にのあいLINE 1※SA←N 切ない

テーマ:



{BE81F333-47C2-408F-94FB-54DEEE02C7EC}
{938E8C99-DCE5-44B7-A31E-55A63EE3482C}
{10E2508D-D33E-4349-B61C-491F5D8B6961}
{37742119-F7D7-4A5D-89BE-9B77DF6249D2}
{A26320BD-CE95-42B7-9825-53D8795EF6E4}




雅紀が、しょうちゃんの事で頭がいっぱいだと分かってるニノは、わざとアイコンを変えた。




2人のアイコンに変えた時
雅紀は「きもちわりぃ」と
しょうちゃん色に染まるかき氷を頬張りながら
笑っていた横顔をニノは思い出す。



俺は、きもちわりぃのに
あの人はアリなんだ。



鼻声になりながら
しょうちゃんへの気持ちを必死に伝えてくる雅紀に
ニノはもう背中を押すことしか出来なくなっていた。



行くなと、いくら手を引いても
いくら強く握り締めても
雅紀はニノの手を振り解いて、しょうちゃんの元へ行ってしまうだろう。



振り解かれるぐらいなら
背中を押した方が傷も浅い。
ニノは自分を守りながら



「何かあったら俺が居るから」



雅紀も守った。



このLINEの中で
今ニノが何をしても雅紀は気が付かないだろう。
そんな事、分かっていたはずだけど
アイコンを向日葵に変えても
何事もないように会話が進めば
やっぱり寂しい。

 

アイコン変えるにも
どれだけの勇気がいると思う?



数日後



しょうちゃんと雅紀、仲良く写る2人のアイコンから




「向日葵綺麗だね」



時間差で吹き出しされた言葉に
ニノは初めて涙を流した。







AD