平日深夜26時まで営業 愛知県東海市 ヘアサロン「ヘアー&フェイス ヤエ」 のブログ

平日深夜26時まで営業している愛知県東海市の美容院「ヘアー&フェイス ヤエ」代表 久野佳成のブログです。


テーマ:

2002年7月にやっていたドラマなんですが、

当時、テレビ欄で見かけて、

 

 

 

「夏って、いる?」

 

 

 

と思わず口から出ちゃってツッコんだのを

なぜか思い出して、

 

 

 

14年の時を経て見てみたんです。

(2016年時点です)

 

 

 

ま、ドラマだよね。

っていうハッピーエンドで

めでたし、めでたし。

な感想でした。

 

 

 

 

 

さて、

クノは2016年の夏、

タイ バンコクへ行きました。

 

 

 

 

 

あっちで、

 

「自分磨きが今年のテーマなんです。

ボディメイクしてます。

ダイエットしてます。

歯を矯正してます」

 

 

 

と、

美に対する意識がめちゃくちゃ高いな、この人は。

という、Kさん(39歳 男性)と知り合いまして、

すごく刺激を受けたんですね。

 

 

 

 

ちなみに、

私も、

血液オゾンクレンジング

腸内洗浄

遺伝子検査

1ヶ月で5kgやせたダイエット

・・・

(俺もそこそこやってきた方だけどね)

 

 

 

と聞いていましたところ、

 

 

 

 

 

 

「ブラジリアンワックスって知ってます?

脱毛もやってるんですよ」

 


 

 

 

さすが世界は広いぜ。

これがグローバルってやつか。

海を渡った先にはこんなやつらがごまんといるのか。

とまざまざと見せつけられたんです。

 

 

 

 

 

ここだけの話なんですが

実はクノも、

ヒゲの脱毛コンプリート者なんですね。

 

 

 

肌が白いもんですから、

青く見えるヒゲがイヤでイヤで。

 

 

(老けて見えるにっくきコヤツを何とかせねば)

 

 

と調べてたどり着いたのが、

病院でやるレーザー脱毛ってやつだったんですが、

 

 

 

 

 

 

むちゃくちゃ痛いんです。

 

 

 

 

 

 

大事なんで、もう1回いいますね。

 

 

 

 

 

 

むちゃくちゃ痛いんです。

 

 

 

 

 

 

ウミガメは産卵する時に涙を流すそうですが、

クノもレーザーが打ち込まれる度に涙を流しておりました。

 

 

 

 

 

あっちは感動の涙で、

こっちは苦痛の涙。

あまりの痛さに勝手に出るんです、涙が。

つーって。

 

 

 

 

 

よく輪ゴムで弾かれた痛さ。

 

と表現されていますが、

毛の密集箇所(ヒゲ)に関して言うと、

 

 

 

 

 

 

そんな生易しいもんじゃねー。

 

 

 

 

 

 

と申しておきます。

 

 

 

 

 

施術する人が100%女性の看護師さんで、

 

(なに大のオトコが泣いてんのよっ)

 

って思われるんじゃなかろうかとビクビクするケースで、

 

(あぁ、みっともねー俺)

 

という恥ずかしい気持ちと、

 

(あぁ、情けねー俺)

 

という恥ずかしい気持ちが

混じり合う中、

 

 

でも止まらないんだから仕方ないか。

 

 

とシャカの悟りを開いて脱毛したんです。

 

 

 

 

今では、毎朝のヒゲそりから解放されて、

 

「23、24歳くらいで、いっても26歳くらいかと思った」

 

と言われることも多くなり、

あの拷問のような痛みに耐えて良かった。

ホントに良かった。

と心の底から思っています。

でもあんなに痛いのは

2度と御免。

なのが正直な感想です。

 

 

 

 

 

さて、話を戻します。

 

 

クノ  「ブラジリアンワックスってなんですか?」

 

 

Kさん 「ワックス塗って、テープ貼って全身ツルッツルになるんです」

 

 

クノ  「痛くないんですか?」

→(痛いのはもうコリゴリだからね)

 

 

Kさん 「思ったより痛くないですよ、輪ゴムで弾かれる程度です」

 

 

クノ  「(でたな。輪ゴムで弾かれる程度。騙されねーぞ)

     ホントに痛くないんですか?」

 

 

Kさん 「余裕ですよ」

 

 

 

 

こんなやり取りをする中で、

ふと自問自答しました。

 

 

 

 

何しに海を渡りバンコクまで来たのか。

 

そこそこ美意識が高いと思っていたクノより、

遥かに先を行くKさんがやっていて、

クノはやらないのか。

 

やらずに後悔ほど、

みっともねーことはないんじゃないか。

 

「僕は止めときます」

 

なんて情けねーこと言ったら、

 

(はんっ、これがゆとりってやつか)

 

って鼻で笑われるんじゃなかろうか。

(クノは昭和生まれのゆとりではありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「僕もやります」

 

 

 

 

 

 

 

 

って即答だよね、ここは。

言わないと、武士じゃないよね。

平成の世だけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いったれ精神で場所を教えてもらい、

予約して行ったのがコチラ

ずいぶん思い切ったチラシです。

さすがタイと言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

ここまで読んで、

ブラジリアンワックスっていったいどういうの?

と思われている方へ

分かりやすい動画がこちら

 

 

 

 

 

 

それでは、

 

 

 

 

毛なんていらねえよ、夏

 

 

 

 

 

お送りしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう極論ね、

鼻毛から下の毛なんて要らないんですよ。

 

 

よく、

 

「外敵から身を守ってくれています」

 

と言うけど、

 

「いや、自分ここで何を守ってるん?」

 

 

って毛がいるじゃないですか。

意味不明な毛がいるじゃないですか。

もっと大事な所があるじゃないですか。

なんでここみたいな。

自分の使命を忘れたのかと。

 

 

 

 

 

もともと、

ムダ毛は字の通りムダであると思っているクノにとって、

鼻毛から下の毛は、

まさにムダ毛であると言わざるを得ません。

 

 

 

こんな記事もあります。

外国人は日本人のアンダーヘアを見てこう思う・・・・・

http://matome.naver.jp/odai/2143055037330887201

 

 

 

 

 

海外から見た日本人は、

清楚で奥ゆかしいとイメージされているのに、

なぜ肝心なところが無法地帯なのか。

もっと大事なところがあるだろう。

と意味不明らしいです。

 

 

 

 

 

 

日本人の感性と外国人の感性のズレを感じざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

ブラジリアンワックスの話に戻します。

 

 

 

 

ベッドが1つ入るくらいの

こじんまりとした部屋に案内されました。

 

「全部脱いで」

 

「全部?」

 

 

 

 

クノはタイ語が分かりません。

カタコトの英語でなんとなくいける程度です。

ただ、

 

「all」

 

って言ったのは分かりました。

 

 

 

 

「OK、脱いだよ」

英語と日本語が混じってます。

向こうには日本語はほぼ伝わりません。

が、

そんなのお構いなしに日本語が出てしまいます。

自国愛の国民性がにくいです。

 

 

 

 

 

すると、

2人の女性が入ってきました。

話を聞いてると、

7年目と3年目の2人がかりでやるみたいです。

 

 

「仰向けで」

 

 

ジェスチャーで理解して、

 

2人の方がそりゃ早いよね。

 

と冷静に考える中で、

 

 

 

 

 

ふと

異国の地で、

1つのベッドの上で、

真っ裸のクノがいて、

20代前半と30代前半くらいのタイ人 女性2人がいて、

 

これは何か起きても不思議ではないんじゃなかろうか。

 

と内心ちょっとドキドキしながら横たわっていましたら、

 

 

 

右腕を上げて、右脇に、

温かいというかちょっと熱めのワックスを塗り、

伸ばしたら

ガムテープのようなシールで、

バリッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぁっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と痛みで煩悩が吹き飛んだのは言うまでもありません。

 

 

 

想像して頂くと分かってもらえると思いますが、

ガムテープで毛のある所を剝がされたら

絶叫もんでしょ?

 

 

 

 

 

もうね、痛いんですから。

 

どこがゴムで弾かれる程度やねんとツッコミながらも、

今度は左足のすね毛に温かい感触があり、

伸ばしてバリッ。

 

 

 

 

 

「あぁっ!!」

 

 

 

 

 

2人がかりですからね。

痛がってインターバルおいて、

構えるなんて時間は許されていません。

痛みの波が代わる代わるやってきます。

 

 

 

 

 

脇やすね毛はそんなに大したことありません。

毛の密度によるんですね、痛さのレベルは。

ももとか、クノジュニアエリアとか、

中心に寄れば寄るほど密度が増すわけですから、

痛さのレベルも増します。

 

 

 

 

 

言うの忘れていましたが、

クノがやったのは、

 

 

 

全身脱毛コースです。

 

 

 

 

 

 

首から下の、

 

 

 

 

 

全身脱毛コースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ももの毛がうっそうとしているエリアに差し掛かってくると、

痛みが強くなってきます。

 

伸ばしてバリッ。

 

 

 

 

 

 

「あぁっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

痛いからもう止めようかな。

と軟弱な気持ちが顔を出してきたんですが、

 

この中途半端に毛のない状態で、

温泉に入れば、

 

 

「ねーパパー、あの人どうして左足だけツルッツルなの?」

「こらっ、指をさすんじゃないっ」

 

「ねーパパー、あの人どうして左足だけツルッツルなの?」

「こらっ、目を合わせるんじゃないっ」

 

「ねーパパー、あの人どうして左足だけツルッツルなの?」

「こらっ、オトナには色々な事情ってもんがあるんだっ」

 

 

 

 

 

 

 

子供の注目の的になってしまう。

それはいかん。

それはまずい。

と、

逆にやめられない状況

にあると気づいてしまい、

拷問の時間は続きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クノジュニアエリアに差し掛かる頃には、

痛みにもだいぶ慣れてきまして、

 

「もうどーんと来いよ」

 

と半ばヤケ状態でしたが、

 

 

伸ばしてバリッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぁっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日1番の絶叫が出ました。

 

 

 

うっそうとしてるとこは違う。

密度が違う。

なんでこんなに濃いんだよ、ここは。

うわーツルツルやないか。

 

もはや痛みとツルツルなアフターの感動とが入り混じった、

訳のわからないツッコミが出てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―――――1時間40分後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたばかりのクノがおりました。

 

 

 

 

全身脱毛コンプリートです。

 

ビフォー

 

アフター

 

 

 

 

全身さらけ出せないのが辛いところですが、

 

 

 

 

お値段 8200バーツ。

1バーツ 約3円。

24,800円くらいです。

 

 

 

 

 

 

 

感動したのは、

お風呂入ってシャワーを浴びた時の、

滑らかな肌心地です。

自分の身体じゃないようなツルッツル感で、

鏡に写る自分の身体をしばし鑑賞してしまうほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

そんなツルッツル感も1ヵ月、2ヵ月経つころには、

元のうっそうとした密林に戻ってしまい、

あの痛みに耐えたのに、

夢であってくれと願うほど、

すっかり元通りやないか。

と残念な気持ちになりました。

 

 

ブラジリアンワックスは、

レーザー脱毛や光脱毛とは違い、

根本的な脱毛ではなく、

一時的な脱毛だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

他に、

肌への負担が強いので、

赤いぽつぽつができ、肌が荒れました。

 

 

 

 

 

 

また、

生えてくる毛がチクチクして、

ももやすねが、

かゆいような痛いような気持ち悪さがありました。

 

 

 

 

 

 

最後に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

この一言に尽きます。

 

 

以上が、

メリットデメリットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結論としまして、

 

ブラジリアンワックスは、ナシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年も、

こんなクノをどうぞよろしくお願いいたします。

1月5日(木)から営業開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。