ミャンマーと日本 初の挑戦

テーマ:

こんにちは!

さくらコミュニティサービス 代表取締役 中元です!

 

先週私は1泊3日でミャンマーへ出張に行ってきました。

 

ミャンマー教育省ナショナルディグリーカレッジ(国立経済大学)と

大学生のインターンシップの覚書(MOU)を交わしました。

 

 

ミャンマーとして初めての国外のインターンシップであり、

来年は30名の学生が日本にやって来ます。

 

 

学生そしてご両親が出席され、書類の記名と説明会を行いました。

 

積極的な質問、ご両親からも握手を求められ、

最後は校舎前で記念写真を撮りました。

 

 

ミャンマーにとって国外への大学生のインターンシップは初めてであり、新たな歴史の1ページとして大切な取組みとなります。

 

ミャンマーに多くの人が来るように、またリピーターを増やすという観点から

日本のおもてなしスタイルを提案し、ホテルの観光大臣との関係のもと

今回の観光人材としてのインターンが実現されました。

 

なぜ観光?と思われる方もいらっしゃると思いますが、

介護と観光、どちらも人の心に関わる仕事です。

 

おもてなしの心を

ミャンマーと日本の架け橋としてきっと活躍してくれると思います。

大切に育てて行きたいと思います。

 

益々、さくらは前進します。頑張りますよ‼

 

日本発 世界へ

Let's world KAIGO !!

AD