2005年08月21日(日)

再検査(多嚢胞性卵巣症候群)

テーマ:多嚢胞性卵巣症候群

私は多嚢胞性卵巣気味です。

排卵・・なかなか しないんですよ。

この症状の人が最近増えているらしいですね。

ストレスや食事の影響もあるみたいです。


○多嚢胞性卵巣症候群について○


多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の表面が硬くなり、

卵が排卵しにくくなる病気です。

その結果生理不順や無排卵になったりする・・。

卵胞が、卵巣の中にたくさんできることでも判明します。

また血液検査では「男性ホルモン」の値が

高くなることが多いようです。



根本的な治療方法はなく、手術療法薬物療法が行われてます。


①手術療法・・腹腔鏡で卵巣の表面の一部をレーザーか電気メスで焼却。

          

②薬物療法・・ クロミッド+HMG療法、 HMG+HCG療法


     私は、お薬+HMG+HCGのフルコースでやっとこ排卵。



また、多嚢胞性卵巣は糖尿病になりやすい(汗)インシュリン抵抗性

という状態が存在し、これを治療することで排卵することが知られています。

比較的新しい治療法だと思います。

不妊学会でも発表されているはず・・。


血液のインシュリン値と血糖値をチェックすることで判明します。
また、メトフォルミンと言う比較的安全な治療薬を服用し

インシュリン抵抗性を低下させることが出来ます。



私は、このメトフォルミンを使った治療をしたいとお願いしたのです!!

   マエオキナガクテ スミマセン・・・



先生に治療法を提案するなんてドキドキしたけど、

今回撃沈したら、「お願いしよう」と決めていたので

頑張ったよ!!:;・:\(*^▽^*)/:・;




先生は、いやな顔をせず


「あ~、メトフォルミンね sakuraさんの場合はどうかなぁ・・」


と以前の血液検査の結果を凝視(笑)



「もう一度、血液とって血糖値みないといけないよぉ?」


「はい、いいです♪」


「すべての人に効果あるか、わからないよぉ?」


「はい、わかっています♪」




「よし、じゃあ、、やってみようか♪」



言ってみるもんですね!

ホルモン値が安定して、自然排卵できれば何イよりだし

卵の質もよくなるんではないかと・・・(ってか安易すぎる?)

これで効果がなければ、本気で体外のこと考えなくちゃ!



体外(IVF)するのであれば、納得してやりたい!!

その前に、今できることはやっておきたかったです。



25日に採血予定。

朝食を抜いた状態で血糖値をみるようです。

その結果でメトフォルミンの処方が決まるのかな??


鍼灸の先生も

「糖尿病のお薬で排卵して妊娠された方もいますよ!」

ってお薬の処方をすすめてくれていたので

ちょっと期待しちゃう~~O(≧∇≦)O



何よりも私の言葉に耳を傾けてくれた副院長先生に感謝!!タイトル未設定


多嚢胞性卵巣症の人で「糖尿病体質」と言われた方、

このような治療方もあるので参考にしてみてくださ~い!

あくまでも、先生と相談して決めてくださいね☆



長い文章を読んでくれてありがとう!!



←励みになります!

      

   いつも本当にありがとう!!<(_ _)>

   一緒に赤ちゃん抱っこするまでがんばろうね!!
   クリックで応援してくれたら嬉しいです♪♪(*´▽`*)ノ゛


AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2005年06月21日(火)

周期14日 36.30℃ (PCO)

テーマ:多嚢胞性卵巣症候群

      


明日は鍼の予定だったけど、あまりに卵胞が育っていないので(泣)

先生に相談の電話をしてみました。


11ミリだと、9日くらいの大きさだそう・・。


なので次が土曜日に入れているので、その日まで様子を見ることに。

私の計算だと(笑)土曜にAIHなんですよ。←あくまで予定


個人差はありますが、卵は1日「1ミリから2ミリ」大きくなるといわれてます。


月曜日に11ミリ。土曜日まで5日あるので、2ミリ大きくなるとすると

(これもあくまで希望)10ミリ大きくなります。


11ミリ+10ミリ=21ミリ!!(20ミリ前後で排卵)


これだと排卵してしまいそうですが、金曜日の診察で18ミリくらいだったら

今度はHCG注射をして、良い感じかなぁ・・・と。この計算おかしいかな(^▽^;)


私は*PCO(S)気味なので、卵の成長が遅いのです。

そのため、HMG注射しています。


PCO(S)とは、多嚢胞性卵巣(症候群)

  【Polycystic Ovary Syndromeの略】

  

  無月経無排卵、排卵障害、不正出血、また肥満、多毛、にきびなど

  の症状が出る。

  (すべてあてはまるということでなく、この中のいくつか症状出るよう) 

  

私はにきびもほとんどでませんし、毛深くない。

たぶん肥満までいかないはず(笑)

  

  血液検査でFSHよりもLHが高く、男性ホルモンも高いようです。

  この男性ホロモンがネックらしい。

  通常は小さな卵胞が出来て、そのうちいくつか大きく成長しますが

  小さいまま発育できない、もしくは発育しにくいので排卵に影響してきます。

  クロミッドで簡単に排卵することもあるし、まったく反応せず

  HMG注射を要するものまでさまざま。


今まで排卵までのHMG注射は1回だったのに、とうとう2回ですよ。

それだけ卵が育たないってことですよね~(^▽^;)


HMG注射の怖いところがあります。

卵巣が過剰反応おこし*OHSSになったり、多胎妊娠となったりする

可能性が高いとされています。(クロミッドより高いです)

  

 *OHSSとは【Ovarian Hyperstimulation Syndromeの略】


  HMG注射で過剰に反応した卵巣が大きくなり、おなかのはりが強くなったり痛くなったり、

  尿の量が減って腹水が貯まって苦しくなったりする状態が起こる。

  状態が続くと血液が濃縮し、まれには血栓症を起こして病気になってしまうこともあります。


怖いよ~~~・゜゜・(×_×)・゜゜・。


でも、今期はお薬と注射の力を借りようと思っていたし、

ある程度のリスクは・・・仕方ないな。


治療が出来るだけでも幸せかも知れないもん。(^^)(--)(^^)(--)

それほど若くもないから、妊娠しずらいのは事実だしね~。

 

同じPCOの方へ   

 不安にさせてしまったらごめんなさいね!

 

      

++++++++++++++++++

漢方(エキス顆粒)

マルチビタミン イソフラボン

プルーン



  

   ←励みになります!

          クリックで応援してくれたら嬉しいです~(o^-^o)

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。