苦手な数学

テーマ:
今日で6月が終わる~。

夏休みまであと3週間。

娘はすでに7月中旬に行われる
クラス分けテスト(塾内模擬テスト)の
準備に向けて起動し始めました。

前回の模試の後、
塾で、成績下がると呼び出される
いわゆる【説教部屋行き面談】に
娘はひっかかり、模試の点数さがった娘は
室長から呼び出しくらい居残りをしました。

その時の様子、話してくれました。

まずは、勉強量と比例しなかった中間テスト
数学のよろしくない汗結果について。

私は、娘の中学校の中間テストは、
本当に難しく感じ、
授業で取り上げていない問題を
こんなにも出題するのってどうなんだろう?
って、劣等生特有の文句を抱いていました。

しかし、塾の先生の見解はまた別。

「この先生の作成する問題は、
定着度をはかるテストでなく、
序列を作るためのテスト。
だから85点いけば、上位にいると思ってもいい。
成績も【5】がつく可能性大。」

あと

この中間テストを作成する先生
(=娘のクラスの数学を担当してる)は、
私学の問題が好きで、
K成高校やKO義塾、R・Sール(鹿児島)の入試から
ひっぱってくることも多々あるらしい。
塾の定期テスト対策でも
そう言った類の問題を対策で
やってくれたらしいのだけど、
残念ながら、娘は、全然できませんでした。
手も足もでない空欄もあったからね。

私はその話を聞いたとき、
「えー!!!私学?!
それもトップレベルの私立入試から?!
びっくりぽんよ~!!!」
ってしみじみ。

でもね、塾の先生から見ると、

「確かに、難しい問題ではあるけれど、
でも、よく練られた、考えて作ったな、
って思う問題 」・・・・・らしい。

「だから、この問題できたら「おれ、すげえ」って
思っていいよ。」

なんだって。

あと

「ただし、この難問に、この量は、ちょっと・・・。
解く方は、しんどいよな。
あきらかに、満点とらせないぞ!
と言う強い意志を、ものすごい感じるよ。」

要するに、
よく入試とかでいう、満点とる必要はなくて、
合格最低点をクリアできれば、、、
って和田秀樹先生が言ってることに当てはまるの?
満点とらなくても成績【5】はもらえる?みたいな。

ますます、わからん。

どういう意図があって作成されてるのか。

ただ、まあ、
塾の先生のあの明るい分析を聞いて、
私も少し、気持ちが前向きになってきた。

私は、このテストが、
よく練られた問題かどうかなんて、
見当もつかないもの。

で、、、ここまでは、
授業中に皆の前で言ってたこと。


ここからは、面談で個人的に話してもらった内容。
すごく良いアドバイスをもらった。

『この中間テスト、あと数回、解いてみなさい。』

と。

1回目はテストと同じ45分。
その後、時間を短縮して。

娘が手も足もでなかったものは、
塾で解説してくれたので、
それをもう一度、自分の手を使って
ノートに解く。

そして、理解できてるかどうか確認する。

中間テストも含め、
そういう問題を、夏休みまでにひとつひとつ
増やしていくようにと。

私自身、数学が大の苦手だったので、
娘にする勉強のアドバイスは、やみくもでした。

たとえば、東大生の合格体験記に、
「基礎さえしっかり出来ていれば、
応用は基礎の組み合わせで解けるので、
自ずと出来るようになります。」

宮本算数教室の先生が書いた著書には
「考える時間が大切。
答えを見たり、ヒントをもらっても意味はありません」

とあり、

これらも試してみました。

基礎ってことは、教科書反復か?

てなわけで、
教科書と学校で配られたワークを
何度も反復してテストに挑みましたが、
結果は、、、、、ちーんしょぼん

ヒントも与えず、教えることもせず、
ずっと考えても考えても、
解き方なんてひらめかず、
フリーズしたまま、勝手に電源が落ちてしまい
結果は、、、、、ちーんしょぼん

娘の数学の成績は、さっぱり上がりませんでした。

最近、やっと気づいたのですが、
できる人の勉強の仕方と凡人の勉強の仕方は違う。

基礎をやって、それを即応用にいかせる子は、
できる子のやる勉強法であって、
凡人(もしくは、それ以下)の娘には
危険すぎるやり方でしかなかった。

考え続けて、ある日、解き方がひらめいた!
なんていうのは、数学オリンピックレベルのやり方。

今思えば、自分に合わないやり方が
まことしやかに言われてて、
それを一瞬でも「そうなのか?」と信じてしまったことが
恐ろしい・・・・・。ガクリ
身の程知らずもいいところ・・・汗

数学が苦手は人は、

基礎をしっかりやった後は、

【解き方のストックをためる】

これをしなければ、成績は上がらない。

応用、、、やっていなかったんだよね。
文理の『ハイクラス』で言えば、
徹底確認のページばかりで
実力完成・難関攻略は、まっさら。
「どうせ、できないから」
と、チャレンジすらしてなかった。ぼー

今回の、塾の面談で、やっと少し
泥沼から抜け出せる???

塾の先生からは、言われた概要は以下。

「基礎力は、ある程度身についている。
現にこの部分とこの部分は
ちゃんと解けているのだから。
しかし、ここ(応用)も、ここ(応用)も、
問題を前に面喰ってる様子が目に浮かぶ。」

さらに、真っ白な空欄を見ては、

「ここにいたっては、なぜ何も書かない!
せめて、だるまの絵でも書いとけ!」

と。

「今回のテストから気づくことはこんなにある。
だから、点数だけに一憂せず、
応用問題のストックが
スッカラカンってことを自覚して、
秋までに、ひとつひとつ、積み上げていってほしい。

夏休み中は、夏期講習で毎日のように来ているのだから、
わからないところは、必ず、質問に来い。

今まで、あまり、数学は質問に来ていなかったよな。
様子見てたけど、教科書ばっかりやっていただろ?
教科書も大切だから、しっかりやるのは当たり前。

ただし、それに加えて、これからは、
(塾で配布した)応用問題にも取り掛かれ。

注意点は、応用問題をやれと言われたから、
教科書やワークをやらなくていいってことではない。
基本問題は、継続してやり続けること。
つまり、今の勉強を変えるのではなく、
今の勉強にさらに、応用を加えるんだ。」


ひょえ~ガーン
まじすかsweat*

変えるのではなく、、、さらに、加える。。。

時間がいくらあっても、たりないーーー。ひよざえもん がーん

でも、やろうと思います。うぅぅ~

これから、夏休みにむけて、
基礎は、もちろん、固めつつ、
応用問題にも取り組んで
解き方のストックをためていきたいと思います。

そして、鉛筆とまったら、
凡人娘は、そこで何時間も考え続けるのでなく、
先生にやり方を聞いて、ヒントをもらって、
解けるようにして帰る。
そして、家で、もう一度、1人になった時、
それが解けるようになってるかどうか確認をする。


その勉強法に、うちは、切り替えます。


明日から7月だ。
そろそろ、夏休みの計画も考えなきゃ。


大変だぁ~ショック!
でも、そうだよ。
受験生なんだもん。
それくらい、頑張らないと。

母も精一杯応援していきますheart
AD
娘、修学旅行から無事に帰ってきました。
わんさかお土産話を持って帰ってきて、
家に着くと、しゃべりまくり。キャ
鹿を飼いたいなど、へんなことまで言いだした。笑

「鹿は神の使いだからムリムリ。」

「え?バ鹿の『カ』じゃないの?」

「だったら、余計、飼えません!
可愛い鹿に、失礼な!ムムム

鹿煎餅を上げる時、
鹿が頭を下げたらしいのね。
めちゃ、可愛かったラブラブって。
野生の鹿の威力を知らないな・・・。笑

2泊3日、
あまりにあっという間に終わってしまい、
中2の三学期からずっと準備をしていたのに、
たった2泊3日で短すぎって。
もっともっと満喫したくて、
心残りも、いっぱいあったらしく、
受験終わったら、また京都奈良へ行きたいと
パパにお願いしていました。
(ママも行きたいさー。)

そして、帰宅当日は超ハイテンションで
しゃべりたおし、翌日の代休は、
ぬわんと、午前11時半まで寝ていました。

再び学校が始まり、
このどんよりした天候にもかかわらず、
修学旅行のテンションのまま
登校していきました。
AD

前期中間テスト返却

テーマ:
中3・前期中間テストが返却されました。

トータル430点でした。
今回も、目標450点は越えられませんでした。

うち、

90点以上が3科目(国語・社会・英語)
理科80点。

数学・・・・・撃沈。汗ひよざえもん がーんち~ん

社会は学年1位(97点)
国語はクラス1位(学年3番)
英語、先生何も語らず。

理科、大衆に埋もれ、

数学・・・・・撃沈。汗ひよざえもん がーんち~ん

でした。


90点以上が3科目ありながら、
トータル430点ということは、
数学がどれだけ悪かったかが
想像できると思います。

理科も1分野が範囲になると、
途端に足をひっぱるなぁ~しょぼん
2分野で頑張って高得点とっても、
1分野になると、途端に
10点 15点 下がってしまうんですもの。
理系が苦手なのは一目瞭然汗

今回の数学平均点は40点くらいとのこと。
娘のクラスでは、数学担当の先生
「40点くらいかな」
と曖昧で、
別のクラスの別の数学の先生は
「平均点39.1点」
と言っていたので、どんだけ難しいんだ?
って思ったよ。

母は数学、ちんぷんかんぷんで、
分析できないけれど、
教科書やワークからは
計算式が3題出題されていただけで、
あとは、手持ちの問題集からは
見つけることができなかった。

授業で扱ってない問題が
バシバシ出ていて、
数学 頑張っていたぶん、
見たことない問題に辟易してた。

娘は平均点プラス20点だったので、
今まで(中1中2)の状況から判断すると
数学の成績は【4】になるのではないかと。

点数だけみると、
【3】?ひょっとして【2】?
とかついちゃうかもううっ...
恐怖を感じていましたが、、、。

毎回、
「あらま!
数学、あんなひどい点数なのに【4】なんて
先生、優しくて情け深いのね。
提出した自学ノートが『Aまる』だったからかな?」

と、ますます中学校の成績の付けかたは、
ベールに包まれて。。。

でも、今回の中間テスト
行事に挟まれた中で行われ、
でっかいカミナリ私に落とされながらも爆弾
まあまあ、頑張ったと思うわ。

文系科目は、学年順位一桁なのに、
塾のクラスが下がってしまったなんて、
やっぱり、それは、ショックだよね。

そんなわけで、
娘は今度の塾のクラス分けテストのための
勉強に切り替わりました。

テスト結果を塾に持って行った日、
また、呼び出し面談があったらしく、
塾の先生に数学についてのアドバイスを
たくさんもらって、今、そのやり方で
勉強を進めているらしい。


塾の先生と娘との
数学についての二者面談の話は
また長くなるので、次回、記事にします。

AD

漢字大特訓

テーマ:
申し訳ないくらい、
ブログは娘(中3)のことばっかり。

でも、うちには、ダブル主役で
息子(小4)もいるんです。キャ

息子は、今、公文、そろばん、スイミング、絵画
それなりに?頑張っております。

でも、やっぱり、放任すれば
落ちこぼれるタイプ。
ちゃんと見てあげないと
勉強に対しての自主性はゼロで、
遊んでばっか。
つらいこと、勉強からは逃げるタイプ。
(あたしの子だな。爆)

てなわけで、

「逃がさないわよーーーカチン

と言わんばかり、

ブツブツ言われながらも
息子にも、学校の勉強、しっかりやらせています。
教育ママゴンは、男の子女の子関係なく
どちらでも健在。

でも、中学受験するのに比べたら
超~ゆるゆるだよ。
息子は、この「ゆるゆる」に異議を
唱えるかもしれないけれどね。汗

まずは、漢字。

大特訓しました。

4年生で習う漢字は200文字。
本当はGWまでにやりたかったのに、
大幅に遅れ、今もやり続けてる最中。

だけど、ふと、見ると、
大特訓続けてるせいか、
辞書調べずに、スラスラ書いてる。目



おお!!!
やればできるじゃんか!!!

夏休みまでに、4年生の漢字を仕上げ、
夏休みはできたら、
虫食い状態のまま終わってしまった
3年生の漢字をもう一度、
丁寧にしっかり復習したい。

絶対、させるぞ!

狙いは、娘が夏期講習に行ってる最中。
その時間を使って、
私は息子の勉強を見るつもり。

改めて、最近、新聞読んで思うの。

4年生で習う漢字ってめちゃめちゃ大切じゃない?

最近、目についた新聞の漢字
『議事録』『海兵隊』『決議案』『県民大会』
一面に、こんなにたくさん4年生で習う漢字がでてくる。

息子は【億】って漢字と【議】って漢字と【喜】って
漢字が苦手なんだって。

「おまえさんは、学級委員なんだから、
【議】は、書けないと、恥ずかしいよ。
児童会議とか参加するんでしょ。」

ちょっとプライドもくすぐりつつ。

全く、怠け者で、自分からは、
好きなことしか、やらないので、
こちらもこちらで苦労してます。


でも、安心してください。爆弾
母さんの子に生まれてきた以上、
そんな お怠け は、許されないのです。
漢字に対して苦手意識がなくなるまで、
根気よく付き合うからね。


うわ。
もうこんな時間。時計
夕飯作らなきゃ。


ではーーーーーーーーーー流れ星


中3に入って内申に直結する最初のテストが終わりました。
 
娘は終わった当日、
たまった『とと姉ちゃん』を
1.5倍のスピードでまとめてみて
次なるテストの準備に入ろうとしています。

、、、と次のテストの前に
最大イベント
修学旅行が差し迫ってきましたね。グラサン
 
娘はテスト前から修学旅行が楽しみで
浮かれていて、そのこと何度も私に注意されてました。
やっと中間テスト終わったので、
もう思いきり浮かれてもよござんす。ニコニコ
 
そして、7月に入ると、また模擬テストがあり、
その直後には塾のクラス分けテストがあります。
7月は模試&塾のテスト三昧だな。あせる
 
更新が滞って記事にし忘れていたけれど、
4月から、塾で一番上のクラス(と言っても崖っぷち)
にいた娘は、6月上旬に行われた
模試の結果が悪く、その崖から転落、、、。ショボーン
奈落の底まではいかなかったけど、足をすべらせ、
アドバンス1から、アドバンス2に下がってしまいました。
 
(ちなみに、娘の塾は
アドバンスクラスとベーシッククラスがあり
さらに、アドバンス、ベーシックの中でも
クラス3までわかれている。)

とにかく、今回の模試、
理科(1分野)と数学が悪かった。えーん
国語が初めて90点とれて喜んだけど
他がすべて下がったと言う悲しい現実を
またもや突き付けられ、、、
 
それから、私も結構 娘に厳しく接し、
体育祭 修学旅行で浮かれてる娘に
何度か雷も落としました。雷
 
4月から一番上のクラスで頑張っていくであろうと
はりきっていたのに、
早くも落ちちゃって、最初は、私もショックだったの。ううっ...
 
今回、クラスが下がること、親に直接連絡はなく、
模試返却時、娘と室長で面談したらしい。
塾の先生には
「今の時期でよかった」
そう言われたって。
 
その前に
「今回は、勉強する時間、とれなかったのかな?」
と聞かれたらしく、
娘は
「いえ、特にそういうわけでは、、、、、」
と曖昧に答えたらしい。
 
なぜ、正直に、
「体育祭、修学旅行に浮かれて、おバカ生活過ごして
何度も母には怒られたんですが、それでもなおらず
こうなっちゃいましたー」
って言わなかったんだ!プンプン
 
「言えるわけないじゃん」チュー
 
ですって。 ぼーちーん
 
塾の先生は基本的に成績下がると
キツク叱る(時には怒鳴る)らしいのだけれど、
それを知ってる娘も、ビクビクしていたらしいけど
今回、娘には怒らず、諭すように言ってきたらしい。
 
「今回は、クラス下げるよ。
この点数で、アド1(一番上のクラス)にいる資格はない。
だけど、君にはアド2の上位で満足してほしくない。
ギリギリのアド1で満足してもらっても困る。
まずは、夏までに、アド1に戻って、
秋までには、安定のアド1になってほしい。」
 
さらに、こんな話もしたらしい。
ギリギリのアド1がなぜダメなのか。
 
「科目によっては、
下のクラスの子の方が
点数良かったりするのに、
一番上のクラスに在籍してるだけで
何か勘違いしちゃって、
それで満足してしまって、
本番 失敗してしまった子、
先生は、何人も見てきたから。
 
驕りは命取りになる、恐ろしい魔物だ。
 
君にはそうなってほしくないし、
そういうタイプの子ではないと思っている。
 
だけど、今回、勉強、今よりもっと
やらなきゃいけないんだってこと、
充分わかったよね。
 
本当に落ちるんだってこと、
今回のことでわかってほしい。
 
そして、
もっともっと勉強しろ。
死ぬほど勉強しろ。
これでもかってくらい勉強しろ。
 
大丈夫。
死ぬほど勉強しても死なないから。
K高合格した連中も、
S高合格した連中も、
勉強し過ぎて死んだ奴は
僕の知ってる限り一人もいない。」
 
びっくり

そうなんだよ。
 
ホントにそうなんだよ。
 
娘、まだまだ勉強量 足りない!
もっともっとやらなきゃダメなんだってこと。
私達にとって、試験はそんな甘くないってこと。
 
わたし、それからと言うもの、
この言葉を心に刻み、
夏休み、また娘と二人三脚で
頑張ろうって思った。
 
そう言えば、そろばんの先生も同じこと言ってたな。
次の検定を受けさせようと思う基準は
前回の検定で満点近い点数かどうか。
ギリギリ合格だと、
次の検定落ちる可能性が高いので
見送ってると。
つまり、ギリギリ合格で満足しちゃダメだってこと。
 
またもや、
あと一歩でアドバンス1に残れたのに、
クラス落ちちゃいました。どーん
でも、今回、それでよかったと思います。
まさに、今の時期でよかったと。
英検と同じ。1点足りなくても不合格は不合格。
 
現実は、本当にシビヤです。
 
『それぞれの個性を大切に』
『子どもの気持ちに寄り添って』
 
こんなのホントに、ユートピア。
現実は、どうよ えーん
 
試験と言うものは、
受験者の気持ちに寄り添ったりしてくれない。
点数が取れてるかどうか、それだけだ。
 
不合格通知は紙切れ一枚。
 
それも、
「不合格のあなたに出す紙すらもったいないわ!」
と言わんばかりの用紙。チーン汗
 
模擬テストが悪くてクラスが下がって
ショックを受けて、、、、
そのショックは、
英検に落ちた時より大きいモノでした。

なぜなら、クラスが下がると言うのは
通う塾の環境が変わるってことだから。

もし、これが入試本番だったら、
生活の基盤となる
学校生活の環境が変わると言うことです。
その時のショックは、こんなもんじゃないと・・・。
 
そう思い、夏休みまでに
今まで受けた模擬テスト全部(と言ってもまだ数回分)
やり直しノートにやり直しさせる。
娘も、それはちゃんと「やる」と言ってる。
やらなかったら、母さん、本気で怒るからね!!
 
次なる試練は、7月の模擬テスト
塾のクラス判定テストです。
 
今、中間テスト終わって
娘の頭の中は99% 修学旅行。
1%くらい勉強。
 
修学旅行終わったら99%勉強にしてもらいたい。
これも理想論か?苦笑
 
私の頭の中は、50% 娘のこと、7月8月の計画。
30% 息子のこと。
10% 美容院行きたい、パラジェルネイルやりたい。
残り10%は、、、、現実逃避か?
 
・・・・・・・・・・
 
このブログを書いた後に
 
「なによぉ~!失礼な!
頭の中、50パーセントは勉強ありますぅ~。
半分は修学旅行って言うのは否定できないけどべーっだ!
 
ですって。ぼけー

中間テスト2日目

テーマ:
中間テスト二日目。
 
昨日は、午後塾の補習があり
帰宅したらすぐにお風呂に入り
晩ご飯を食べて勉強スタート。
 
娘は社会ばっかりやっていました。本
 
今回心配なのは英語です。ショボーン
たぶん、娘の勉強量をみてると
英語は下がるでしょう。ショボーン
 
英語のワークや漢字は
私が採点しています。メモ
 
と言うのは、娘に○付けさせると
間違っているのに○にしちゃうから。
 
例えば、
 
『No,~』
 
で娘はカンマのマークを
いい加減に書いてしまい、
△減点くらいました。
中2の学年末のテストです。
どうみても、ピリオドにしか見えない『.』だった。
 
ワークを見ると、
それでも、彼女は○にしている。
 
まさに!
第三者の厳しい目
採点しないと。。。
いや、私は、第三者じゃないな。
最も厳しい側近の目目?笑
 
今回、○付けして感じるのは、
やはり、英語は、
バケツに穴があいてる状態。
 
stay live などと答える箇所をすべて been と書いてるし、
これでも正解なのかどうか、
塾でも学校でもいいから
先生に教えてもらってきなさいね!
と言っても、聞いてこないし。えーん
勉強量、、、全然 足りない。汗

こんな時、勉強できない母で申し訳ないと思う。
私がちゃんと出来れば、
これでいいのか、もしくは、違っていたら
どうして違うのか説明できたのに。
 
私は、英語もからっきしダメで・・・。
 
いつも、○付けしながら思う。
 
英語、、、アメリカ イギリス カナダ
 
ああ、英語、、、、ううっ... ハートブレイク
 
学校英語、、、ううっ... 日本
 
学校英語、、、、、ううっ... 日本 日本
 
これじゃあ、英語、
キライになっていくよね。
 
学校のテストで確認するのは、
コミュニケーションツールとして
どれだけ上達しているかじゃなくて、
コンマ、カンマ、三単現のS、もろもろのマーク。
過去形、現在完了、
『ed』『e』の違い、そんなんばっか。
重箱のスミつつき。
それに、英語の先生の作成するテストは、
なんだか醜く 濁ってる。
 
わかってます!
 
これも、大事な勉強だってことは。えーん
 
でも~ううっ... でも~~ ううっ...
あまりに、その箇所の減点が多いもんで、
イライラしてきちゃう~。ショボーン
だって、文法の理解よりも、
そっちばっかり気にしちゃうんだもん。
 
あーんえーん
できない人間の遠吠えなんだけど、
ホント
学校英語ってヤツは・・・・・ショボーン
 
ところ変わって、社会科。
 
今回は時事問題、
舛添要一を書かせる問題がでるだろうか?
今頃知ったんだけど、舌ったらずな娘は
「まつぞえさん」
「ましぞえさん」
 
ちがう!ちがう!
 
「ま!だよ。ですまのま!」
 
「え?ですまのまなの?」
 
「違うよ。舛のますだよ」
 
わけわからない会話しちゃってさ。
 
最後は
「もー!新聞で確認して!!!プンプン
 
たぶん、出るとしても、
選択問題になるんじゃないかと思うけど、
それも、わからない。
 
今回は、地震、サミット、オバマさんの広島訪問、
アメリカ大統領選
台湾、、、、、あたりがでるのではないかと。
 
 
さあビックリマークはたして中間試験二日目の行方は!
あまり期待しないで、しょんぼり
(だけどきっちり見直しはして)、
次に向かってがんばるよショック
 
 
 
 

中間テスト1日目

テーマ:
昨夜は夜10時30分まで
塾の補習があり、
帰宅して、すぐにお風呂に入って
それから、最終復習をして床につきました。

今朝は、朝から、
昨夜の残りのコロッケを
レンジで温めて食べ
元気に学校へ行きました。

明け方4時半くらいに

「ママ、朝ごはん食べよ」

と言われ、

「え?まだ目覚ましなってないじゃん」

「あ、、、間違えた」

と。

寝ぼけて壁時計見たら6時半と4時半を間違え
「ヤバイ起きなきゃ。」
と思ったらしい。

どうやったら、間違えるんだ????????
5時半と間違えるならまだわかるけど・・・。苦笑

朝、娘と話したんだけど
その時、夢をみたんだって。

「国語のテストが全部、自分が勉強したところが出た夢」

正夢になるといいね。。。きらきら!!


今回、未熟な落ちこぼれ母!
決心したことがあります。

それは、テストで失敗しても
今回は、今回からは、
嘆いたり怒ったりしないこと。汗あっちゃん

今までは、本当に
本人以上にガッカリしてしまって
その様子を露骨に見せていたから。

でも、今回からは、
もう少し肝っ玉母さんになれるよう
ガンバル。
テスト前散々、生活態度怒ったから
もう、怒り疲れているのです。ひよざえもん がーん

だけど、振り返りは絶対にやります。
今までも、文章をよく読まなかったがために
減点されたことが数えきれないほどあるからね。

たとえば、、、
理由を答えなさい
とあるところを

『~だから。』

で結ばず減点。(△になってマイナス1)と。

答えは合ってるのに、もったいない。

書き抜きなさいの

『、』

を入れず、これも減点。

こんなのばっかが続いて
結構、私はそのことを嘆き
「なんでだよおー」
と怒ってきちゃったけど、
もう、散々言ってきたし、
本人も、おそらくショックは受けてるだろうし、
もし、また同じ間違えしたら、
サラリと指摘するだけにする。
そこに余計な棘を添えちゃうのが、
あたしなんだけどね・・・。あせる
反省汗


さあ!

娘が帰宅したら、
おいしいお昼ご飯食べて、
今日も塾の補習だ。

中間はたった二日。

ガンバレ!!!
先週末、体育祭が無事に終わりました。
もう、クタクタです。

そして、ぬわんと!
明日から、いよいよ
内申に直結する中間テストです。

1週間前に体育祭があって、
その疲れが抜けない中、テスト勉強して、
子ども達も疲れていると思います。

そして、うちの中学、
直前になってテスト範囲の変更が出されました。

今回は、国語、英語、理科。

毎回、何かしら変更がある娘の中学。
振り回されて大変です。

2週間前に出されたテスト範囲、
国語は
『月の起源を探る』『俳句の可能性』『俳句を味わう』『熟語の読み方』
がテスト範囲に入っていました。
もちろん、それだけでなく
『春に』『握手』『学びで時にこれを習ふ』も範囲です。
結構 広いでしょ。

でも、体育祭終わるまで、上の4つは
一度も授業でやっていませんでした。

中1の時、数学で、テスト前日に授業でやった箇所が
翌日受けたテストでその部分が全滅だった時があって、
うちの娘はちゃんと復習しないとできない子だから、
範囲が配られてから、授業でやっていないところを
サプリ見て、俳句などは一つ一つ、
時間をかけて、私と家で勉強しました。

けれど、昨日の授業で先生アッサリ

「嬉しいお知らせです。月の起源、あと俳句は出しません」

と。

男子は喜んでいたけれど、
真面目に取り組んだ娘は心の中で

「うぅ~。だったら、その時間、数学やればよかった。
時間かえしてーしょぼん

と思ったのがうちの娘。

もちろん、当然 口には出せず黙っていたようですが。

帰宅後、機嫌悪かったです。
数学ができなくて、
もっともっとやらなきゃいけないのに、
俳句やらされて、
そのせいで数学の勉強時間が減ってしまった。
ママのせいだ、みたいに言うから、
テスト直前、また険悪に汗汗汗

ママのせいにしないでよー。ううっ...

ママだって、最初から出ないってわかってたら
やらせたりしないよー。

毎回、学校の授業に合わせてやっていたら、
ひどい点数とってくるのはあなたじゃない!

でも、過ぎた時間は戻りません。時計

週末、、、、
たしかにそうだね、半日は
テストに出ないところばかりやって
時間を潰してしまったのだものね。

昨日の国語は、授業1コマ
『熟語の読み方』をプリント配って
大急ぎで仕上げ終わったそう。

理科も英語も範囲が変わって、
2週間前、範囲が配られ、
「こんなにできないよーううっ...
と涙目でやっている私達親子は、
毎回、肩透かしをくらっています。

きっと毎週の行事で疲れているのは
生徒だけではないんだね。
先生だって疲れているんだろうな。

それでもやっぱり、なんだかイヤな気分。
先生は「嬉しいお知らせ」と言ってたけど、
真面目にやってしまった子にとっては
もっと早く知らせてほしい
「嬉しくないお知らせ」だ。
だって、苦手な個所が減るわけではないのだから。

範囲が減るぶんには、毎回変更していいの?
相手が中学生だから、それは許されるの?

いやぁ~、これが会社だったら、大目玉だよ。
無謀な計画を立てるな!
先方の都合も考えろ!
直前に勝手に変更するな!

ってね。

公立の中学校の先生の過酷な労働は
新聞にもよく載っているけれど、
授業に関しては、ゆるゆるで
テスト範囲も、コロコロで、
適当で、いい加減で、なあなあ。


それに振り回され、苦労してるのは
私達親子だけなのでしょうか・・・。

定期テスト前の精神状態

テーマ:
定期テスト前。。。

娘の通う中学は、なぜか、
定期テストの前に大きなイベントがあります。

定期テストの1週間前に体育祭があったり。
定期テストの10日前に文化祭があったり。

単細胞の娘さんは、
当然イベントの方に目が向いてしまい、
それを戒めるのに母である私は
今まで散々苦労してきました。

そして、

今回は、

体育祭→前期中間テスト→修学旅行。

最大イベントの間にはテストが挟んであるのです。
なんというサンドイッチ。ガーン

でも、今年はマシな方らしいです。
先輩ママの話では、
年度によっては修学旅行が、他中との兼ね合いで
定期テスト直前にあった学年もあったそうで。

行事に関しては、
きっと学校側も苦心の末だろうし、
学年全員条件同じだから文句は言えません。

が、しかし、文句言いたくなるのは、
それに見事に踊らされてしまう
娘の浅はかなところ。しょぼん

うちの娘は行事大好きっ子で、
それは素晴らしいことだとは思いますが、
どこか、けじめがない。

帰宅して机に向かって
疲れて寝てばっか・・・。
・・・疲れているんだろうな
と言うのはわかるけど、
でも、そこから起きた後、
夜遅くまで机に向かっていても、
あきらかにダラダラ勉強になってる日の方が多い。

どれだけやったのか、、、
その量は、時に塾の宿題のみだったりする。

体育祭の前も文化祭の前も、
当然のように浮かれ、
おかしくなる。

浮かれトンビで、勉強しながら、
歌ったり、突然 踊ったり。

一昨年は、文化祭前、
英語の音読してるかと思いきや、
気づくと途中から演劇のセリフになっていたり。

とにかく落ち着きがなくなるのです。

そんな調子で勉強してるから、
量がこなせないんです。


私は再三注意をしてきました。

なぜなら、それで幾度となく、
テストの後、撃沈しているから。

「もう、バカみたいにならない」
「もう、調子のらない。ちゃんとする」

で、喉元過ぎれば、同じことの繰り返し。
ホント、そのあたり、
中学生の頃の私そっくりで、
学ばない子なんですね。

それで、大失敗して、
悔やみに悔やみきれない
その後の3年間がどれほどしんどかったか。
肌に合わない高校に通うことが
どれほど苦痛だったか。
負の連鎖を断ち切るために
必死に娘に伝え続けているのです。

けれど、まだ14歳。
実際経験したわけじゃないから
実感わかないのでしょうね。
ちょっと注意しただけじゃ、直りません。

昨日、とうとう、ブチ切れました。爆弾

大きな雷ドカンと。。。雷

わたし、喉、つぶれました。ぼー

いつもの美声がド声(どせい)になりました。るー


事あるごとに思います。

お母さんって本当にイヤな役回り。

わたしだって、言いたくない。
本人だって、言われたくない。
それをわざわざ指摘して
言わなければならないのだから。
しかも、子どもが わかるまで。。。しょぼん

現実の厳しさ、世間の冷たさ、
それを伝えていかなければならない。

と同時に、

この世には、それと同じくらい
良いことだっていっぱいある
生きる喜びも教えていかなければならない。

大変なんだから!!!

ちまたでは、
さも、子ども目線で語ってます的な
耳触りのいい美辞麗句が並び、
体当たりでガチンコ子育てしている側から見ると、
聞いてて、ホント、不愉快になる。

だって、本当に、すごく、無責任なんだもん。
何かあっても、他人は責任とってくれないもの。

子どもが気づくまで待つべきです。
木の上に立って見守るのが親なのです。
叱っちゃダメよ。優しく優しく「どうしたの?」

ちゃんちゃらおかしいわっ。DASH!

そんなキレイごとで子育てができるか!
アサガオ育てるのとはわけがちがう!、
理性だけで子どもは育ちません!

そういうことを言う人は
勝手なことばかり言って、
何かあると、最後はいつも親のせいにする。

子どもが勉強嫌いになるのは親のせい。
語彙力ないのは親の言葉がけが悪かったせい。
環境を整えなかった親のせい。

前向きな解決法を示さずに、
今までのことをほじくり返して親を責めるだけ。

真面目な親であればあるほど、
誰のせいにもできないから
真剣だし、喉潰すし、苦しんでいるのに。

自分の人生の責任は自分でとるのが筋。

だから、我が子の子ども時代に親として責任持って、
こうして毎日バトルを繰り返しているのだ。


時間の使い方、勉強のやり方、
娘は、まだまだまだまだ改善だらけ!


そして、
親として、声のかけかた、導き方、励まし方、
私だって、まだまだまだまだ改善だらけ!


一緒に育っていくんだから!


うりゃーーーーーえ~!!
あらよあらよと月日は絶ち、
中3前期中間テストまで
2週間をきってしまった。ガーン

今は、いつもの勉強をお休みして、
テスト範囲の勉強に全力投球
、、、、、と言いたいところだが、
全力ではない感じ。しょぼん

いつも、疲れていて、
家では寝てばっか。
本人曰く、
学校や塾では頑張っているらしい。

『とと姉ちゃん』も観てるし
ピアノの練習もしている。

家庭学習をやっていないわけではないけれど、
寝る間を惜しんでとか、何もかも投げ捨てて、
ひたすら勉強に打ち込んでる姿ではない。汗

私は、今回も、娘のサポート
続けることにしました。

塾で対策はしてくれるものの
今まで
「これでどうだ?」
で挑んだにも関わらず
何度も惨敗しているから、
どうしても不安がなくならないのです。

どうせ悔やむなら、やらないで悔やむより
やって「それでも、あかんかった」
と悔やんだ方が、まだマシだわ。汗

だから、今回も頑張る。

まずは、テスト分析。
それから、今まで間違えた箇所をみて
娘の間違うクセみたいなものを探す。

喉元すぎるとケロッとしちゃう
楽天家で、前向きで、明るくて、朗らかな娘は、
(逆を言えば、ただのノー天気 ひよざえもん がーん
英語のカンマや『?』マークで
点数落としてしまった屈辱は
すっかり忘れていた様子でした。

「もう、いいかげん、今回あたりからは、
本当に、ほんとーに、『?』マーク忘れとか、
そういう、もったいないミスを3つも4つもして、
点数落とすようなこと、なくしてこうね。」

って言ったら、、、

言ったらよ!!!

「え?そんないっぱい間違ってないよ。」

と、のたまう。なく

頭きて、中1と中2の定期テスト、
見せてやった。

そしたら、
「『?』マーク忘れは、2つじゃん。
カンマ忘れは1つじゃん。
あとは、複数Sを忘れてるのも2つじゃん。
3つとか、4つじゃないじゃん。
1つとか、2つじゃん。」

そういう生意気な言い方するから
母は怒りたくなるんじゃん。泣
ひとつひとつは、1つとか2つだけど、
全部合わせたら、3つ4つどころの間違いじゃないじゃんか!泣

「え?だって、ママ『?』マーク忘れって言ったじゃん」

とか!って言ったの聞こえなかったのかぁ爆弾

きーーーーーーープンプンDASH!

ホント、腹立ちます。
「もう助けてやらんぞ!え~!!
と言うと、
「それは、困っちゃう~汗1


まぢ!!!疲れるわ。るー


話を先に進めよう!

定期テストは、
学校の先生が作成するので
それぞれに、作り方の癖があります。

定期テストのたびに思う。

テストも、模擬テストみたいに
業者に委託して、
公立中学全部統一になればいいのに・・・。

先生によっては、
時々、本当に不思議な問題が出題されたりしてて
それはそれで、なんか、とてもモヤモヤする。雷

特に、英語のテストは、

娘の中学校の英語の先生、
いつも本当に不思議な問題を
定期テストに出してくる。

選択肢がたくさんあって、
問題文は
「次のうち当てはまるものをすべて選べ」
となっている。解答欄も広い。
すべて選べ なんだけど、正解は、たった1つ。

私も解いてみたんだけど、
選択が10個も英語で羅列されていたら、
2~3個選びたくなるのが
テストを受ける側の心理。・・・ってできない人間の言い訳?

先生曰く、
「ちゃんと読めば、わかるでしょ」

そう言われてもねぇ。ムムム

なんか、いじわるされてる気分。

これって、ホント、どうなんだろう?
そんな屈折問題を出さなきゃならないほど、
先生、何か意図するものは、あるんですか?
って思ってしまう。

考えすぎ?

数学も、教科書にもワークにも
類題らしきものは全く載っていなくて、
授業でも全く取り上げてない
私立高校の入試問題を定期テストに出題して、
「授業でやってないよ」
と男子生徒が言えば、
「基礎が出来ていれば、そこから展開して考えて行く応用問題。」
と、先生は言う。

私は、教育関係者ではないし、
落ちこぼれ母なので、
物申せず、ずっと、黙ってきました。
でも、どこか、ずっとモヤモヤはありました。

最近、娘から教えてもらったんだけど、
塾では、そう言った類の問題を、
【癖問】【捨て問】【コリグの化け問】
と言うらしい。
わたくし、初めて聞きました。
個人言語?それとも業界用語?

今までは、中学校の定期テストみて、
子ども以上にモヤモヤしちゃって、
何の解決策も見つけてあげられなかったけど、
塾の先生のその一言で、
生徒たちは気持ちが落ち着く。

娘も今回は、【癖問】は、後にまわして、
時間取られないように気を付ける。
解ける問題を確実に解けるよう心掛ける!
そう言って塾の宿題をこなしている。

頑張ってほしいと思う。


・・・と同時に、母に対する態度を改めてほしい。
もっと謙虚になってほしい。
言葉尻だけとらえて言い訳しないでほしい。
そういう態度だから、
いつまで経っても、
くすぶってしまい、
結果がイマイチになっちゃうんだと思う!

まずは、その態度をなおせ!

そして、3つも4つも繰り返す
つまらないケアレスミスを
ひとつでも減らせ!

腹を立てつつサポート続ける母なのであります。