あの日、死

テーマ:

八月のあの日、


あたしは本気で死のうとしました。


今まで生きてきた中、死ぬ なんて 絶対したらだめだと


人一倍、いや百倍思っていたあたし。


死ぬと決めた人間の心は


誰にも助けを求めませんでした。


まったくSOSなんて出しません。


いや、逆に、迷惑はかからないことを考えていました。


永遠に眠ろうと。。。。。




結果


あたしは 生きているんですけど。


いや


生かされています。


人に助けられ支えられ。



あたしの精一杯の力では


動脈は大して切れなかったのです。


何度も何度も切って 同じ箇所を深くほりさげて・・・・


グロテスク?


いえ


あたしの血がいっぱい出ること それしか考えていなくて。


でも


この血が誰かのために使われたら もっと良かったとか


心臓が止まった後


臓器は移植できるのか とか考えていました。



あほですね。


ごめんね。


ごめんなさい。



でも


つらくてかなしくて 耐え切れなくて


今まで迷惑ばかり これからも・・・・って


あたしの存在はいらない


あたしは悔いない


あたしは時間を止めたい



間違っていた?


ううん


あのときの思いは重く


忘れません。


忘れてはいけません。



でもね。


あれから


そんなに時がたってない今。



生きていることに感謝しています。



そんな時もあったからこそ、


これからは生きている限りは、


今まで以上に、



一生懸命に


生きます。


許してね。あのときのあたし。

あのときのあたしが しようとしたことを。



ありがとう。


家族。親友。愛するひと。

AD

The End

テーマ:

ひとつの

命が

消えます


そんな こと

誰も

たいしたことじゃないって

考える世の中


地球は人間がいないほうが良かった


人間以外で

自然連鎖してたほうが良かった


動物のみならず

植物からなにから

全てが

犠牲


地球が滅びても当たり前


人間だけが 滅びるべきだろう


命が消える

ブログも終わる

さようなら
AD