kuneru 30歳を迎え、不倫の恋に終止符を打ち新しい土建屋の仕事に燃える女。
45歳で離婚・突然の社長就任・一人娘の大学卒業とてんてこまいの毎日をやり過ごす女。
この二人が見つける未来を描く連作のような長編作品。


主人公は2名。
小さな出版社で編集者として勤める梨央・30歳と、実父の代から続く建設会社の社長だった夫と離婚して止む無く社長に就任した姫こと郷子・45歳。
梨央は同じ部署の上司・五郎と長く不倫関係にある。
誕生日を一緒に祝おうと言ったのは五郎だったのに、子供が熱を出したとキャンセルされひとりぼっちでバースデーを過ごすことになる。
たまらなく虚しい梨央は、立ち飲み屋で小さな出会いはないかと期待するものの、夢と終わる。
目に飛び込む自販機全てで酒を買い、飲みながら歩きまわった。
行き着いたのは建設現場。
入り口が開いていたので軽い気持ちで中に入り空を見上げて上に上がって行ったが最後、降りれなくなる。
助けてくれたのは現場で働く徹男だった。
ひとめ惚れした梨央は徹男を探し、お礼をし、なんとか恋のきかっけを・・・と模索する。
その中で、自分の毎日や人生を見直し、リセットしたいと望むようになる。
姫こと郷子は、夫の浮気を原因に離婚。
一人娘を抱えて父親から夫が受け継いだ建設会社の社長に就任する。
さっさと畳んで家賃収入で呑気に暮らそうと目論んでいたものの、実際はそうもいかず自転車操業でも会社を経営し続けていく。
リストラ、公共事業からの脱却など様々な困難が目の前に立ちはだかる。
早く逃げたい、辞めたい、誰かに助けて欲しいともがくものの、いつも誰の手も伸びてこない。
そんな二人が偶然繋がり、人生が交差していく。
建物を作ることに携わる女二人の波乱万丈の人生を描く。


女性向けの作品で、かなり読みやすい。
さっくりと2日ほどで読めた。

年頃の女性が人生をリセットしたいと思う点など、共感するところもある。
唐突な物語設定や、知らない業界ということで途中読み飛ばしもあったものの、楽しめた。
通勤の電車の中で、ランチタイムで、負担になることなく読めるであろう1冊。

今日はドラマも放送されるので読み比べもできちゃいますよ!!!


<文藝春秋 2005年>


平 安寿子
くうねるところすむところ

AD