桜川冴子の0時間目の短歌

桜川冴子は歌人・教育者です。
ここでは短歌に関するページを公開します。


テーマ:

吉川宏志さんの第7歌集『鳥の見しもの』(本阿弥書店)が先月26日に若山牧水賞に決まりました。また、虫武一俊さんの第1歌集『羽虫群』(書肆侃侃房)は現代歌人集会賞に決まりました。また、「角川短歌」11月号は角川短歌賞の発表号。今年は佐佐木定綱さんと竹中優子さんの同時受賞。みなさま、おめでとうございます。本日、ご恵贈いただきました『九大短歌』第4号もこれまでの中で一番手応えを感じました。

一方で、ベテランの歌集もぞくぞく出ています。今回は小黒世茂さんと野田光介さんの新刊歌集の歌を。歌の実りの秋ですね~。それぞれの作品の中から私の愛する10首をご紹介します。


・読み終えし本は水面(みなも)のしずけさのもうすこしだけ机に置かむ  吉川宏志『鳥の見しもの』


・行き止まるたびになにかが咲いていてだんだん楽しくなるいきどまり  虫武一俊『羽虫群』


・川べりのよどみみたいなものだよと愛を説明し出す多摩川  佐佐木定綱「角川短歌賞受賞作」11月号


・三角定規で並行の線を引くときの力加減で本音を話す  竹中優子(同上)


・梨水(なしみず)のしみとほる夜のあかるさや家のあちこちに暗がりがある  山下 翔『九大短歌』第4号


・耳打ちの作法うつくし少女らの伝言ゲームの真円軌道  松本里佳子(同上)


・永遠に呼吸してろよ触れる手があるのも忘れて部屋のサボテン  真崎 愛(同上)


・プチトマト フォークの先端刺さる時ほんの一瞬皺が寄る皮  凌 若菜(同上)


・夕ぐれは誰かを探してこんちきちんどこまで行つたかこんちきちん  小黒世茂『舟はゆりかご』


・「お客様の中に歌詠みさまは居ませんか」一度言われてみたきものなり   野田光介『半人半馬』


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

桜川冴子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。