昨日、パシフィコ横浜で開催された、かながわ高齢者福祉研究大会で発表してきました。

 

 

タイトルは、「言葉での表現、理解が難しい入居者様への対応について ~非言語コミュニケーションの大切さ~ 」です。

 

 

認知症が進行し、言葉に理解ができなくなってきたご入居者様に、ゼスチャーや、実演を交えてコミュニケーションをすることにより、日常の家事ができるようになったことの発表です。

 

若手の2人の職員が発表しました。

 

 

私達は普段は狭い世界で仕事をしていますから

 

このような大きな、そして華やかな会場で発表したことは、若い職員にとって、最高の経験になったかと思います。

 

これを機会に、また一段と成長してくれることを祈っています。

 

若手職員のお二人さん、ご苦労様でした。