近況報告

staba 随分とご無沙汰しています。
更新もすっかり一週間に一度あれば良い方になってしまいました。
相変わらず本を読む生活はしており、ペースダウンはしまくっているものの、こうして読んでおります。
お気に入りのスタバでランチタイムに図書館のシールの貼られた本を開くのは私です。
大好きなバスソルトを入れたお風呂で自分が買った本の頁がくねるのを気にしながらも読むのも私です。

それから、TBやコメント頂戴しっぱなしで申し訳ありません。
そろそろ皆さんへきちんとお返事していく所存ですので、今しばらくお時間を頂戴できればと存じます。
少しずつ、きちんとお返ししていくつもりです。
普段、私がバリバリ更新していた時には皆さんリアルタイムでTBしてくださっていたことを思うと申し訳なくて。
もう少し、本調子が出るまで時間が必要な感じがしますので、根気のある方はお付き合いください。
時々覗いてくださると、更新されているかもしれません。

桜井拝
AD
桜井です。
随分と、ここを放置してしまいまいました。
なんとか、少しずつ本を読んだり感想をまとめたり出来るようになってきましたので、少しずつですがまた更新していきます。

ご心配頂きありがとうございます。
書き込み、嬉しかったです。

また、沢山頂戴したままのTBは少しずつ返していきますのでもう少しお時間ください。

桜井はなんとか元気でやっております。
今までのペースは難しいですが、少しずつやっていきますので、末永く宜しくお願いします。
AD

代理人より

管理人、桜井ですが、退院が今月半ばでした。
今月末までお休みを頂戴することになりそうです。
申し訳ありませんが、TB等返答できませんが、お時間頂戴いたします。
復帰いたしましたら、一気にお返事いたします。


代理人。
AD

私は本を読む場合に拘ることがいくつかあります。

1つ目は灯り。
蛍光灯の灯りはオレンジっぽいウォーム系にしています。

蛍光灯の白っぽい灯りの方が読みやすいのですが、雰囲気が暖かい蛍光灯のが好きです。


2つ目は椅子です。
ソファーやベッドでも読むし、カフェでも読むし電車でも読むんですが、あまり柔らかすぎない背中の高い椅子が私にはあっているようです。


3つ目は香りです。
お風呂で読む時もベッドで読む時もそうなのですが、好きな香りがしている中で読むと集中力もアップするようでページが進みます。
お風呂でお気に入りのバスソルトを使った湯船に浸かりながら読むのは至福の時です。
また、好きな香りのシャンプーで洗った髪の香りがある中でベッドに入る眠る前にする読書は最高です。

ちなみに、シャンプーはハーバルエッセンスを使っています。
ハーバルエッセンスも3種類あるんですが、黄色い色のものを好んで使っています。
私には合っているようです。
ハーバルエッセンスがまた新しくなったようなので、皆さん使ってみてはどうでしょう?


皆さんの読書の拘りはなんですか?

私は上の3つです。

読書の秋です。
好きなところで、好きな場所で、好きな香りに包まれて、この秋も読書していきたいです。

Musical Baton

Musical Baton「まっしろな気持ち」 のましろサンから届きました。

読書する時に、実は音楽を流していることが多い。
新譜もあるが、殆どは昔買い求めたソウルやヒップホップのCDが多い。
今は私のラインナップに韓流ブームがやってきており、少しそっちよりである。
実は韓国語を3年前に習っていたが、体調が悪く続けることが出来なくて途中で辞めてしまったのが気になっていて、未だ独学で続けているのだ。
全然上達しないが、なかなか楽しく、歌詞の中に知った単語が出てくると嬉しくなるのだ。
では、早速答えてみよう。

----------------------------------------------------------------

Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
ちょうど、1GB。


Song playing right now (今聞いている曲)
SE7ENの「熱情」

先日購入したばかりのアルバムの中で一番気に入っている曲。


The last CD I bought (最後に買ったCD)
Chae Ⅱ peon / チェヨン
MUST LISTEN / SE7EN

どちらもMON のK-POPプログラムで知り、気になったので早速アルバムを買ってみた。
(実はとてもミーハーな部分がある)

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
①ONLY LOVE / 嵐

②Can't take my eyes off of you / ローリン・ヒル

③飛行機 / aiko

④Come Back To Me / m-flo

⑤JOYFUL / D.I.G ALLSTAR

よく聞く曲ではなく、思い入れのある曲を選んでみた。
これらには小さな思い出が詰まっていて、聴くと色々思い出すので気軽には聴けない。


Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
すみません、音楽に関する繋がりは思い浮かばないのでここでストップとさせて頂きます。

ちまたで噂の2つのbatonが私のところにまわってきました!
本を読む女。改訂版 のざれこサンからバトンを頂きました。
テキストサイトや書評サイトを巡ると、このような企画を目にする機会が多く、面白いなぁと読んでいたのですが。
まさか自分のところにやってくるとは。
せっかくなので、参加させて頂きます。
2種類あるようで、ざれこさんのところにから関連リンク を辿って内容を熟読。
下記の通りまとめて答えることにします。
バトンを渡すが2回設問されていますので、1つに統合します。


・今部屋の棚に並んでる蔵書の冊数 最後に買った本(マンガ)

蔵書数→書斎の本棚には約150冊。 (引越しで結構処分しました)
最後に買った本→ケナリも花、サクラも花/鷺沢萠 (書評は後日)

ちなみにサイトに書いている感想が277冊。
(友人から借りた本、図書館で借りた本も多いです)

・今読んでる本(マンガ)

リトル・バイ・リトル/島本理生
著者の本は一冊も読んだことがなく、図書館で偶然数冊見つけることが出来たので全て借りてきました。
今日読み終わると思います。

・よく読み返す本&または自分にとって特に思い入れのある5冊

読み返すのは漫画が多いです。
本は新作を好む傾向もあり、次々読みたいものがあるので読み返す頻度が高いのは漫画になっています。

Strawberry shortcakes/魚喃キリコ


西園寺さんと山田くん/海野つなみ

スクナヒコナ/南Q太
この3名は私の中で好きな漫画家ベスト3になります。
他の作品も頻繁に読み返します。

満ちたりぬ月/林真理子

ノルウェイの森/村上春樹
この2冊は不定期に読み返しています。
初めて読んだのは2冊ともとても若い時で(思い出せない)、あの時思ったことや感じたことを今感じることは出来ません。
読み返す度に、新しい感想を抱きます。
理解できなかったところが見えたり、今の自分の年齢が登場人物に近付いたり越えたりして、読み終えた時の満足感も全く違い、それを楽しんでいます。

コスメティック/林真理子
この本は、本当に好きで1年に2度ほど読み返していました。
今後はもう読むことは無いかもしれないですが。
働いていた時、この物語の主人公の仕事に近いことをしており、やる気が無くなった時などに読み返しては気持ちを奮い立たせてみたりしていました。


・お気に入りのテキストサイト(ブログ)

エンタメ系、情報系が多いです。
個人のブログは本当に沢山巡っているのですがブログリスト等を作成していないのでお伝え出来ず。
一般的なサイトだけ挙げてみました。

@nifty:デイリーポータル Z

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

アットコスメ

mixi

・今読んでいる本 好きな作家

今読んでいる本は上記をご参考に。

好きな作家は日本の女性作家が多いです。
林真理子、乃南アサ、藤堂志津子、江國香織、群ようこ
この5名は作品が出ると必ず読んでいます。

角田光代、吉田修一
この2名はこの1年くらいでとても好きになった作家です。

よしもとばなな
なんとなく、読みつづけているのできっと好きだと思います。
いや、好きなんです。

・よく読むまたは、思い入れのある本 この本は手放せません!

エコノミカル・パレス/角田光代
登場する彼氏は私が一番苦手とするタイプの男性だ。
その彼を支えるかのように一緒に住む主人公に共鳴は出来ない。
でも、読むとなんとなく落ち着くのだ。
この二人のようにしていても暮らせるんだから、自分はもっとラクに生きていいのかもしれない。
そんな風に思えるところが気に入っていて、なんとなく思い入れがある。

コスメティック/林真理子
上記でも書いたとおり、自分の仕事に通ずる部分があった頃、励みにしていた1冊。
PRの仕事というのは

・バトンをタッチ

まっしろな気持ち  ましろサン
グルグル読者日記  nonサン
ゆらbooks  ゆらサン
遊牧民人生~のらりくらり~  amachanサン
いちごピクニックe.p.  カヨさん

私がいつも拝見しているブログ、お気に入りのブログ、リスペクトしているブログといったことを考えて5名を選出させて頂きました。(勝手に)
最新の記事にTBさせて頂きましたので、もしよろしければ、お願いします。
スルーOKですので、ご無理なさらずよろしければ、という事でお願い致します。
既に参加していたら・・・・すみません。

書店に行くと読んでみたい本が溢れている。
新人賞を受賞した作家の作品は、どんなものかさっぱり想像もつかないからこそ読みたい。でも買って損はしないだろうか?なんてことも考える。
大御所の作家の作品でも帯びを見てみたり新聞・雑誌の紹介文を参考にしてみても、買って損はしないだろうか?と考える。
というのも、私のお小遣いでは毎月何十冊も本を買う余裕がないのだ。
女なので化粧品も欲しければ、好きなアーティストのCDや気になる映画のDVDも欲しい。季節の変わり目には洋服も買いたいし、美味しい物をステキなお店で食べたい。
あらゆる欲を満たす為に、本にだけお金を費やせないのだ。

そんな時は図書館が強い味方である。
読みたい本をメモし、図書館で探す。
時には予約し、手にする。
決められた期間内に返却しなければならないので、毎日コンスタントに読書に講じるようになる。
よってブログの更新頻度もアップする。
私の生活にプラスになる。

新刊も旧作も揃っている図書館という存在はとても大きく、大切だ。
しかし、借りた本がとても汚いと悲しい気持ちになる。
旧い本ではないのに汚れたりページがよれたりしているとせつなくなる。
公共の物をどうしてもっと丁寧に扱えないのか。
みんなで使うものだという自覚を持って借りていれば、あんなぼろぼろになることは無い。
道徳とかモラルとか、そういったものが欠如し始めているというのをニュースで見るが、本当のことなんだと感じた。

さて、今日の写真は図書館の風景だ。
撮影に利用したのは先日も報告したNATURAというコンパクトカメラ。
下手の横好き、写真素人の私でもカッコいいかな?と思える写真を撮影できる優秀なカメラだった。
自分の眼を通して見る風景を、写真に表現できるのは凄いことだ。
デジカメを使ってみても、色や味わいや雰囲気は写真っぽくなっていて、眼で見ているものとは相違がある。
でも、NATURAで撮影した写真は自分の見た景色と近い。
かなり満足いく写真になっていた。
ノーフラッシュなので図書館のようなフラッシュ撮影厳禁と思える場所でもきれいな写真を撮影できる。

他にも東京の風景を撮影してみた。(写真はこちら→

しばらくは、本とカメラを趣味として生活していこうかと思った。

読書とカメラ

私の趣味は、当然「読書」である。
しかし、同じくらい好きなのは「カメラ」である。
主に風景を撮影している。
季節の変化を追ってみたり、旬の花や食材を撮影してみたり、旅先の空や建物を撮影したり。

デジカメを使ってばかりの暮らしが4年くらい続いてる昨今。
コンパクトカメラを使う友人の姿を見て、私も欲しくなってしまった。
そんな時このカメラ~NATURA~モニターがあるのを知り、応募した。
昨日手元に届き、早速出先で撮影してみた。
自分や夫や風景など。
後日、こちらで写真の出来は披露したいと思う。

カメラの使用感はというと、まだ使い慣れないせいもあるが、なかなか難しい。
使い慣れないカメラだからか緊張する。
シャッターボタンの半押し感覚ってのが未だうまくいかず、ボケた写真ばかりなのではと心配している。
撮れたものがどんな出来なのか、直ぐに確認できないのに困惑した。
デジカメに慣れすぎている。
「現像してのお楽しみ」という感覚をすっかり忘れている。
とりあえず、天気のいい日に残したいと思っていた景色の場所へ行ってみようと思う。
もちろん、行くまでは本が友達だ。

「読書」も「カメラ」も素敵な思い出を残してくれるので好きだ。
あけましておめでとうございます。
書評ブログをスタートして3ヶ月経過し、新年を迎えました。
今年もマイペースで、色々な本について語りたいと思います。
お暇があったら、是非覗いてみて下さい。

読者になってくださった皆さん、ありがとうございました。
また、どこからから偶然いらした皆さん、読んでくださってありがとうございました。
コメントをくださった皆さん、ありがとうございました。

年末年始に本を読みたいと思って数冊購入しました。
結局、二冊完読したのみで残りはこれからとなっていますが、三が日のうちには終わりそうにありません。
また追々感想を掲載していきたいと思います。

出店であんず飴をなめながら、晴れた青空を見て今年もいい感じでありますようにと祈りました。
とってもキレイな青空でした。

青空といえば。
青空を見ながら本を読むのが好きです。
ルーフバルコニーで無印のオットマン付きの椅子に座ってロイヤルミルクティーを飲みながらのんびりと好きな本を手にする瞬間は幸せです。
そんな時間は、一週間に一度くらい取れたら幸せなんですが、なかなかそうもいかないのですが・・・
今年もそんなゆとりの時間を大切にしたいです。
本を手にする時間って、ゆとりの時間だと思います。
ゆとりある生活って大切ですよね。