こんにちは、近下さくらです。


先週6月6日に開催のアジア農業ビジネスチャンスセミナー。

とても盛況でした!

ご参加の皆様、ありがとうございます。


農業、というと泥臭い土や緑の匂いとともに

すごくエコロジカルな、美しい世界を想像してしまいがちですが

深刻な問題として、ビジネスとして成立するラインで、

農業従事者が生活できる普通の姿をどう作っていくのか。

そういった課題もあります。


セミナー開催当日は農林水産省様からの講演が決まり

急遽、五反田の会場からご登壇いただきました。


一次産業の進化を下支えするためのアグリファンドの枠組みについて

お話しいただくことができ、わかりやすい内容で

非常に有用で、貴重な機会になりました。



会場の様子も少しだけですが、

”アジアアグリビジネス研究会”のフェイスブックに掲載しています。


http://www.facebook.com/asiaagri

(フェイスブックの「いいね!」で応援もよろしくお願いいたします!)


ちなみにアジアアグリビジネス研究会の活動が、

ここ最近、非常に活発です。


内モンゴルでは植林事業と農業・畜産を絡めたビジネスも

行っていますし、ベトナムのダラットでは菊の花の栽培支援が

スタートしていて、本当に盛りだくさんです。

そしてアジアアグリビジネス研究会の皆さんからいただく

さまざまな写真こそ、まさに美しい。


私は、農業や畜産などの写真がとても好きです。

日本もアジアも、生命力、エネルギーを感じます。


こんど、とっておきですが

内モンゴルのアグリビジネスについて本を出します。

また今度ブログにも書きます。


お楽しみに。


AD

カナリア書房 近下さくらです。

おかげさまで、先日このブログでご案内した

仙台のアジアビジネスカンファレンスは大盛り上がりということで

報告を受けました。


こういう地方イベントをさせていただいたり、

セミナー講師のお仕事をグループでも多数いただきますが

地方からアジアへの流れがどんどんと出来上がっていくのを感じます。


私は進出ありきでアジアを語っていたいのではなく

日本もアジアの一員であり、経済的にも食糧でもなんでも

切っても切り離せない。胴体の一部みたいなもんだと。



いろんな意味で、私は日本人が好きで、

自分自身、日本人でよかったと思うわけですが。。。


なぜかアジアの話をするときには

決め付けが多かったり、噂話だけで盛り上がったり、

ときにはアジアを知っている自慢になったりで

ときどき辟易してしまうのです。


仙台の盛り上がりが生まれた理由は

ビジネスチャンスを大いに楽しもうという皆さんとの出会いで

一本芯の通った感性のつながりで

お互いによいお話しが出来たからだと思っています。



ということで、今週は6月6日には

アジア農業ビジネスチャンスセミナーです。

私の大好きなテーマのひとつ。


 農業。


なんでそんなに好きなのか。

単純に、農業している人の話は面白いからです。

自然相手で、動物相手で、とにかく面白いのです。


ベトナムやカンボジアや、モンゴルの地で

活躍される皆さんのお話はとにかくわくわくします。



よかったら、まだ少し席がありますので

どうぞお越しくださいませ。



http://www.bwg.co.jp/seminar/2012/asia_agri0606.html


おいしい食べ物を安心して食べられる日本人で

ほんとうによかったです。。。。(^∇^)



そろそろ出版についても、ブログに書かないと。ですね。


AD

東北発上陸!仙台発アジアへ

テーマ:
みなさま、こんにちは。

近下さくらです。


東北復興 & アジア へつながろう!ということで

仙台発上陸で、アジアビジネスカンファレンスを開催いたします。


震災から1年2ヶ月。


復興そのものは時間がかかることですが

新たなビジネスチャンスに向けての芽吹き、鼓動が

感じられるようになってきたようにも思います。


ぜひ、仙台にお近くの方、ご参加くださいませ。



http://www.bwg.co.jp/seminar/2012/abc0530.html


よろしくお願いいたします。



AD

近下です。


今日、カナリア書房の著者の株式会社遠藤メソッドの遠藤社長と

久しぶりにお会いしました。


http://www.em-labo.com/


遠藤社長とはご縁で制作をさせていただいて

ちょうど1年ちょっとになります。



現場主義で品質向上!/遠藤 勇

¥1,785
Amazon.co.jp



当時のホームページも一新されて

書籍発刊とともに遠藤社長が新聞にも取り上げられたことで、

露出度があがり、お仕事や問合せが増えられています。


いまはとてもお忙しくされていらっしゃるとのことでしたが

先々の2冊目の意欲をお持ちであったり、

本日も新たなノウハウのお話を伺うことができました。


遠藤社長のブログはこちら。 http://emlabo0811.blog135.fc2.com/


やはりその道のプロの方のお話はとても有意義です。

またメソッドを広めたいと熱い思いをお持ちで

上海でも活動されています。



出版社と著者。

二人三脚で、いろいろなものを作り上げる中で

小さなことでもお役に立てたらといつも思います。

がんばります。




アジアビジネスのココロ。

テーマ:
こんにちは。 近下です。


今年の1月~3月は、これまで以上に相当にいろいろなことがあり

かなりいろんなことを考えて考えてしています。


若干、お正月からの体重が戻りづらい感じですが

体も壊すことなく、ひとまず健康に仕事に励んでいます。


昨日、私の大学の後輩であり、神戸の経営者である方の書籍が

完成し、納品させていただきました。

事業承継というテーマが根底にあり、2代目、3代目ということで

会社を受け継ぐことについても学ぶ機会になりました。


また別ではまだ20代の若い経営者の本もいま手がけています。

執筆が順調なようなのでほっとしていますが

内容の仕上げと、これからのプランにあたっては気になることが

いくつもあります。

まさに勝負はこれから。



本日の本題。

アジアビジネスについて、私たちブレインワークスグループの

CEO近藤昇が、ブログを書いているのでご紹介します。

http://ameblo.jp/kondoh-blg/entry-11204268699.html?frm_src=thumb_module

テーマはいろいろ、織り込んで毎回執筆しておりますが

今回はアジアと日本人。


とても奥の深い内容なので、今回はあえて紹介させていただきます。

正確には、言葉では伝えられないことのほうが多いです。

仮に、アジア進出していると言っても、表面的なところで終始することもあり

(どっちが現地の知り合い多いかみたいな自慢比べっぽい話になったり)

もうこれは、仕方のないことなのかもしれません。


韓国は「壊れかけた橋を渡って崩れたら後はついてこない」という場所を

どんどんリスクテイクして進むそうです。(戻れないということも含む)


出版にしても、アジアビジネスにしても

なんにしても、日々日々勉強するしかない、と思います。



来週は、新入社員の入社式です。

楽しみです。