異性のほうが多いもん。
私は女だからかもしれないけど、同性の友達だと旦那さんや彼氏や
子供がやはり優先されちゃう。
でも男性の場合ってあんまりそれがない。

もっぱら地元サークルのテニス関係の友人が多いんだけど、
仕事だけは優先するけど、それ以外の約束は破らないし
ちゃ~んと遊んでくれる。

さすがに彼氏になるといい顔はされないけど・・。

遊ぶって言ってもテニスして、アフターで他愛無いおしゃべりやら
暴露話や身の上相談もどき?言ったり聞いたり。
「アンタ、ちょっとオヤジ入ってるよ」と言われるけど
シモネタだって話しちゃう。

やっぱり異性だと感性も違うから、女の考え方や受け止め方とは
ちょっと違って面白い。
同性同士だとあまりお下品な?話題には眉ひそめられるけど、
いいじゃん!シモネタは社会の平和を守るんだよ~!

人の陰口や文句ばっかり言うより全然害がないし、Hがなければ
人類は絶滅しちゃうのだ。(ってこれは大げさな比喩だけどね^^;

互いにないものを補い合えるし、まぁニアミスが全然ないわけでもない
けど、そんなのは気の持ちよう一つだし。

彼氏できたり結婚したからって、異性とは付き合っちゃ乂(>◇< )絶対ダメ!
とかいう人は、すっごく人生損してると思う。
その人はそう思ってるならそれでいいじゃな~い♪

自分が楽しくて、相手も楽しんで付き合えるなら
同性も異性も関係ナッシング!


・・・・と、私は思いますよん☆彡
AD
「友達」って何でしょう?

ん~。あらためて聞かれると難しいかなぁ。

何でも話せる人、親身になって話を聞いてくれる人、
時には辛辣な忠告もしてくれる人、一緒に遊べる趣味の合う人。
学生時代の学友や同僚。
自分のT・P・Oに合う人

これもみんな「友達」だよね。

すっごく長く付き合っていけるかって言うと、私自身の場合
結婚して相手の故郷やら転勤先に行ってしまい、だんだん疎遠になり
そのうち自然消滅・・ってケース代わりと多い。
長い付き合いのあるのが友人だって言われると、私って孤独なのかな?

でも、不思議と寂しいってあんまり思わない。
別れもあるけど、出会いもあるから。
忘れた頃にひょっこり再会なんかもあるしd(^-^)ネ!



タイトル: フォレスト・ガンプ 一期一会

この映画はちょっとコメディで、しんみりするお気に入りの一作。
「一期一会」って言葉は看護学生時代の友人がレポートに書いてて
その時知ったんだけど、なるほどなぁ~と妙に納得して
今では座右の銘になった感じがします。

大辞林:一期一会(いちごいちえ)
茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。
一生に一度かぎりであること。

自己流に解釈すれば、その人との出会いは一生に一度の偶然。
たとえ別れることがあっても、出会ったことは自分の歴史に刻まれる。
いい出会いも、悪い出会いも含めてその時々を自分なりに大事にすれば
いいんじゃないかな、と思う。(うわ~>< なんか偉そう;;)

自分が友達になにを求めるのか、友達は自分に何を求めるのか?
それを損得と考えちゃったら、ただだらだらつるんでるのと同じ。

自分は自分だし、自分のクローン(いるはずないけど)のように
考えから好みや習慣まで同じだったら、面白くないんじゃないかなぁ。

出会いは偶然だけど必然。そのときに楽しいときを過ごせれば、
それが「友人」だと思う。

よく「信じていたのに裏切られた」「あの人だけは私をわかってくれると
信じてたのに」とかって聞くけど、
それはその人が勝手にそう思っていただけなんじゃないかと思う。
だって元々違う人間なんだもん。自分の思うとおりにならないのは
友人じゃないって言ってるのと同じじゃないかな?

だからって、もう誰とも付き合いたくないって思う人はいないでしょ?

人間はたとえネットでも誰かと話題を共有したい・気持ちいい時間を
過ごしたいって思う寂しがりやさん。(私かw

「友達」とは?って身構えないで、どんどんいろんな人に出会うほうが
楽しいと思う。


すっごくなが~く書いちゃったけど、これが結論w
出会って楽しければ みんな友達!!だと思います^^;;;;
ランキング1位のブログ読んで来ました。

読んで・・・・・

読んで・・・・・

地震が大変だったのも知ってるけど、
チャット仲間もPC被害を嘆いていたけど・・・・



ダメ! (T∇T )( T∇T) ダメ!笑っちゃったよ・・・
しかも夜中に爆笑しちゃったよ・・Orz


          すんません;;

読者登録までぽちっとな・・・
なんと、書籍にまでなってるんじゃないですか!!
これはチェーック!!ベストセラーになりそうw



著者: カズマ
タイトル: 実録鬼嫁日記―仕打ちに耐える夫の悲鳴

私のお勧め書籍にランクIN!

だめ・・・思い出し笑いが・・(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
全然な~すな日々じゃないじゃん!って突っ込みが入りそうなんですが・・
面白かったんだもん><

こちらは丁度、著者: 嘉藤 徹
タイトル: 小説 封神演義(ちなみにコミックも出てた^^;)
著者: 藤崎 竜
タイトル: 封神演義 (第1部)を読んでた頃BSで放映されてたアニメ。

最初は人物の名前とかややこしくて とっつきにくかったけど、
1回見たら続きが気になってDVDになるのを待ち望んでました♪





タイトル: 十二国記 月の影 影の海 一巻
結構長編ですが、続きが気になるのでついつい見ちゃいます☆彡

文庫もシリーズ化されてますが、やっぱり面白くて一気に読んでしまいましたね~。



著者: 小野 不由美
タイトル: 月の影 影の海〈上〉十二国記
小説から読んでもよし、アニメから入ってもよし、作品のイメージは
損なわれてないと思います^^
う~ん・・。これ書くとなんか社会人なのに恥ずかしいかなって思うけど、
好きなものは好きだ。コミックも好きなんだから仕方がない。
(半ば居直り)
ジャンル的にはなんだろう・・?スポ根も好きだしアクションも好き。
妹が借りてきてすごくはまったのが



タイトル: R.O.D-READ OR DIE- 第1巻




タイトル: R.O.D-READ OR DIE- 第2巻




タイトル: R.O.D-READ OR DIE- 第3巻
これこれ。
音楽もいいし、絵もすごくいい。何より動きがとってもよかった。
気に入って今でもたまに見ている^^;;
そう、気に入った本やビデオって何度も繰り返し見るやつなんです(。・・。)ポッ

かなり前の作品なので続編でないかな~と思ってたら、
去年出ましたね!!これまたよかったT-T





タイトル: R.O.D -THE TV- vol.1




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.2




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.3




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.4




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.5




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.6




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.7




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.8




タイトル: R.O.D -THE TV- vol.9

絶対お勧め♪
並べて表示したいなぁ・・。

でも、これの小説も面白いのね。著者: 倉田 英之, 山田 秋太郎
タイトル: R.O.D.1―READ OR DIE (1)
著者: 倉田 英之
タイトル: R.O.D〈第2巻〉
著者: 倉田 英之, 山田 秋太郎
タイトル: R.O.D.3―READ OR DIE (3)
著者: 倉田 英之
タイトル: R.O.D〈第4巻〉
著者: 倉田 英之, スタジオオルフェ
タイトル: R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER”
著者: 倉田 英之, 綾永 らん
タイトル: R.O.D-READ OR DREAM 1 (1)
一杯シリーズが出てるので、全部は紹介できないけど読み出したら止まらない、
コミック感覚で読める文庫です^^

出発しんこ~☆彡

テーマ:
あちこちのブログを放浪してるけど、どこも色々なサービスが使えて面白い。
私はな~すをやってるからか、変な時間にオフになったり夜勤が多いのもあって?(単に寝起きが悪いともいうか;;)夜行性である。
真夜中にできることって、あんまりないのよね・・。
TVは連続ものは見れないし、レンタルや購入したDVDを見たり 
ネットでチャットしたりネトゲとかくらい。
生産性がない~~~><

って事で、職場でも最近必要性を感じてる言葉の壁を少しでも登ることに
起きてる時間を使ってみようと考えました。
英語もやりたいしハングルも覚えたい。でも最近すごく興味あるのは中国語。
患者さんで中国の方もいるし、料理もおいしいし(マテ)ネトゲでも中国の人が多いので、チャットが通じると楽しくなる。
中国語フォントに対応してないのでピンインでの会話なのだが、
最初は全然わからなくて 言葉を分解して互いに不自由な英語で教えあったり
していた。
暗号みたいに思えてたローマ字の羅列も少しだけ覚えると面白い。
よ~し!中国語を勉強しよう!

・・・・・かなり安易な発想かも;;
でも何か始める時ってこんなもんじゃないかな。

とりあえず学校とかに通うのはランダムな勤務なので無理。
やはり基本は教育ラジオでしょう!だって安いし・・。
とりあえず4月からのテキスト


著者: NoData
タイトル: NHKラジオ中国語講座 2005 4 (2005) を購入。
帰りに図書館でなにか簡単な参考書ないかなと


著者: 高 信太郎
タイトル: まんが中国語入門―楽しく学んで13億人としゃべろう を発見して借りてくる。
あ、この借りた本面白い・・・。
私にもわかりやすいぞw
早速ネット注文で購入~。ぽち。
早く届かないかなぁ・・。

って、ここのブログ本を探しやすくてすごく便利だ@@

色々使い道がありそうで楽しみ♪
さぁ、出発だ~!!(・・・・どこに?