Mダックス♪さくらの日記

さくらの日常と、ママのこと、動物問題、色んなことを載せていきます★


テーマ:

なかなか更新&コメレスができなくてごめんなさいあせる

いつも遊びに来てくれるみなさま、ありがとう。しょぼん


ヒマワリ   うお座   ヒマワリ   うお座   ヒマワリ   うお座   ヒマワリ





昨日のこと。


いつもの様にパパが出勤。

その後ひとりゆっくり朝ごはんを食べていた時のことです。


ふと窓に目をやると・・・・


網戸に黒い物体が!!!

( ̄□ ̄;)!!




よ~~~~~く見ると、

コウモリの子供ではありませんかショック!

(真ん中にいますよ~)



どうやら飛行訓練中、落ちたか…ひっかかったのでしょう。




コウモリといえば、夜行性。

そして鳥類では数少ない哺乳類。

人間やワンコ&ニャンコのように母乳から

赤ちゃんを育てます。



夜行性の動物が朝から網戸にいること自体、

普通では考えられません。



それに北陸は台風接近の影響で、

38度もの暑さ。ヒナには耐えられない直射日光晴れ




どうしようか長考していると、網戸からヒナは落下叫び

急遽、軍手着用をして保護しましたDASH!

(野生動物は人間の匂いをつけたらダメなのです。)



体長3~4センチのまだ小さな子供。

あまり元気がありません。



綿棒に動物用ミルクを染み込ませて鼻元に

かざしてみると、チューチュー吸ってくれましたチョキ



栄養と水分補給はヒナにとって、とても大事。

落ち着いた夕方、鳥獣保護センターに連絡を入れ、

引き渡してきました。



野生動物は原則として自宅で飼ってはいけないのです。

(鳩やキジ、カラス、スズメなど一般の鳥全般)

どうしても自宅で保護、看病をする場合は県へ届けをだしましょう。

その場合、将来的に必ず自然に帰す約束をします。



コウモリは哺乳類なので、数時間おきの授乳、

そして成長過程には離乳食、飛行訓練もあります。

人間が手を貸す場合、

飼育はヒナから成獣になるまで生存率も低いのです。



私がそのまま保護してもよかったのですが、

ここは専門知識のある24時間看病をしてくれる職員の方が

一番この子のためになると思いました。しょぼん







さてここで皆様に質問。

あなたは傷ついた動物を、見捨てることができますか??




人間に害があってもなくても、

同じ命です。

その子がどんな事情であれ、困っているのなら

できる限り助けたい。



犬だから猫だから鳥だからという理由で、

どうか見捨てないで欲しいのです。



犬猫は動物管理センター。

鳥は鳥獣保護センター。

これはどこの県にも必ずあると思います。


連絡をし、相談するだけでもたくさんアドバイスをくれますので、

一報するだけでも意味があることです。




鳥獣保護センターの職員さんが笑顔で対応してくれ、

このセンターに来た子は、完治&成長後必ず自然へ返す説明をしてくれました。

問い合わせをすれば、いつでも状態をお知らせしてくれるそうです。


どうか無事に育って、元気に羽ばたける日が来ることを

願って託してきました。

どうかどうか、元気になりますように。




ヒヨコ   クローバー    ヒヨコ    クローバー    ヒヨコ    クローバー



すこ~しお毛毛を短くしたさくらさん。

コウモリのヒナにも敵意を見せず、

始終良い子でいてくれました。ありがとねハート





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

私は県内のレスキューさんと一緒に呼びかけをしています。

たくさんは保護できないけれど、

たくさんの行動はできないけれど、


それでも私にできることはある。


少しでも多くの命が助かってほしい願い。

それを、声にすること。伝えること。



アニマルポリスの賛同員にはお知らせで

届いたお話のひとつ。

『奇跡の母子犬』



どうか皆様にも見てほしいです。

そして考えてほしい。人間のあり方を。



捨てる人間がいるからこそ、収容されるワンコ。

処分せざるを得ないセンター。



雑種だけのお話ではありません。どの犬種もです。

バックヤードブリーダーや悪徳ブリーダーがいる。

簡単に飼って、捨てる人もいる。

子供が欲しいと簡単に交配させ、売ってしまう。

自分に子供が生まれたからと言って、誰かにあげてしまう。

『自分は違う』言われても、本当ですか?と聞きたい。





全て、人間が『理由』をつけて放棄するのです。

収容される子は、後を絶ちません。



先日、県内でも虐待され、河川敷に投げ捨てられた子がいました。

首にひどい傷を負って、その子は数日間、悲しい声で鳴きました。

捨てられても、その場でずっと待っていたのだと思います。



見かねた近所の人が通報し、レスキューされましたが、

この子の心の傷は、すぐ治るものではありません。

人間を信じ耐えていた後、捨てられたのです。





どうか皆様も、このお話を通して動物の命を

もう一度考えて欲しいです。

そして少しでも多くの小さな命が救われる日本であってほしい。

そう、願っています。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

りんちゃんママさんのところで呼びかけがありました。


 pochiとおいらのオモオカ日々綴り
のポッチくん(柴犬)無事見つかりました!!


無事に帰ってこれて本当よかった~!!(T_T)



みなさまのご協力、本当にありがとうございました!



広島ドッグパーク では物資の援助を一時募集中止となりました。

今後は状況を見て、どうか医療費資金のご支援をよろしくお願い致します。

全頭まだまだ治療が必要です…。

バザー用の物資も募集しております。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、滋賀県の動物愛護センターで、

ダックスの親子が敷地内で放棄される事件がありました。


アニマルポリス賛同者になっている方は

この事件をご存知だと思いますが、

親子は、遺伝性の皮膚疾患だという理由と、

センター内の規定もあり、名を上げて保護しようとしていた

ボランティアさん、獣医さんに対しても、『譲渡できない』。

処分されることが決まっていたのです。



私がその情報を知ったのは、その親子が処分される早朝でした。




当日、私は仕事だったのですが、

どうにか助かって欲しい一心で、センターに電話をし、

センター長様にもメールを送り、滋賀県知事様にもメールを送りました。

『どうして殺そうとするの?』という批判ではなく、

『生きる選択を与えてあげてほしい』と。



そして尊敬しているボランティアさんの方にも連絡を取り、

状況を教えてもらいました。



たくさんの方が、たくさんの声を届けてくれて、

親子は『特例』の形で、獣医さんの元に引き取られることになりました。



このことはニュースにもなっています。

ぜひ見て見てください。

(バックナンバーに入り、ご覧になって下さいね。14日の記事です。)






無事一件落着にも思え、安心したのですが、

残念なことに仔犬が2匹とも亡くなってしまいました。


『パルボウィルス』に感染、末期状態だったそうです。

どんな環境だったのかが想像できます…。



映像の最後に出てくるレッドの仔。

どんな想いで生まれ、どんな想いで逝ってしまったのかと思うと、

涙が止まりません。




母犬は今、一生懸命生きようと頑張っています。







この事件だけでなく、全国にはたくさんの放棄があります。

MIXの仔、純血の仔、様々です。



ブリーダーさんによる放棄も増えてきてしまいました。


助けを待っている仔がたくさんいる中で、1匹でも多く救われてほしい。

1匹だけ救って何になるのか。

そういう人もいますが、その1匹を救うことは、

とても大変で簡単な想いでは救えません。


ボランティアさんと連携をとっているセンターは、まだまだ少ないので、

『ボランティアさんだから救える』とは限らないのです。





この事件を初め、様々な事件をご覧になる方も多いと思います。

けれど決して、加害者や事件を、批難中傷するだけ、

または感想を述べるだけの人にはなりたくない。

私はそう思いました。




自分にできることは限られていても、

できることは最大限したい。




また、最近多いのが一般家庭での繁殖にまつわる

放棄やトラブルも相次いでいます。

知識のない繁殖では、ときに危険をも伴うことがあります。

出産時の介添えもできなくてはならないこと、

遺伝にまつわることもあります。


優良なブリーダーさんは3代祖以上さかのぼっても

わからないことが多い。だから交配は難しい。

そう言います。



可愛い仔犬を見たい気持ちも私にはありました。

でも、それは私の『希望、欲望』であって、

『子供同然』として可愛がっている愛犬に、いきなり『母になれ』というのは

どうだろうか・・・・。

それは、酷な気がしてなりません。


出産させるとなると、全部の子を生涯見れる覚悟も必要です。

みなさんだって、誰にでもあげたい気持ちはないでしょうし、

お金に変えたいから生ませたいとは思いませんよね?




この世の中に『出産は1度だけ』の人が何人もいて、

毎日何頭も生まれてきています。

悲しいけれど、全国全ての仔犬が必ず幸せになるとはいいきれない世の中です。



どうかみなさん、たくさんの動物の事件を聞くだけではなくて、

まずご自身のこと、そしてこれから何ができるのか、

もう一度一緒に考えてみませんか??


法律の改正ももちろん大事ですが、

人間一人一人がちゃんと考えなければ、

前に進まないと思うのです。




気分を悪くさせる記事だと思った方は、読み逃げして下さって結構です。

ただ、私の記事を読んでほんの少しでも考えていただけたら…と思っています。





さくらママ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

私は以前、札幌の動物愛護センターで、


ダックスが2匹保護されているのを知り、


そこで協力と、アドバイスを求め、


無事解決への道の手助けをしてくれた、


素晴らしいボランティアさんと出会えました。


中部を中心に活動されている、ウィズダックスさん です。




毎日のように、必ずブログを拝見させていただいてますが、


先日、とても衝撃的な事件があったようです。


同じワンコを飼っている人間なのに・・・


こうも考え方が違うのかと、個人的にショックでした。


批判するつもりはありませんが、


ワンコの命を人間同様に考え、


守ろうとして頑張っているボランティアさんを、


悪徳だというのはどうなのか。


皆様も一度、ウィズダックスさんの事件簿ファイルを拝見してみて下さいね。




ワンコは、今ではお金を出せば、誰でも簡単に飼うことができます。


ワンコに限らず、他の動物たちもそうです。


お金で買って、その後の人生は、


飼っているオーナーさんによって決まります。


そして、オーナーさんに忠実についていきます。


例えば、放棄されて、保健所で処分を待つ身になっても、


ワンコは『必ず迎えに来てくれる』と、最後まで待っているのです。。。





幸せのカタチは、色んなカタチがあります。



命を迎えた以上、生涯を必ず見ること。


危険な目に合わせないこと。


守ってあげること。


これは当たり前のことですが、


できていない方が多く、迷子や放棄が増えているのが悲しい現実です。




心優しい皆様。どうかワンコの小さな命を大事にして下さいね。


さくらママからのお願いです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログお友達のchocororiさんより、お聞きしました。


静岡県で、安易な繁殖をし、最終的には放棄され、助けを待っているワンコたちが100頭近くいます。


92頭の犬をSOS


現地ボランティアさんは5人で一生懸命、1匹でも多く救いたいと頑張っておられます。


ひどい環境の中、繁殖、飼育されていたので、中には皮膚疾患のある子もいますが、みんなおとなしくいい子だそうです。


お時間に余裕のある方、またはもう1匹とご検討されている方、


9月1日より、譲渡会をされているそうなのでぜひ足を運んで見てください。




愛犬家の皆様、どうか呼びかけ&ご協力よろしくお願い致します!!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から、レギュラー店進出!!


しかし、出勤時間が11時と微妙~な為、


非常に眠いです(ーー;)


時間も微妙に空いているので、


朝、お散歩に行った時に聞いたお話をちょっとのせますね。




うちの近くに、漁港があります。

個人所有の漁船が停泊、そして船を直す工場会社もあります。

そこの工場のおじさんたちは、みなさん動物好きで、私も仲良くさせてもらっています。

今朝、そこのおじさんに聞いたお話です。

********************************

最近、連続の雨や温暖化のせいか、海の水位がいつもより高い。

満潮と重なると、結構高い。

いつものように、朝、漁船と海の状態を見回っていた。

その時も、水位が高く、船を岸壁から保護するために(波で動いて傷や破損をふせぐ)、

タイヤを岸壁に張っているのだが、そのタイヤが見えなくなるくらいまで、水位があった。

********************************

タイヤがはずれていないか、船は大丈夫か、岸壁の真下をず~っと沿いながら見ていたら、

遠くに、『ゴマアザラシのタマちゃんの頭のようなもの』が見えた。

タイヤのところにつかまっているように見えた。

********************************

『もしや、あれは噂に聞くタマちゃんか!?? 』

おじさん、必死に走り、確認することに。

近くまでいってみると・・・・・・・・

*********************************

それはなんと、犬の鼻。水面に、鼻だけ出ている!!

大型犬のようで、すでに瀕死の状態。

かろうじて息と意識はあるものの、危ない状態だった。

*********************************

鎖(リード)がついていて、おじさんは必死に一人でそれを網ですくった。

取れたものの、大型犬は大変重く、引き上げるだけでも重労働。

その時に限って、漁港は誰もいなく、四苦八苦しながらでも、何とか引き上げられた。

*********************************

陸に上がらせてみると、大きなちょっと太めなラブラドール!!

安心したかのように、水を飲み、体を震わせ、すりよってきたそうです。

*********************************

『おまえ、どうしてこんなところに・・・。生きようと必死に頑張ってたんだな』

おじさんが、さあこれから飼い主を探してやろうと思っていたら、

必死こちらに走ってくる、50代くらいのおじさんがきた。

*********************************

『あぁ~!!良かった!!うちの犬なんです!昨晩の8時頃、一緒に船で海へ出ていたら、

海に落ちてしまって・・・・・・。暗いし、夜通し探していたんです。生きてくれていて本当によかった』

飼い主さんでした。泣いていました。

すぐ回りを捜索したものの見つからず、すぐ陸へ引き上げて、ずっとずっと、探していたそうです。

*********************************

昨晩、8時頃に落ちて、発見されたのが翌朝6時頃。

10時間も、ワンコは生きようと必死に陸まで泳ぎ、

漁港へたどり着いたものの、岸壁は高く上がれず、必死にしがみついていたんです。

*********************************

 大型犬だったので体力もあったこと、漁港にたどりついたこと、


おじさんが助けてくれたこと、いろんな奇跡が重なって、無事命は救われました。





人間が、良かれと思って連れていても、何があるかわかりませんよね。

いつもは、船に乗せても飛び降りたりしなかった子なのに、

昨日は波も割りと高く、落ちてしまったそうです。





助かってくれて、本当に良かったです。

そして、教訓になりました。

*****************************


さ~て、これから用意して、初!!レギュラー店に行ってきます(^^ゞ


みなさんのところへは、夜お邪魔させていただきますね!!


頑張ってきま~す!!!

ママ、お話長かったけど、助かってよかったな。

今日もお留守番、頑張らなきゃ~

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

さっき、みなさんのくれたコメントのお返事を書いていたら、お友達から電話が。





子犬が二匹、捨てられているような感じで、道路をウロウロしてた』との連絡・・・。


特徴をきいていると、親離れしたくらいの子犬だったらしい。

まわりに民家はなく、あきらかに捨てられている子にしか見えなかった。とのこと。

現場は道路沿いで、飛び出したら危険なところ。



友達は一時立ち止まったものの、どうしようもなく、発進したその途中で私に連絡をくれました。


私もその友達も、犬を飼っている。

いきなり拾って帰るのには、とまどいや色んなことを考えなくてはならないのが当然です。






電話を切ったあと、私の方で富山にレスキューボランティアさん、色んなところを当たってみました。


動物病院も何件かかけてみたけれど、どこも『NO』のお返事。


どこも保健所を勧められた。


電話案内にもダメもとで、そういう団体がないか探してもらったけど、

やはり見つからず・・・・・。(色々探していただいて、本当に親切な方でした)








探しているだけでも、結構時間がかかってしまうものです。


一時連れて帰るにしても、私が里親さんを探すにしても、それなりに覚悟も必要。


資金はもちろんのこと、(それはどうにかなるとして)里親さんが見つからなかったらどうしよう。


さくらは今ヒート中。気も立っている。


仕事もある。そんなことが、グルグル頭をよぎっていきます。






『考えるより、まずは見にいかなくては・・・!!』

そう思い、少しのフードと、携帯電話、お財布、それだけを持ってすぐ現場に向かいました。



あきらめも時には必要ですが、何とかしてそのこたちが助かる方法を考えたかった。

保健所だけには連れて行かれて欲しくなかった。

富山県は殺処分数は、年々減っているものの、、譲渡数も減っている。

子犬は譲渡されやすいけれど、必ずとは限らない。




雨の降る中、ゆっくり~走りながら探していました。





すると、交差点近くで、発見・・・!!

学生の子と一緒に、2匹の黒柴MIXのような子犬の姿。

雨に濡れながらでも、元気な子犬の姿。

まだ幼い、生後2~3ヶ月くらいでした。




交差点近くなこともあり、逆方向からきた私は、近くのショッピングセンターの駐車場でUターンすることに。 



また戻ってみると・・・・・子犬も、学生の姿もない・・・。



しばらく近辺を不審者のようにウロウロ探していましたが、結局見つかりませんでした。


学生さんが、連れていったのかな・・・。

そうあってほしい。そう、願いたかった・・・。






飼っている猫や犬が、子供を産んだからといって、簡単に捨てる人が現実にたくさんいること。

本当に、本当に、やめてほしいです。


捨てられた子たちは、どうなっていくのか・・・それは死をも意味することだと、どうして思わないのでしょうか・・・・。






あの子たちが幸せになる、強い運命の子であるよう、信じて祈っています。


・・・・・いざ、保護するとなると、かなり悩みました。

一人でするからには、限界もあります。

今後も、すぐ行動を取れるように、ボランティアさん探しや、準備をしておこうと思います。


今後、こういうことが少なくなるような未来であってほしいです・・・(>_<)




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

杉並区在住のお宅に、空き巣が入り、愛犬のチワワ、ミシェルちゃんが盗まれています。

使っていたキャリーバッグに入れて、盗まれたようです。

ミシェルちゃんは、水頭症の疾患があり、飼い主さんがとても心配しています。

以下は特徴、手がかりです。


■被害場所:東京都 杉並区

■名前:ミシェル
■犬種:チワワ ( ロングコート )
■年齢:6才
■性別:メス
■色:クリーム色(フォーン)
■体重:2kg
■特徴:犯人はキャリーバックに入れて逃走したため、このバックが重用なポイントと考えています、
全体の色はクリーム色で枠がこん色になっています。犬の特徴としては、臆病で初対面の場合人見知りを
します。目鼻立ちはしっかりしており、額にひし形の白い毛並みになっています。「お手・おかわり・待て」
等の言葉には従います。また、重い水頭症(すいとうしょう)をもっており、嘔吐・痙攣(けいれん)を
日に幾度かおこし「 薬の投与が必要です 」・・・・


キャリーバックや詳細情報をWEBサイト にて公開しております。



一日でも早く、見つかることを祈らずにはいられません。

近郊にお住まいの方、どうかご協力をお願いいたします!!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ダックスレスキューさんが、滋賀県彦根市で捨てられたダックスを保護。

健康状態やしつけ状態を見て、このたび里親さんの募集を始めています。

とても頭のいい、利口な男の子(推定1歳くらい)です。

空輸、陸送は検討されていません。

保護された滋賀県近郊の方対象になります。

譲渡までは、ダックスレスキューさんの方での審査、ご家庭への訪問、ワンちゃんとのお見合いなどを経ての譲渡になります。

無料だからと応募されて、すぐ渡す渡すわけにいきません。

この子を生涯、可愛がってくれる方のみです。

代理応募は一切受け付けません。

譲渡希望の方は、応募条件をよくお読みになった上で、

直接ダックスレスキューさん(ウィズダックスさん)に、応募してください。

ウィズダックスさんへは、このブログ内のブックマークから入れます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。