Lovely Place, Kyoto vol.1

テーマ:

ママと2人で、京都に行ってきました。






今年は恒例のお花見観光や、出張で何度か京都には行ったけど・・・




なんだかとっても胸に染みました。




未だ、まだまだ、興奮冷めやまず・・・。




* * *



旅行とはいえ、所詮は1泊2日。




普段、土曜の朝なんて、朝といえないくらいの時間まで




死んだように寝ているのに、早朝5:30起き・・・(苦笑)。







無事、東京から新幹線に乗る私、品川から乗ってくる母。




メールでやり取りしながら、ちょっと久しぶりに会った彼女は、




それはもう、ものすごいはしゃぎっぷり。




まるで子どものようにニコニコしながら、西に向かう景色をずっと眺めてました。








結局、一睡もさせてくれないまま(笑)、新幹線は京都へ。




ちょっと奮発したホテルに荷物を預けて、




道を聞いたりしながら、小雨の中バス停でバスを待つ。




なんといっても、



彼女にとっては、京都の、何もかもが初めて。




母希望の銀閣寺からのコースは、私も初めてなのだから。






・・・まず、たどりついた『銀閣寺』といったら、どうだろう。




『銀閣寺』という「わび・さび」で質素な建物が、すばらしい庭園と見事に調和して、




まだ残る雨の京都に紅葉を降らせていました・・・






つづいて、これまた彼女希望の『哲学の道』を歩く。




ちょっと雨脚が強まるが、川沿いの枯れ葉を踏み歩く道もまた素敵。




その間にも、息はどんどん白くなっていく。






・・・寒さを感じながらもたどり着いた先、彼女“悲願”の『法然院』へ・・・!






高すぎるほどの黄色と赤のトンネルの先に見える、




藁を吹いた厚い門。




苔で覆われて、まるでひとつの「屋根」を作り出している。




終始はしゃぎ、歓喜を顕にする母の、




黙って静かな風景を味わっている姿に




娘はそっと、この旅の意味を感じとる。






「母のこんな姿、今まで見たことあったっけなぁ・・・」







・・・目をはなした隙に、ずっと先の方で景色と溶け込む彼女。





(あぁ、足元、危ないよっ!!)



駆け寄る私と母の姿は、誰の目から見ても微笑ましかったようで、




この日は外国の方にまで写真を撮っていただいた(笑)






そんな京都での、一日目のストーリー。。。





初冬の法然院…スバラシイ!

AD

今は全力で駆け抜けろ。

テーマ:

毎日、3時ごろまで


とあることに準備をして、


会社行って、


めいいっぱい働いて、


また家帰ってきて準備、を繰り返し早10日・・・



3kgやせた体は忍耐力がない。


そろそろ精神的にも体力的にも


辛くなってきた。



でも、


今は、今こそはきっと正念場。


乗り切るしかない。




駆け抜けろっ


頑張れ、あたし!!





梅雨嫌い。


W杯もあっさり敗退。


特にいいこともない。


とにかくやることがいっぱいで、山積み・・・


そんなあたしの唯一の6月の楽しみだった、このアルバム。


Cocco
ザンサイアン(初回限定盤)(DVD付)


Cocco、5年ぶりのオリジナルフルアルバム。


初めて彼女を知った約10年前から、


迷って、迷って、迷って歌い続けていたCoccoの姿、


あたしは何回も見ていました。



でも、今の彼女の姿はどうだ。


先行シングルだった「音速パンチ」「陽の照りながら雨の降る」を


聴いても、彼女が“帰ってきた”のは事実。




しかも、更に存在感を増して、何かにふっ切れたような


新生Coccoとなって。




あたしを励ます、新しい彼女の存在は大きい。


迷いの後は、絶対一回り大きくなるんだぃ。


ね、Coccoさん・・・

AD

じゅちゅりました★

テーマ:

早いもので、もう一年も折り返し地点。


2005年も、もうおしまいやー!

はえぇぇぇー・・・(> <)


ということは異動してきて一ヵ月半。

そろそろ身になっててもおかしくない時期・・・。


そんな矢先に!


先日、後輩と同行してきたサイトのバナー案件が・・・


ついに受注へとつながりましたー☆★☆

ひゃっほうぅ♪

そのサイトは、自分の配属と同じ日にOPENしました。

趣味や生活でセグメントされたそいつを

まだ商品化しきれていないのにもかかわらず、

おいら、こうして嫁に出せるなんてうれしかとです(*^_-*)-★


まだまだぶっちゃけ商品価値が薄いものなのですが、

その分野では、まだ総合サイト自体が存在しないので

ワタクシとしましては一緒に成長したいと思っているのですよ。


○○万にはなりましたからねー。

まぁ生産性を見出せる手伝いが出来て、ちょっとホッとしました。


実際は今週に商品案が固まるから、ちょっとフライングなんだけどねっ^^;


続けて、ドンドン売っていけるお手伝いしますんで

ご存知の方はどうぞご一報を(笑)


さてさてさて!


テンション高いときに聞きたいCD、久々に紹介~♪

いつもCD買ってくれている方、ありがとうございます☆


これもかなりハイセンスですよ~☆


アーティスト: Zwan
タイトル: Mary Star of the Sea

スマパン解散後、ビリー・コーガンが組んだロックバンド。

またもベースは女の子。

ギターはもちろん、ベース・ドラムのリズム隊フェチの私でも楽しめまッす。

爽やかでちょっと切ないのに、しっかりとした重みはある聴き応えのある

サウンドにゼッタイはまります!!

・・・残念ながら来日もままならぬまま2003年9月15日で解散。


もう新譜は出ないわけです。


でも、このアルバムに全てが入ってるといっても

過言ではないと思うほどの出来ですよ。


カナリお気に入りの一枚っ!

AD

神様はいないと思った。

テーマ:

WEBがらみのお客様は、99%が「都内」だ。


―――私は、サクラギチョウ・・・(T_T)


近頃アポ3件以上+各種ミーティングも多いときは3件重なる。

そのために時には東西南北を移動、移動で時間を組む。


ようやく、社内的な部分での弊社WEBに関する問い合わせも

自分で対処できる知識になってきた。

昨日同行した案件は恐らく受注。さっきも別の件で営業部から連絡が(^-^)


流れを感じるって言うのは良いことだ。

・・・絶対、会社にいるなら『これを自分がやったんだー!』ってのが

チームであり、個人であり、ないとやりがいなんてやっぱり沸いてこない。


流れを感じるって言うのは、いいことだ



半面で。


神様ってのは無慈悲だ。

・・・昨日、私と、私の音楽友達との共通の友人が

他界したことを聴きました。


その方は、私が以前ブログにも書いた、大好きな下北沢で

カフェを立ち上げた人で、自分の方には媒体会社ということもあり

仕事の話を相談したこともありました。


3人の共通点は私のバイト先だったCD屋さん。

結構CD屋さんって、キャラ濃過ぎる上に音楽についてうるさいやつが

多いんですが、不思議と音楽の趣味が合う3人で、

特にその方は誰に言わせても『いいやつ』すぎる人。


そんな優しいココロの持ち主だからこそ、

友達に寄りかかってはいけないと思っていたのでしょうか、

精神安定剤と睡眠薬を常用。

親友にも『これからの予定』を話していた夜、そのまま眠りと共に

言ってしまったということでした。


こんなこと書くことじゃないんですけど、

なんか・・・こう・・・やるせなくて。

いい人が。いい人だから。。。やるせない。

それをここに残しておきたいくて!


でも、そんな彼だからこそ、こう思いました。


泣き喚くんじゃなく、前向きに彼の分まで生きていこうって、

みんなでココロに決めて生きていこうって。


ばかばかしいくらい当たり前ですけど、

立ち直れてない人も山ほどいるけど、敢えてそう心に決めました。


実は「Lamp」というアーティストを彼が大好きだったことを、

私は知らずにいたのですが、この話を聴く一週間ほど前、

偶然Kさんから薦められ借りていたのです・・・。


「偶然の必然」。

アーティスト: Lamp
タイトル: 恋人へ

素敵なメロディーと日本の古きよきポップスを感じさせる

オシャレな感覚を天国でも聴いてね。




キタッ!

テーマ:

来たッ。

自分の中で、ちょっと新部署での方向性が見えてきたぞ。


いやぁ。

こんなに嬉しいことはないっす。

だって、自分のここ一ヶ月間のココログルシサは、いつも「ここ」だったからさぁ。

実は結構悩んでんだってばぁ~ (ノ∀`)ノ アッハハー

見かけによらずね。テヘ。


今日は【営業⇔各WEB担当のリーダー⇔当部署(私と心強いお方Kさん)】の

仕組み作りの第一歩をついに全社にリリースした。

実は昨日からリーダーさんには連絡、早速レスをくれている。

もちろん、動かない部署の時間ロスは考えているけど、

思ったよりは波紋の広がりが早そうだ。 ヨシッ。


今まではセミナーに、同行、媒体・地域営業。

どこかの会社に学びに行ったり、先輩から勉強したり。

また「営業(超現場)」からの視点に偏っていたり・・・。


新部署にきても勉強、勉強で、自分のやってきたことは

一切役に立てないと思って取り組んでましたから。


でも今日のリリースが、

今までの経験によってそれぞれの立場を理解できることで

ちと戦略的に実践できそうなんです。

もちろん憶測の部分が多いから、実践⇒報告でブログにかこっと。


そっか。

これだー。なんかモヤモヤして形にしたくて出来なかったものって。

この部署にきて、やっと使いもんになれる気がしてきたぞ(オーゲサ?)


あとは、どこまで利益を上げられる仕組みになるか、だ。

これはバッチリ営業時代に染み付いてる。


あたしって野心家だわ・・・フフフ。


この部署にきて1ヶ月。いよいよ始動・・・いっくぞーp(>_<)q


明日は久々のセミナーだ。

eマーケのセミナーは本当に最近高い。

相場は¥30,000~高い所で¥200,000(会員制)

需要が高いのはわかるけど、リナックスみたいに

公共精神はないんですかね。日本の企業は。


うちの社長だって結構やってるぞ?


もっと日本のWEB産業を伸ばす気はないのかー!!

まぁ、そんな話です。


最後に今日は要望の多い洋楽で〆。

今年の夏、日本でも全国で開催される音楽フェスで

一番の注目といわれている「Summer Sonic」。

そこで復活するアーティストです。

アーティスト: ラーズ
タイトル: ラーズ(+8)

ザ・フーやザ・スミスを背景に、ブルースやR&Bをルーツにした

ネオ・アコ系ギターバンド(らしい)。

私的には90年代ロックにしてザ・バンドばりの古きよきロックを感じ、

心地よささえ感じてしまうメロディが好き。

わずか数年で解散。サマソニにて再結成にカナリウカレテマス★

名曲中の名曲、5.ゼア・シー・ゴーズ。

これはこの手のバンドを聴かない人でも、聴覚から

全身に伝わる「優しさ」みたいなものがあるはずです。

我が弟とハマッてました。(バカ姉弟)


すいません・・・長くて。

いつも語りすぎたり、専門家過ぎると誰でもやってるから

私的視点をいちおう大事にしてまーす。







古巣

テーマ:

夢にまで、昨日の企画書作りが出てきて(前回参照)

マジぐろっきーでした。

夢の中で仕事しても、はかどってないってば(T_T)


肝心部分以外は出来た(昨日の時点で)。

あとは、問題のコラボレート部分の書面化。

朝からPCに向かう・・・アポは13時・・・

アカン。

「かちょぉぉ~!!ダメです!絵にして下さい」と、

ギリギリまでねばった末に泣きつき課長に相談したら・・・


あっという間に出来た。


がーん。

あたしの悩んでたことが一瞬で・・・


課長の頭の回転の速さと共に、

自分の仕事の遅さに、軽くショックを受けましたね。。。

ふぇぇぇ~ん(泣)さすが課長。ちくしょぉ~

↑泣いたり怒ったりと、忙しい私でありました☆


おかげで今日の提案は良い方向へ。

なんとなく、企画書とか作るのは自分はそれなりらしく、

先方に伝わってよかった♪

大まかな外枠は出来た。いよいよ来週話も具体化させていく。


今日はそんなこんなで「古巣」にて残務をこなしに来た。

もともと渋谷での勤務。

会う人、会う人、丸2年もいただけあってなんか温かい。


今に不満は無い。むしろ新しいステップを私は楽しんでいるし♪

でも、離れてわかる居心地の良さみたいのもあるんだなぁと

改めて感じちゃいました。


ここでの夢はよく、魘されながら見ていたけどねっ(笑)☆


いい提案になってきた運と一緒に、自分自身も上げていかなきゃ。


⇒すっかり恒例になってきました、CD紹介っ!

私は自分を上げるときの歌は、結構決まっている。

洋楽を聴かないわけでは決して無いのだが、

ことあるごとに、特にJ-POPをあげてしまいたくなるのは

歌詞に励まされたりするからだなー。

私、すっごい日本語がスキ。

アーティスト: アナログフィッシュ
タイトル: 日曜日の夜みたいだ

これの1曲目「行くのさ」からカナリくる。

つーかこれは私に力をくれる曲なんです。大好き。

去年からソニーでメジャーデビュー。

これはまだインディーズ時代の作品だが、当時のライブパフォーマンスを

含め、彼らは「音楽の伝え方」を知ってたように思う。

最近はバンドでも、パート内の注目アーティストを独立して

取材してたりするが、コーラス、グルーヴをとっても

彼らは3人で「アナログフィッシュ」だ。

今後も大注目のアーティストです!!!!!