emotional.

テーマ:

あーーーーぁ。



やっとブログと向き合えました。



書きたかったこと、一つぐらいかけるかな。



んでは、早速・・・




*   *   *




忙しいながらも2007年はですね、



新年早々に「感動するもの」によく出会っている気がします。



ありがたいことに、そういう感動できる心を持っていると気が付ける時、



ちょっとだけ、自分が「まだ大丈夫だな」ってホッとします。





何に対してだよって感じもしますが・・・



“人間として、正しい感覚を持っている”って意味での安心ですかね。





今日はそんな「emotional」な私に、



追い討ちをかけたヨーダ様の授けたとあるマンガを紹介します。



*   *   *




私はハタから見ると相当なマンガっ子らしいのですが、



本人は全く自覚なし。



でも、マンガ自体は私にとっての気晴らしだったり、



イメージを形にする、訓練になってたり。



昔から絵やイラストを描くのが好きだったりもするので、



自然にこの手のものに惹かれている部分もあるのだと思います。






そんなマンガっ子?な私が薦めるものであれば、



それなりの説得力はある!のか、ないのかわかりませんが・・・




オススメはコレです↓



間瀬 元朗
イキガミ 1 (1)
間瀬 元朗
イキガミ 2 (2)
間瀬 元朗
イキガミ 3 (3)



・・・一見、「課長 島耕作」チックなイラストに、



怪しい宗教本とも思えるタイトル。



「なんのビジネスマンガ?」って感じにも見受けられますが・・・






超、端的に言うと、



「生きること」を考えさせられるマンガです。






一生懸命生きていくことを日本国民に日々学ばせるために、

無作為に選ばれた特定の人間に与えられる“試練”。

その“試練”を受け入れなければならない人たちの最後の一日の話。

お役所の立場から、その“試練”を特定の人たちに伝える仕事をする主人公が、

いろんな角度から最後の一日に携わり、いろいろと悩んでいくのだが・・・





毎回繰り広げられるストーリーごとに



驚くほど現代の社会問題を風刺している。



いじめ、ドラッグ、高齢化、業界、政治、離婚、親子問題・・・





まるで「美しい国」とは何か?という問いにも近い



日本の在り方まで映しているようだ。






現在3巻まで出ているのだが、是非1巻から読んでほしいです。





最初は「?!」の連続かもしれないが、



『自分がもし、“特定の誰か”に選ばれてしまったら・・・』



と思うと、必ず自分のストーリーも生まれる。



自然と感情移入してしまう。



こんなことはない、こんなことは作り話で、現実にはない・・・だからこそ、



こう考えさせられるきっかけ=気付かされるのだと。





ぶっちゃけ、久しぶりにマンガ見て泣きました(笑)





(ちなみに私は、1巻の2つ目のストーリーと、



2巻の1つ目のストーリーが好きです。)





シリアスなマンガがお好きな方は、是非。







最後に。



ヨーダさま、素敵なマンガをありがとう。虹






AD