funkaのブログ 

怒れるおばさんたちは時々噴火します!


テーマ:

【日本を貶める人々】朝日新聞記者って、反日工作員なの?


……………………その続きです


その2…松井やより


朝日新聞編集委員松井やより(故人)


左翼仲間では、名前だけはよく知られていた。


その彼女が

こーんな女だったなんて…


松井やよりは、

私たち日本人の父や祖父たちに

「世界一の強姦魔!」

「焼き、殺し、奪いつくした悪魔!」(三光作戦ですって?)

の汚名を着せておきながら

自分の父親だけは、弁護していた。


19981030日の

”朝まで生テレビ”でのこと。


南京大虐殺について

松井やよりは日本を激しく非難。

  「殺人鬼!強姦魔!強盗!とアジアの人たちは皆言ってますよ!」


その時、田原総一郎に

  「お父様は、中国で何してらっしゃったんですか?」と聞かれて

松「兵隊です。2等兵です。」

田「殴ったりしていたんじゃないですか?」

松「私の父は、キリスト教の関係(牧師)。そんなことは出来ない。

   殴るのではなく殴られていた。

   中国人を殺さなくていいように、こっそりハンストをして抵抗していた。

   また、殺さなくていい通信隊に移ったので、悪い事はしなかった。

   中国の子どもたちにいろいろしてあげた。

私の父だけは、残虐行為はしていない!」

ですって!


  Red Foxより

  http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-57.html

  ニコニコ動画より

  http://www.nicovideo.jp/watch/sm5828149?via=thumb_watch



なんて女だ…



悪い事をしたのは、

あなたたち日本人の父や祖父であって、私の父ではない。


アジアの人々に

謝罪して賠償するのは、

悪い事をした祖父や父を持つ日本人であって、

私ではない。

だって、

私の父は、牧師だもの。悪い事は絶対にしていないもの。


そう言ってるように聞こえる。



彼女は

ルーピー同様、

戦後の全共闘世代の典型。


「善と悪」、「弱者と強者」「被害者と加害者」

この社会を、全て2つの階級対立で説明しようとする単細胞…


だから、

日本人は「悪」で、中・韓アジアは「善」。

日本人は「加害者」で、中・韓アジアは「被害者」。

そこに、

全共闘世代特有の狡猾さが加味されて

日本人は「悪」、でも私だけは「善」となる。


「悪」側に自分を入れていないから、

激しい攻撃的な言葉で日本人を責めることができるのだと思う。


「日本の…近代化は、すなわちアジア侵略の歴史であり、

 この百年の間を生きてきた女たちもまた、

 侵略に加担したアジアへの加害者であった―。…」


「… かつて、中国、朝鮮半島をはじめアジアの国々で、

 焼き、殺し、奪い、女たちを犯す侵略の先兵となったのは、

 私たちの肉親であり、友や、恋人でした。…」


※松井やよりは、上記の中に自分と父親は入れていない。



  アジア女性資料センター

  「アジアと女性解放:私たちの宣言」

  http://ajwrc.org/jp/modules/pico/index.php?content_id=11




GHQ占領下、共産主義・社会主義者に育てられた世代に

共通しているのが、この階級対立とずる賢さ。


我が身の保身の為なら、

平気で他人をつるし上げる者が多い。


松井やよりは、

私たち日本人に濡れ衣を着せることで、

自分への糾弾を見逃して貰ったということか。



このような言い訳が

全共闘仲間やコリアン世界では通用するらしい。



反日・侮日工作に手を貸してくれる利用すべきアホウ

あちらの勢力も大切にしてくれるようだ。



恥知らずそれ以外に言葉が見つからない。



ウィキペディアより

「松井やより」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E3%82%84%E3%82%88%E3%82%8A


……………………「松井やよりとその仲間」については、またこの次 




NEw! 追加


2014年、「週刊文春」9月4日号より


  松井やよりとはどういう人だったのか?


朝日OB

 「朝日の慰安婦報道に大きな影響力を与え続けたのが、

  朝日初の女性記者である松井やより氏(2002年死去)です。

  彼女は記者と言うよりも、左翼活動家と言った方がいい存在

  でした。」


田原総一郎

 「彼女は極めて朝日的な人でしたね。

  太平洋戦争をテーマにした『朝まで生テレビ』に出てもらった時、

  松井さんの反戦論に出演者から異議が出たら、

  彼女は『ヤダヤダヤダー』と言って、泣き出したんですよ

  理論武装もなく、純粋に『反戦』だけを言う人でした。」


元朝日記者 前川恵司

 「松井さんは韓国の慰安婦支援団体である

  『挺身隊問題対策協議会』と関係が深く、

  代表の尹美香氏は昔からの仲間。

  私がソウル支局にいた頃、

  松井さんから『何回もソウルに来ているが、

  実は何も見てなくて』と言われて案内した事があった。

  松井さんは挺隊協の用意した取材しかしてこなかった

  のでしょう。」



WILl10月号より


「蒟蒻問答」


堤氏(元文芸春秋編集長)



「…こんな話がある。俺が文芸春秋の入社試験を受けた時、

最終面接の待合室で横に座った女の子がいた。

平山やよりという名前だ。

彼女は文春を落ちた。

後日、役員になぜ彼女が落ちたのか訊いてみた。

なんでも彼女は筆記試験の成績が一番で、

わが文春は試験で一番になるような頭でっかちは

採らない事になっている、という答えだ。全く正解だ。

あんなのを入れていたら大変だった。



彼女は朝日新聞に入り、結婚して松井やよりになった。

NHKと結託して女性国際戦犯法廷をやらかし、

天皇を元凶としたあの女だよ。


松井やよりがフィリピンやタイで日本人の買春ツアーを

叱責する記事を書いた事があるんだけど、

それを読んだ毎日の内藤国夫が、

朝日だって販売店のオヤジたちを招いて

 買春ツアーをやらせているじゃないか。あんた知らないの?

と言ったら松井は、

知ってるわよ、でもそんなこと

ウチの新聞に書けないじゃないの』と応えた。

同じ事をしていても、

テメエのことは棚に上げて正義面をする。それが朝日だ。




人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

funkaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。