emotional.3

テーマ:

早いもので、もう季節は3月デス。



今日はパートさんから一日早い、ひなまつりケーキを頂きました♪






そして・・・



よーーやく関係ない話(ブログ)ができる(書ける)ような時間が持てた!



(・・・仕事のグチを書き続けて、もう何週間だったんだ?)




よしよし、ちょっくら書きたかったことを書いてやろうじゃないのっ



って、完全に個人の趣味だけど。



ご覧いただける方はお付き合い願います・・・音譜





*   *   *





音楽好きのサクラギが好きになるアーティストには、



昔からよくこんなことがあった。





「メジャーデビューしてしまう、ダイスキなインディーズバンドは



7割方、良さを出し切れずにフェードアウトする・・・」





・・・どうしてなんでしょうかねぇ。





レコード会社?プロデューサー?が



彼ら、彼女らの良さを引き出せないのか、



注目バンドが全て1、2枚の作品でチャートを撫でるだけで



姿を消すこともあった。






・・・申し訳ないけど、



以前にも紹介した3ピースロックバンド、「アナログフィッシュ」もそうだった。



私は、この「アナフィー(勝手に略してこう呼んでいる・笑)」が



ダイスキで、先頭でライブが観れる頃にライブに行くほどの



超注目株だった。





「・・・やっぱり来たか!」と言わんばかりに、



注目したから2年としない間にメジャーデビュー。





もちろん彼らは私のことなんて知らないだろうが、



やっぱり好きなアーティストが広い世に出るのは、



淋しい半面で、嬉しいものなのだ。



(まぁ、ちょっと話したことぐらいはあるけどさ。売れてない頃ね)






・・・でも、またまた申し訳ないけど、



ファンの目から(耳からかな?!)見ても



デビュー後の「アナフィー」は、鳴かず飛ばずだった、




と思う。






『このまま、またいいアーティストが、



メジャーに上がってはいなくなっちゃうのかなぁ・・・』



なーんて、



むしろ見ないように目を伏せていた時期もあった。



忙しさに感けて。。。







・・・でも!



アナフィーは帰ってきたのだ。




まるであの頃のライブが浮かぶかのような



アナフィーらしさと、新しさを持ち合わせて・・・






私がこんなことを言う資格はないのかもしれない。



けど、やっぱり彼らは「帰ってきた」と私は思う以外できない・・・





アナログフィッシュ, 下岡晃, 佐々木健太郎
ROCK IS HARMONY(初回生産限定盤)(DVD付)




"ROCK IS HARMONY"・・・



まさにアナフィーの素晴らしさは、3ピースの醍醐味である絶妙のグルーブ、


3人が3人、個性と感性に満ちたコーラスワーク、



それぞれが担う楽器からの「ハーモニー」にあると思う。



『メジャーでもマニア受け路線の音を貫こうとでもいうのか?』という



ちょっと前まで私の目には、苦しさにも映った「彼らの個性」が、



しっかりとしたプラスのオリジナリティとなって開放感を放っている

アルバムがコレ!!





至る所のレビューでも一番注目されている、



シングル「Magic」、「アンセム」は、文句なしの「必聴曲」!



どのファンも共通して表現する、“狂ったように聴ける気持ちよさ”



持ち合わせていて、とにかくヤバイの一言。





アナフィー発のラブソングは、サワヤカなメロディーラインの



「ガールフレンド」



新生アナフィーのロックンロール魂を惜しみなく放出する「世界のエンドロール」。




ここまでいい曲で埋め尽くしておいて、



まだラストに持ってくれるような、こんないい曲あったんだ的な・・・



アナフィーが、音の厚みや濃さで誤魔化したバンドではなく、



正真正銘の3ピースだからこの音楽を奏でているのだと証明する「Iwashi」、




・・・などなどなど、



捨て曲ほぼなしの懇親のセカンドには、



彼らの音楽に対する思いの『底の深さ』を思い知らされる曲ばかり。





またまた失礼ながらも、コレには感動すら覚えました・・・(涙)






今となっては、毎朝・毎晩の移動を癒してくれる大事な曲。



会社行きたくない朝でも、



嫌なことがあって身も心も凍えるような夜でも、




この放たれたアナフィーロックに



心を忘れるほど浸れる。






そしてそういう時いつも、改めて私は思うんです。







「いい音楽に巡り合えて良かった。



アナフィーに会えて良かった。



アナフィーのファンを続けてて、良かった。




アナフィーを好きになって、本当に良かった!」




って。アップ






リスナーもアーティストも、



音楽と出会うかたちも変わってきたし、



音楽を守るかたちも変わってる。



・・・きっと彼らも、



いろんなものの狭間で悩んできたんだと思う。






でも、やっぱり、いいものはいいよね。



いつまでもアナフィーらしい音楽を続けてほしいです。






「アナログフィッシュ」、



サクラギのemotionalな部分にささる、大好きなアーティスト。



今、かなりのイチオシっす(特にこのアルバムね)虹虹



AD

The Rapture

テーマ:

こんばんは、サクラギです星


ようやくPCの前に、まともに向かっている気がします・・・



お給料も入り、先週一週間は「休肝日」一日もナシあせる


そのくせ、今仕事では一番絡みも多い


「ヨーダ」さんがヨーロッパなんぞに飛んでいるもんだから、


サクラギは割と仕事かぶってテンテコマイでしたわ・・・



(もーーっ。あれだけ言ってた件やり忘れて!

 

 お土産でも買ってこないと、許さないぞーっ得意げ




そうそう、交際費としてのお給料も大事ですけど、


サクラギは大好きな音楽という栄養を摂るべく、


毎月一枚はCDを買うことにしている(最近)。



今回は、この待望のアルバムに電撃が走りましたねーー雷




ザ・ラプチャー
ピーセズ・オブ・ザ・ピープル・ウィ・ラヴ

サクラギがアツく何度か語らせて頂いた、


「SUMMER SONIC 06」にも出演していた


ダンス・ファンク・ポストパンクバンド!!



前作「Echoes」のストイックな印象から一皮向けた、


約3年という彼らの成長を感じさせる


本作「Pieces of the People We Love」は


これはもー06年のサクラギベスト5には入る出来!



まだ各レコード屋の試聴機に入っていると思うので、


可能であれば、1曲目の「Don Gon Do It」を聴いていただければ


おそらくシビレます!!


シングルにもなった3曲目「Get Myself Into It」もラプチャー色全開でオススメ。



(ちなみに、国内盤をセレクトしたのにもワケが・・・


この3曲目のビデオと、国内盤限定でボーナストラックが付くからです!!




ジャケのセンスからしても、いい感じでしょ??


サクラギ的にツボなので、既に部屋に飾ってるし。




スッキリしない天気も、サックス&ベースの冴え渡る


ラプチャーで踊れば、もうサイコーです虹




ちなみにライブもめちゃめちゃかっこいーです!!


好き嫌いせずに、まずは召し上がれナイフとフォーク

AD

ヘヴィローテーション・CD

テーマ:
引越しした今週。

今日はミーティングのため、桜木町へ。



実は、同じ事業部の大先輩&アルバイト君の2人が



今日で桜木町を去る。



いいタイミングでお2人に挨拶できてよかったデス。





それにしても、



来週からは悲しいことなんて忘れられそうなくらい



忙しそう・・・



いや、そうでもしなきゃ忘れられないかもしれないから、



神様が仕向けてくれたのかな。



うし。がんばらな。






そんな今の私のヘヴィ・ローテーションCD。



生まれた年のアルバムとは思えません・・・

Talking Heads
Remain in Light

最高、かっこいいです。



ニューウェーブの最高峰、「Talking Heads」の



有名すぎる一枚です。



私は、弟に薦められようやく聴く機会を得ました。



(年下ながら、なんて曲を聴いているんだ、アイツは。。。)



とにかく今の私は、



「ONCE IN A LIFETIME」エンドレス状態。



“人生に一度だけ・・・”



何が起こるかは、知っている人だけのお楽しみ。



この曲に込められたメッセージから何かを感じるはずですよ。

AD

残暑スウィーツ♪

テーマ:

いやいやいや・・・


暑い。


桜木町も、やっぱり暑い日が続いておりますです。




桜木町の駅周辺って、クリスマスツリーがないんですよね・・・


(これはクリスマスツリーだけど・・・)


日陰がビル影しかないから、なんとなく「モワッ」とした暑さ。



あの、木陰に入った時の「ひんやり」はなかなか見つけることは出来ません・・・



会社に通勤しているだけで日に焼けそうですしょぼん



======== ========= =========



あたしが家に帰るのは、早くてもいつも22時過ぎ。



引越しした先のお気に入りの街は、夜遅くまで商店街のスーパーが開いてるから


ついつい、寄り道をしてしまいますチューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫




一日の水分を使い果たし、なぁんか冷たいものが食べたくなる。



そこで、この前ちょっとフンパツして購入したのがコレ↓



ハーゲンダッツ 「マルチパック」♪



バニラ1種類はベースの味として、3種類×2こずつで構成されているこのパック。




通常250円くらいで1個売りされている「ミニカップ」 だと、


「あぁ~、アイス食べちゃったなぁ・・・ショック!って感じがありますけど、


マルチパックの1個のサイズは、それより一回り小さい感じで食べやすい。



しかも種類が3つもあるから、いろいろ楽しめるのもいいんだよねぇドキドキ



私が見たことあるのは、


・バニラ×クッキー&クリーム×ストロベリー (パック ブルー)


・バニラ×グリーンティー×ラムレーズン   (パック グリーン)



あ。


どうやらリンクしたHPみたら、この2種類しかまだ出ていないらしい。



ラインナップ、増えないかなぁ~流れ星




“SummerSonic” is Heaven!!

テーマ:

サマソニ、行ってきた音譜



サマソニ06、ちょーーよかった音譜音譜



サマソニ、1日目も2日目も、それぞれカナリテイストが違って楽しかったーーっ音譜音譜音譜




あーーーーーーーーっ、心行くまで書き続けたい・・・





・・・けど、ドンドン降りかかってくる提案書の雨・・・雷雨雷


(昨日より、サクラギ出社・・・。サヨナラ、音楽三昧の夏!)




そらPCいちんち見てる仕事ですからなぁ・・・


結構ウンザリするわけですよ。心行くまで書いてたら。



***




とにかく、前回の私の予言?が的中したといえよう、


オススメCDで載せていたあの「The Flaming Lips」


(一日目のソニックステージ・トリ)のLiveは


マジで天国だった・・・



天国!



見て!この盛り上がり!


そして見たことありますか??このPeacefulな演出!!


風船が舞い、紙ふぶきが吹きあれ、紙テープが宙を行きかう・・・




いーーやーーーー、マジ涙が溢れそうになりました・・・




New Albumの選曲はもちろんメインでしたが、


前回取り上げた「The Soft Bulletin 」からも


大好きな「1. Race for the Prize」を1発目に披露~ラブラブ!!!


むっちゃ盛り上がりましたね~ うんうん流れ星




ぶっちゃけ、ヤクやってるだろ?!って感じのテンションではありましたが、


あとで同じライブを観ていたということが発覚した


会社のおねーさんも、この現場を『天国』と呼んでおりました・・・


そう、初日のソニックステージは天国だったのです・・・




私は天国を眺めながら、ふとこう思いました・・・




「ジョン・レノン以外に、


“Love&Peace”を感じ、


音楽で世界を救えると強く感じたアーティストはこれが初めてだ」と・・・虹



***



調子に乗って、Peaceful Flamingのコレも紹介しちゃいますよん!




ザ・フレーミング・リップス
アット・ウォー・ウィズ・ザ・ミスティックス


フレーミングの記念すべき「久しぶり」アルバム(4年ぶりだって)。


先ほど紹介した、「New Album」はこいつのことです。



前回紹介したフレーミングの代表作、「ソフトブレティン」 ほどの


“しっかり感”はないにしても、彼らのドリーミー&ピースフル感は


更にパワーアップ!


某アメリカ大統領を批判したYeah Yeah Yeah Song」


「Free Radicals」はもうちょっとした陶酔ソング。


骨抜きだけど、強いメッセージも感じるまさに「Love&Peace」な作品ですドキドキ




詳しくは、ブックマークにもしている「サマソニ06」サイトも覗いてみてね宇宙人


意外にも、大友好き。

テーマ:

25歳後半から40代ぐらいの人には、


結構ファンがいるんじゃないでしょうか・・・




「大友 康平」ファン!!




××  ・・・ショック!ショック!ちがうよーーーーっ!!




もとい、



「大友 克洋」の方ですっ。




日本の代表する漫画家であり、映画監督である彼ですが。




・・・実はサクラギ、この大友作品が結構、ツボ。


正直、大ファンなのですよ・・・ラブラブ



(まぁ、女の子では結構アニ○タ系のコ以外では見かけないと


よく大友ファンには言われますね・・・)





超有名な代表作として、「AKIRA」がありますが、


ホントに衝撃を受けちゃったマンガの一つですねー、いやぁ、本当にすごい。


なんといいますか、こう、「ケタ違い」なんですよね。



独特の世界観・発想力、細かく独創的な世界と表情を描きつつ、


どこか人間味のある画風。



おもしろい、というよりは、


“大友ワールド”がまるでノストラダムスの預言書のように


未来のことに思えてくるという、リアリティ&クオリティの高~い漫画です。




いや、漫画だけじゃないね。 


やっぱり預言書かも・・・





まず1巻は山形が死んじゃう所で、本当に悲しくなるんだけど。。。



大友 克洋
Akira (Part1)

バンダイビジュアル
スチームボーイ 通常版


んで、2004年にはアニメ映画、アップ『スチームボーイ』で監督を務めて、


現代のちびっ子たちにもちょっとこの感動と感覚?が伝わる機会ができたかぁ!


なーんて思っていたら!!




カップヌードルがCMで大友とタイアップしてるやん!!



ってなワケで、早速「日清食品」 のサイトをチェック。



おおぉぉぉぉ------ロケットロケット



CM動画もバッチリ、宇多田の歌とともにみれるじゃないのーー。



しかも「FREEDOM PROJECT」 とかいって、


FLASHバリバリのえらいこったページが出てきちゃってるから


ぶっちゃけ、『カップヌードルそっちのけ』の企画かと思ったら、


結構マッチしちゃってるからコレがまたズルイっ。




(そういや、ミスチルの曲とタイアップしていた時のカップヌードルCMも


メッセージ性が強くて結構好きだったしな。。 やるなぁ、日清!)



しっかし、大友のキャラがカップヌードルを食べるなんて~にひひ


ちょっと、不思議だし、身近でウレシー☆




そんなCMの今バージョンをこっから観れるように下にURL載せときます!



たった30秒に込められたストーリーなのに、さすが大友、奥が深いっグッド!


ゼヒゼヒゼヒゼヒ下のURLからチェックしてね虹



http://freedom.crossmarc.jp/xm51/View.aspx?t=7&v=0FtAkUzmg6EZL6LXK95YMqJCmGxEyKGCvtx1VfJvpdGpapnuLjYuEe0E4JqA7HLZGBFNUkaCz.FASru8UuyTRKbIPTwgxqDOwVVJyk7N-VidchJlE31jjHIAGJYOkk7S0wgihvDkLOk_&ocid=1




やっぱ、サイコーっすわ。うん。


これからも、未来以上に、未来を描いてくれ~!


大友、万歳!!



※本当にオタクっぽくてすいません。。 見た目は普通の?社会人(女子)ですからねぇ・・・

今日からFUJI ROCK!

テーマ:

今日から夏フェスの、しかも特大イベントがついに幕開けしましたね音譜



今年はレッチリとか来るし、音楽祭り好きにはたまらないんじゃないかなー。



私の知り合いも「夫婦」(タメ年です)で行ってますよ、祭。



そんなあたしは、近づく“SUMMER SONIC”に向けて



家のステレオん中は入れかわり立ちかわりCDが変わっております流れ星




今日は「SONIC STAGE」のメインアーティスト、



“The Flaming Lips”のご紹介!!



The Soft Bulletin




このアルバム、The Flaming Lipsのイメージをガラリと変えた、


ストリングスなどを取り入れたポップアルバム(99年)。



私の大好きな、「The Stone Roses」を彷彿させるような


ノスタルジックなメロディが、もはやおじさんバンド同然の彼らに


キュンとさせられる何かをかもし出しています・・・



サマソニでは2000年もトリを務めていたようですが、


今年も「SONIC STAGE」でやってくれそうですねーラブラブ



ちなみにアルバムからのセレクトとしては、


全部スキなんですけどこの辺がオススメっねこへび



1. Race for the Prize
2. Spoonful Weighs a Ton
5. Buggin'
6. What Is the Light?
12. Sleeping on the Roof



不安定な今年の夏の夕暮れ?にピッタリな曲たちですニコニコニコニコ


ぜひ!!







ブームなのか、去ったのか

テーマ:

金曜日。


今、私のフロアには女性しかいません!



女はよく働くなぁニコニコ


なんて、ヒマで寂しい人間しか集まっていないからかぁ???!





・・・そんなことはさておき、


今日はこのへんのねーさまたちと「ソーキそば」を食べることにしましたラーメン




サクラギは3年ほど前に、沖縄に1週間ほど滞在して、


本土や島々を巡っていたことがあるのですが、


その時から、どこでもほとんど「500円」で一杯食べることが出来る


この「ソーキそば」にハマりまして。


ほとんど毎日食べてました(笑)




大好きなんですよねー、ソーキラブラブ




今はブームと言えるのか、はたまた下火なのかは


正直分かりませんが、


この「沖縄の味」のファンって、結構いますよね。




桜木町も含めて、沖縄料理屋ってのは横浜方面にわりとあるので

エイサーをやっている人も周りにいることもあり、


いいお店を教えてもらっています。





今日は元町中華街方面のオススメのお店で合流予定っラブラブ!


楽しみやなぁドキドキドキドキ




あぁ。。おなかすいたぁ・・・(ぎゅるるるるぅぅ~って、おなかなりそぅしょぼんしょぼん