魂の学び 笑顔の花を咲かせたい

霊視・霊感・未来透視 さくらの木 



テーマ:

ここ数日、三陸沖が揺れている。

Mが大きい。

北海道・東北が気になる。

防災意識を高めて下さいね。


2016年8月21日 21時49分ごろ 2016年8月21日 21時58分 三陸沖 5.1 2
2016年8月21日 1時28分ごろ 2016年8月21日 1時32分 三陸沖 5.2 1
2016年8月21日 1時10分ごろ 2016年8月21日 1時15分 三陸沖 5.5 2
2016年8月21日 0時58分ごろ 2016年8月21日 1時02分 三陸沖 5.9 3
2016年8月20日 18時01分ごろ 2016年8月20日 18時06分 三陸沖 6.0 3
2016年8月20日 14時15分ごろ 2016年8月20日 14時20分 三陸沖 5.3 2


8月2日掲載(抜粋)

先日、リアルな夢を見た。

赤い橋を渡るといきなり川が増水して流された。

溺れちゃって大変でした。

夢でも怖かったなー。

場所は、北海道。

北海道は、水の浄化に注意して下さいね。

こんな橋だった。(この画像は、京都)

http://find-travel.jp/article/22092  


台風7号、北海道に上陸 23年ぶりに最初の上陸点に

台風7号は17日、東北の沿岸部沿いを北上し、北海道に上陸した。強風や非常に激しい雨で山形新幹線や空の便は運休や欠航が相次いだ。北海道を縦断し、18日朝にはオホーツク海で温帯低気圧になる見込み。気象庁によると、台風の最初の上陸点が北海道なのは、平成5年の台風11号以来。


台風11号 北海道東部に上陸へ 厳重な警戒を

台風11号は、北海道釧路市の沖合を北へ進んでいて、まもなく上陸する見込みです。北海道ではこれまでの雨で川が氾濫し、土砂災害が発生しているところがあり、引き続き厳重な警戒が必要です。

 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
事故物件

何らかの理由(自殺・殺人・事故・孤独死・・・)で人が亡くなってしまった住居


不動産屋さん曰く、事故物件は連鎖する事が多い。

気にしない人ならメリットだらけの事故物件だが・・・。


十数年前にバルコニーで首吊りした物件があった。

それを解体して更地にして新築。

最近購入したお客様が同じバルコニーで首吊り自殺。


浴槽で練炭自殺。

その後お風呂も全部取り換えて事故物件を販売。

購入したお客様が同じ浴槽でクモ膜下出血で亡くなった。


4階の雑居ビルで・・・。

1階で殺人、2階で傷害致死、3階で首吊り自殺。

その後2階に住む住人も別の場所で自殺。


豪邸で殺人事件。

そこを更地にして建売り住宅を作っている途中で大工さんが事故死。


事故物件購入後、旦那様が大怪我、その後お子様も怪我をした。


“排水溝に長い髪の毛がからむようになった”事故物件にまつわる本当にあった話

人気お笑いコンビ、メイプル超合金のカズレーザー(31)が住んでいることでも話題になった「事故物件」。事故物件とはマンションやアパート、土地、家屋などの不動産物件で、過去に自殺や殺人など死亡事故があったものをさす。
「心理的瑕疵(欠陥)物件」とも言うが、つまり精神的にキツ~イ物件ということ。たとえ破格の賃料であっても、血まみれ殺人があった部屋だと知ったら、避ける人が大半だろう。近ごろでは『大島てる』などの事故物件公示サイトも運営されており、その認知度も高まっている。

 今回は、怪談蒐集家の寺井広樹さんが霊感に目覚めた家の話。

「大学4年のとき単位取得のため、京都御所近くに3か月だけ部屋を借りました。僕の前の住人が首つりをした、という事故物件で。月の賃料はなんと1万円。10年ちょっと前の話とはいえ破格です。貧乏な学生時代でしたから即決しましたよ。寝ている間の金縛りはしょっちゅう。夜中になると、お寺の鐘が鳴る音が響きます。

 いちばん怖かったのは、夜寝ていて、床をこするような音が近づいてきたとき。そのまま髪の長い女性が現れて、首をつる姿が見えたんです。そのころから、風呂場の排水溝に長い髪の毛がからむようになった。さすがに髪の毛は気持ち悪くて、大家さんに見せて訴えたんです。

 優しい女性の大家さんで、本気で“かわいそうにね”と言って、現場に花を供えてくれた。しばらく供花と寝食をともにしていたら、成仏したのか、何事も起きなくなりました。僕は霊感ゼロでしたが、あの家に住んでから霊感がつきましたよ」


アパートの隣人が妻殺害

この話は、数十年前に、知人から直接聞いた実話です。

知人は、新婚当初アパートに住んでいた。

帰宅するとそのアパート前が人だかりになっていたので驚いた。

警察まで出動していてテープか紐みたいなものがアパート前に張られていた。

知人は、警察官に『このアパートで殺人事件があった』と聞かされた。

犯人は、知人の部屋の隣人だった。

隣人も新婚夫婦で、たまにご主人(犯人)の怒鳴り声が聞こえていた。

殺人の引き金は、奥様の焼いたホットケーキ。

奥様がホットケーキを焦がしてしまい、それに腹を立てたご主人(犯人)がホットケーキを焼いていたフライパンで妻を撲殺。

知人は、殺人事件が起きた部屋と壁一枚隔てた隣の部屋に居るのが本当に怖かったと言っていた。

新婚旅行にと二人で貯めたお金を引越し資金にしようとご主人に相談したが、拒否された。

その事件が起きてから数日後、知人が寝ていると何か変な音がしたので目を覚ました

その時知人は、フアフアと飛んでいる人魂を見た。

ファファと部屋を回って殺人事件のあった隣の壁に消えて行った。

知人は、恐ろしさのあまり声も出せなかった。

ご主人を起こしても『寝ぼけたのだろう』と相手にされませんでした。

しかし、翌日も同じ現象が起きたのです。

そのうちご主人も人魂を見るようになり、その後知人は、そのアパートを引き払いました。


障子に浮き出る赤い字

この話は、今から数十年前の実話です。

兄の友人A君の住むアパートについて、霊視鑑定を依頼されました。

霊視をすると本当に怖いアパートでよくA君は、住んでいるなと不思議に思いました。

A君がアパートに帰宅すると、お風呂場からシャワーの音がして誰かが入っている感覚だったり、照明が急に消えたり、テレビのスイッチがついたり消えたりと、まさにポルターガイスト状態です。

一番怖いのが、障子に赤い字が浮き出ると言うのです。

私は、『名前が出るはずだから控えて下さい。』と話を致しました。

やはり男性のお名前が浮き出たそうです。

私『この名前は、以前ここの住人ですから、大家さんに聞いて下さい。』と申し上げました。

A君は、気持ち悪いので兄が大家さんに聞いたそうです。

やはりA君の前に借りていた住人で、今行方不明になっているお方だと大家さんが言っていたと兄から聞きました。

A君の隣に住んでいた方も壁から数人の子供が出て来てまた壁に入って行く現象に悩まされて、精神科の病院に入院したと兄が話しておりました。

このアパート全体が可笑しいのです。

この土地に問題があるのです。

私は、兄に『一刻も早くこのアパートを出ないと大変な事が起こるよ!命の保証も出来ないよ。よくA君平気でいるね。慣れたのもそうだけれど、そんな状態にさせられているの。無理やりでも引っ越してね。その後は、お祓いしなくてはダメよ。』と告げました。

その後A君は、早々にこのアパートから引っ越し致しました。

赤い文字が浮き出るなんて、本当に科学で証明出来ないことが実際に起きているのです。

霊能者でも本当に怖い霊現象でした。


MEGUMI 恐怖の心霊体験談 「女の子が殺された部屋に住んでいた」

 |  リブログ(0)

テーマ:

夏期休暇は、旦那様のご実家へ帰郷するお方様がおられる。

そこで嫁VS姑バトル。

お客様から頂いたご意見です。


嫁の言い分


帰郷して直ぐに夕食を作らされた

覚悟はしていたけど・・・。

早々に女中代わりにされるのって腹が立つ。

夫は、お客様扱い。

お酒を飲んで楽しそうにしている夫と義母の姿を見ると殺意が芽生える。


出産後暫くして、夫の実家に帰郷。

義母から『今度は、男の子を産んでね!』と言われ悲しくなりました。


慣れない夫の実家で過ごし、早くお風呂に入って寝たいと思いますが・・・。

義父と夫がダラダラとお酒を飲み義母達とも会話が弾み、私(嫁)は遠慮してお風呂に入れない。

子ども達は、最初に入るが・・・。

義母は、先にお風呂に入ればと私(嫁)には言わない。

私(嫁)は皆が入った一番最後にお風呂に入るが、お湯は少ないしドブ水状態。

最後にお風呂掃除までさせられストレスが溜まります。


夫を見て『少し痩せた?』と義母に言われ、夫は『苦労しているんだよ!』とジョーダンで返す。

その後、義母から

『ご飯も満足に食べれてないなんて・・・』

『仕事で疲れて帰宅しても家事をさせらて・・・』

『職場で気を遣い、嫁にも気を遣い・・・』

『安月給で言いたいことも言えない・・・』

とブツブツ聞こえるように呟く義母。

『私(嫁)のせいで痩せたと言いたいんですか?』

と尋ねたいがそれも言えないし、もう二度と義母を見たくないです。


義母は・・・。

孫の悪い所は、ママ(嫁)似。

良い所は、パパ(息子)似。

よくそんな都合の良いように考えられると呆れてしまいます。


姑の言い分


挨拶一つも言えない嫁。

親戚の集まりに参加して欲しくないです。

恥ずかしいです。


家事や子育てが出来ないのに、化粧が濃くて爪も長くて・・・。

何を考えているのか分かりません。

嫁に会うのが嫌になります。


たまに尋ねると家のゴミが散乱。

慌てて片付ける息子を見てると、息子に対して情けなさと平気でいられる嫁の根性の悪さにはらわたが煮えくりかえる。


息子の給料が安いと言いながら結婚して一度も働かない嫁。

専業主婦だから当然家事をしているかと思っていましたが、料理が苦手だと言って息子(夫)に作らせて自分(嫁)は、晩酌しているんです。

子どもが出来ないうちに早く離婚して欲しいです。

嫁だと認めてませんから。


義父と息子には、媚を売り、私(義母)には挑戦的な嫁。

『お母さんの料理は濃すぎて食べられない、味見するんですか?』

何か助言すれば

『そんなことを言ってもお母さん達の時代とは違うんですよー』

目上の人を立てるとか、教えて頂くとか全く無いし、人の話しも聞かず、自分勝手な嫁に呆れてます。


私は、お嫁さんからもお姑さんからも様々なご相談やご意見を頂きます。

『そんなお嫁さんいるんですか?凄いですねー』

可愛くないとかのレベルじゃ無い!

失礼だけど愚嫁だよ!

と思う時もございます。

でも息子さんがそれで良いなら仕方ないよねー。

殺されそうになっているなら、どうにかしないとダメだけど・・・。

お姑さんのお気持ちも分かりますが・・・。

結局、夫婦の問題なんですよ。

愚嫁は、いつか痛い目に合います。

世の中甘くないですよ!

また後程。


姑が無事で嫁憎し

嫁に意地悪をしているうちは、姑が元気であるの証
姑が元気なうちは、嫁いびりがやまない

嫁憎し=姑元気

姑に寝込まれるよりいいですよ。



ラブラブラブラブラブラブ 音譜音譜音譜
 |  リブログ(0)

テーマ:

友人

『会社の人から聞いたんだけど、旦那さんを親友に取られたんだって!旦那さんが体調を崩して寝込んでいて、会社の人は仕事で旦那さんの面倒が見れないから、親友に看病をお願いしたんだって!そうしたら旦那さんと親友がデキちゃって、それで会社の人は離婚したらしい。だから、旦那さんが具合悪くても親友に見てもらわない方がいいと言っていた。』


さくら

『具合悪くて女房の親友と深い仲になれますか?そもそも女房の親友に看病してもらう?そんなに悪いなら入院するでしょう。親友にうちの旦那の看病お願いしますなんて普通言えないよ!会社の人も元旦那も親友も頭可笑しいよ!お馬鹿トリオだよ!獣のような旦那は肉食親友に食べられて良かったじゃん。別れて正解だよ!


さくら

『今から25年位前なんだけど・・・友人宅に電話したら旦那さんが出たの。友人は外出中だったの。またお電話致しますと言って電話を切ろうとしたら、旦那さんが今から二人で飲みに行かないって言うんだよ!そしていつも可愛いね!好きだったって言うの・・・ビックリでしょ!女房の友人に言う言葉?完全に狂ってるよ!人を馬鹿にするのもいい加減にしろだよ!友人の旦那と飲みに行くわけないよ!私、気持ち悪くなっちゃったの。でもさ、そこで狼狽えても可笑しいから・・・気まずくなるのも嫌だから・・・旦那さん、私ねーお酒飲むと旦那さんに何するか分からないのよ!旦那さんの命の保証が出来ないから、ご辞退致します・・・と言って笑ったよ!もう笑うしかないでしょ・・・友人には言えなかったよ!結局友人はその旦那さんと別れた・・・そんな男だったんだよね!


友人

『私の自宅に尋ねて来て、私が不在でうちの旦那に、直ぐ帰宅するので家に上がって待ってれば?と言われたらどうする?』


さくら

『連絡入れてから伺うし、私よその家行かないから・・・出張鑑定なら行くしか無いけど・・・基本面倒だから行かないよ!たまたま行ったとして・・・友人が不在なのに家に上がるわけないじゃん。非常識だよ!友人に誤解されたくないし、良い気持ちしないでしょ!夫婦が揉めたらどうする?』


友人

『平気で家に上がり込む人がいたから・・・私ビックリした!旦那のことも嫌になった!』


さくら

『可愛いねー旦那さんのことを愛しているんだよ!いいことじゃん!社交辞令を鵜呑みにして上がり込む友人もオツムが足りないんだよ!』


友人

『昔男友達と友人夫婦の4人で飲みに行って、そのご夫婦の家に泊まったことがあって結構皆飲んじゃって、皆でコタツで寝てたら・・・旦那さんが私の胸を触ってくるの・・・酔いが一気に冷めてヤメテーって叫んじゃった!』


さくら

『今流行のゲス男だよ!お酒を飲むと女を欲しくなる男がいるよね!怖いよねー・・・でも貴方にも隙があったんだよ!コタツで寝るなんて・・・その奥さんもショックだよ!私だったら騒がない!奥さんのことを思ったら騒げないよ!無言でその旦那に思いっきりケリを入れてやる。その後は、何事も無かったようにしているな!』


ゲス男に迫られ、その気になる女がいる。

毅然とした態度を取ればいいのに、受け入れる女がいる。

一人で不倫は、出来ません。

お馬鹿男には、お馬鹿女が寄り添う。

女の敵は女です。

お気をつけ下さいませ。

また後程。







ラブラブラブラブラブラブ 音譜音譜音譜
 |  リブログ(0)