かもめ食堂 / 群ようこ

テーマ:
フィンランドにひっそり佇む食堂を舞台にし、小林聡美らが出演。話題となっている映画『かもめ食堂』 の為に書き下ろしたという珍しい形での出版作品。

ヘルシンキの街に謎の食堂『かもめ食堂』が出現した。
街の人々は子供が営んでいると誤解しているが、経営者は38歳のサチエである。
サチエは早くに母を亡くしており、武術を教える父と二人暮しだった。
「日々修業」が口癖の父の言葉を守りながら厳格に生きてきた。
やがて料理に深く興味を抱くようになり、大学や料理学校へ通学しはじめる。
いつか自分の店を持てたらという淡い思いの下、勉強の為に食べ歩いてみてもなかなか思うような店には出会えない。
或る日、サチエは「日本でお店を開く必要なんかないんだ」と気付く。
そして、運良く資金を手にしヘルシンキで店を開いたのだ。
閑古鳥の泣く店の中を磨く毎日でも、サチエは幸せだった。
日本びいきのフィンランド人・トンミ君だけは毎日通ってきてくれるものの、珈琲のみである。
客足は全く伸びない『かもめ食堂』だったが、偶然の出会いでミドリ、マサコと出会い3人で店をやっていくことになる。
その過程をのんびりとした空気と独特のリズムで刻む。

ほのぼのとした挿絵、著者ならではのゆったりとした時間間隔での文章など本作では著者の長所が生かされている。
有り得ない設定だと言われてしまえば、そうなのだ。
無理がある部分もある。
でもそんなことは無視し、ただ物語りにハマってしまおう。
そうすればきっと楽しめる。
のんびりと、ゆっくりと、なんてことないヘルシンキでの日常に自分も一緒に溺れてしまおう。
読み終えた時にあたたかい気持ちになれるのが今の私には嬉しくてたまらなかった。
映画を見る予定は無いが、出演女優と物語がシンクロして心地よくなかなかイイ感じで楽しめた1冊。
決して恋愛小説ではないし、こんなジャンルですと断言できる本ではない。
ただ穏やかに、のんびりと時間が流れる物語の中で心地よく時間を過ごせる。そうとしか表現が出来ない。
春先の心地よい時期にのんびりと読書を楽しみたい方にはおすすめの1冊。

<幻冬舎 2006年>

群 ようこ
かもめ食堂
AD

コメント(5)