42歳の主人公が一気に襲いかかる老い・介護問題・夫への疑念等の試練に思い悩みながらも、大人の恋を手にしたい・愛されたいと足掻く姿を描く。
女性誌『Precious』に連載されたものをまとめた長編恋愛小説。

主人公・裕子は42歳。
有名校の教師である夫・康彦と、自分の母校である私立の女子大付属小学校へ通う娘・七実の3人家族である。
実父は既に他界し、実母は72歳で健康。兄一家と同じ敷地での同居をしている。
イタリア家具を扱うショップの店長として働き、余裕のある家庭の子が通う学校へ娘を通わせていることもあり、肌やネイルにも気をかけることが出来る幸せな生活を送っていた。
或る日、嫌々行った康彦の知人のパーティーで思いもがけない言葉を耳にする。
康彦の口から発せられた言葉に、裕子は愕然とする。
その言葉に囚われてしまった日から全てが狂い始めた。
実母が痴呆だと義姉が騒ぎ、介護問題が巻き起こる。
友人と軽い気持ちで行ったパーティーで知り合った男と深い関係に陥り、一人相撲だと気付き深く傷つく。
更に夫にとんでもない噂が立ち、一気に襲い掛かる様々な難問に裕子はどう対処すればよいのか悩み苦しむ。
そんな時、店の客としてやってきた誠実そうな男・新井と出会う。
店長と客としてのやり取りから、やがて友情、愛情へと進展し裕子は新井に支えられながら試練を乗り越えていく。

やがて訪れるだろう様々な問題を投げかけられたようで、一気に読んでしまった。
結婚し、仕事を持ち、幸せだと疑わなかった自分の生活が一転する瞬間が、いつかやってくるのかと恐ろしくなった。
大人の恋愛だけではなく、生々しい兄嫁との確執や実母の介護問題、夫との関係の崩壊が描かれ、ただの恋愛小説とは感じられなかった。
主人公の悩みは重いものが多く、帯を読んで感じていた印象とは全く違いヘビーなストーリーだったので引き込まれるように読めるが、読み終えた後に気分が落ちる。
未来への希望が若干削がれたというのか、歳を重ねることがとても怖くなってしまった。
ハッピーエンドでもなく、アンハッピーで終わるのでもなく、何とも表現し難い終わり方が悩ましい。
大人の女性向けの1冊。

<小学館 2006年>

林 真理子
秋の森の奇跡
AD

コメント(3)