「野生時代」に掲載されていた作品集で、不思議な女たちとそれにまつわる物語を11の短編を収録。

『最初の妻』は、中学生の頃の思い出を語った話である。
13歳の頃、特別可愛い訳でも無い、どちらかと言えば男子からより女子から人気のある同級生と、今で考えればデートのようなことをしたことがあった。
2人の持ち合わせたお金を合わせ、彼女が行きたいという隣の市まで電車に乗った。
中学生になったばかりで、隣の市まで女の子と出かけることは大冒険だった。
彼女が降りると言った駅は、なんてことのない寂れた街だった。
バスにのり、川沿いを歩き、オムライスを食べ、商店街を歩いた。
偶然見つけた不動産屋を前に、「もしも結婚したらどんな家に住むか」というどうでもいい話に白熱する2人。
それだけじゃ飽き足らず、歩きながら目に入った家に「ここはダメだ」「ここじゃないなぁ」と盛り上がる。
歩きながら話しつづけた時、彼女が1棟のアパートを指差し「ここは?」と聞いてきた。
何故か生々しく一緒に暮らすシーンが浮かんだことに焦り、僕は大きな声で「こんなところに住むなら死んだ方がいい」と言ってしまう。
彼女は一瞬悲しそうな顔をして、それから笑うのだった。
後日、彼女が転校してから何故あの時悲しそうな顔をしたか知った僕は心で「ちがうんだ」と叫ぶ。

他にも、どんな時も泣いている変わった女なのに究極の瞬間には泣かずにクールだった女を描く『泣かない女』、雨の日に居着いてしまった女の姿を描く『どしゃぶりの女』など、様々な女の姿を描く。
女性について、淡々と語る男性が主なのだが、その淡々としたクールさがたまらなく何か心に訴えかけてくる。
感じることは人それぞれだろうが、私は一話一話にせつなさや悲しさ、虚しさなどを感じ読み終えるまでに色々な気持ちを味わった。
あっという間の1冊だった。しかし、コレという物語が無かった。
心に色々な気持ちを感じさせたものの、読み終えて本を閉じた時「もう一度これが読みたいな」と思わせる物語が無かった。
味わい深い1冊だったし、作者の良さが出ている1冊だが、何か物足りなさを感じた。


<角川書店 2006年>

吉田 修一
女たちは二度遊ぶ
AD

コメント(7)