明るいあなたにぴったりなキャラは…

明るいあなたにぴったりなキャラは…
AD
moukiruwa 大病におかされた男と、その妻、愛人の物語。死に行く夫を複雑な心境で見守る姿と、ただ好きでたまらない愛人が男の変化に気付き戸惑う姿を交互に描く連作小説。

主人公は3人。
歳さんと呼ばれ不治の病におかされた男、銅版画家で不倫中のその妻、化粧品店で働きながら歳さんと交際する葉。
物語は、妻と葉の気持ちを交互に収録している。
妻は絵本の挿絵になる銅版画を作成する仕事をしており、仕事を通じて知り合った出版社の男・西口と不倫関係にある。
夫・歳への愛が消えたのかどうかはわからないが、西口との関係は保ちたいと思っている。
サプリメントなどを扱う化粧品のアンテナショップ店員の葉は、店で歳さんと知り合い交際しはじめた。不定期に来る連絡に応じ、会い、二人の時間を楽しんでいた。
歳はトランプ占いを生業とした不思議な男で、或る日不治の病におかされてしまう。
うまく成立していた夫婦と愛人という微妙な三角関係が崩れ始める。
顔を合わせることはない妻と愛人。
歳を介して感じあうしかないお互いの存在に苛立つ妻と、不安になる愛人。
西洋医学を信じず、なんとか治すと言って頑張る歳。
それに付き合いながら、どうしてこんな時だけ家に戻り自分にべっとりなのかと思う妻。その時愛人である女は何をしているんだと怒りを感じる。
愛人の方は、自分に連絡が無いのは最後は妻の元で過ごんだと宣言されたように落ち込む。他の男とデートしてみるものの、なかなか心は穏やかにならない。
3人の気持ちが交わることなく、物語は進み終わっていく。

途中、主人公の男の闘病記のように感じる部分もあったが、私はこの本は恋愛小説だと思う。
3人の微妙なバランス、もう壊れかかっているのに別れない夫婦という絆、好きで手放したくない愛人には自分の弱いところを見せたくないという心理。
大人にしかわからない、水面下の想いがひしめく1冊。著者のあとがきを読み、この物語が初めて完結し私の中で消化された。
著者の思い通りになってしまったことが悔しくもあり、嬉しくもあった。
病を通して人間の本質や本心が見え隠れする大人の小説。

<恒文社21 2001年>

井上 荒野
もう切るわ (文庫)

井上 荒野
もう切るわ  (単行本)

温室栽愛 / 狗飼恭子

テーマ:

onsitsusaiai 狭い世界で生きる女の日常と変化を描く書き下ろし長編作品。


主人公・佐知は26歳。
祖父の代から営まれている寂れた喫茶店・喫茶オオムラの手伝いをしている。
友達も無く、恋人も無い。
乾いた毎日の潤いは、店の客で佐知の密かな恋の相手・鈴木さんだった。
不定期に月に1回程会うだけだが、佐知はその時間をとても楽しみにしていた。
温室のような古い喫茶店の中で育てる愛だけが、佐知の心を潤す。
ただ流されるように生きている佐知のつまらないが穏やかに過ぎる毎日に突然波が立ち始める。
大学の同級生で友人だった小林からの電話、そして小林の元彼女・葛飾桜子の来訪。
大嫌いな桜子との対面に、苛立つ佐知に桜子は妊娠していると告げる。
桜子は佐知の温室である喫茶店に次々と歴代彼氏を呼び出していき、自分がどうしてモテるのか確認したいと言うのだ。
佐知の目の前で繰り広げられる男女劇、桜子の奇妙な行動、元カレとの思い出、最愛の人・鈴木の謎、母の喫茶店を畳む決意・・・
佐知の気持ちも生活も変化し始め、佐知は自分の本当の気持ちと向き合う。

タイトルと著者のイメージから濃厚な恋愛小説だろうと期待してしまったが、拍子抜け。
恋愛小説と言えるけれど、半分は主人公とその女友達のやり取りの描写で、それは物語の軸になるし主人公に変化をもたらすきっかけになるので大切なのだが、やや退屈だった。
主人公の女友達・桜子の変った言動や不思議な雰囲気は魅力的で、なかなかよかった。
また、ところどころ素敵なフレーズが出てくるところは好きだ。
著者の作品はいつもドキッとするフレーズや心に残る一文があるのでつい手にしてしまう。
本作は非現実的なエピソードが多いので共感したり物語にのめりこむ事はできず残念。
恋愛+自分探し+友情の物語で今の私にはあまり楽しめる作品ではなかったようだ。
タイトルは絶妙!で素晴らしいと思う。


<幻冬舎 2004年>


狗飼 恭子
温室栽愛

nurui-koi 30代の女が問題は無いがすれ違っている夫との生活や長年続く冷ややかな不倫の恋に疲れ彷徨い、銭湯をキーに色々な出来事を通して自分の殻を破っていく様子を描く長編作品。


主人公・なつ恵は31歳。
売れない絵本作家である。
夫は芸能マネージャーで、なつ恵が眠ってから帰宅し、目を覚ます前に出勤する。
大きな問題は無いが、明らかにすれ違っており、夫が居ると違和感を感じるような生活である。
そんな中、なつ恵は有名絵本作家・浜見と不倫の関係を続けている。
浜見の都合の良い時に連絡があり、なつ恵は指示されるがままに出かけて行きセックスをする。
都合のいい女として扱われていることもわかっているし、浜見は家族を大切にし自分のことなど全く愛していないこともわかっているが、連絡がくればそこへ向かってしまうのだった。
或る日、マンションのトラブルから4日程風呂に入れなくなり止む無く隣町の銭湯へ通うことになったなつ恵。
大きな風呂に歩いて通うことに喜びを見出し、風呂が直った後も通い続ける。
銭湯の前に居る鳩に似た青年を「鳩」と呼びひょんなことから会話を交わすようになる。
銭湯で遭遇する老女たち、なつ恵の病の告知とその後、唯一の連載の打ち切り、夫との別居、浜見への復讐、鳩との逃亡劇、鳩の素性、鳩のうわさ、鳩の失踪・・・
なつ恵は銭湯に通うことで様々な人に出会い、トラブルにみまわれ、今までの瓶の中のような生活から脱却し、変っていく姿を描く。


夫との関係、愛人との関係、若いボーイフレンドとの関係。
主人公が関係していること、どれも共鳴できなかった。
中途半端で、ひとりよがりで、暗く重い感じが拭いきれないままラストまでいった感じである。
ダメとわかっていても惹かれる男女の心理というのはわかりやすいが、なぜ鳩と呼ぶ青年に惹かれたのか、あんなに閉塞的な暮らしをしているのか、その辺りがわからずいまひとつのめりこめなかった。
また、不倫相手への最後の面会のシーンも酷いものだった。
唐突過ぎる展開で、違和感ばかりが心に積みあがっていった。
サクサク読めるし、気になる展開をいくつか含んでいて読み終えることは出来るが、読んだ後に心に何も残らなかった。
同年代の女性が主人公なので期待し過ぎたのかもしれない。


<光文社 2002年>


井上 荒野
ヌルイコイ (単行本)

井上 荒野
ヌルイコイ (文庫本)

azabumamiana 週刊現代」に連載されていた人気エッセイをまとめた1冊。


シャンパン、イベリコ豚、テレビ電話携帯、六本木ヒルズ、トータルワークアウトなど、トレンドを扱う雑誌ならば1度は扱われたであろうテーマについて、著者ならではの視点で率直な意見・感想を述べてぶった斬る。
とにかく豪快でゴージャスで愉快でトレンディで勢いがあってすごいのだ。
『港区辺りで流行中の「夜ゴルフ」』は面白い。
ゴルフといっても女子ゴルファーが活躍の本当のゴルフではなく、バーホッピングのことで、一晩に9ホールとか決めてその数だけバーをはしごしていくことなのだそうだ。
立ち飲み→立ち飲みと続くその夜を想像しただけで疲れるが、盛り上がるのもわかる気がする。
夜を楽しむことから離れ気味なので羨ましくてたまらなかった。
年齢も何も関係ない。
楽しみたいという欲望のまま、東京を北へ南へ、国内だけじゃ飽き足らずにパリやロンドンとショートステイもこなし、自分の欲求と勢いのまま彷徨い歩く著者の姿が痛快である。


雑誌で時々拝見していた著者の文章。
本書とは全く違うテーマに関してのエッセイだったがなかなか面白かった。
年齢は私より上だが、視点が似ていると思えるところもあり楽しんでいた。
本書は私がこれまでに思っていたこと、経験してみたいと思っていたこと、気になっていたこと、不満に思っていたことなどが扱われおり、満足した。
東京でお酒を楽しみ、食事を楽しみ、生活を楽しんでいる人ならばわかるであろうテーマばかりだ。
逆に東京に馴染みの無い方では楽しめないだろうエッセイ。
題名の「麻布狸穴」がどこかわからなければ、読んでも「???」だろう。
大人の遊び方、大人の東京エンジョイライフという感じで、年齢を重ねても楽しむことは可能だし、今よりもっと面白がることができるんだと思えたので励みになった。
東京在住の方で東京を楽しむのが好きという方におすすめの1冊。

<講談社 2005年>


甘糟 りり子
麻布狸穴 午前二時

ninshincare 妊娠した姉に戸惑い、やがて悪意を抱いていく姿を描く表題作以外にも2作品が収録された作品集。
本作は1991年に芥川賞受賞している。


主人公・私は両親を失ってから、精神科に通院している姉と暮らしていた。
やがて姉は結婚し、夫である義兄と3人で暮らしはじめた。
義兄は私にとってはつまらない男でしかなかった。
姉が妊娠し、つわりがはじまり食べ物一切、臭い一切を受け付けなくなっていく。
23週目にはつわりも終わり、姉は一気に食欲を取り戻す。
或る日、食品デモンストレーションのバイトをする私は、勤務先のスーパーで袋いっぱいのグレープフルーツを貰う。
姉の食欲は日々増進し、おなかはどんどん大きくなっていく中で食材を貰うのはラッキーなことだった。
大粒できれいな黄色をしているグレープフルーツでジャムをこしらえる私。
その過程で、以前参加した地球汚染のセミナーで見たパンフレットに載っていたグレープフルーツを思い出す。
危険な輸入品として紹介され、出荷までに3種類の毒薬が散布され、発ガン性のある防かび剤も含まれるという。
しかし姉はグレープフルーツジャムをむしゃむしゃと食べていく。
私はおなかの赤ちゃんに影響がないか呆然と考える。
それ以降、グレープフルーツジャムを食べる姉と作る私は定番化した。
作る、食べるの繰り返しだった。
私はグレープフルーツを買う時には必ずアメリカ産か確かめる癖がついてしまった。
やがて出産を迎えた姉に会いに産院へ向かう私。
きっとあのグレープフルーツの毒にやれれているだろうと思いながら、産院の中を進んでいくのだった。


妊娠、つわり、つわりが終わり安定期に入り食欲旺盛になる妊婦~姉~の姿が日記のように日付で区切られて描かれている。
読みやすく、そして少し怖い物語だ。
つわりが突然終わりを告げ、枇杷のシャーベットが食べたいと騒ぐ姉とおろろろする私・義兄の描写には疑問を抱いた。


久々に本棚から引っ張り出して読み返してみたが、やっぱり面白い。
本作は賛否両論あるが私は嫌いではない。
最近は離れていた作家なので、今後はまた新作も含め読んでいこうと思った。


<文藝春秋文庫 1994年>


小川 洋子
妊娠カレンダー

sekensirazu 第21回すばる文学賞受賞作。
表題の如く、世間知らずな画家志望の女の堕落した生き様を描く。


主人公・エリコは画家志望の無職の女。
デザイン事務所で勤めていたものの、自分がやりたい仕事ではない業務をこなすことに疑問を抱き、絵を描いて生きていこうと決める。
しかし人生はそんなに甘くなく、気付けばガスも電気も止められ手元には70円しか残っていなかった。
お金には困らない友人・ゲイの夏樹のところへ転がり込み、暫く面倒を見てもらうことにする。
絵を描くことを条件に、夏樹はエリコを受け入れる。
自立しなきゃ、成功しなきゃ、絵を描かなきゃと焦るエリコだが、思うようにいかない毎日に苛立ち酒に溺れはじめる。
以前からアルコールに依存していたところはあったし、酒や薬で何かを生み出す人間をバカにしていたエリコだったが、今はもうアルコール無しでは暮らせなくなっていた。
人が働く時間に酒を飲み眠る日々。
酒浸りでロクな絵など描ける訳もなく、焦りながらも毎日は流れていく。
24時間酔っている毎日が続いた或る日、スーパーで高校の同級生・冬美に出会う。
そこで、以前交際していた男との不倫の恋を思い出さされてしまう。
今の生活に終止符を打てるかもと冬美の誘いのもと、ボランティア活動に参加するものの、結局そのグループのリーダー・麻子の夫・基と関係を持ってしまう。
冬実はエリコの不倫をエリコの実父に密告し、エリコは忠告を受ける。
以前の不倫の際に、相手の妻に乗り込まれていたのに、未だに同じ事を繰り返すエリコをけなす義妹たち。
エリコは更にダメ人間の烙印を押され、追い込まれていく。
エリコの父はエリコの実母の死後直ぐに再婚し、反りの合わない双子をもうけ楽しい家族を築いていた。
馴染めないエリコは疎外感から崩れていってもいた。
父の死、酒への依存、入院、前へ進まない画家への夢。
エリコはプライドを捨てられず、また夢も捨てられず、ただ季節の流れに見を任せるだけになっていく。


後味のいい作品ではないし、共感する部分も少ない作品だが、心に残る作品である。
酒に溺れるしかない、酒に逃げるしかないと思う人間は多々いて、アルコール依存に悩む人やその家族を知っている。
ここから脱却するのは簡単なことではない。
その姿がリアルに描かれており、読み応えがある。
画家になる夢を捨てられない主人公の気持ちはわかるし、それがなかなか叶わず挫折しまくって自分を見失っていく主人公の姿もわかるし、そこは共感出来るが、酒に逃げる姿と、その酒代さえ他人に払わせている姿は苛立ちさえ覚える。
しかし、人が落ちていく時というのはこんな感じなのだろう。
今までには読んだこと無いタイプの物語で、著者の他の作品も気になるところ。
全編暗い闇の中を彷徨う主人公の姿を描いているので、覚悟してご一読頂きたい。


<集英社 1997年>


岩崎 保子
世間知らず

otuo 日経ウーマンで連載されていた作品を含む10篇が楽しめる短編集。
OLとして働く女性の葛藤、悩み、憤り、不満などを描く。
確かにこんなことってあるだろうな、と思える、普通に働く女性の物語。


『四人と一人』の主人公は5人の女子社員。
同じフロアで働き、ランチはいつも一緒の仲良し5人組だった。
しかし、或る日1人が居ない時に温泉旅行が決まってしまった。
悪気はなかったが、4人での旅行を実行する。
はじめて社外での交流を深めた4人はプライベートや家族の話などをし、今までとは違った付き合い方に目覚めてしまう。
そうなれば、残された1人は違和感を感じることになる。
気を遣い、仲間はずれにしたのではなくたまたまの出来事だったのだ、というのを装っていたが次第に疲れはじめる。
残された1人は何か悪いことをした訳でもないのに疎外感を感じ、悩み始める。
今までいつも5人一緒だったランチが気まずいだけでなく、避けられるようになってしまった。
1人でランチを取ることに抵抗があったものの、止む無く外に出て本を相手にランチを取ることにする。
最初は抵抗があったものの、1人でランチタイムを過ごす女性は多く今までの拘りがくだらないものだったと気付く。
偶然遭遇した社内の人間との交流、その人からのアドバイスなどでいつもつるんでいた人間以外とも付き合いはじめ、交流の幅も広がり1人が楽しくなったり、違う人たちと一緒にランチに行く喜びを知っていく。
そして4人はその1人のことを忘れ今までどおり楽しくやっていたのだが、新しいメンバーが加わりまた1人が外されてしまう。
そして外された1人は、初めて自分がハブられる辛さを知り焦り悩みはじめる。


実は旅に出ていた。
暫く更新できなかったのはその為だ。
しかし本を持参するのを忘れ、出先の古書店で購入した本を読んでいた。
そのうちの1冊が本書である。

OL経験者として共鳴する場面も多々会ったし、実際にこういったトラブルが職場にあったなと思い出す場面もあった。
管理職ではなく、一般職として働くOLが大半の物語は親近感たっぷりである。
古い本なので時代背景など今では考えられない部分もあるが楽しめる娯楽小説である。


<ベネッセコーポレーション 1996年>


衿野 未矢
平成OL お局未満物語―オフィスのたたかう女たち