最適性理論(音のストリーム)で英語を覚える

  音声英語、つまり英会話、リスニング、発音に関して音のストリーム・ベースで学習するサイトです。

NEW !
テーマ:

低予算の英語勉強法が紹介されています。


スキルアップ貧乏にならないために自己投資にも予算を決めるべき、青天井はNG!

英語の勉強法はさまざまあります。英会話教室に行くことだけではありません。例えば、外国人が集まるカフェなど、街で英語に触れるチャンスはいろいろあります。


 私は、外国人の友達とチャットをする、日本語で読んだことがある本の英語版を電子書籍で読む、テレビやドラマを英語で見る(英語字幕がある場合はつける)などをして、お金をかけずに英語の学習をしています。しかも、どこにいてもできる方法です。


 また、スクールで資格の学習をする際には、「教育訓練給付金制度」を確認してみましょう。以前からある「一般教育訓練給付」に加えて、「専門実践教育訓練給付」が2014年10月から始まりました。専門実践教育訓練給付の場合、介護福祉士、看護師、保育士、美容師、栄養士といった専門的な資格や国内の大学のMBAプログラムなども含まれています。


 要件を満たせば、スクールに支払った授業料の20%相当(専門実践教育訓練給付の場合は40%相当)を受講終了後にキャッシュバックしてもらうことができます(それぞれ、給付の上限、下限などがあります)。


 詳しい要件や指定講座の一覧は、厚生労働省のホームページでも確認することができます。

 このように、給付を利用したり、ローコストな学習方法を選択したりし、自己投資にかけるお金の負担を軽くしたいですね。また、自己投資をする場合、なるべく早い時期に行うほうが、獲得したスキルを長く生かすことができますよ。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語はコミュニケーションのツールです。特に得点を挙げる必要もありません。すると大事な事はシュートではなくパスが大事になります。


するとこのような時に英語で何と言うかと英語を学ぶのはあまり効果的でありません。言いたい事はわかるのですがそれよりはもっと実用的なパスを練習すべきです。


パスはなるべく相手の取り易いもので、そして次の動作が楽になるようにできれば更に良いパスになります。


ではそのようなパスを練習するにはどうしたらよいでしょうか。それは英語のパス練習をする事です。

つまり対話練習繰り返す事により、いろいろなボールを受け、そしていろいろなボールを渡す事ができます。


シュートの練習をするならそのようなパスがかなり上手になってからの方が効果的な練習になります。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回はアプリの紹介です。


中高英文法を10時間で!マジグラのアプリは、「分厚い文法書ではなく、簡潔な説明とゲーム感覚で全文法をマスターできるアプリ」を開発しようと、TOEIC満点講師長田いづみ氏と大学講師中村信子氏と開発されました。


並べ替え形式でサクサク復習できる新しい学習法になりますので、毎日20分・1ヶ月で全文法を習得できます。


弊社は『英語で悔しい想いをする人をゼロにする』ことを目標に、過去に開発した3アプリでは、全て有料で1位を獲得する程、好評頂いております。(※総合1位2回、教育1位1回)。累計100万人以上に購入された我々の自信作です。


もう英文法で悩むのはやめにしませんか?
これで英語の基本でバカにされることもなくなりますので、缶コーヒー一杯分の値段で買えるこの機会に是非ご購入下さい。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

IT現場では基本動詞が6割であり、英会話が楽になる「do」の使い方を説明している方がいます。


『ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30』(板垣 政樹著、秀和システム)の著者は、米国Microsoft社シニアプロジェクトマネージャーとして、用語管理システム開発、音声モデル構築システム管理などに携わる人物。


そしてインド、中国系エンジニアが台頭する現場において、日本人の決定的な弱点に気づいたのだそうです。それは、日本人は会話の際、動詞が出てこなくなって詰まることが多いということ。
しかし現実的に、IT現場の6割は基本動詞で成り立っているのだとか。だからこそ日本人エンジニアにとっては、日本語に捉われることなく、動詞のイメージをつかむことが重要。そこで本書が誕生したというわけです。


とはいえ、まったく難しく考える必要はなく、動詞力は中学生レベルで十分。基本動詞を使って、シンプルに伝えるだけでOK。
きょうはそのなかから、「する・やる」イメージを表現するためのdoのポテンシャルに注目してみましょう。というのも、「する・やる」を意味する場合は、doで7割がこと足りるというのです。


実はdoほど便利な動詞はない


「なんでいまさらdoをおぼえなければならないの?」と思う方も多いでしょうが、その反面、doを使いこなせていない人は少なくないのだと著者は指摘しています。
「意味を知っている」のと「使いこなせる」のとでは話が別。こんなに便利な動詞は他にないので、ぜひ身につけてほしいのだといいます。


まず、次の質問に英語で答えてみてください。


・御社のITシステム部門はどんな業務を行っていますか?
多くの方は、システム業務を担当する人たちのことを思い浮かべ、They do…と言葉をイメージしたのではないでしょうか?
また、さまざまな作業や仕事の説明にどんな動詞を使うべきかも迷うところ。
「管理する」はmanageかadminister? 「トレーニングをする」はtrain、それともprovide training? 引っかかりそうなポイントがたくさんあります。
そんなとき、まずはこう口にするのはどうかと著者は提案します。


Well, our IT system team does a lot of stuff.
(私たちのITチームはいろんなことをやっています)
たしかに、これならシンプルでわかりやすいですね。

doで代用すればこと足りる!

そして、さらに補足的にこう続けるわけです。
They do computer management;
they do software update;
they do security training, and so on.


(コンピュータ管理もしますし、ソフトの更新もすれば、セキュリティのトレーニングなどもします)
見てのとおり、動詞はdoしか使っていません。しかし、日常会話レベルとしてはこれで十分な説明になるわけです。


“do+名詞”で「物事をする」という一般的な表現となります。なお具体的な動詞が思いつかない場合は、その動詞をdoで代用すればこと足りるケースが多いのだといいます。
わりとなんでもdoでいえる!
computer management、security updateなどの名詞の部分は、ITエンジニアとしてすぐ口にできるはずなので、あとは動詞「する・やる」のdoを使うだけ。


・do the work(仕事・作業をする)
・do the exchange(交換をする)
・do the copy(コピーをする)
・do the investigation(調査する)


つまり、「動詞を表す名詞」であれば、なんでもdoでいえるということ。先のシステム部門の説明でも、各名詞は以下のようにすべて動詞が存在します。
management(名:管理) → manage(動:管理する)
update(名:更新) → update(動:更新する)
training(名:トレーニング) → train(動:訓練する)


「do + 名詞」に慣れよう


たとえばcomputerのような、名詞だけの意味しかない単語の場合は、do the computerといっても言葉として成立しません。


しかし動作を表す名詞は、山のように存在するもの。つまりdoが使える場面が多いのは、実はここがポイントだというのです。
だからこそ、“do + 名詞”に慣れてしまうと、英会話が一気に楽になるのだという考え方です。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ合同会社設立の依頼をしました。設立の依頼費は税込で8,208円で、会社の印鑑も注文したので合計が21,168円でした。


資本金は10万ですが、これは別途必要になります。しかし、これは消えてしまう費用ではなく、一時的に積み立てて、返還される金額ですから費用ではありません。


私がお願いした主旨に従い定款が作られ、それから法務局への申請になるようです。金曜日に依頼をしたので、まだ何も進行しておりません。


この法人ができると、相続人がそのまま経営を継続できるため私に万が一があった場合でも問題がありません。


今回の会社設立の目的は永続性であり、教材や英語学習の環境等の自分の作るものがなんとか長く続くことを願って作るものです。


実態は変わりませんから、今まで同様に特に名刺を作ることも考えておりません。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

会社員でも挫折しない英語学習法が公開されています。


『もうこれで英語に挫折しない――マッキンゼーで14年間活躍できた私は英語をどう身につけたか』(赤羽雄二著、祥伝社)は、『ゼロ秒思考』など、マッキンゼーで培ってきたキャリアを軸に多くの書籍を生み出してきた著者の新刊。


タイトルからもわかるとおり、今回は「英語学習法」をテーマにしています。
いうまでもなく英語学習の最大の問題点は、長く続けることの難しさ。しかし著者は本書において、「英語の勉強は、細く長く続けられなくて当然」だといい切っています。


3ヶ月だけ区切って英語の勉強


ほとんどの日本人は、中学高校の6年間にわたって英語の勉強をしてきたはず。にもかかわらず、普通はそれだけでは使いものにならないというのが現実です。なぜなら、英語ができなくても、さしあたりなにも困らないから。


日本語だけで完結してしまえるし、ほとんどの場合はキャリアアップにもあまり関係してこないでしょう。つまりそんな状況下で、英語の勉強を細く長く続けようとしてもうまくいかないのは当然だということです。
そこで著者が提案しているのは、もっと短期、たとえば3ヶ月だけ区切って英語を勉強すること。長く続けようと思うとつらくなるけれど、3ヶ月ならなんとか集中力も続くだろうという考え方です。

そもそもビジネスパーソンは、普段から仕事や生活に追われているもの。やるべきことが常にたまっているわけですから、そんななかで英語の勉強をしようということは、それ自体に無理があるわけです。


時間を決めれば学習効率が高まる


「いつまでになにをやるべきか」がよくわかっていなければ、集中してやり遂げることもできるはずがありません。
でも、ずっと続けるのではなく、3ヶ月集中したら、1ヶ月休むようにする。そうすれば、日々の仕事、生活のなかに英語学習を組み込むことができるという発想。1ヶ月の休みの間にたまったことを整理すれば、気分的にもすっきりするはず。


それに時間を決めれば、「英語の勉強をしなくては」と常に思い続け、しかし実際はできずに後悔するというようなことがなくなっていくといいます。
3ヶ月は集中するけれど、その後1ヶ月は休憩し、余裕を持つというほうが、精神衛生上もいいわけです。また、集中もしやすくなるそうです。


仕事のプロジェクトと同じペース


「たった3ヶ月だけ勉強したってダメだろう」と思われるかもしれませんが、3ヶ月集中し、本気で英語の勉強をすると、かなりレベルアップするのだと著者はいいます。
それに仕事の現場で3ヶ月のプロジェクトはよくあるもの。ビジネスパーソンにとっては慣れたペースでもあるはずなので、プロジェクトの一環としてとらえれば、「そのくらいならできるだろう」という気持ちになりやすく、普段の習慣でやり続けられるわけです。
なお、3ヶ月の間にやるべきこととしては、次のようなことが挙げられるといいます。


(1)動画を視聴する


3ヶ月間、毎晩1時間ずつ、英語の動画を真剣に見る。YouTubeでもCNNニュースでもドラマでも、自分が好きな分野、関心の強い分野に関して見るわけです。
好きな分野だと好奇心が湧くので、楽しく知識が増え、言葉にも馴染みが生まれ、人の名前も耳で聞き分けられるようになるので続きやすいといいます。


(2)英語記事を見る、タイトルをA4メモに書く


好きな分野、関心の強い分野でのキーワードで検索し、出てくる英語記事を100回くらい眺めてみるといいそうです。さらにそれらのキーワードをGoogleアラートに登録し、毎朝流れてくる記事を眺める。
それが習慣になると、なんとなく記事の内容がわかってくるので、タイトルや見出しなどをA4用紙に書き留めておきましょう。



(3)動画を見ながらシャドーイング

好きな分野、関心の強い分野の記事、動画ばかりを読んだり見たりしていると、だんだんリズムが頭に入ってくるもの。少しずつ、言葉が聞き取れるようになってくるわけです。その段階で、次にはじめるべきはシャドーイング。


シャドーイングとは、英語を聞きながら、同時に小声で同じ言葉をいってみること。
日本語にくらべて英語のシャドーイングは難しくなりますが、一般的に演説やインタビュー番組はわかりやすく、ゆっくり発音しているものが多いのだとか。それを何度も聞き返しながら、耳と口とを鳴らしていくわけです。


1ヶ月休むとまた勉強したくなる


3ヶ月集中して勉強したら、1ヶ月あえて休むことに。気分も明るくなり余裕もできるので、気分よく、いろんなことに取り組めるといいます。
しかし1ヶ月休むと、英語を勉強したくなる気持ちがまた湧いてくるので、そうなればしめたもの。
1ヶ月の最後の週には、次の3ヶ月12週間、なにを目標にしてどういうステップで勉強するかをA41ページにまとめておくとよいそうです。

そうすれば、次の3ヶ月集中して勉強する意欲が強く湧いてくるということ。

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hapa英会話Jun氏ライブセミナー第3弾で「英語を話すための勉強法」を開催するようです。


メルマガ会員15,000、Podcast視聴者45,000、Youtubeチャンネル登録者42,000を超える「Hapa英会話」の発信者Jun氏が、カフェトークライブセミナー第3弾を開催いたします。


日本に居ながら海外仕込み級の英語力がつけられる!?


今回の特別ライブセミナーは、そんな長年の疑問と期待に応える誰もが知りたい「英会話力をつける勉強法」を、Jun氏が軽快なトークと細やかな説明で惜しげなくご紹介します。


学習の心構えから会話力アップのコツ、「1ヶ月プラン」勉強法などなど、質疑応答を交えてレクチャー。更にセミナー後は、繰り返し視聴可能な当セミナー動画とプレゼントの「トレーニングプラン表」を使って即行動に移せます。


カフェトーク・ライブセミナーは、カフェトークご登録者であればどなたでもご参加可能。だれをも魅了するJun氏の話術と英語解説を、ライブ(生)でご自宅でご堪能頂けます。

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Makuakeのクラウドフォンディングでサポーターから14万円ほどの援助をいただき、先月手数料をひかれ10万円ほどをいただきました。


それを資本にして合同会社を設立します。ジジイのままごとと呼んでいますが、自分ではかなり本気でおります。


合同会社ならネットを使い7,600円で会社申請ができるようです。現在は個人ですから私に万一があった場合全部がそれで終わりです。


しかし、法人であれば継続できます。定款には遺産相続人が継続できますから、事業の継続は問題ありません。資本金10万円ですから相続税も心配ありません。

先のことも考え、次の人のことも考えながら会社を設立します。72才からのチャレンジでどこまでできるか楽しみです。 私があと何年できるかもわかりません。


しかし、指が数本動けば経営は可能にしたありますから、私の寿命次第です。あと数十年はやっていけると楽観しています。


私の後を受け継ぎたい人がたくさん現れる会社にしたいと思っています。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

次のようなメルマガがきました。


僕が普段言っているように、やり方さえ間違えなければ、英会話は絶対にうまくいきます。
ちゃんとやっていれば、英会話は毎日うまくなっていて当然なんです。
「英会話がうまくなってきているな」
そういう実感を、毎日、毎日といわずとも1週間ぐらいのペースで実感はできるものなんです。
これが、英会話のトレーニングをしているにも関わらずですよ?
「半年たってもたいして英会話ができてないなぁ」と感じるのでしたら、もう英会話のね、最初の最初から掛け違えている。
そう判断していただいて結構です。
ですのでね、そういう方は、いちばんやさしい方法から、やっていただきたい。
基本からやっていただかねばならないんですが、さて、どうすればいいんだろう。いい方法、ございます。


【解決法】


とりあえず、目につく英会話文を口にだして読む。
できればネイティブの発音を聞いて、同じ発音にできるように読む。
英会話を一石三鳥でうまくなるには、目につく英会話文を読んでください。
口にだして読んでください。

僕の英会話法をご存じのあなたはおわかりでしょう。
英会話はですね、英文をおぼえればなんとかなります。
でも、ただの暗記をするだけじゃダメなの。
「暗唱」しなければならないんです。
英会話っていうのは、言いたい言葉を頭の中だけで思いだしてもだめで、口にまでだしてはじめて英会話になるわけですよね。


それって暗記のレベルだけじゃダメなの。
暗唱という、口に出せるところまでトレーニングをはじめからやらないといけないの。
ところが、暗記した英会話を口に出すということを忘れている人が、すごい多いのね。
英会話っていうのは、口から何か言わないと英会話にならない。
それなのに、そういうトレーニングをちっともしていない人が多いんです。
これ、基本中の基本よ。


だから、いちばんやさしい方法として、とりあえず目につく英会話文を、口にだして読むんです。はっきりいって、これだけやっておけばいい、最初のうちは。
英会話は発声してなんぼ、という基本中の基本、超大事なことを忘れてほしくないんです。
英会話は「暗唱のトレーニングをしなさい」がいちばんだいじなことだと僕は思っているので。

ちなみに、ちゃんと発音しておけば、いくつかは頭に残るので「暗唱」になります。
すると英会話では一石二鳥になるんです。


というのは、ちゃんと口から出せた、話せた英会話というのは、聞きとることが容易にできるんですよ。
つまり英会話のリスニング力もいっしょにトレーニングできているということなの。
そしてリスニング力が伸びるということは、TOEICや英検など、リスニングの得点も稼げるわけ。

得点が伸びます。ですので、この時点で一石三鳥になるんです。
いいですか、とりあえず英会話文を朗読する、発音するだけ。


それだけで英語も話せるし、英語も聞けるし、TOEICスコアも伸びるんです。
一石三鳥なんです。一石三鳥ってすごいでしょ。すごくないですか?
いや、これを「スゴイ」と思えなければセンスないですよ。
スゴイと思えなければ、英会話は一生身につかないだろうと思いますよ。
ですので、「スゴイ」と思ってください(笑)。


なぜかって、われわれ社会人には時間がないわけです。
時間が余りあるような人でさえも、永遠に生き続けられるわけでもないので、時間はいつも限られているわけです。


その時間を、遊ぶ時間や家族サービス、家事、教育、育児、介護などに振り分けているわけだから、本当に英語につかえる時間って少ないわけですよね。
だから、一石二鳥、一石三鳥、できれば一石五鳥ぐらいできるようなことを英会話学習でやってる人が、英会話ができている人なんです。
人よりとんとんとーんと英会話ができるようになってる人が近くにいたら、何をしたのか聞いてみてください。


一石二鳥になるようなことは必ずやっています。
「長い間やってるが英会話がわからない」という方。
自分の英会話に対してやってきたことが、一石二鳥か、一石三鳥になっているかちょっとかんがえてみてください。


英会話学習にも限りませんけど、常に一石二鳥になるようなことをやるという考えをもってほしい。

あのね、そういう考えを常にもっている人が、人より早く英会話できているんです。
そういう一石二鳥でできること、これがわからなければ・・・
とりあえず今日お話したように、とりあえず目につく英会話文を発音する。
英会話文を朗読することをすれば一石三鳥にはなります。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本格的にワードプレスを使うためにサーバーを移転しました。ドメインの取得とサーバーを同じしておりましたが、ワードプレスを本格的に使うために、よりワードプレスの環境のあるサーバーに移転しました。

現在、8つほどのドメインを持っているのですべてのドメインを新しいサーバーに移転をしました。
そして以前のサーバーの解約もしました。


サーバーの移転はネームサーバーの変更と、データのアップロードが必要になります。

ネット側からみれば同じドメインですが、実はそのデータが存在する場所は完全違う事になります。
同じ電話番号を違う場所で使うようなものです。いよいよ本格的な活動を始める予定です。

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。