最適性理論(音のストリーム)で英語を覚える

  音声英語、つまり英会話、リスニング、発音に関して音のストリーム・ベースで学習するサイトです。

NEW !
テーマ:

茅野市が「英語教育推進アドバイザー」として台湾高雄市から今年度招聘した英語教諭、鍾秋霜(チュン・チュシュアン)さん(50)が26日、市役所で会見し、抱負を語った。小学校の英語活動について「もっと英語を増やし、日本語は減らしたい」などと語り、英語を身近に感じることで「自信をつけて国際交流にトライしてほしい」と期待している。

アドバイザーの配置は、姉妹校提携を結ぶ茅野市と台湾高雄市の中学校交流事業がきっかけ。2020年度からの新学習指導要領で小学5、6年生の英語活動が教科に変わり、授業時数が35時間から70時間に増えることからも、文部科学省が掲げる移行期間(18~19年度)に先立ち、1年早く準備を本格化した。

鍾さんは来年3月まで茅野市に滞在し、市から委託を受けた▽小学校における英語教育への助言▽中学校英語教諭との英語学習の研究▽英語教育推進の課題研究▽中学校交流へのアドバイス―に取り組む。3月に来日し、4月は市内の小学校などを巡回し、英語活動を視察していた。

小学校の英語活動について、鍾さんは、小学校教諭に英語指導の経験がないことや、教科書の学習だけでは不十分であることを指摘。また、ALT(外国語指導助手)の在任期間が短く授業があいさつ中心になっていることや、ALTが英語で話しても担任が日本語に「通訳」している現状を挙げた。日常会話に基づく英語中心の授業で、小さな学びと活動の積み重ねていく学習法を提唱し、英語を聞き、話すことの重要性を強調した。

また、日本語で行っている給食の献立紹介を「週1回英語でやってみて」と語り、学校生活に英語を取り入れることを提案。先生や友達、家族に「感謝」するクリスマスカードを英語で書くことを目標に掲げ、教職員と話し合いながら英語教育の充実に取り組む考えだ。「難しいと思っても一歩を踏み出せば大丈夫」と笑顔を見せた。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日経サイエンス編集長様 

 

日経サイエンス、20175月号特集の“言語学に新風”について大きな誤りがあります。 

 

“ノーム・チョムスキーが20世紀半ばに提唱した有名な「普遍文法仮説」だ。

しかし,この説は実証的な証拠を欠いているために疑問が呈され,実際の言語習得過程を調べた研究に基づく新たな考え方が登場している。「用法基盤モデル」と呼ばれるもので,子供は言語専用ではない一般的な認知能力や他者の意図を理解する能力を用いて言語を習得しているという見方だ。“ 

 

上記記事の大きな誤りは普遍文法仮説を否定されているのは事実ですが、用法基盤モデルはかなり古い風で、本当の新しい風は事例基盤モデルと言うものです。新風の大事なポイントは言語習得が生得がどうかではなく、ルール基盤かどうかと言う事です。 

 

脳が事例基盤で学習すると言う考え方が最新のディープラーニングを使った人工知能の翻訳や音声認識のシステムにつながっているからです。 

 

用法基盤モデルはチョムスキーの生得説を否定するものです。しかし、事例基盤モデルは生得説だけでなく、使い方を学ぶと言う用法基盤も否定しています。 

 

用法に基づく学習は“語彙と文法の知識を積み上げていくと言うこの仮説”と言うこの本は2003年に発行されており、それは14年も前ですから、進歩の速い脳科学や認知学のおいては非常に古い文献と言えます。 

 

Tomasello,M (2003) Constructing a language: A usage-based theory of language acquisition.  

 

言語学に新風と呼ばれ注目を浴びているのは用法基盤モデルではなく、事例基盤モデルです。 

 

事例基盤の考えは用法基盤のように使い方を学ぶのではなく、言語の習得は多くの事例をどんどん学ぶと言う考えです。事例は使い方も同時に学ぶもので、多くの事例を覚えるとその事例から類似のパターンが見えてくると言う考えです。 

 

事例基盤モデルは2006 年にThe Linguistic Review 誌で特集され、近年世界中で注目集めている言語モデルです。用法基盤より新しい考えです。 

 

グーグルや他の人工知能のニューラルネットワークによる翻訳も現在では従来の文法のルール基盤から、事例基盤の統計的な処理システムで翻訳精度を向上さています。この事例基盤の翻訳システムは人間の脳の学習の仕組みに近いものです。

 

最近ディープラーニングに注目が集まるのは脳が多くの事を事例基盤で学習しているからです。その効果的な学習を人工知能が真似ているからです。 

 

従来の音声認識も音素ベースでしたが、最近の音声認識も事例基盤の統計的な処理になっています。 

 

この件に関して26日に記事を書いた記者の方と電話で話したのですが、それはトマセロがそう思った事を書いてと言う説明でした。 

 

しかし、言語学の新風と書いてあるのですから、トマセロの事を書いたのではなく、言語学の新風にトマセロを引用するのが間違いだと思っています。 

 

編集長の見解をお聞かせください。

 

 

桜井恵三

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』では、脳の仕組みを活用し、4回連続記憶力日本一、日本人初の記憶力のグランドマスターになった著者による世界最高峰の勉強法を紹介していきます。記憶力が左右する試験、資格、英語、ビジネスほか、あらゆるシーンで効果を発揮するノウハウを徹底公開します。

 

脳は締め切りに迫られると、処理速度が向上する

「速読」をご存じですか?

 本を速く読むためのテクニックで、さまざまな方法が世の中にはあるようです。

 それこそ物理的に目を速く動かして文字を追うものや、文章を音声化しないで見るように読み進めるもの、はたまた潜在意識などを利用するものなど。

 その他にもまだまだあるようですが、そのようなテクニカルな方法をとらなくても、簡単に速読ができる方法があります。

 

 それは、「締め切りの時間を設定して本を読む」ことです。

 大多数の人は本を読むときに、読むスピードまで意識していません。

「合間のこの1時間を読書に使おう」というように空き時間に読書を組み込むことはあっても、「この章は5分以内で読もう」「この1冊を30分で読み終えよう」など、読み切る時間まで意識して読んでいる人は少ないのではないでしょうか。

 

 脳は締め切りに迫られると、処理速度が向上するという特徴を潜在的に持っています。時間に制限がかかることにより、脳が通常より集中力を高めるからです。

 その仕組みを使って本も早く読むことができるのです。

 この効果を勉強にも利用することができます。

 

 勉強での締め切り時間の設定は、「◯分ぐらい」といったあいまいなものではいけません。

 なぜなら脳に与えるべき緊張感が足りないからです。脳に切迫感が伝わって初めて、脳は「よし、ここは私が働いてやらねば!」となるのです。

 

 その緊張感を生み出すために使いたいのが「タイマー」です。キッチンなどで使う、時間が来ると「ピピピッ」と鳴るあのタイマーです。

 セットした時間の感覚を頭の中でイメージしてから、スタートボタンを押す。こうして勉強を開始することによって、無意識のうちに脳が時間内でその課題を終わらせるべく集中して働いてくれるのです。

 では実際、勉強のときにタイマーを使うとするなら、どれくらいの時間設定にすればよいでしょうか。

 人間の集中力の持続時間を現実的な勉強時間に当てはめて考えると、15分という時間が適しています。つまり15分を1単位とするのです。

 

 ただし個人差があるので、最初は15分からスタートし、その後、自分に最適な時間に調整していけばいいと思います。

 そして、この1単位である15分の学習が終了したら休憩をとります。次の15分間の集中のためにも必ず休憩は必要です。

 休憩時間には5分が適しています。もちろん勉強時間と同じように微調整は可能です。

 休憩時間にも、忘れずにタイマーをセットします。気づかずに休憩時間が過ぎていたというのを防ぐためです。

 

 休息の時間にはできるだけ脳を休ませるため、別の作業はなるべくしないようにしてください。トイレに行ったり、水を飲んだりする時間に充てるといいでしょう。

 あくまでも、このタイマーを使った勉強法は15分の集中時間と5分の休憩時間をセットにして進めることに意味があります。

 この15分+5分というサイクルで進むことによって、同じ1時間の勉強をするにしてもはるかに高い集中力とそれに伴う効率を生み出すことができるのです。

 

3回読んで1分書くだけで、ラクに大量に覚えられる!!

世の中に存在する「試験」と名のつくもののほとんどは記憶の量で結果が左右されるので、 「記憶力」を身につければ、たいていの問題は解決できます。

本書は、記憶力日本一、日本人初の世界グランドマスターが教える勉強法で、 「覚える」「引き出す」「やる気を出す」「集中力を保つ」など、 脳を活用した技術を網羅。

 

英語の基本は音声ですから、読んで書く方法はあまり効果的とは言えません。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

無限塾の鈴木大樹氏が瞬発力のある英語を身につけるには次のように言っています。

 

http://eigoism.jp/mugen-001

 

瞬発力のある英語を身につけるにはネイティブを真似るディープラーニングです。語彙や文法やニュアンスを理解する事でありません。ネイティブの表現、発音、使い方を忘れないように覚えるのが大事です。つまり手続き記憶で長期記憶に保存します。

 

多くの事例を覚える事で、作文をせずに、記憶にあるパターンを運用する事で、瞬発力を生む事ができます。


文法を基盤にしてはそれは無理な事です。

大事な事は文法や語彙のチカラではなく、手続き記憶で自動化して最適な調音ができるようにディープラーニングをする事です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三宅義和・イーオン社長が音読の秘訣を述べています。

 

http://blogos.com/article/219363/

 

耳も、目も、口も使う「オーバーラッピング」
苦手な英語を話せるようになるコツは、ずばり音読。声に出せない音は聞けないからです。自分の出した声が耳に入ってきますから、それがリスニングの上達にもなります。日本人は紙の上の勉強だけで、声に出して練習しない。ブロークンな英語でもいいから、自信を持ってどんどん話すことです。外国人と会う機会があれば、積極的に話しかけてください。

 

とはいえ、ある程度の準備をしてないとしゃべれません。例えば、自分の趣味について話すとか、世界情勢を語りたいのであれば、そのための単語や基本例文を覚えることです。それも声に出してということがとても重要です。仕事柄、何人もの「英語の達人」に話を聞きますが、みなさん「声に出して練習して、それが瞬時に出てくるぐらい、自分のなかにいろんな言い方を蓄積することが大事だ」と言います。

自分の声がネイティブの自然な英語に近い発音にできるようになればなるほど、リスニング力は上がります。ただし、ジャパニーズイングリッシュで滅茶苦茶な発音ではそうはいきません。そこで、英会話教材の音源に合わせて、テキストを見ながら音読していくのです。これを「オーバーラッピング」と言いますが、耳も、目も、口も使うので、とても効果的な学習になります。

 

何度もオーバーラッピングし、同じように発音できるようになると、本当に不思議なのですが、イントネーションとか、単語の連続性が聞き取れるようになります。例えばザッツ・ア・グッド・アイデアしかわからなかったものが、「ザッツァ・グッダイディア」でもすんなり耳に入り、理解できるようになってくるのです。

 

読の練習をすれば、必ずリスニングが上達
長く続けるためにも、興味の持てる分野で練習するのもいいでしょう。例えば、好きなミュージシャンの曲なら、歌詞カードを見ずに歌えるようにするとか、有名なスピーチを朗読する。それを繰り返し行っていると、すごく力がつきます。

そして、英語を好きになってほしいと思います。もちろん、最初から好きな人はそれほどいませんが、学校の授業やクラブ活動、あるいは語学留学などで英語にはまり、そこから一気に上達していく例は少なくありません。日本人は誰でも、中学・高校で英語を習っているので、それなりの蓄積はあります。海外にしばらくいると、ある日突然、英語が聞き取れるというのは、そうした素地があるからです。

 

そこに、音読の練習を加えれば、必ずリスニングができるようになり、どんどん話せるようになります。とにかく、声に出すことが上達のコツです。私自身の経験から言っても、声に出す練習をしっかり継続しているときは、リスニング力がものすごく上がっているものです。テレビでCNNニュースを見ていても、キャスターの会話や記者のレポートがほとんど聞き取れます。

 

言語音の音声認識は事例基盤であり、記憶にある音と聞いた音の照合です。文字を音にする事はリスニングには効果的でありません。大事な事は自然な英語音声を忘れないように記憶にとどめる事です。づばり、ディープラーニングが最も効果的です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リスニング力向上にはシャドーイングをと言う記事があります。

 

http://toyokeizai.net/articles/-/168810

 

言語の音声認識は音素でなく事例基盤であり、記憶にある音と聞いた音の統計的なマッチングです。するとシャドーイングはリスニングに効果的でありません。ディープラーニングで忘れないように覚える事です。

 

シャドーイングは同時通訳の瞬発力の訓練のもので、リスニングのためのものでありません。音を聴きながら話すと自分の音声を聞く事ができません。英語(言葉)を話している時はリアルタイム聴覚モニターでフィードバックを得て、自分の調音に最大の注意を払うべきです。シャドーイングではできません。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下記のサイトで日本人が英語を話せない理由を述べています。

 

http://linkis.com/eigoism.jp/KSru3

 

日本人が英語を話せないのは正確性が9分で流暢性が1分まなので話せないと言っております。

 

正確さと流暢さのバランスは五分五分と考えるのは間違いです。英語で話す時には覚えている英語で話すべきです。つまり覚えている英語は流暢さがないと忘れてしまいます。そのためにはネイティブを真似る反復練習が必要になります。

 

何度も反復すると手続き記憶で自動化され非常に自然な発音になります。できれこのように使い易いように覚えておくのが理想です。

 

その覚えている英語で話す場合には十分が表現がない場合もありますから、正しく言える場合も、そうでない場合もあります。

 

正確性は自分の持っている英語表現に依存するのですから、何ともそれは言えません。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

井津川倫子氏がつぎのようにオンライン英会話に関して書いております。

 

私が「オンライン英会話」に出会ったのは50代になってから。かなり遅いデビューです。

   正直に告白すると、「オンライン英会話」には「安かろう、悪かろう」のイメージがあり、フィリピン人講師にもいい印象を抱いていませんでした。今回は、そんな私をガラリと変えた、「オンライン英会話の魅力」について熱く語りたいと思います。

「ハリポタ」 英語版で観てみる?
「ハリポタ」 英語版で観てみる?
最大のメリットは「安さ」と「手軽さ」

   オンライン英会話を始めた「動機」は、「オンライン英会話ってオススメですか?」と聞かれることが増えたからです。

   「自分が体験したことしかアドバイスしない」主義の私ですから、これはもう、自らチャレンジをして善し悪しを判断するしかありません。「どれどれ、お手並み拝見」とばかりに、5つのスクールの無料体験レッスンに申し込みました。

   最初は、お決まりの「失敗」を繰り返しました。

 

   前回にも書きましたが、「フリートーク」は疲れるし、「ビジネス英語」はレッスン内容が、ずさん(スクールによるかもしれませんが)。「ネイティブ講師」は値段が高いうえに人数が少なくて予約が面倒くさい。正直、あまり良さを感じなかったのですが、ここでやめてはみなさんにアドバイスなどできません。仕事だと割り切って、作戦を変更してみました。オンライン英会話の「メリットは何か」を考えてみたのです。

   オンライン英会話の最大のメリットは「安さ」と「手軽さ」です。ならば、「安かろう、(少しくらい)悪かろう」でもいいから、「安さ」と「手軽さ」を享受することを最優先にしました。

   まず、「毎日受講する」ことを「マイルール」にしました。月額定額制が多いので、授業を取れば取るほどお得になる仕組みだからです。次に、「教材を使う初級レベルのレッスン」を選びました。事前準備が必要ないので負担が軽くなり、毎日やってもつらくありません。


無料体験中にあらゆる「コース」を試してみた

   オンライン英会話には、「フィリピン人講師とフリーに会話する」イメージしかなかったのですが、じつは、どのスクールも日常英会話からビジネス英語、発音レッスン、テーマ別ディスカッション、TOEIC対策コースなど、工夫を凝らした「教材(コース)」を用意していることが分かりました。

   そこで、無料体験中にありとあらゆる教材(コース)を試したところ、「初級コースが役に立つ」ことを発見しました。

   たとえば、初級英会話コースは「数の数え方」から始まりましたが、「一束の花束 a bunch of flowers」とか、「一瓶のジャム a tin of jam」など、基本的な表現ほど忘れていました。

   発音もしかりです。「open」の発音を直された時はショックでしたが、いろんな単語を間違えて発音していたことに気付かされました。

   そして、手軽に数をこなせるオンライン英会話こそ、基本からコツコツとステップを踏む勉強に向いている、という結論に達したのです。

   つまり、初級を終えたら中級、その次は上級、会話コースを終えたらディスカッションコースと先が長く、一つずつ目標をクリアする楽しさを味わえます。

   抱負な教材(コース)は、私がオンライン講座に目覚めた理由の一つです。教材もオンラインで提供されるので、追加料金がいらないことも魅力です。


フィリピン人講師の熱心さに 心が動いた!

   もう一つの大きな理由は、フィリピン人講師の熱心さです。

   「安さ」が最大のメリットだと割り切った私は、高額なネイティブ講師のスクールではなく、安いフィリピン人講師のスクールを選びました。しかも、私が選んだスクールは受講数に制限がありません。先生さえ見つかれば、1日に何回も受講し放題なのです。

   ネット上では、「人気がある講師は予約が取れない」と批判されていますが、これも事実。ランキング上位の講師はほぼ先約が入っていて、割り込む余裕はありません。

 

   でも、このランキングも「果たして信用できるかな?」というのが「斜に構えた50女」の正直な感想です。

   評価に納得する一方で、イマイチだった講師の評価が高くて驚くこともあります。若くてかわいい(かっこいい)講師や、「ワオ、すごい!」と大げさに反応する講師が「フレンドリー」だと評価されているケースも目立ちます。

   地味な講師や口下手な講師、熱心なあまり指導が厳しい講師(何回も言い直しをさせる)に低い評価がついていることもあります。

   私は人の評価は気にせずに、自分が良いと思った講師を選んでいますが、「まじめで、根気良くまちがいを訂正してくれる講師」が好み。こういう人はあまり予約が入らないので、いつも「しめしめ」と、ほくそ笑んでいます。

 

   それにしても、フィリピン人は熱心です。フルタイムの仕事や学校と掛け持ちしている人が多いのですが、おしなべて明るく、疲れている表情を見せません。「朝シフト」「夜シフト」「真夜中」とシフトがあって、受講する時間帯によって自然と顔なじみができます。

   訛りはありますが、それも人それぞれ。たまに「言っていることがよく分からない」人もいますが、優先順位を決めているのでまったく気になりません。

 

   オンライン英会話の優先順位は「安さ」と「手軽さ」、そして「基本の復習」ですから、それ以上のことは他で補えばいいだけです。私は、BBCラジオでネイティブの音声を聴き、ネットニュースやNYタイムズを読んで応用力を磨くようにしています。

 

   もう少し使いこなしたら、上級者向けの「オンライン英会話活用法」も会得します。それまでしばしお待ち下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 岳、以下「レアジョブ」)とディグラム・ラボ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:木原誠太郎 以下、ディグラム・ラボ)は、2017年4月20日よりレアジョブ英会話特設サイトにて、“あなたの今”から見えてくる「未来のグローバル活躍度診断」をスタートします。

 

「未来のグローバル活躍度診断」とは
TOPイメージ20個の簡単な質問に答えるだけで、あなたの今の強み弱みを含む「性格」、「あなたの未来のグローバル活躍度」、さらに性格から導き出した「最適な英語学習方法」を診断します。累計2,500万回のレッスンと2万5,000回の英語学習に関するカウンセリングデータを持つレアジョブ英会話と、37万人のアンケートデータと心理学を掛け合わせた分析に定評のあるディグラム・ラボ監修のもと、27パターンの性格に基づき9種類のグローバル度を診断します。

 

今回“未来”として設定したのは3年後の2020年。グローバル化が一層進む2020年において日本人がもっと活躍するために、トーチライトで行き先を照らすが如く、それぞれの性格に合った英語学習法を提示することで、より多くの日本人が英語を話せるようになる未来へと寄与してまいります。

「未来のグローバル活躍度診断」はこちらから
https://www.rarejob.com/diagnosis_2020/

診断結果の一例
診断後イメージあなたの2020年のグローバル度:65%-英会話は出来る、画面越しならー
『グローバル内弁慶』


「グローバル内弁慶」とは、インターネットなどを通じて、海外の多種多様な人々と綿密なコミュニケーションを取り、グローバルな人間関係を育むことに長けた存在です…

あなたの2020年のグローバル度:90% ―次はどこを制覇しようー
『グローバル展開の龍』


「グローバル展開の龍」とは、グローバル展開を考えて、カントリーマネージャーとして現地法人を立ち上げるなど、新たな市場を自ら切り開いていくようなフロンティア精神にあふれた人材のこと… など

「ディグラム診断」とは?


ディグラム・ラボが開発したデータに基づく科学的診断。アンケート調査で取得した延べ37万人、述べ数万項目を超えるデータベースに基づいて、被験者に心理テスト結果と調査から得られたライフスタイルや恋愛傾向等の情報を、統計処理を施し客観的に分析した結果です。性格診断心理テスト「エゴグラム」をベースとし、数万人規模のアンケート調査(定量調査)や、1万ケース を超える対面による心理テスト診断(実証実験)から、改良を重ね独自に開発したものです。(データベース数、実験のケース数は2016年7月時点のものです。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

単語道場をリリースされました。

 

http://tangodoujou.jp/

 

1. フィリピン人講師が、平日9時に5単語&文法を出題します(1講座の受講期間は約3ヵ月。平日5単語、70日間で350単語を修得)。学習者は、英語で会話をする場面をイメージしながら出題単語より、英作文を5つ作り、投稿します。既存の例文を暗記させられるのではなく、学習者が自ら考え、感情を込めて文章を作成するので、記憶にはっきりと残ります。

 

2.翌日9時から18時の間に、講師から添削文と音声が届きます。講師が添削した正しいセンテンスと正確な音声を使って、音読(シャドーイング)練習を行います。「単語道場」には、音声の再生スピード変更、音読カウンター、フォルダーが搭載されており、隙間時間を有効活用し、スマートフォン・PCで学習できます。

 

3.法人、グループでお申込みの場合は、同グループで学習する事も可能です。LINEグループのように学習するので、ユーザーは孤独感を払拭し、モチベーションを低下させずに、学習の継続が可能です。また、他の生徒の英作や、間違いからも学習できるメリットもあります。

 

4.「単語道場」では、単語だけでなく、文法や発音も同時に学習できます。使えるボキャブラリーと英文法の構文の数を増やすことで、英会話能力が向上します。

 

コース・料金
・一般英会話(初級・中級・上級)、ビジネス英会話(TOEIC600・TOEIC800・TOEIC900)、Expression熟語(1st Stage・2nd stage)。各コース 19,800円(3ヵ月分の使用料)

・単語道場 Monthly Evaluation
 Skypeでの、会話形式のリスニングとスピーキングのテストです。
 生徒の英作文から、担当講師が個々の質問を作成し、口頭にてリアルタイムで返答して頂く会話形式のテスト
 です。
 単に覚えているかどうかを確認する筆記型の試験では、単語道場での毎日のインプット/アウトプットの学習成果は判定できません。
 講師からの英語での質問を「聞いてから、理解し、英語で話す」といった実際の場面に沿ったスタイルで行う事により「Pronunciation発音・Fluency流暢さ・Grammar文法・Listening Comprehensionリスニング理解度」4つのカテゴリーで採点致します。

 

対象
企業団体または、3人以上のグループ

 

開発背景
弊社のグループ会社・株式会社ウィルプランニングは、中古車輸出業を展開しています。代表・多田は英語がほとんど話せませんでしたが、37歳のとき、フィリピンへ留学。仕事などで実際に使ってみたいセンテンスを自ら作成し、フィリピン人講師から添削を受け、英文を読み上げてもらい録音し、音読(シャドーイング)練習を実施した結果、英会話能力が向上しました。


英語でのコミュニケーション能力向上により、東アフリカ、オセアニア地域を中心に、事業を広げることができました。多田の英語学習時の経験、ノウハウを活用し、英会話スクール・ALAを開設。さらに、アプリ「単語道場」を開発しました。今後、法人・社会人に特化したフィリピン英語語学研修なども予定しています。多田は、英会話能力を身に付けることで、自らの世界が広がることを実感。英会話学習者の後押しをしていきたいと考えています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。